糖 として 吸収 されない オリゴ 糖。 糖として吸収されないことが画期的! 手軽なロカボスイーツ“フラクトオリゴ糖”入り『オリゴスマートミルクチョコレート』 | ガジェット通信 GetNews

ここがスゴイ!フラクトオリゴ糖3つの働き|フラクトオリゴ糖|株式会社 明治

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

オリゴ糖とは、もともと「少ない」という意味をギリシャで「オリゴ」というのですがこれが由来になっております。 糖類は様々ございます。 たとえば一般的なものですとブドウ糖や果糖がございますね。 これらはそれよりもさらに小さいものでそれ以下に分けることができず単糖類に分類されます。 つまりは、砂糖、乳糖、麦芽糖なども分子構造的に考えればオリゴ糖と同じということになりますね。 ところが、最近ではフラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖のように糖以外でも見極める基準が明確になってきています。 フラクトオリゴ糖においては、 ショ糖、でんぷん、乳糖、食物繊維などに酵素を作用させています。 一方、 大豆オリゴ糖はビートといった天然成分が含まれています。 つまり、現在のオリゴ糖の基準はどちらかといえば糖の結合というよりはそのほかの成分で判断することが多いのです。 そして、オリゴ糖といえば健康的なもの、ダイエット食品といったイメージが強いのですがどうなのでしょうか?ちなみに、全てのオリゴ糖共通していえるのは、 ビフィズス菌の栄養、大腸がん予防、虫歯予防、甘味の低減、低カロリーといったところです。 そこで、今回はそのオリゴ糖がどうしてダイエットにオススメなのか?理由について解説したいと思います。 確かにケーキ、お菓子などは非常に甘いですし太りますよね。 しかし、それは砂糖や小麦が太るだけであり全ての糖質が太るというわけではないのです。 その中でオリゴ糖も例外ではございません。 たとえば、 砂糖のGI値は110程度です。 GI値60以下にすると血糖値とインスリンのバランスが理想的にキープできるとされていますので、100を超えている砂糖を食べると血糖値が上がりすぎインスリンがそれを処理することができずに余分なエネルギーは脂肪として蓄積されてしまうわけです。 しかし、オリゴ糖はGI値10しかありません。 甘いのですがGI値が非常に低いのです。 しかし、ここで誤解を招くかもしれませんので解説しますね。 オリゴ糖は糖質なので血糖値自体は上がります。 しかし、通常の砂糖とは性質が異なり胃で消化分解することができません。 そのため、腸でビフィズス菌の栄養となりながら吸収されるため 通常の砂糖と比較するとずいぶん血糖値が上昇するスピードが緩やかになるわけです。 そのためインスリンもしっかりとオリゴ糖を処理することができるため太りにくいうえ、体が糖化しにくいため急激に眠くなるとか、お腹が減るとかそういったことにはなりにくい仕組みなのです。 ですから、砂糖と比較すると糖尿病のリスクを大幅に下げることができるということです。 血糖値がゆるく上がるなら糖尿病患者も食べてもいい? ここで疑問に思われるかもしれません。 確かにダイエットにはよいというオリゴ糖の仕組みはわかりました。 血糖値が緩やかに上がるため太りにくいことも理解できました。 けれども、本当に糖尿病患者がオリゴ糖を摂取しても大丈夫なのでしょうか? はい、 純粋なオリゴ糖であれば血糖値が緩やかに上がるため大丈夫なはずです。 ただ、糖尿病を抱えているのであれば一度専門の医師にご相談ください。 それにより的確なアドバイスをいただけるかと思います。 蜂蜜もこれを同じことがいえます。 しかし、市場に出回っているオリゴ糖の中には砂糖で薄められていたり、 人工甘味料など添加物でたっぷりと薄められているようなものもあります。 そもそもこれはオリゴ糖とはいえません。 ですので、オリゴ糖でダイエットや健康づくりを取り組むのであれば選び方が重要になってきます。 もしくは羅漢果糖で薄められていたり、血糖値を上げにくいものでなくては意味がありません。

