やる気 が 出 ない スピリチュアル。 あなたにやる気が出ない意外な理由

気乗りしないスピリチュアルな理由

やる気 が 出 ない スピリチュアル

やる気が出ない何もしたくない時に実践してほしい7つのスピリチュアルステップ 自分がさぼっている気になるので、絶対にしなければならないことでもないのに、やっちゃう人って結構いるんですよね。 そういうのは、体の危険信号を無視して、自分自身をイジメているだけに過ぎないので、休息が必要な時にはしっかり休むこと、これが大前提のお話になりますよ。 その1. 「やる気が出ない、何もしたくない」とは、頑張れない時のことを言う やる気が出ない時や、何もしたくない時って、得てして「やりたいことがない」とか、「したくないことをやっている」場合が多いですよね。 つまりは、楽しくない現状があるわけで、そりゃ心のあるがままに放っておけば「やらない」選択肢しかないのを、無理して「やろう」としている。 ともなれば、やる気がでないのも当然と言えばそうなんですよね。 普段なら、やりたいとかやりたくないの感情は無視して、「頑張れる」のに、「頑張れない」時がある。 この時の心理状態がどうであるのかを理解すれば、気持ちや状態を少しは改善できるかもしれませんよね。 その2. 「頑張れない」には理由がある 肉体的な疲労は、休息や栄養を摂ることで回復することが出来ます。 でも「やる気」はそれだけでは補うことができません。 頑張れない、やる気がでない理由はちゃんと存在しており、それを理解することで現状を回復できる可能性がありますよ。 「やる気がでない、何もしたくない」理由には、潜在意識の混乱や、空回り、無駄な思考に容量を使い過ぎているなどの原因があります。 どんなものがそれにあたるかを次に説明していきますね。 その3. 「なぜ」が溜まり、「答え」がない状態が続く 人は一日に、5万〜6万以上の思考を繰り返すのだそうです。 意識上で「えっと、アレなんだっけ」と頭によぎったものの、「ま、いっか」となり次の思考に移ったものも、潜在意識上ではずっと「答えを検索し続ける」状態が続きます。 ふとテレビで見た女優さんの名前が思い出せず、思い出そうとすることを忘れた頃に、「アッ、思い出した!」なんて閃くことがありますよね。 それは、潜在意識でずっと検索をかけ続けた結果、あるキッカケを得て無事答えを導きだせたケースだったりします。 あなたが日常に考えていることが、明確に答えのあることばかりでなく、「考えても答えがでないもの」であることが多ければ多いほど、潜在意識上で答えを求め続ける働きが継続されるケースが多くなるんですね。 その4. 深層心理からのメッセージ「オーバーヒート」 この、潜在意識での検索する件数が多くなりすぎると、深層心理から「オーバーヒート」になりつつありますよといった、警告が出されます。 そのメッセージの一つとして、「やる気がでない」であったり、「何もしたくない」状態になってしまうということがあるんですね。 パソコンでも、どうにも動作が重いと感じる時に、裏で色んな作業がされていることがありますが、まさにそんな状態があなたの中で起こっていることになります。 その5. 「答えが出ない」思考とは 「答えが出ない」思考とは、具体的に言うと、「あの人って何を考えているんだろう」という問いだったり、「自分ってどうしてこんなに何もできないんだろう」という自問だったりします。 「人が考えたり思ったりすること」に対して、自分自身の中に答えを求めると、それは絶対に見つけることができません。 