自由 研究 の まとめ 方 小学生。 小学校の夏休みの自由研究で体験内容のまとめ方!ポイントとコツを伝授!

小学校の夏休みの自由研究で体験内容のまとめ方!ポイントとコツを伝授!

自由 研究 の まとめ 方 小学生

自由研究は、研究内容以上にどうまとめるかが大切です。 せっかくがんばって研究したのですから、みんなにうまく伝わるよう工夫してまとめましょう。 まずは構成を考えてみましょう。 自由研究の書き方例!構成はこれでバッチリ! 1. 研究テーマ(題名) 2. 研究のきっかけ(選んだ理由) 3. 研究の方法と内容 4. 研究の結果・分かったこと 5. 感想、今後どう活かすか 6. 参考にした本 7. お世話になった人や場所 こんな構成にすると、わかりやすいまとめになります。 では、それぞれについてもう少し細かく紹介しましょう。 研究テーマ(題名) 本を選ぶ時には、まず題名を見て「おもしろそう!」「知りたいことはこれに書かれているかな?」と手に取りますよね。 自由研究も同じです。 まずは題名を見てどんな研究をしたのかが分かることが大切です。 分かりやすいだけでなく、「読んでみたいな」と思ってもらえるように工夫してみましょう。 たとえば、「花のつくり調べ」よりも「花びらは何枚? 花のつくり調べ」のほうが読んでみたくなると思いませんか? 2. 研究のきっかけ(選んだ理由) なぜその研究をしようと思ったのかも、自由研究ではとても大切なことです。 「ツツジの花を摘んでみたら花びらが全部くっついていてびっくりした」とか「変な形の花が咲いていて、どうしてこのような形なのか不思議に思った」とか、何かきっかけがあるはずです。 「本を読んで自分もやってみたくなった」でも大丈夫。 短くても良いので、研究のきっかけを書いておきましょう。 研究の方法と内容 これは、研究のまとめでとても重要なことのひとつです。 ・どんなことを知りたいのか ・知りたいことをどんな方法で知るのか ・どんな準備をして、どんな手順で実行したのか をわかりやすく書きます。 研究の方法や内容は、読む人にきちんと伝わることが大切。 料理のレシピのように、読んだ人が「やってみよう」と思ってまねできるくらいが理想です。 研究の結果・分かったこと 結果はもちろん大切ですね。 読んでくれる人も、結果がいちばん楽しみです。 中学生くらいなら、研究の結果とわかったことは分けて書くようにすると、より研究らしくなります。 たとえば、ヨウ素液をかけて「Aは青紫色に変化した。 Bは変化しなかった」は結果です。 そこから「根や芽が出る時にでんぷんが使われている」にするとわかったことになります。 感想、今後どう活かすか 研究の結果や分かったことと、自分の感想は別にしましょう。 「難しかった」「楽しかった」などは感想ですね。 また、研究を終えて今後どうしたいかも書けるとよいでしょう。 「ゴミは私が思っているよりも多かったので、もっと減らせるようにしたい」や「今回は食塩水での実験だったので、次回は砂糖水でやってみたい」など。 自分にとって有意義な研究だったことをアピールしましょう。 参考にした本やWEBサイト 何も参考にせずに自由研究をすることはほとんどありませんね。 きっと、本やWEBサイトなど、何かを参考にして自由研究をすると思います。 本やWEBサイトの情報は誰かが書いてくれているものですから、その本やWEBサイトはきちんと紹介するべきです。 本なら、本の著者・タイトル・発行年・出版社をレポートのおわりに書いておきましょう。 WEBサイトなら、タイトルとURLを書いておきましょう。 お世話になった人や場所 施設の見学に行ったり、誰かの話を聞きに行ったりした場合には、お世話になった人や場所も書きましょう。 【中学生の社会に最適】模造紙の上手な書き方&まとめ方 自由研究の主な構成は上記でご紹介した通りだいたい同じですが、まとめ方にはさまざまな方法があります。 まずは、1枚の模造紙にまとめるポイントを紹介しましょう。 