ワーキングメモリを鍛える方法。 【生産性向上】ワーキングメモリを鍛えて自頭を良くする!生産性を爆上げしよう!【鍛える方法3つ紹介】

【ワーキングメモリ】Daigoさんの本でも話題の頭を良くする方法まとめ!

ワーキングメモリを鍛える方法

ワーキングメモリのトレーニング方法 まずは、ワーキングメモリを強化するトレーニング方法についていくつか紹介します。 逆順文字並べ 以下に3つの文字で構成された単語があります。 きいろ、ぱんだ、ねずみ あなたは、この言葉を一度だけ音読し、すぐに記憶します。 記憶したら、後に音読した方の単語から、逆順に文字を発音してください。 このとき単語を見てはいけません。 上記の例だと、みずね、だんぱ、ろいきが正解ですね。 今回は、3つの単語でテストしましたが、ワーキングメモリを強化するには、単語を1つずつ増やしていってください。 徐々に難易度が高くなり、ワーキングメモリに負荷がかかります。 掛け算エクササイズ ルディガー・ガムの掛け算ルールにより、頭のなかで暗算を行うことで、ワーキングメモリを活性化させることができます。 ルディガー・ガムの掛け算ルールは、左から右へと数字をかけていき、その合計を順に足していくというものです。 順番記憶トレーニング 下記の飲み物の注文を上から順番に30秒以内で覚えて、その下の質問に答えてください。 緑茶2杯 コーヒー2杯 紅茶1杯 アップルジュース1杯 オレンジジュース3杯 覚えましたか? それでは質問です。 最初に注文された飲み物は何? 三番目に注文された飲み物は何? アップルジュースは何杯注文された? フルーツの飲み物は何種類注文された? 全部で何杯の注文があった? このような制限時間を設けた順番記憶クイズは、ワーキングメモリだけでなく、集中力や短期記憶力も鍛えることができます。 書店に行けば、このようなワーキングメモリを鍛えるエクササイズが書かれた大人の脳トレなどの書籍を見つけられるので、ぜひ購入して実践してみてください。 sponsored link ワーキングメモリを向上させる生活習慣 次の習慣を生活に取り入れることで、ワーキングメモリの機能を高める効果が期待できます。 充分な睡眠をとる• 整理整頓を行う• 体を動かす• 創造力を使う• フェイスブックで知人の投稿をチェックする 充分な睡眠をとる 睡眠時間は、ワーキングメモリを充電する時間に相当します。 充電時間が不足すると、大事な場面でワーキングメモリが本来の力を発揮できなくなってしまいます。 ワーキングメモリの最重要機能は、脳の図書館にあたる海馬に蓄積させれている情報に素早くアクセスすることです。 ワーキングメモリと海馬を結びつけるためには睡眠が欠かせません。 整理整頓を行う 生活環境や職場にものが多くなると、ワーキングメモリの働きが悪くなると言われています。 例えば、必要な書類を探し出す作業にワーキングメモリが使われることで、本来の仕事にワーキングメモリを専念させることができなくなるためです。 生産性を上げるためには、文房具やメモ、書類などを減らすことが大切です。 散らかさない、ものを増やさないためには、新しいものを購入したときに、古いものを処分しましょう。 ものを増やしたときは、増やした数だけ古いものを捨てるのです。 こうすれば、ものが増え続けることはありません。 また、パソコンのデータの整理も重要です。 パソコンでファイルを探す時間は思いのほか長いものです。 解決した仕事のファイルをいつまでもデスクトップに放置しないようにしてください。 体を動かす ウォーキングやランニングなどの有酸素運動は、ワーキングメモリをパワーアップさせると言われています。 他にも、アウトドアで体を動かすことも効果的とされています。 例えば、跳ぶ、走る、登る、投げる、バランスをとるといった動作を自然環境のなかで行うのです。 木に登ったり、大きな石の上によじ登ったり、茂みのなかを走ったりするなど予測不能な自然環境での活動は、ワーキングメモリを刺激します。 創造力を使う 創造性を発揮している最中は、ワーキングメモリに関係する脳の部位が強く活性化されることがわかっています。 例えば、絵を描く、紙粘土で何かを作るなどの行為は、創造力を発揮するにはうってつけです。 フェイスブックで知人の投稿をチェックする フェイスブックを利用している期間が長いほど、ワーキングメモリに関するテストのスコアが高いという報告があります。 例えば、学生時代のクラスメイトをフェイスブックで検索して、その投稿をチェックしているとき、我々の脳はワーキングメモリを使い、長期記憶に保存していた友人の情報を新しいものに書き換えます。 そのため、フェイスブックで友人の投稿をチェックするのは、ワーキングメモリのトレーニングに役立ちます。 sponsored link.

