フォート ナイト ストーム の 目 に 入る。 フォートナイト (ゲーム)

【フォートナイト(Fortnite)】基本的なルール&操作方法&アイテムまとめ、PUBGとの比較【建築FPS】

フォート ナイト ストーム の 目 に 入る

ストーム収束について 危険エリアは戦闘領域を縮めることによって、闘わざるを得ない状況を作る仕様です。 ゲームによって色んなパターンがありますが、本作の場合はスタンダードな円形をしています。 青い円が現在のストーム境界線、白い円が次の収束境界で、紫のエリアにいると徐々にダメージを受けます。 ステージ 猶予時間 収束時間 ダメージ ストーム移動 1 3分20秒 3分 1 なし 2 2分 2分 1 なし 3 1分30秒 1分30秒 2 なし 4 1分20秒 1分10秒 5 なし 5 50秒 1分 7. 5 あり 6 30秒 1分 10 あり 7 - 55秒 10 あり 8 - 50秒 10 あり 受けるダメージはシールドを無視します。 以降ステージ毎にダメージが増化していきます。 ストーム収束と敵の配置 ストームの収束は時間が一定で、収束する距離が可変です。 収束する距離が長いほど、ストームの境界の移動速度も速くなります。 青の区間に比べると、 赤の区間はストームの境界が追いかけてくるのが高速になるので、ストームの被害を受けやすくなります。 また収束区間が広いということは、そこに含まれる敵プレイヤーの数も多いということになるので、早めに移動しておかないと事故りやすくなります。 特に収束区間に複数の都市を含む場合には注意が必要です。 境界付近の有利位置を押さえられれば、検問して敵を楽に打倒するチャンスですが、遠い場所から移動する場合には、先客がいる可能性が高いです。 逆に収束区間が短いエリアだと、その間にいる敵も少ないので交戦率が下がります。 戦闘を回避するなら、一端収束が狭いエリアに移動して、それから安全エリアに向かうというのも一つの手です。 時間をロスするのが欠点ですが、消耗を押さえられるかもしれません。 ストーム内での回復 まず最初に、移動は速やかにしてストームに飲まれることは極力避けましょう。 フォートナイトのインベントリは5枠しか無く、余った枠もシールドで埋める方が理想的なので、そもそもHP回復用のアイテムは持ち歩きたくないです。 あとはプレイヤーのスキルに依存しますが、通常マッチではHP回復が腐りやすいとは思います。 少し削れた程度なら、各地に存在する 焚き火や、 リンゴなどの消耗品を使うと良いでしょう。 2019-11-27 03:37 包帯と治療キット 包帯を使う場合は、4秒掛かって15HPしか回復しない点に注意しましょう。 ステージ3のストームなら毎秒2点ダメージなので、時間的な猶予は一巻き1. 5秒しか増えません。 連続で巻いたとしても、ストーム内で移動できる距離は限られています。 治療キットの場合は使用に10秒掛かるので、ステージ3以降はHP21以上のときに使い始めないと間に合いませんが、稼げる時間は軽く40秒を越えます。 ステージ2の収束完了と同時に2点ダメージになるので、その辺りを逆算しておきましょう。 魚による回復 チャプター2で登場した魚はHPを高速で回復できる特性を持ちます。 ただし入手条件がやや難しい魚も存在します。 フロッパーは純粋なHP回復能力ではトップクラスの性能を持っています。 例え1個でも治療キットよりも優先で良いです。 スラープフィッシュはHPだけでなくシールドも回復できる最強の回復アイテムになります。 ここまで強いと、エリクサー病を発症して、ちょっとストームに飲まれた程度なら使いたくなくなるのですが……。 7、8、9回めのストームの目は、ただ単に縮むのではなく、ランダムな方向に動くようになりました。 ストームが迫ってくると、ストームの目は新たな場所へ向かって移動し縮小していきます。 次の安全エリア表示がストームの中になっており、この場所に向かって嵐の目が移動して行きます。 白い円が安全エリアの移動先です。 ストームが止まっている時間もドンドン短くなっていき、最終的には回復する暇も無い移動競争になります。 この辺りの事情が、使用するまでの時間が長い治療キット、シールドポーションなどのアイテムが評価されない理由です。 ゲームに慣れていないようなら、無理に闘うよりも逃げ続ける方が勝率が高いぐらいです。 位置取りとしては、 円の移動がしやすい場所が有力ですが、地形の高低もあるので一概には言えません。 また有利位置を押さえる場合には、敵プレイヤーからのヘイトを集めるので、クラフトによってガッチリ固める必要が出てきます。 周囲を覆って横に陣地を広げると良いです。 逆に一番遠い場所はストーム境界の収束が速く、少し飲まれただけで大ダメージを受ける可能性があるので注意が必要です。 ジャンプパッドや、ポータブル裂け目があると、移動時の負担が少し減りますが、残り人数の大小によって有用性は変わって来ます。 少人数のときに使うと、ヘイトが高すぎて、危険な行為です。 逆に残り人数が多い時は、確定で上を取れて、しばらくの間狙われなくなります。 野良の場合だと、残り人数が少ないようなら、ストーム移動が始まる前段階ぐらいで頭数を整理するのも1つの手です。 もちろん有利位置の相手には仕掛けない方が良いですが、乱戦になるよりは運が絡みません。