1枚の模造紙にまとめるメリットは、ひと目で内容が分かるということです。 地図や年表などを載せる社会の自由研究では、この方法がとても見やすいですね。 一方で、紙が大きい分、工夫して書かないと読む人が疲れてしまうというデメリットもあります。 <1枚の模造紙にまとめるポイント> 1. タイトルや見出しは大きく目立たせてわかりやすく 2. 地図・表・写真・イラストをバランスよく配置 3. 文章で長く書くよりも簡潔に箇条書きにする 最も大切なのは、タイトルや見出しを工夫することです。 新聞を見てみると、たくさん見出しがありますね。 見出しは大きくて目を引く字体で書かれているのが分かります。 また、見出しは短いのに、見ればすぐに、どんなことが書かれているのか内容がだいたい予想できます。 模造紙にまとめる時にもそんな見出しをつけて、どんな内容が書かれているのかが誰にでも一目で分かるように配慮しましょう。 文章が長く、文字ばかりなのも読む人は疲れてしまいます。 地図・表・写真・イラストなどをバランスよく配置して、読んでいて飽きないものにできるといいですね。 いろいろな商品のパンフレットなどを参考にしてみるのも良いかもしれません。 ただし、図表が多すぎたりカラフルにしすぎたりすると、ゴチャゴチャしてかえって読みづらくなってしまうので、やりすぎには注意! スケッチブック・画用紙の上手な書き方&まとめ方 スケッチブックや画用紙など、複数枚の紙をとじてまとめる方法もありますね。 枚数に制限がないので、かなり自由にまとめることができます。 実験や観察、見学や調査など、さまざまな自由研究に使えるまとめ方です。 <スケッチブックや画用紙にまとめるポイント> 1. タイトルは「読んでみたい」「知りたい」と思わせるように 2. 1ページ目に概要を書いて内容が分かるように 3. 2ページ目以降は写真やイラストで詳しく解説 スケッチブックや画用紙などにまとめる場合、最後まで読んでもらうための工夫が大切です。 まずはタイトルを工夫しましょう。 また、1ページ目でどんな研究なのかがだいたいわかるように、「構成」1~7を短くまとめて書いておくと、読む人も全体が把握できるので読みすすめやすくなります。 あとは写真やイラストを交えながら、わかりやすく詳細を書いていきましょう。 【低学年におすすめ】観察日記の上手な書き方&まとめ方 毎日観察・調査するような自由研究では、日記形式でのまとめがおすすめです。 変化の様子が分かるように、毎日同じ形式で書き込んでいくようにしましょう。 <日記形式でまとめるポイント> 1. 観察日記は同じ形式で1日1ページ 2. 最初のページには「構成」の1~3を書いておく 3. 最後に「構成」の4~7も忘れずに 観察日記では、変化の様子が分かることが大切です。 そのため、1日分を1ページにまとめ、できるだけ同じレイアウトにすることが大切です。 色も派手にしすぎないようにしましょう。 日々の観察日記だけでなく、「構成」1~7も最初と最後に分けて書くようにすると、よりわかりやすいまとめになります。 アルバムの上手な書き方&まとめ方 工作系の自由研究なら、写真とエピソードをたくさん詰め込んだアルバム形式のまとめがおすすめです。 <アルバム形式でまとめるポイント> 1. 作る工程も写真に撮って貼り付ける 2. 作り方と、感想や苦労したことなどをあわせて書く 3. イラストを加えたり、ふきだしを使ったりして楽しいまとめにする アルバム形式では、写真と説明を中心にまとめていくと簡単です。 感想や、苦労したこと・工夫したことなども書きましょう。 写真はデジタルカメラで撮影しておくといろんな大きさでプリントアウトできます。 同じ大きさの写真ばかりでは単調になるので、大きさに変化をつけてみるといいですね。 いかがでしたか?自由研究のまとめは、将来、レポートやプレゼン、資料作成などの基礎にもなる重要なスキルを培います。 ただ内容を書くだけではなく、読んでくれる人を意識したまとめができるといいですね。