次の

大好きなチョコレートを我慢しない!!糖から健康を考えた「オリゴスマートミルクチョコレート」本日新発売!!|株式会社明治のプレスリリース

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

オリゴ糖とは、もともと「少ない」という意味をギリシャで「オリゴ」というのですがこれが由来になっております。 糖類は様々ございます。 たとえば一般的なものですとブドウ糖や果糖がございますね。 これらはそれよりもさらに小さいものでそれ以下に分けることができず単糖類に分類されます。 つまりは、砂糖、乳糖、麦芽糖なども分子構造的に考えればオリゴ糖と同じということになりますね。 ところが、最近ではフラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖のように糖以外でも見極める基準が明確になってきています。 フラクトオリゴ糖においては、 ショ糖、でんぷん、乳糖、食物繊維などに酵素を作用させています。 一方、 大豆オリゴ糖はビートといった天然成分が含まれています。 つまり、現在のオリゴ糖の基準はどちらかといえば糖の結合というよりはそのほかの成分で判断することが多いのです。 そして、オリゴ糖といえば健康的なもの、ダイエット食品といったイメージが強いのですがどうなのでしょうか?ちなみに、全てのオリゴ糖共通していえるのは、 ビフィズス菌の栄養、大腸がん予防、虫歯予防、甘味の低減、低カロリーといったところです。 そこで、今回はそのオリゴ糖がどうしてダイエットにオススメなのか?理由について解説したいと思います。 確かにケーキ、お菓子などは非常に甘いですし太りますよね。 しかし、それは砂糖や小麦が太るだけであり全ての糖質が太るというわけではないのです。 その中でオリゴ糖も例外ではございません。 たとえば、 砂糖のGI値は110程度です。 GI値60以下にすると血糖値とインスリンのバランスが理想的にキープできるとされていますので、100を超えている砂糖を食べると血糖値が上がりすぎインスリンがそれを処理することができずに余分なエネルギーは脂肪として蓄積されてしまうわけです。 しかし、オリゴ糖はGI値10しかありません。 甘いのですがGI値が非常に低いのです。 しかし、ここで誤解を招くかもしれませんので解説しますね。 オリゴ糖は糖質なので血糖値自体は上がります。 しかし、通常の砂糖とは性質が異なり胃で消化分解することができません。 そのため、腸でビフィズス菌の栄養となりながら吸収されるため 通常の砂糖と比較するとずいぶん血糖値が上昇するスピードが緩やかになるわけです。 そのためインスリンもしっかりとオリゴ糖を処理することができるため太りにくいうえ、体が糖化しにくいため急激に眠くなるとか、お腹が減るとかそういったことにはなりにくい仕組みなのです。 ですから、砂糖と比較すると糖尿病のリスクを大幅に下げることができるということです。 血糖値がゆるく上がるなら糖尿病患者も食べてもいい? ここで疑問に思われるかもしれません。 確かにダイエットにはよいというオリゴ糖の仕組みはわかりました。 血糖値が緩やかに上がるため太りにくいことも理解できました。 けれども、本当に糖尿病患者がオリゴ糖を摂取しても大丈夫なのでしょうか? はい、 純粋なオリゴ糖であれば血糖値が緩やかに上がるため大丈夫なはずです。 ただ、糖尿病を抱えているのであれば一度専門の医師にご相談ください。 それにより的確なアドバイスをいただけるかと思います。 蜂蜜もこれを同じことがいえます。 しかし、市場に出回っているオリゴ糖の中には砂糖で薄められていたり、 人工甘味料など添加物でたっぷりと薄められているようなものもあります。 そもそもこれはオリゴ糖とはいえません。 ですので、オリゴ糖でダイエットや健康づくりを取り組むのであれば選び方が重要になってきます。 もしくは羅漢果糖で薄められていたり、血糖値を上げにくいものでなくては意味がありません。

次の

糖として吸収されないオリゴ糖を使ったビターな「ロカボ」チョコレート 発売!(美容最新ニュース)

糖 として 吸収 されない オリゴ 糖

明治オリゴスマートシリーズのビターテイストチョコレート 株式会社明治は、2020年4月7日より、糖として吸収されないオリゴ糖「フラクトオリゴ糖」を使用したチョコレート「オリゴスマート」シリーズから、「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」を全国で発売する。 砂糖に近い味わいながら糖として吸収されない「フラクトオリゴ糖」 砂糖や糖分の取りすぎが気になり、チョコレートを食べたいのに控えている人も多いのではないだろうか。 明治のオリゴスマートシリーズは、砂糖の代わりに一部「フラクトオリゴ糖」を加えている。 「フラクトオリゴ糖」は砂糖に近い味わいを持ちながら、難消化性のオリゴ糖で、糖として吸収されずに、腸内細菌によって短鎖脂肪酸に分解される。 また、ゴボウ、タマネギ、トマトなどの野菜やバナナ、モモなどの果物にも含まれる、安全・安心な体にやさしい糖質である。 今回発売の「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」は、カカオ分52%のビターチョコレートを生地に使用することにより、甘さ控えめでありながら、華やかなカカオの香りを楽しめる商品となっている。 7枚でロカボ糖質10グラム以下と、砂糖が気になる人、甘いものが苦手な人、糖質コントロールを考えている人にも嬉しいチョコレートだ。 価格は220円(税別)。 仕事の合間のご褒美チョコとしてもおすすめである。 meiji.

次の