ファスティング 体重 減ら ない。 ファスティングによる脂肪燃焼の表れ方を解説!

ファスティングによる脂肪燃焼の表れ方を解説!

ファスティング 体重 減ら ない

・食べてないのに体重が減らない ・ウォーキングしても体重が減らない ・ジョギングしても体重が減らない ・筋トレしても体重が減らない ・断食しても体重が減らない 体重が減らない人は、上記のどれかに 当てはまっているのでは無いでしょうか。 あるいは、上記の中で複数当てはまるかもしれません。 じゃあ、上記の事を実践しても 体重が減らない原因って何だと思いますか? 実は、原因は1つしか無くて それは多分誰でも知っている事です。 それは・・・・ 代謝が下がったからです。 「おい、そんな事知っているよ」 という声が聞こえてきそうですが、では、 代謝はどのように下がるのでしょうか? また、下がらないためにはどうしたら良いのでしょうか? 目次• 代謝は日々上下に変動します 何が言いたいか?というと、 『代謝は状況によって上がったり下がったりする』 という事です。 食べてないのに体重が減らない 食べていないのに体重が減らないのは それほど食べなくてもその体型を維持 できるように体が代謝を下げてしまったからです。 これはどこかで聞いたかもしれませんが、 人間は体内に食べ物が入ってこなくなると、 少ない食事量でその体型を維持しようとします。 なので、ダイエットで食事を減らしすぎると、 最初のうちは体重が減りますが、すぐ体が 適応(その少ない食事量で体型を維持しようとする) するので、体重が減らなくなります。 こういうパターンでダイエットをしている女性は多いですね。 ダイエットは、代謝と上手に付き合って なるべく食べながらやらないとうまく行きません。 ちなみに断食しても体重が減らない、という場合も 代謝が下がってしまっているからです。 断食自体は、内臓をリフレッシュするには良い 選択だと思いますが、ダイエットとして体重を 減らす為にやるならやらない方が良いと思います。 スポンサーリンク ウォーキングしても体重が減らない ウォーキングに関しても、最初から 摂取カロリー>消費カロリー の状態なら体重は減ることはありませんが、 たとえ摂取カロリーよりも消費カロリーを 多くして、ウォーキングを頑張っても 体重が減らないことが多々あります。 これも原因は同じで、代謝が下がって しまっているから体重が減らないのです。 この代謝が下がった原因ですが、それは 体が疲労しているのに無理にウォーキングを して代謝を下げている可能性があります。 これを気づかない人は結構いると思います。 ちなみにジョギングしても体重が減らない 場合や、筋トレしても体重が減らない 場合も原因は一緒の場合が多いです。 まとめ ・食べていないのに体重が減らない ・ウォーキングをしても体重が減らない ・色々頑張っているのに体重が減らない このようにおっしゃる人が結構いますが、 ダイエットは努力や根性でうまくいくものではありません。 (数キロ痩せるだけならイケルと思いますが・・・) そもそも、努力や根性で数キロ痩せたとしても それを維持していくのは更に根性が必要です。 ですので、例えば運動しても体重が減らない、 という場合は、運動のやり過ぎで体が代謝を 下げている可能性があるので注意しましょう。 また、食べていないのに体重が減らない、と 言っている人は、まず最低限の食事をしましょう。 逆に普段しっかり食べていて体脂肪や体重が 少ない人は、体にエネルギーがあって代謝が高くて ある程度たくさん食べても体重が増えない体です。 ダイエットするならそちらを目指した ほうが良いと思いますがあなたはどう思いますか? 私自身、食事も運動も結構自由にやっていて、 今の体型を維持していますが、こんな感じで 体作りをやっていった方が楽しいですよ。 アキラ(46歳) いわゆる細マッチョの部類で、体脂肪率は6%~15%くらいの間を自由にコントロールできます。 普段は、体脂肪トレーナーとして、体脂肪を減らしながら理想の体型を目指していきたい人のサポートをしたり、アドバイスをしています。 日々、どうしたら体脂肪を効率よく減らして理想の体型を作ることが出来るのか?を栄養学やトレーニング等の知識や経験を元に、自分の体でも実験しながら研究しています。 ちなみに、このブログでは、筋肉をつけたりダイエット(減量)をしたりする方法(基本的なノウハウ)について書いていますが、ほとんどの人は、こういったノウハウだけで自分が理想としている体型になることは出来ません。 もし、あなたが現時点でこのブログの記事や他のネットの記事などを参考していても、体型が変わっていないのであれば、重要な部分が抜けている可能性があります。 何故、体型を変えることが出来ないのか?などについてはメール講座の中でお話しています。