次の

自由研究の書き方やまとめ方やテーマのコツ!

自由 研究 の まとめ 方 小学生

「小学生の自由研究、なにをしようかな~」と、子どもよりも親の方が悩んでいるわがや。 課題が決まっていない方が悩ましいこともありますよね。 まだ自由研究のテーマが決まっていないなら、お子さんと一緒に石けんづくりをしてみませんか? 1人での工作や調べ物が難しい低学年のお子さんでも、親子で気軽に楽しむことができますよ。 実は石けんは、自宅にあるものでも意外と簡単に作れてしまうんです。 作った石けんはインテリアとして飾ることもできますし、実際に使うこともできてとってもお得です。 筆者自身は大学で自然環境について学んだことがあるんですが、教授が石鹸推しだったこともあり、もともと石鹸づくりに興味があったんですよね(笑) その辺の知識もちょっと盛り込んでお伝えさせていただきます。 直接手で触れるとやけどをしますし、水と混ぜると熱や蒸気が発生するのでかなり慎重に作業する必要があります。 ちなみに、簡単に手に入るものでもありません。 それぞれご紹介していきます。 手こね石鹸の作り方 自宅にある石けんを削って、リメイクする方法です。 フレーク状にした石けんを粘土のようにこねて、形を整えます。 アロマオイルやハーブなどを混ぜて、オリジナルの石けんに生まれ変わらせることもできますよ。 もともとが石けんを再利用しているだけので、安心して作業することができます。 作り方の簡単な手順 石けんづくりのおおまかな流れをご説明します。 1、固形の石けんを刻んだりすりおろして、こまかくします。 こまかい粉末の粉石けんや、石けん素地と呼ばれる石けんの素を使っても大丈夫です。 2、こまかくした石けんをビニール袋に入れてもみます。 そのままだと石けんがまとまらないので、水分を少しずつ含ませながらもんでいきましょう。 お湯の温度は熱めの方が溶けやすいのですが、ぬるめでも大丈夫です。 様子を見ながら少しずつ混ぜ合わせていくのがコツ。 耳たぶくらいの固さを目指してモミモミします。 3、ちょっとまとまり始めたころに、アロマオイルやハチミツなどを加えて、こねるようによくまぜます。 石けんのツブツブがなくなるくらいにモミモミします。 4、よくまざったら粘土のように手で形をつくったり、型抜きなどで好きな形を抜き取ります。 グリセリンソープを手作り 透明なグリセリンソープの素を使って、宝石みたいなキレイな石けんが作れますよ。 半透明で固形になっている石けんの素のようなのもの。 MPソープとも呼ばれています。 作り方の簡単な手順 グリセリンを使った透明石けんを作るおおまかな流れをご説明します。 1、グリセリンソープを溶けやすくするために小さめにカットします。 2センチ角くらいが目安です。 2、耐熱容器に入れて、電子レンジで10秒ずつ様子を見ながら温めます。 目安は500ワットで15秒くらいです。 温めすぎると沸騰してふきこぼれてしまうので、少しずつ溶け具合をチェックしながらしてみてください。 3、石けんが溶けたら、牛乳パックや紙コップなどにそそぎます。 このまま固めて使うのもよし、それをさらに型抜きするもよし。 お好みに合わせて分量を調整してください。 4、このタイミングでお好みで香りや色をつけます。 泡が立たないようにゆっくりと混ぜるのがコツ。 色素の分量も1摘ずつ様子をみながら加えます。 5、常温で約1時間ほど置くとかたまります。 米ぬか石鹸 手作り 重曹を使った石けんのレシピを探してたどりついたのが、手作りの米ぬか石けん。 とってもシンプルな材料で作る、泡の立たない石けんです。 米ぬかの石けんは手肌に優しく、シットリとした洗いあがりが特徴です。 洗顔に使ったり、 クレンザーとしてキッチンやコンロ周りに使われます。 米ぬか石けんの作り方の手順 米ぬかを使って石けんを作るおおまかな流れをご説明します。 1、お水を大きめの鍋に入れ、沸騰させます。 あとでブクブクと泡立つので、できるだけ大きめのお鍋を用意します。 2、お湯の中に重曹をいれます。 このときぶくぶくしゅわしゅわするので少し落ち着くのを待ちます お鍋の中では重曹が熱分解されて、炭酸ナトリウムに変化します。 