「なぜあの人は、理解してくれないのか」「なぜ、人は自分と違うんだろう」など、現状を受け入れず「疑問」として受け止めてしまうと、潜在意識ではずっと答えを求め続ける結果に陥ってしまいます。 また、「自分ってどうして何もできないんだろう」という疑問も同じ。 「何もできない」なんてことはありはしないのに、「何もできないのは何故か?」という疑問を、潜在意識上でずっと探し続ける状態が続くことになります。 その6. 「思考の仕方」をスイッチする とは言え人に「考えるのをやめろ」と言っても、所詮無理な話ですよね。 瞑想や座禅をするなど、ある種の訓練を経てやっと手に出来る「無」ですから、普通の状態で「思考するのをやめる」ことは、不可能に近いと言えるでしょう。 ですから、「思考することをやめる」のではなく、「答えの出ない問をしない」ように、思考のやり方をスイッチすることをお勧めします。 難しく考えることは何もなくて、ただ、「人の思考に対して自分の中に答えを求めない」であったり、「自分は何もできない」と思うことをやめるだけで大丈夫なんです。 その7. 「人のことは思いやる」そして、「今できることを考える」 思考のスイッチを切り替えるポイントは、二つですよ。 まずは、「人のことは考えてもわからない。 けれど、こうすれば人は喜ぶかもしれない」という気持ちを持つことです。 人の中にあることを詮索することをやめて、自分が相手にしてあげられることのみを考える。 心に余裕がない時に、人の喜ぶことまで神経が回らないこともあるでしょう。 そんな時はあなたのできることを考えるだけで十分だと思いますよ。 そして、「できないことを考えるのをやめる」これが大切です。 できないことをどうにかできるように試行錯誤するのは、やる気が満ちている時にすればいいです。 やる気が出ない時は「思考が上手く働けていない」状態であるんですから、無理をするのはやめましょう。 「自分ができる。 できている」ということだけに専念してみてください。 「頑張れない」時を認めるのは大変かもしれませんが、頑張れないことを叱ったり、無理やりなんとかしようとするのではなくて、「これならできそう」とか、「まぁ、とりあえずお茶を飲もう」とか、できることをやるにとどめて、潜在意識の空回りを消化していき、クリアに近づけられる手助けをしてあげましょう。 【まとめ】 やる気が出ない時や、何もしたくない時に実践してほしい7つのスピリチュアルステップは、いかがでしたか? やる気が出ない時なのに、それを何とかしたいと思っているあなたは、本当に努力家で頑張り屋さんなのだと思います。 ですが、焦り過ぎはダメですよ。 出来ない理由を探すのは一番ダメです。 そんなことをするぐらいなら、「できること」だけして、潜在意識の容量を少しでも多く空けてあげられるようにしてみましょうね。 日頃の積み重ねって、良いものを悪いものも、ちゃんと存在するものなんですよね。 少しやる気がでないな、なんて時は、ちょうどよい「リフレッシュ」するタイミングなのかもしれません。 見逃さずにメンテナンスしてあげたいですね。 やる気が出ない何もしたくない時に実践してほしい7つのスピリチュアルステップ まとめ その1. 「やる気が出ない、何もしたくない」とは、頑張れない時のことを言う その2. 「頑張れない」には理由がある その3. 「なぜ」が溜まり、「答え」がない状態が続く その4. 深層心理からのメッセージ「オーバーヒート」 その5. 「答えが出ない」思考とは その6. 「思考の仕方」をスイッチする その7. 「人のことは思いやる」そして、「今できることを考える」.

