どじょう 寿命。 どじょうの飼育方法・販売価格・寿命について解説

ドジョウを飼育してみよう!どじょうの飼い方は?金魚との混泳は可能?

どじょう 寿命

ドジョウは日本の水田や川などでよく見られる淡水魚です。 にょろにょろした姿が苦手な人もいますが、よく見ると猫のようなひげが生えていてなかなか愛嬌のある魚です。 今回はそんなドジョウの特徴についてご紹介します。 例えばヤマトシマドジョウは、九州と山口県のみに生息しています。 他にも同地方にはスジシマドジョウという種類もいます。 今回ご紹介するシマドジョウは、本州、四国、大分県などに分布し、川、湖、沼などを生息地としています。 ヤマトシマドジョウとシマドジョウの違いについては胸ビレの骨の形で区別するそうです。 また、これらは日本の固有種の魚です。 ちなみに田や川でよく見かける一番知られているドジョウは、マドジョウという種類です。 細かい分類の違いこそありますが、ドジョウに共通する点は、比較的キレイな水を好み、小さな虫の幼虫、藻などを食べる雑食の魚であるということです。 シマドジョウの性格、特徴 シマドジョウの性格はおとなしく、他の魚とケンカもしないので混泳も可能です。 金魚などと一緒に飼うなどしても、藻を食べて水槽内をキレイに保ってくれます。 しかし中型の魚などと、一緒に飼育する場合、捕食されないように注意が必要です。 習性としては集団行動を好む、夜行性の魚です。 丈夫かつ飼育しやすい魚ですが、警戒心や臆病な性格も持ち合わせており、振動や大きな音などに驚くと砂の中に潜り隠れます。 ストレスの少ない環境だとあまり潜らません。 エサ付けをすることもできます。 容姿は体長6~14cm、左右合わせて6本のひげがあります。 体は細長く、丸い尻尾、表面には黒い斑紋があるのが特徴です。 この模様は通常点列になっていますが、斑紋が繋がった直線模様の個体もいます。 シマドジョウの値段、購入 シマドジョウの値段の目安は、数百円から五百円ぐらいで比較的安価のようです。 しかし通常よく見かけるマドジョウなどよりは、珍しいので少し金額も割高でしょう。 購入に関しては淡水魚専門店などのネットの通販や直営店、または魚屋などで食用として売られているものを購入する、直接池や沼から捕獲してくるなどの方法があります。 もちろん、自分でシマドジョウを見つけて捕獲する場合は、お金はかかりません。 ちなみに淡水魚ショップでの直営販売は意外と取扱いが少ないようなので、通販やお店に取り寄せてもらう方が確実ようです。 シマドジョウの寿命、健康 シマドジョウの寿命は約1~2年ぐらいです。 健康に関しては、元来丈夫な魚であり、水温の変化などにも強いほうです。 どちらかというと寒さの弱い傾向があり、外などで飼育する場合、冬眠してしまうこともあります。 水温よりは水質を気にした方がよい魚です。 水の入れ替えについては、週に1回行い、全体の3分の1ぐらいの水を入れ替えましょう。 全部一度に入れ替えると有益なバクテリアなどもいなくなり、逆にドジョウによくありません。 他にもドジョウは水面ではなく、底に沈んできたエサを食べるので、うまく食べられなくて痩せてしまう場合もあります。 また、水槽の高さにも注意が必要です。 ドジョウが飛び跳ねて水槽を飛び出し、死んでしまう時があります。 少なくても高さが40cm以上あれば、飛び出す事故の心配はありません。 シマドジョウの飼育 水槽は縦30cm、横30cm、高さ40cm以上のものを選びましょう。 水槽の底には砂利や砂を5cmぐらい入れてあげましょう。 川の砂を取ってくる場合は細かくて角のないものを選んでください。 尖っているとドジョウが傷つく場合があるからです。 水槽の中には水草を必ず入れましょう。 これらは、酸素を作りドジョウの呼吸を助けると共に、隠れ家にもなります。 この際は水草の根元を小石などで固定しましょう。 ドジョウが掘りかえすことがあるからです。 他には、ろ過装置、ドジョウが隠れる陶器の器などを入れます。 水については、水道水の場合、塩素を抜いて使います。 また、ベランダにバケツ等を置いておいてメダカなどを入れて放置しておくと、緑色に変化したグリーンウォーターができあがります。 一見汚れていますが、バクテリアや微生物が豊富で、魚にはとても良い水ですから、これを入れてもよいでしょう。 エサについては1日に1~2回、冷凍ミジンコ、冷凍赤虫、糸ミミズ、川魚配合飼料などを与えてください。 お豆腐や麩 ふ なども食べるようです。 この際には、エサがきちんと沈殿しているか確認しましょう。 また、ドジョウはキレイな水を好みますから、水槽の底の食べ残しなどに気をつけて、まめに水換えをして、水槽を清潔に保ちましょう。 シマドジョウの特徴を知ろう シマドジョウは黒い斑紋と猫のようなひげ、丸い尻尾がコミカルで意外に可愛い魚です。 砂や泥に隠れて顔だけ出している姿も愛嬌たっぷりです。 とても丈夫で飼育も難しくない魚なので、飼育初心者でも無理なく飼うことができるでしょう。 元々群れで生活する生き物なので、何匹か飼って、その生態を観察しても面白いでしょう。