次の

6日で

ファスティング 体重 減ら ない

カロリーを抑えた低糖質ダイエットとランニングを1年間継続してみましたが、途中から体重と死亡率の減少が停滞しました。 そんな中、ファン医師の「世界最新の太らないカラダ」を読んでみました。 この本で体重減少の停滞の理由が実は摂取カロリーを減らしたことに起因するかもと考え、間欠ファスティングを1ヶ月試しました。 結果、体重が4. 7kg、体脂肪率が3. ダイエットが思うように進まない人は試してみる価値はあると思います。 ファスティングのきっかけ 2018年春にぎっくり腰を経験し体重も増えてきたなぁと、そろそろ健康が気になり始めダイエットと運動を開始しました。 ダイエットは日常の炭水化物を減らすことで1日300kcalの摂取カロリーを減らしました。 運動は1~2時間で週2, 3回程度のランニング。 けど、2か月くらい経った頃から全然変化が無くなったんですよね。 そんなダイエットに挫折しそうなときに、トロント大学のフォン医師が書いた「世界最新の太らないカラダ」という本を読んで、自分の体重が減らない理由がわかりました。 というわけで、この本に載っている間欠ファスティングを1ヶ月試してみることにしました。 間欠ファスティングのやり方 方法は、1日おきにファスティング(断食)するだけ。 普通の食事の日と、水やコーヒーなどの水分だけの日を交互に繰り返しました。 ただし、ファスティング日に友人との付き合いがある場合は普通に食べました。 普通の食事の日にはご飯も食べてます。 ただし、一回の量は少なめ。 お茶碗に小盛り程度です。 ご飯は食べますが小麦粉はなるべく避けました。 ただ今の世の中、完全に小麦粉を断つことはできないし、そこまで厳密にやろうとするとかなり大変なのである程度は仕方なしです。 ちなみに間食は一切しませんでしたよ。 1ヶ月試してみた結果 1ヵ月間間欠ファスティングをしてみた結果は下の通りになりました。 体重計は市販のオムロン製で乗るだけのタイプです。 買ってから結構経つので、体脂肪率に関してはどこまで正確に計測できてるかはわかりません。 まぁ初期値から差分を見れるだけでも良しとします。 <体重> 2月9日: 60. 3 kg 3月9日: 55. 7 kg減 <体脂肪率> 21. 2 kg 3月9日: 9. 5 kg減 <体型> ファスティング前にも写真を撮れば良かったのですが、すっかり忘れてたので2018年9月の写真を代用します。 撮影条件が一緒ではないですが、やっぱりファスティング後は全体的にスッキリ感がありますね。 まとめ:ファスティングは試してみる価値あり 1年間近く低糖質ダイエットとランニング続け、始めは順調に痩せることが出来ました。 しかし、あるところまで体重が減ったところですっかりダイエットが頓挫していたんですよ。 そんな中「世界最新の太らないカラダ」を読んで1ヶ月の間欠ファスティングを実施したことで体重と体脂肪が減りました。 ただ、フォン医師が本の中で提案していたのは、普通の食事でもご飯などの炭水化物は摂らない方法です。 ですので、本通りに厳密にファスティングを実施していたらもう少し減量できたのかもしれません。 フォン医師は、この間欠ファスティングを糖尿病2型患者に教えています。 インスリンというホルモンの面から糖尿病患者用に考えられらた間欠ファスティングはダイエットの1つとしても良いのではないでしょうか。 ただし、病気を治療中の人は主治医と相談が必要ですし、ファスティングしてみて少しでも体調がおかしいと感じたら中止してください。 ただ、1ヶ月の結果なので長期的にするとどうなるか?普通の食事に戻せば元通りになるのかは現時点ではわかりません。 間欠ファスティングすると最初は空腹で炭水化物がめっちゃ食べたくなります。 それでも、ダイエットしてるけど全然体重が減らないなという人は一度試してみることをオススメします。 ぜひ理想のカラダを手に入れる参考になればと思います。

次の

ファスティングダイエットは筋肉が落ちるのでリバウンドしやすい?

