米寿 の お祝い の 言葉。 米寿(88歳)とは?長寿祝いの基礎知識|喜ばれるプレゼントと贈り方のマナー

【まとめ】88歳・米寿祝いの常識!知っておきたいNGプレゼントと喜ばれるプレゼント|介護のお仕事研究所

米寿 の お祝い の 言葉

米寿とはいくつのお祝い?気になる由来やしきたりをご紹介 日本には古くから長寿を祝う風習があります。 この風習は、奈良時代の頃から行われていると言われており、数え年で61歳を迎えた六十路の還暦から始まり、その後70歳「古希 こき 」、77歳「喜寿 きじゅ 」、80歳「傘寿 さんじゅ 」と、それぞれの数え年で節目となる年を迎えた方々に「これからも元気で長生きしてください」という意味を込めてお祝いします。 では、米寿とは数え年でいくつのお祝いになるのでしょうか。 米寿とはいくつのお祝いなの? 米寿とは、数え年で88歳を迎えた方々のことです。 近年、医療制度の充実やライフスタイルの変化、若者よりも高い社会参加意欲など様々な要因が重なり、日本の平均寿命が男性80. 79歳、女性87. 05歳と今までの平均寿命を大幅に超えており、本当の意味での長寿のお祝いとなっています。 さて、ここでなぜ88歳の方々を「米寿」と呼ぶのかと気になった方も多いのではないでしょうか。 米寿の由来は、「米」という文字を分解すると「八・十・八」になることが由来だと言われており、地域によって「米の祝い」や「こめの字の祝」、「よねの祝い」などと呼ばれています。 米文化である日本では、米寿に対して特別な感情が込められており、還暦や古希、喜寿など他の長寿のお祝いよりもたいへん重要視されているお祝いとなっています。 また、末広がりの「八」の文字が2つ重なっていることや88歳という年齢が日本の平均寿命よりも高いことも、米寿のお祝いが長寿祝いのなかでも大切にされている要因だと考えられています。 米寿祝いのしきたりとは? 還暦祝いでは、数え年で60歳を迎えた方へ赤いちゃんちゃんこや赤い座布団など「赤色」のものを贈るのがしきたりとなっていますが、米寿祝いの場合、どのようなしきたりがあるのでしょうか。 米寿祝いでは、「米」という文字にちなみ、古くからごはん炊く際に用いられる「枡の斗掻 とかき 」や「火吹竹 ひふきだけ 」を贈るのがしきたりだったようです。 しかし、現代ではごはんを炊く際にこれらの道具を使うことがありませんので、おいしいごはんが炊ける土鍋やおひつ、オーガニック米や日本各地の絶品ブランド米などお米にちなんだ品物を贈ったり、縁起の良い金茶色や黄色、金色の日用品や洋服を贈るのが一般的となっています。 ただし、米寿を迎えた方々が受け取って困るような品物を贈るのはご法度ですので、相手の趣味や嗜好に配慮した贈り物を選ぶのがポイントです。 米寿祝いのマナーについて 長寿を祝う節目の年のひとつ「米寿」をお祝いする際、必ず主役である米寿の方の希望に沿ったお祝いをするようにしてください。 これまでの米寿祝いは、米寿を迎えた方に金茶色のずきん・金茶色のちゃんちゃんこ・金茶色の座布団などを家族や近親者が贈り、お祝いに参加してくださった方々に枡の斗掻や火吹竹を贈るのが一般的だったのですが、最近では家族旅行や食事会を開催してほしいという方も多いため、各地の宿泊施設や飲食店では長寿祝いに関する様々なサービスを展開しています。 米寿祝いを行う場合、基本的には主役の方の誕生日に行うのが良いとされていますが、平日の場合、学校や仕事を休まなければならなくなるため、敬老の日などの祝日に行うのが良いとされています。 もし、米寿祝いの案内を受け取った場合、縁起が良いとされている金茶色・黄色・金色の品物を意識して選ぶと良いと言われていますが、なかなか個性的な色でもありますので、良い贈り物が見つからない場合は、実年齢よりも若々しくてちょっぴり派手なものを選ぶと主役の方も喜ばれるかと思います。 米寿祝いの贈り物は、基本的にお祝いの会当日に持参するのが望ましいのですが、どうしても外せない用事がある場合は、敬老の日もしくは米寿を迎える方の誕生日前日までに届くように贈るのがマナーとなります。 その際、表書きを「長寿御祝」「米寿之御祝」「祝米寿」とし、金銀または紅白の蝶結びかあわび結びの熨斗紙をかけて贈りましょう。