次の

スジシマドジョウの飼育方法|餌・水温・寿命・混泳・販売サイト

どじょう 寿命

ドジョウは日本の水田や川などでよく見られる淡水魚です。 にょろにょろした姿が苦手な人もいますが、よく見ると猫のようなひげが生えていてなかなか愛嬌のある魚です。 今回はそんなドジョウの特徴についてご紹介します。 例えばヤマトシマドジョウは、九州と山口県のみに生息しています。 他にも同地方にはスジシマドジョウという種類もいます。 今回ご紹介するシマドジョウは、本州、四国、大分県などに分布し、川、湖、沼などを生息地としています。 ヤマトシマドジョウとシマドジョウの違いについては胸ビレの骨の形で区別するそうです。 また、これらは日本の固有種の魚です。 ちなみに田や川でよく見かける一番知られているドジョウは、マドジョウという種類です。 細かい分類の違いこそありますが、ドジョウに共通する点は、比較的キレイな水を好み、小さな虫の幼虫、藻などを食べる雑食の魚であるということです。 シマドジョウの性格、特徴 シマドジョウの性格はおとなしく、他の魚とケンカもしないので混泳も可能です。 金魚などと一緒に飼うなどしても、藻を食べて水槽内をキレイに保ってくれます。 しかし中型の魚などと、一緒に飼育する場合、捕食されないように注意が必要です。 習性としては集団行動を好む、夜行性の魚です。 丈夫かつ飼育しやすい魚ですが、警戒心や臆病な性格も持ち合わせており、振動や大きな音などに驚くと砂の中に潜り隠れます。 ストレスの少ない環境だとあまり潜らません。 エサ付けをすることもできます。 容姿は体長6~14cm、左右合わせて6本のひげがあります。 体は細長く、丸い尻尾、表面には黒い斑紋があるのが特徴です。 この模様は通常点列になっていますが、斑紋が繋がった直線模様の個体もいます。 シマドジョウの値段、購入 シマドジョウの値段の目安は、数百円から五百円ぐらいで比較的安価のようです。 しかし通常よく見かけるマドジョウなどよりは、珍しいので少し金額も割高でしょう。 購入に関しては淡水魚専門店などのネットの通販や直営店、または魚屋などで食用として売られているものを購入する、直接池や沼から捕獲してくるなどの方法があります。 もちろん、自分でシマドジョウを見つけて捕獲する場合は、お金はかかりません。 ちなみに淡水魚ショップでの直営販売は意外と取扱いが少ないようなので、通販やお店に取り寄せてもらう方が確実ようです。 シマドジョウの寿命、健康 シマドジョウの寿命は約1~2年ぐらいです。 