ファスティング 体重 減ら ない

ヨーグルトファスティングを実践したことでお通じが良くなり、結果的に減量に成功したという事例があります。 その一方で、体重が減らなかったり、下痢になったりするなどの失敗事例も見られます。 ファスティングにヨーグルトは向かない理由 ファスティングは固形物の摂取を避け、腸内をリセットさせる役割があります。 腸内環境を整えるためには善玉菌を増やすことが重要なので、善玉菌にとって良い食べ物は断食中も摂取可能です。 ヨーグルトには善玉菌の一種である乳酸菌があるので、それだけ聞くとファスティングに向いていると感じるでしょう。 しかし、 生物である乳酸菌は胃酸に弱い種類も存在するため、ヨーグルトを食べただけで増やすことは難しいです。 特にファスティング中は大量に食べてしまうと断食の意味がなくなってしまうため、食べる量は少量に。 少量のヨーグルトでは消滅する乳酸菌の数の方が多くなりやすいので、食べた意味がなくなってしまいます。 善玉菌を増やすならヨーグルトよりも腸内細菌を増やすサポートをしてくれる食べ物や飲み物の方が良いです。 また、ファスティングは内臓を休めることで、代謝酵素の働きを活発化させ、エネルギー消費の効率を高める効果があります。 そのため、ファスティング中に体内の酵素を大量消費するのは避けたいところです。 ヨーグルトは高たんぱく質の食品ですが、動物性たんぱく質にあたるので消化不良を起こしやすく、酵素を消費しやすい性質も持っているのでファスティングに不向きと言えます。 ヨーグルトで減らない理由は加糖や脂肪分のせい ヨーグルトで体重が減らない原因は、ヨーグルトに含まれる糖分や脂肪分のせいだと考えられます。 加糖ヨーグルトのリスク ヨーグルトは無味なので、そのままで食べるとあまり美味しくないため、砂糖やシロップを加えて食べることが多いでしょう。 適度の糖質はファスティングでも必要ですが、成功するためにはできるだけ加糖を避けなくてはなりません。 特に白砂糖は吸収分解の時に酵素をたくさん消費してしまうので、ファスティング中の摂取は控えるべき。 自然な糖質を摂取することが理想的なので、意図的に添加が必要なヨーグルトは減量の妨げになる可能性があります。 脂肪分のリスク 乳製品には脂肪分が含有しており、乳脂肪は体内に吸収されやすいので、脂肪が蓄積される恐れがあるのです。 ヨーグルトの中には脂肪分ゼロタイプもありますが、それなら摂取しても安心というわけではないので注意してください。 食後は血糖値が急激に上昇し、インスリンと呼ばれるホルモンにより低下をコントロールされています。 インスリンが大量に消費されると、脂肪を溜め込みやすくする性質があるので、消費を減らすには血糖値の急激な上昇を抑えることが重要です。 脂肪分を含む食材は血糖値が緩やかに上がる性質を持ちますが、脂肪分がないと急激に上がりやすくなってしまいます。 つまり、 低脂肪ゼロタイプのヨーグルトは血糖値を上げてしまう可能性があり、その結果脂肪を溜め込んでしまうことにつながるのです。 そもそも無糖のヨーグルトは味がなくて食べ応えがないので、短期間でも3食食べ続けることは厳しいでしょう。 無理のない範囲でできるところがファスティングの魅力なので、その点でもヨーグルトは向かないと言えます。 ファスティングでも食べていい食べ物 ファスティング中に食べてはいけない食べ物は、主に 体内の酵素を大量に消費してしまうものや、悪玉コレステロールや脂肪を増加させてしまうものです。 では、具体的に何を食べて良いのかご紹介しましょう。 生野菜と生果物 生野菜や生果物は酵素をたっぷり含んでおり、体に必要な栄養素も摂取できる食材です。 酵素ファスティングを行うなら、1日あたり生野菜や生果物を半分、それに加熱食を半分食べる食事がおすすめです。 すりおろして食べるとより効率良く酵素を摂取でき、消化されやすいので酵素の無駄使いを抑えられます。 ミキサーや低速ジューサーを使えばジュースやスムージーを作れるので、生で食べるのが苦手という人に最適な摂取方法です。 時間が経つと酸化により酵素が減量するので、作りたてのものを早めに飲むようにしてください。 発酵食品 発酵食品にも酵素が豊富に含まれているので、ファスティングに最適な食材です。 さらに、善玉菌のエサとなる乳酸菌も豊富なので、腸内環境も整えられます。 乳酸菌にも動物性と植物性があり、植物性乳酸菌は腸へ生きたまま届けることが可能なので、動物性のヨーグルトよりも効率良く摂取できます。 動物性乳酸菌が多い食品は、味噌や醤油、納豆、麹、ぬか漬け、キムチ、ピクルスなどが挙げられます。 雑穀やそばなどの低GI食品 GIとは血糖値の上昇度を示す数値で、値が60以下の食べ物を低GI食品と呼びます。 血糖値の上昇でインスリンが大幅に減少すると脂肪が付きやすいので、緩やかな上昇となる低GI食品はファスティング時に食べても大丈夫です。 主食を雑穀ご飯や玄米、ライ麦パン、そば、全粒粉パスタなどに変え、白砂糖はアガベシロップやメイプルシロップに変えてみましょう。 主食は精製されていない穀物を選び、白飯を食べる時はお粥にしましょう。 玄米は食物繊維やカルシウム、鉄分など一部の栄養が欠けているので、雑穀を混ぜると広く栄養を摂取できます。 短鎖脂肪酸を作る食品 短鎖脂肪酸は大腸で作られる脂肪酸の一種で、大腸の粘膜に必要な栄養です。 短鎖脂肪酸を増やす食材とは海藻類や大麦などに含む水溶性植物繊維、梅干し、黒酢といった発酵食品になります。 加熱すると酸化してしまうので、ドレッシングのように生で使うようにしましょう。 生で摂る場合はエゴマ油、シソ油、加熱に使う場合は酸化しにくい菜種油、グレープシードオイル、新紅花油、ゴマ油、玄米油がおすすめです。 酵素ドリンク 酵素ドリンクを摂取する時は、無添加のものを選びましょう。 食品添加物は酵素の働きを阻害し、ムダに消費させるので、ファスティングは無添加の酵素ドリンクにしてください。 また、白砂糖などで加糖されているものも避けるようにしましょう。 ヨーグルトは健康や美容に良いと親しまれている食品ですが、ファスティングではなかなか活かせない可能性があります。 減量を成功させたいと思っている方はヨーグルトは避け、ご紹介した酵素や栄養が摂れるファスティングを実践してみてください。

次の