次の

【ワーキングメモリの低い人の特徴と原因】改善方法5選【パレオな男でも紹介】

ワーキングメモリを鍛える方法

「頭がさえなくて、仕事に集中できない」 「新しいことを学んだり覚えたりするのが億劫だ」 「資料を読むのに時間がかかる」 このように、 仕事にまつわるタスクを困難に感じている人は、ワーキングメモリ の働きが低下しているかもしれません。 ワーキングメモリの能力が高い人は、集中力や自己コントロール能力が高く、仕事や勉強にコツコツ取り組むことができ、記憶力も高い傾向にあります。 まさに「頭のよさ」をつかさどる能力であり、仕事や勉強をする際に欠かせないものだと言えるでしょう。 幸いなことに、このワーキングメモリは、日常的な習慣や行動を変えることで鍛えられます。 その方法をいくつかご紹介しましょう。 「ワーキングメモリ」はあらゆる場面で使われている ワーキングメモリは、短時間、脳のなかに情報を留めておく能力を指します。 日常生活から仕事まで、ありとあらゆる場面で、ワーキングメモリが必要とされていることをご存じでしょうか。 たとえば、 初めて訪れる場所で誰かに道を聞いたときに、道順を頭に留め、「目印の看板を右に曲がる」などと考えながら歩き、目的地へ向かう……という作業は、ワーキングメモリを使っているのです。 また、誰かとしゃべっているときも、 相手の話した情報を記憶したり、頭の中にある単語や知識を集めたりして文章を成り立たせる……といった作業でも、ワーキングメモリは使われます。 あるいは、プレゼン資料をつくるために、 さまざまな情報を集め、それをパワーポイントに落とし込む際に、頭のなかに保持されている情報を引き出していく……そんな場面でも、ワーキングメモリは欠かせません。 加えて、ワーキングメモリは学習面でも大きな役割を果たしています。 学生がよい成績を収めるための要素として、IQよりも重要であるという研究結果が出ているのです。 スターリング大学とエディンバラ大学の研究者らによると、5歳の子どもが11歳になるまでの6年間の学業の成績を調査したところ、彼らが5歳のときに測ったワーキングメモリ能力の高さが成績のよさに比例しており、IQよりも高い因果関係が見られたそう。 ワーキングメモリを鍛える方法 幸いなことに、ワーキングメモリはこれから伸ばしていくことが可能です。 ワーキングメモリを鍛える方法を3つご紹介しましょう。 ストレスを減らす じつは、ストレスが多いほどワーキングメモリの働きは低下し、単純なタスクを遂行するにも時間がかかったり精度が落ちたりしてしまいます。 しかし、カリフォルニア大学の研究によると、 マインドフルネスに関するトレーニングを受けた学生グループは、ワーキングメモリの働きが向上したのだとか。 研究では、48人の学生らを被験者とし、【マインドフルネスに関するトレーニングを受けるグループ】と【栄養学について学ぶグループ】のふたつのグループに分けました。 前者のグループは、週に4回、45分のマインドフルネス・トレーニングを2週間にわたって受け、その道のプロフェッショナルに、マインドフルネスの実践方法などを学びます。 一方、後者のグループは同じ期間に、適切な食事方法などについて学びました。 その後、被験者らにワーキングメモリを測るテストを受けてもらったところ、 マインドフルネスのグループのほうがトレーニング後に高いスコアを獲得したそう。 マインドフルネスの状態がストレスを軽減させるのに加え、雑念にとらわれずに、いまこの瞬間に集中する力がついたことで、ワーキングメモリが上がったと考えられます。 「最近ストレスが多く、大事な仕事や勉強に集中できない」という人は、ストレスを減らす工夫をしたり、瞑想を生活に取り入れてみたりしてはいかがでしょうか。 有酸素運動と筋トレ 有酸素運動がワーキングメモリによい影響を与えるという研究結果が出ています。 運動科学者のクリスティーン・ルーボワ博士が率いる研究チームは、有酸素運動をする前後で、ワーキングメモリに影響があるのかを調査しました。 その結果、運動直後はワーキングメモリの働きが一時的に低下したものの、 少し時間をおいて測ると、運動をしていないときに比べて向上することが判明。 激しい有酸素運動を短時間行なうことによって、このような結果が見られたそう。 集中しなければならない仕事や勉強をする前に、家の外で縄跳びをしたりランニングをしたりすることでパフォーマンスが向上すると考えられますね。 ほかにも、 筋トレがワーキングメモリの働きを向上させるという研究結果もあります。 カッセル大学の研究者らが、68名の健康な高齢者(65~79歳)を対象に、週に2日の頻度で10週間ウエイトトレーニングを実施してもらったところ、実施前と比べてワーキングメモリの能力が上がったことが判明したそう。 実験の対象となったのは高齢者ですが、ストレスなどでワーキングメモリが低下していると感じる人には、効果が期待できるのではないでしょうか。 新しいスキルを身につける スウェーデン人内科医のターケル・クリングバーグ氏は、自身の著書『オーバーフローする脳 ワーキングメモリの限界への挑戦』のなかで、神経活動によってワーキングメモリが発達すると述べています。 つまり、 何かのスキルを上達させるために没頭することで、脳の発達が促されるということ。 たとえば、ギターの音色を聴いたときに活性化される脳の部分は、ギターを演奏できる人のほうが、演奏できない人よりもより活性化されます。 音楽に限らず、何かしらの新しいスキルを身につけることによって、これまでよりも神経活動が活発になり、ワーキングメモリの働きの向上が促されるのだとか。 さらに、 スキルを習得する過程で「何かに没頭する」能力が向上し、心の雑念などに集中力を疎外されづらくなり、集中力が上がることも期待できるそうです。 新しい趣味に取り組んだり、しばらく練習していなかった楽器を再開したりと、楽しみながらワーキングメモリを鍛えられたら一石二鳥ですね。 *** まだまだ未知なことも多いワーキングメモリ。 でもたしかなのは、鍛えることでその能力を向上させることが可能だということです。 ご紹介した方法で、仕事や勉強などに欠かせないワーキングメモリを鍛えていきましょう! (参考) Mentalist DaiGo Official Blog|The Guardian|Science Direct|Psychological science|NCBI|NCBI|Nature resarch journal|ターケル・クリングバーグ(2011),『オーバーフローする脳 ワーキングメモリの限界への挑戦』,新曜社. Business Insider|The Art of Manliness| 【ライタープロフィール】 Yuko 大学卒業後、外資系企業に就職。 現在は会社を辞め、ライター・翻訳家として活動中。 趣味は散歩、ヨガ、カフェ巡り。