健康に関しては、元来丈夫な魚であり、水温の変化などにも強いほうです。 どちらかというと寒さの弱い傾向があり、外などで飼育する場合、冬眠してしまうこともあります。 水温よりは水質を気にした方がよい魚です。 水の入れ替えについては、週に1回行い、全体の3分の1ぐらいの水を入れ替えましょう。 全部一度に入れ替えると有益なバクテリアなどもいなくなり、逆にドジョウによくありません。 他にもドジョウは水面ではなく、底に沈んできたエサを食べるので、うまく食べられなくて痩せてしまう場合もあります。 また、水槽の高さにも注意が必要です。 ドジョウが飛び跳ねて水槽を飛び出し、死んでしまう時があります。 少なくても高さが40cm以上あれば、飛び出す事故の心配はありません。 シマドジョウの飼育 水槽は縦30cm、横30cm、高さ40cm以上のものを選びましょう。 水槽の底には砂利や砂を5cmぐらい入れてあげましょう。 川の砂を取ってくる場合は細かくて角のないものを選んでください。 尖っているとドジョウが傷つく場合があるからです。 水槽の中には水草を必ず入れましょう。 これらは、酸素を作りドジョウの呼吸を助けると共に、隠れ家にもなります。 この際は水草の根元を小石などで固定しましょう。 ドジョウが掘りかえすことがあるからです。 他には、ろ過装置、ドジョウが隠れる陶器の器などを入れます。 水については、水道水の場合、塩素を抜いて使います。 また、ベランダにバケツ等を置いておいてメダカなどを入れて放置しておくと、緑色に変化したグリーンウォーターができあがります。 一見汚れていますが、バクテリアや微生物が豊富で、魚にはとても良い水ですから、これを入れてもよいでしょう。 エサについては1日に1~2回、冷凍ミジンコ、冷凍赤虫、糸ミミズ、川魚配合飼料などを与えてください。 お豆腐や麩 ふ なども食べるようです。 この際には、エサがきちんと沈殿しているか確認しましょう。 また、ドジョウはキレイな水を好みますから、水槽の底の食べ残しなどに気をつけて、まめに水換えをして、水槽を清潔に保ちましょう。 シマドジョウの特徴を知ろう シマドジョウは黒い斑紋と猫のようなひげ、丸い尻尾がコミカルで意外に可愛い魚です。 砂や泥に隠れて顔だけ出している姿も愛嬌たっぷりです。 とても丈夫で飼育も難しくない魚なので、飼育初心者でも無理なく飼うことができるでしょう。 元々群れで生活する生き物なので、何匹か飼って、その生態を観察しても面白いでしょう。

次の

どじょうの生態と飼育方法!混泳の相性や寿命、水槽レイアウトはどうする?