次の

それぞれ何歳? 長寿祝いの基礎知識(古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿)

米寿 の お祝い の 言葉

2020年(令和2年)の年祝いの誕生日 年祝い 数え年 満年齢 べいじゅ 88歳 1933年生まれ 昭和8年生まれ 酉年(とり) 1932年生まれ 昭和7年生まれ 申年(さる) 米寿とは88歳のことをあらわします。 なぜ米寿と言うのかというと米という文字を分解すると八・十・八という文字になることからこの呼び方が付けられたと言われています。 米寿祝いとは? 米寿祝いとは数え年の88歳になるときに行うお祝いで長寿を祝うものとしてもよく覚えられているものです。 米という文字が八十八を表すことから覚えやすいというのもあると思います。 現在(2014年)のギネスの記録として日本人の平均寿命が世界で一番長いという記録をしていますがその年齢は80歳前後でそのことを考えても八十八歳というのはとても長生きをされていて、尊敬の念を込めて米寿祝いを行うことが習わしになっています。 米寿祝いのしきたりは? 還暦の時には生まれ変わったことを表し赤ちゃんの姿を模して赤いちゃんちゃんこや頭巾をかぶるのですが、米寿のときは金茶色の物を着てお祝いをするのが一般的です。 また米寿祝いは米の祝いとして、今では少なくなりましたが招待者に枡の斗掻や火吹竹を贈る風習があったとも言われます。 米寿には敬老祝金というものがある 今では高齢者の方の楽しみとなっている敬老祝い金という制度が地域によって違いがあるもののあります「長寿のお祝い金」がお贈られるようです。 申請が必要なことのようですから、米寿を迎えられる方が住まわれている地域の市役所に問い合わせてみると教えてくれます。 この敬老祝い金は地域によって違いがありますが多くが77歳の(喜寿)、88歳の(米寿)、100歳の(百寿)のときなど語呂合わせが良いときに支払われるところが多いようです。 ありがたいことですね。 米寿のお祝いにはどんなプレゼントがいいの? 米寿のときに贈るプレゼントは何か決まりがあるのか?気になるところですが、とくにこれをというのはありませんが、金茶色のものをプレゼントされる方が多いようです。 それ以外にも88歳ともなるとそれぞれの方が過ごしやすい生活スタイルを持っておられることが多いため米寿のお祝いにはその人にとって喜ばれるものをチョイスしてあげるのが良いと思います。 米寿の時の喜ばれるお祝いの言葉 米寿のお祝いに祝いの言葉を添えたものをプレゼントされる方もとても多いです。 何か記念になるものや飾っておけるもの等に添えるのも喜ばれると思います、米寿の時に喜ばれる言葉はどんなものがあrのかいくつか例文を紹介します。 家族から 家族以外から おじいちゃん、米寿おめでとう おばあちゃんと、いつまでも仲良く、 楽しく、笑いを忘れず、元気でいて下さい - 子供・孫(連合い)一同 - 米寿おめでとうございます。 人生の節目の新聞を贈ります。 時の経つのは 早いものですね。 これからも益々元気で楽し く過ごしてください。 朝妻 ひさゆき・えつこ・だいき・さき この度は、米寿をお元気でお迎えになられ、 心からお喜びを申し上げます。 現役当時を想いだし、懐かしい限りです。 末永くお元気でお過ごし下さい。 感謝! ばーばへ 米寿のお誕生日おめでとうございます。 ばーばの誕生日の新聞を贈ります。 米寿のお祝いにお祝いの言葉を贈りませんか? 米寿のお祝いの言葉を添えて贈ることができるサービスがとても良いなと思います。 今ではコンビニ等でもこのサービスを受け付けが簡単にできてコンビニにあるコピー機で誕生日を入力するとその日の誕生日の新聞を印刷してくれるというものがあります。