次の

ワーキングメモリとは?鍛える方法【仕事の処理速度】

ワーキングメモリを鍛える方法

思った以上に効果が高い…! ワーキングメモリを鍛える最強の方法はDualNBack(デュアルエヌバック) ワーキングメモリを鍛える最強の方法は DualNBack(デュアルエヌバック)です。 メンタリストDaiGoさんと弟が制作した無料メンタルアプリがオススメです。 私もやっていますが、ついついサボってしまいます。 人の2倍の上達速度を得られるほど人生が効率化するなら、やったほうが良いな…と理性では理解できたので、頑張ろうと思いますw ワーキングメモリを鍛える日常的に出来ること【その他】 ワーキングメモリを鍛える日常的な行動もあります。 早歩き• 地中海式ダイエットのようなもの• 強い光(直射日光に30分くらい当たる)• ミントの匂いを嗅ぐ• スタンディングデスク• 1日20分以上の瞑想• エクスプレッシブライティング 大量にありますが、これらをやるだけで、何かを学ぶ時の効率が2倍になると考えると、やる価値があると思います。 もちろん、いきなり全部やろうとすると失敗します(習慣化は1つずつやるべき)。 ってことで、気になったやつから取り入れるのが良さそうです。 【まとめ】ワーキングメモリを鍛えるスケジュールを考えてみた ワーキングメモリを鍛えるスケジュールを考えてみました• 【朝】起きて、20分以上の瞑想• 【朝】移動時に早歩き(強い光を浴びる)• 【昼】地中海式ダイエット的な食事• 【昼】仕事中はミントの匂いをかぐ&スタンディングデスク• 【夜】寝る前にエクスプレッシブライティング って感じ! これをやることで、ワーキングメモリが強くなり、新たなことに挑戦できると考えると楽しんでできそうです。

次の