どじょう 寿命

どじょうの種類 どじょうは大きく分けて6種類に分類されています。 アジメドジョウ属、アユモドキ属、シマドジョウ属、ドジョウ属、フクドジョウ属、ホトケドジョウ属です。 それぞれ模様や住処、生態系が異なっています。 マドジョウ 分布 日本全国、朝鮮半島 体長 15cm 寿命 1年〜2年 生息場所 水田、用水路の泥底 繁殖時期 6月〜7月 一般的にどじょうと言われれば、このマドジョウのことをさしています。 世界最大のどじょうであり、ごくまれに30cm近くの個体が発見されることもあります。 口ひげが長く、全部で10本あります。 体色の個体差が激しいですが、基本は茶褐色で背中に不明瞭な斑点模様がはいっています。 白変種で体が白く、目が黒い個体をヒドジョウと呼びます。 飼育下では大切に育てることで、5年以上生きることもありますよ。 エゾホトケドジョウ 分布 北海道 体長 6cm 寿命 2年〜3年 生息場所 水流がゆるやかな水草の多い水路 繁殖時期 3月〜6月 エゾホトケドジョウは北海道にのみ生息していた種類ですが、分布を広げて、青森県にも生息するようになりました。 体型はホトケドジョウに似ており、交雑することができます。 体色は黄褐色から青褐色で、頭部から尾びれにかけて黒い縦線があります。 エゾホトケドジョウも浮き袋が発達しており、中層を泳ぎます。 群泳はせず、単独での生活を好みます。 ナガレホトケドジョウ 分布 静岡〜岡山、四国地方 体長 6cm 寿命 2年〜3年 生息場所 山間の細い川 繁殖時期 6月 ナガレホトケドジョウは水量が少ない川を好んで生活しています。 飼育するときは水流が強い場所を作ってあげましょう。 ホトケドジョウに似ていますが、スリムな体型で淡い褐色をしています。 目が小さく、ヒゲが長いのが特徴的です。 フクドジョウ 分布 北海道、シベリア、中国、朝鮮半島 体長 20cm 寿命 2年〜3年 生息場所 河川中流〜下流の砂底 繁殖時期 4月〜7月 フクドジョウは大型のどじょうで、15度〜22度の低水温を好みます。 口ひげは6本あり、目の下に棘はありません。 体色は黄褐色をベースに不規則な斑点模様がはいっています。 産卵時期になると粘着性の高い卵を水草に植えつけます。 アジメドジョウ 分布 中部地方、近畿地方 体長 10cm 寿命 3年 生息場所 河川上流〜中流の砂底 繁殖時期 1月〜3月 アジメドジョウは体が細長く、はっきりとした黒いラインが入っています。 口が頭部の下にあり、唇が厚く吸盤状になっている。 植物食性が強く、コケや藻類を好んで食べるため、水槽の掃除役として活躍してくれます。 イシドジョウ 分布 中国地方、四国地方 体長 7cm 寿命 3年 生息場所 河川上流〜中流の石の隙間 繁殖時期 5月〜8月 イシドジョウはずんどう型で尻びれから後ろにかけて細くならないのが特徴的です。 水流が強い場所や岩の間を好んでおり、石に付着した藻類を食べます。 シマドジョウ 分布 青森県〜山口県 体長 13cm 寿命 2年〜3年 生息場所 河川中流〜下流の砂底 繁殖時期 5月〜7月 シマドジョウは基本的には体の横側に黒い斑点が並んでいますが、個体差が激しく、綺麗なライン状になっていることもあります。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 スジシマドジョウ 分布 九州地方、四国地方 体長 6cm〜20cm 寿命 3年 生息場所 流れが緩やかな河川下流、用水路などの砂泥 繁殖時期 4月〜7月 スジシマドジョウは琵琶湖にいる大型種、四国にいる中型種、東海地方の小型種がおり、別種として扱われています。 2本の黒いラインが入っており、目の下に棘があります。 シマドジョウと違い、暖かい地域を好んでおり、日本の西側である四国や九州地方に広く分布しています。 タイリクシマドジョウ 分布 九州地方 体長 13cm 寿命 4年 生息場所 河川中流、用水路 繁殖時期 4月〜7月 タイリクシマドジョウは別名でヤマトシマドジョウと呼ばれている種類です。 目の下に棘があります。 体の横側には大きな斑点模様が1列あり、背側には数列の小さな斑点模様が入っています。 ニシシマドジョウ 分布 中部地方〜中国地方 体長 10cm 寿命 2年〜3年 生息場所 河川中流 繁殖時期 4月〜7月 ニシシマドジョウは日本の西部に生息しているシマドジョウの種類です。 黒い斑点模様がしっかりとでており、3〜4列ほどの縦のシマシマがあります。 カラドジョウ 分布 朝鮮半島、中国 体長 15cm 寿命 1年〜2年 生息場所 水田、用水路の泥底 繁殖時期 6月〜7月 カラドジョウはもともとは朝鮮半島や中国にしか生息していませんでしたが、他種のどじょうの輸入に紛れて、日本でも外来種として繁殖が確認されています。 模様はマドジョウにそっくりですが、背びれの透明度が高かったり、体色が少し明るくなっています。 ヒゲは長く、気性が荒い性格が多いので、小型魚との混泳には向きません。

次の