次の

【米寿祝いの挨拶】乾杯や謝辞の文例を紹介

米寿 の お祝い の 言葉

日頃の感謝の気持ちと長寿を願って素敵な米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を送りませんか。 近年、医療制度の充実化やライフスタイルの変化などによって、世界各国で男女ともに平均寿命が延びており、2016年度に厚生労働省が行った日本人の平均寿命調査では、男性80. 79歳、女性87. 05歳と過去最高を記録しました。 そんな若々しく健康的でエネルギッシュな日本のおじいちゃん、おばあちゃんですが、平均寿命よりも長く生きることは、とても容易なことではありません。 年を重ねるごとに、思うように身体が動かなくて大好きな旅行やスポーツが出来なくなったり、老化で判断力が低下したり、今後病気にならないかと心配したりと不安でいっぱいです。 特に今年米寿を迎えるおじいちゃん、おばあちゃんは、平均寿命を越して初めて迎える長寿のお祝いになりますので、「これからも若々しく元気で長生きしてください」という願いを込めて、米寿祝いの贈り物と共にあなたの言葉で綴った素敵なお祝いのメッセージや言葉を添えて贈ってはいかがでしょうか。 おじいちゃんやおばあちゃんへ送る米寿祝いのメッセージ&お祝いの言葉 父方、母方のおじいちゃんやおばあちゃんへ贈る米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を送る際は、• 親しみを込める• これからも元気で長生きしてほしいという気持ちを表現する この2点に注目してメッセージを書くのがポイントです。 では、おじいちゃんやおばあちゃんへ送るメッセージの例文をいくつかご紹介します。 米寿おめでとう! 僕が産まれたときから、子ども時代も成人を迎えても、ひ孫が産まれても おばあちゃんは、ずっと変わらずに優しくて温かい素敵な笑顔。 これからもその笑顔をいつまでも。 あなただけが知っているおじいちゃんやおばあちゃんのことをメッセージに綴ると、より感動的なメッセージになりますので、米寿祝いのメッセージやお祝いの言葉を書くときは、当時のことを思い出して1文字ずつ気持ちを込めて書きましょう。 お父さんやお母さんへ送る米寿祝いメッセージ&お祝いの言葉 あなたのお父さんとお母さん、配偶者のお義父さん、お義母さんの米寿祝いに送るお祝いのメッセージには、• これまでの感謝の気持ち• 長寿を願う言葉 この2点に注目してメッセージを書くのがポイントです。 では、お父さんやお母さんへ送るメッセージの例文をご紹介します。 お母さん 米寿祝いおめでとう! お母さんが元気でいてくれたからこそ、今みんなが幸せに過ごすことができています。 これからも健康に気を付けて楽しく過ごしてね。 あんまり無理しちゃダメだよ! お父さんとお母さんに送る米寿祝いのメッセージは、ちょっぴり照れくさくて書きにくいと感じる方も多いと思いますが、お父さんに送るメッセージには「お母さんと末永く仲良くね」や「いつまでも元気に」といったこれからの人生に向けたメッセージを込めるのがポイントです。 お母さんに送るメッセージには、「今までありがとう」などの感謝のメッセージを綴ると喜ばれますので、誰に米寿祝いの言葉を送るのかによって書き方を変えるようにしましょう。 もし、配偶者のご両親の米寿祝いにメッセージを送る場合は、.

次の