3、米ぬかを入れてまぜる 泡が落ち着いたら、米ぬかを少しずつ様子を見ながら加えていきます。 米ぬかを入れるとブクブクもわもわと泡立ってきますので、大き目のお鍋がかつやくします。 4、ペースト状になったら完成。 ペースト状になるまで混ぜながら、水分を軽くとばします。 そのまま密閉容器に入れてペーストとして使う方がラクチンですが、牛乳パックや紙コップに入れて乾燥させると持ち運びしやすいです。 乾燥させるとこんな風になります。 exblog. また、米ぬかの栄養たっぷりなので、冷蔵庫で保管しておかないとカビの温床になってしまうことも…。 お掃除に使うなら、お茶用のパックや昔ながらの「ぬか袋」に入れて使うのがおすすめです。 廃油石鹸 苛性ソーダを使わない作り方 いつもは燃えるゴミで捨ててしまう揚げ油を石けんにできたら、とってもエコですよね。 基本の廃油石けんの作りでは劇薬の苛性ソーダを使うのですが、もっと取り扱いの簡単なもので代用したいところ。 そこでみつけたのが、 「石けんの素」を使う方法です。 固形石鹸や石鹸素地などとは違って、 油にまぜるための 苛性ソーダに変わる薬品を配合して作られています。 商品をよく読み、決められた分量の石けんの素と廃油をよく混ぜあわせて石けんを作ります。 混ぜる時間や手間が少ないので、今回は、まぜたら石鹸を使った作り方をご紹介しますね。 まぜたら石鹸は、液体と粉末の2種類の薬剤がセットになっています。 液体:脂肪酸カリウム(液体せっけん) 粉末:オルトケイ酸ナトリウムと過炭酸ナトリウムが混ざった薬品 1、「まぜたら石鹸」の外袋に、油500gと液体(脂肪酸カリウム)を入れて、よく混ぜます 2、全体的に白っぽくなったら、粉末の薬剤を入れ、トロリとしたクリーム状になるまでよく振って混ぜ合わせます 3、しばらく振ったり休んだりをくりかえし、油が浮いてこなくなったら一晩寝かせて完成! 天使の手作り石けんの素(ペットボトル用)の作り方は、動画を参考にされてみてください。 天使の手作り石けんの成分は、すべて粉になっています。 原料は、珪酸ソーダ、重曹、炭酸塩、脂肪酸ナトリウム(純石けん)です。 一定の間隔でお休みさせながら、30分くらい混ぜる必要があるようです。 重曹やセスキ炭酸ソーダなど家庭用の洗剤として普及されているアルカリ性の物質では、油から石鹸を作ることはむずかしいようですね。 化学式はよくわかりませんが、石けんの素をまぜることで、同じように化学反応を起こすことで油から石鹸をつくることができます。 手づくりをすることで、アイデアを形にすることの楽しさも感じることができますし、 自分であれこれ工夫してみたり、不思議に感じることや新しい発見があったりと、知的な好奇心を育てることにつながります。 また身近なものの成り立ちにも興味を示すきっかけになるのも嬉しいですね。 石鹸の手作りキット 子供にもおすすめなものは? 石けんづくりは身近なものを使ってもできますが、便利な手作りキットも販売されていますよ。 クリアソープせっけんづくり 夏休みの工作用として作る石けんは、カラフルなものが人気のようです。 できあがりのきれいさが作品としても目を引きますね。 楽天で購入 粘土感覚で作ることができるので、とっても簡単ですよ。 粉末の色素を混ぜるのが少し難しいという声もありましたが、ムラがあるのもマーブル模様のようにデザインとして楽しめます。 自由研究用の売り場が作られていますので、いつもより材料がまとまっています。 夏休みの後半になると、商品が少なくなることもありますのでご注意くださいね。 まとめ 子供でも簡単に手作りできる石鹸にチャレンジしてみよう 小学生の自由研究にもピッタリな手作り石けんの作り方をご紹介しました。 どれも取り扱いが難しい苛性ソーダを使わない方法なので、小さいお子様にも安全に作ることができます。 簡単作ることができるとはいえ、工程のなかには、熱が発生したり温めたりするものもありますので、実験気分も味わうことができますよ。 ほんの少しラッピングをしてみても、作品として映えそうです。