次の

【フォートナイト】ストーム収縮ダメージ量の時間による変化

フォート ナイト ストーム の 目 に 入る

ストーム収束について 危険エリアは戦闘領域を縮めることによって、闘わざるを得ない状況を作る仕様です。 ゲームによって色んなパターンがありますが、本作の場合はスタンダードな円形をしています。 青い円が現在のストーム境界線、白い円が次の収束境界で、紫のエリアにいると徐々にダメージを受けます。 ステージ 猶予時間 収束時間 ダメージ ストーム移動 1 3分20秒 3分 1 なし 2 2分 2分 1 なし 3 1分30秒 1分30秒 2 なし 4 1分20秒 1分10秒 5 なし 5 50秒 1分 7. 5 あり 6 30秒 1分 10 あり 7 - 55秒 10 あり 8 - 50秒 10 あり 受けるダメージはシールドを無視します。 以降ステージ毎にダメージが増化していきます。 ストーム収束と敵の配置 ストームの収束は時間が一定で、収束する距離が可変です。 収束する距離が長いほど、ストームの境界の移動速度も速くなります。 青の区間に比べると、 赤の区間はストームの境界が追いかけてくるのが高速になるので、ストームの被害を受けやすくなります。 また収束区間が広いということは、そこに含まれる敵プレイヤーの数も多いということになるので、早めに移動しておかないと事故りやすくなります。 特に収束区間に複数の都市を含む場合には注意が必要です。 境界付近の有利位置を押さえられれば、検問して敵を楽に打倒するチャンスですが、遠い場所から移動する場合には、先客がいる可能性が高いです。 逆に収束区間が短いエリアだと、その間にいる敵も少ないので交戦率が下がります。 戦闘を回避するなら、一端収束が狭いエリアに移動して、それから安全エリアに向かうというのも一つの手です。 時間をロスするのが欠点ですが、消耗を押さえられるかもしれません。 ストーム内での回復 まず最初に、移動は速やかにしてストームに飲まれることは極力避けましょう。 フォートナイトのインベントリは5枠しか無く、余った枠もシールドで埋める方が理想的なので、そもそもHP回復用のアイテムは持ち歩きたくないです。 あとはプレイヤーのスキルに依存しますが、通常マッチではHP回復が腐りやすいとは思います。 少し削れた程度なら、各地に存在する 焚き火や、 リンゴなどの消耗品を使うと良いでしょう。 2019-11-27 03:37 包帯と治療キット 包帯を使う場合は、4秒掛かって15HPしか回復しない点に注意しましょう。 ステージ3のストームなら毎秒2点ダメージなので、時間的な猶予は一巻き1. 5秒しか増えません。 連続で巻いたとしても、ストーム内で移動できる距離は限られています。 治療キットの場合は使用に10秒掛かるので、ステージ3以降はHP21以上のときに使い始めないと間に合いませんが、稼げる時間は軽く40秒を越えます。 ステージ2の収束完了と同時に2点ダメージになるので、その辺りを逆算しておきましょう。 魚による回復 チャプター2で登場した魚はHPを高速で回復できる特性を持ちます。 ただし入手条件がやや難しい魚も存在します。 フロッパーは純粋なHP回復能力ではトップクラスの性能を持っています。 例え1個でも治療キットよりも優先で良いです。 スラープフィッシュはHPだけでなくシールドも回復できる最強の回復アイテムになります。 ここまで強いと、エリクサー病を発症して、ちょっとストームに飲まれた程度なら使いたくなくなるのですが……。 7、8、9回めのストームの目は、ただ単に縮むのではなく、ランダムな方向に動くようになりました。 ストームが迫ってくると、ストームの目は新たな場所へ向かって移動し縮小していきます。 次の安全エリア表示がストームの中になっており、この場所に向かって嵐の目が移動して行きます。 白い円が安全エリアの移動先です。 ストームが止まっている時間もドンドン短くなっていき、最終的には回復する暇も無い移動競争になります。 この辺りの事情が、使用するまでの時間が長い治療キット、シールドポーションなどのアイテムが評価されない理由です。 ゲームに慣れていないようなら、無理に闘うよりも逃げ続ける方が勝率が高いぐらいです。 位置取りとしては、 円の移動がしやすい場所が有力ですが、地形の高低もあるので一概には言えません。 また有利位置を押さえる場合には、敵プレイヤーからのヘイトを集めるので、クラフトによってガッチリ固める必要が出てきます。 周囲を覆って横に陣地を広げると良いです。 逆に一番遠い場所はストーム境界の収束が速く、少し飲まれただけで大ダメージを受ける可能性があるので注意が必要です。 ジャンプパッドや、ポータブル裂け目があると、移動時の負担が少し減りますが、残り人数の大小によって有用性は変わって来ます。 少人数のときに使うと、ヘイトが高すぎて、危険な行為です。 逆に残り人数が多い時は、確定で上を取れて、しばらくの間狙われなくなります。 野良の場合だと、残り人数が少ないようなら、ストーム移動が始まる前段階ぐらいで頭数を整理するのも1つの手です。 もちろん有利位置の相手には仕掛けない方が良いですが、乱戦になるよりは運が絡みません。

次の

【フォートナイト】ストーム関連チャレンジ攻略

フォート ナイト ストーム の 目 に 入る

ストームサージとは パッチノートV6. 31で追加された要素でCRのCrazyラマさん、RizArtさんが出場した katowice Royale 2019でも話題になりましたね。 ストームの最終収縮時点で一定数のプレイヤーが生き残っていた場合はストームサージが発動し、マッチ中に与えたダメージが最も少ないプレイヤーは一定時間毎にダメージを受けます。 要するに芋対策ですね。 ダメージは25ですが後々変わってくる可能性がありますね。 なぜ存在が知られてないのか まず遭遇する人が限られていますよね。 猛者の中の猛者じゃないと知らないわけですよ。 いくらスクリムに参加していても通常マッチではでませんし。 しかも、~~をやっている人口が少ないですよね。 ストームサージを体験できる人も100人のなかの一握りです。 必然的に存在を知らず、忘れてしまっているんです。 最後に まあパッチノートには明記してあったわけですからパッチノートはしっかり見ましょうって話ですよ。 フォートナイトのパッチノートは他のゲームより見やすいですから、ざ~と読むだけでいいんで見といたほうがいいです。 まさかチャプター2でパッチノートがなくなるなんて思いもしませんでした。

次の