次の

小学生・中学生必見!自由研究の上手なまとめ方・書き方例|スタディサプリ中学講座

自由 研究 の まとめ 方 小学生

ただ遊んだだけの体験でも自由研究になるの…? そもそも自由研究は、子どもが自由に多様な事項を探求すること。 学校の授業では得られない、 その子の個性から生まれる「これって何だろう?」「なんでこうなるの?」を探求するためのものです。 そして 子が実際に研究対象をじかに見て、じかに触れる「体験型」であったほうがよい。 引用: 体験型の自由研究がすすめられている理由は、その内容のオリジナリティが高くなるから。 自分で体験したことを自分の言葉で書くことで、その子だけの自由研究になり、読み応えができます。 どこかで見たことのあるような内容のものよりも、体験したものはそれだけでも価値があるのかもしれません。 体験内容は子どもに決めさせよう 自由研究においてもっとも重要なのは、子どもが興味を持っているかどうかということです。 自由研究のネタ本を見れば、簡単にできそうなものやなんとなく良い仕上がりになりそうなものはたくさん掲載されてます。 でも、子どもが本当に興味を持っているかどうかの熱量って、読んでいると分かるものでもあるんですよね。 夏休みには、いろんな体験をすることができます。 親が「これなら良さそう」と思う体験を選ぶのではなく、子どもが「これ何?」と興味を持ったものを選ぶようにするとよいのではないでしょうか。 自由研究は宿題なので期日に間に合うものを とは言うものの、やはり自由研究は小学校の宿題です。 中には「今からそれやっても間に合わないじゃん…」というものを、子どもがやりたい!ということもあるかもしれません。 早めに取り掛かっていたほうが良いのはもちろんですが、子どもの進捗状況や題材選びに親が関与していく必要もあるのかなと思います。 特に低学年の場合は、長期間のスケジュールはなかなかたてにくいもの。 子どもが主体になりつつも、アドバイスをしていくほうが安全ですよね。 今から体験してたら間に合わない!そんなときは… 「今から体験してたら、新学期に間に合わない!」 そんな場合は、夏休みにすでに体験しているものの中から題材になりそうなものを見つけるのも良いかもしれません。 ・旅行に行ったこと ・科学館や博物館に行ったこと そんな中で、子どもが印象に残っているものを聞いてみてください。 ・体験の手順 ・使用した道具 ・気をつけなければならない点 などをまとめてみてはいかがでしょうか。 このとき、ただ黙々と体験をするのではなく、ぜひスタッフの方に話を聞いてみてください。 勾玉づくりの場合だと、使っていた石が古代人が使用したものとは別のものなんですよね。 削りにくいからという理由で、柔らかい石を選んだようです。 じゃあ、古代人が本当に使っていたのはどんな石で、硬い石をどのようにして勾玉の形にしていたのか? 実際に勾玉を作ってみると、「これでこんなに大変なら、硬い石だったらどれほど時間がかかるんだろう」と、 経験に基づいた感想が出てきたりもします。 そうすると、わりかしその先の疑問が出てきたりするものなんですよね。 研究を行った感想、分かったことなど 最後のまとめになるのがこの部分。 結果になる部分ですね。 体験の場合は、 ・その体験をして自分がどのように感じたか ・得られたものはあったのか そういったものをまとめていけばいいのかなと思います。 体験を通して疑問が出てきたら、それを調べた結果も一緒に記載してもいいですよね。 参考にした本や人、場所など 体験を行った場所の記載。 話を聞いたスタッフの方がいる場合は、自由研究に書いてもいいかを聞いてみるといいですね。 また、体験を通して調べ物をした場合は、その参考文献も書いておくとなおよいです。 見出しを分かりやすく目立たせながらまとめていく 学校によって、自由研究のテンプレートとなる画用紙が配布されたり、模造紙に書くと決まっていたりとさまざま。 どちらにしても、見出しを分かりやすく目立たせながらまとめていきます。 吹き出しを使ったり、写真を使ったりしながら、見る人が分かりやすいようにまとめていくのがポイント。 体験の自由研究の場合は、研究内容のところで写真を使うとより分かりやすくなります。 また、自分でイラストを描いてみるのもいいですね! もしうまくまとめられないと思った場合は、無料の自由研究テンプレートを参考にしてみるのもいいかも。 実験と違って書きにくい思うかもしれませんが、印象深かったポイントを一つ決めて書くようにすると、他人から見ても分かりやすいものになります。 時間がない場合の自由研究はこちらも参考にしてみてくださいね。 4人家族、2人の娘をもつ転妻主婦。 人付き合い苦手。 コミュ障。 主婦スキル低め。 転妻の知恵や行った場所や食べたものなどを書いています。 詳しくはこちらからお願いします。 268• 152• 148• 4 最近の投稿•

次の