次の

やる気が出ない心をスピリチュアルに回復させる方法<自分を認める自己承認>

やる気 が 出 ない スピリチュアル

木村秋則さん。 不可能と言われた無農薬・無肥料のリンゴの栽培に成功し、以来「奇跡の林檎」として世界的にその名が知れ渡り、現在はメディアや講演などでも大忙しの方です。 NHKドキュメンタリーにも取り上げられていました。 (HPより画像拝借) 無農薬でリンゴ栽培なんて不可能だと周囲にバカにされ、身内からも反対され続け、何十年もの試行錯誤の末、首をくくる決意までした木村さん。 自殺は未遂に終わり、縄から転げ落ちた場所(土)からヒントを得て、無農薬栽培を完成させます。 人生、瀬戸際にこそ成功のチャンスがあるんだと大変勇気づけられた本でした。 強烈に印象に残っているのがこの木村さんが何度か宇宙人に遭遇したという体験と、UFOらしき物体に連れて行かれたと言うくだり。 UFOの中には、地球の過去や未来のことを記したカレンダーのような巨大な板があり、それを動かすのを手伝うように宇宙人から言われたそうです。 それによると、現在の年度の板から枚数はそんなに多くなかった、つまり地球の終末が近いことを知ったと言います。 何年何月というXデー情報は書かれていませんが、マヤ暦が終わる2012年よりは長かったけど「意外と早く終末が訪れるのかと驚いた」とのこと。 こんな素朴な農家のおじいちゃんがぶっとんだ作り話をするとも思えません。 「そんなに先のことではない」のであれば、自分の人生の中で、もしかして終末を見ることになるかも? 都心の直下型大地震も100%の確率で来るっていうし。 地球上から戦争がなくなり、慈愛に満ちあふれる世界になったら地球の未来はきっと書き変わるのでしょう。 年配のスゴイ人つながりで、この方たちも。 文章が読みやすい本です。 神の領域からインスピレーションが降りてきて、人間にわかるように言葉にして話せる人たちがいます。 このManaさんもそのお一人。 空想では到底思いつかないだろうという素晴らしい言葉の数々が印象的でした。 「あなたは長いこと肉体を自分だと勘違いしています。 本当のあなたは肉体に宿る『空(くう)』です」 人間の体はパイプのようなもの、なんだそうです。 喜びも悲しみも、すべての感情を体感するための装置。 どんな感情でもパイプを通過させて体感することが目的なので、嬉しいこと=良いこと、苦しいこと=悪いこと、ではないと。 苦しい!とか残念!とかツライ!と感じることが、このパイプの所有者である本当の自分の喜びなのだそうです。 だから苦しい感情が湧き起こったとしても、それが通り過ぎるのを観察する。 へーそうなんだ、そんな感情があるんだ、面白い。 そう思う観察者が自分なのだと認識してください、と書いてあります。 著者Manaさんは尼さんでもシスターでもありません。 若くて素敵な女性です。 Manaさんを介して繰り出される神秘の言葉の数々、後半には引き寄せの仕組みにも触れています。 何度も読み直して理解したい、読みごたえあるスゴイ一冊でした。 神がかったお言葉を聞ける書としてこれもおすすめ。 戦前に中国に渡って事業を成功させたものの敗戦で全財産を失い、帰国。 戦後、日本で家電量販店を立ち上げ、大証2部上場まで会社を大きくしたビジネスマン。 中川昌蔵氏。 佐藤愛子の「私の遺言」にも登場する人物です。 60歳の頃、原因不明で死にかけて臨死体験をし、使命を果たしていないからまだ生きろという 四次元世界からの声を聞いて息を吹き返しました。 以来、会社社長という地位を退いて精神世界の伝道師として活躍された方です。 臨死体験後に守護霊と話せるようになったとか、霊が視えるようになった方って、結構多いんですよね。 最近、そういう特殊能力が開花する方が増えてきましたが、中川氏はその先駆者のお一人だと言えるでしょう。 意識して実行すると失敗するんだそうです。 これを毎日思っていると謙虚になり、人生がスムーズに動き出すという「幸福のソフト」。 謙虚でいると守護霊が最大限に力を貸してくれると言っています。 潜在意識に働きかける「引き寄せ」法の元祖かも? 中川さんは残念ながら2002年にご逝去されましたが、生存中に多数の本を出され各地で講演会をし、小林正観さんにその理念を伝えました。 その後、小林さんによってさらに昇華され、教えは広まることとなりました。 弟子の小林正観さんには、多くの名著があります。 これは代表作。 その道(陰陽道や気学)のプロが書くと、それはもう事細かに解説されるパーフェクトな本ができるのでしょう。 しかし庶民の素朴な疑問は、初歩すぎて触れてもいなかったりする。 陰陽師の家系の風水師先生のそばで見聞きすることを、庶民目線で伝えてくれています。 ハイグムさんは日常的にふと疑問に思うことを何でも先生に質問します。 あまりに初歩的すぎて、先生に怒られちゃったりもしてます。 でもそれ!それが知りたかったことなんだよ!! グッジョブ!!! 思わずそう言いたくなるような回答が、本のいたるところに記されています。 たとえば方位。 吉とか凶とか方位を気にし出すと、いちいち気になってしまいます。 私も一時期、方位を気にして外出のたびに方位盤を見たりしてました。 しかしこの本によると、 「通勤・通学などメンバーが決まっている場所に行く場合はそんなに問題がない」とのこと。 長年の付き合いの取引先と会う場合もそう。 その他にも、 お掃除の仕方、おしゃれの仕方、入浴の仕方などなど日常的に使える風水まめ知識が満載です。 すべての記述が、「~と、先生はおっしゃっていました」「~だそうです」となっており、秘書であり生徒である謙虚さを忘れない姿勢もすばらしい。 文章が軽快で、いい感じに独白でツッコミ&ボケも織り交ぜられてて 娯楽として楽しい一冊でした。 笑える系のスピリチュアル本としてはこれもオススメ。 EFTという催眠療法をご存知でしょうか。 心に残るトラウマや潜在的な苦手意識や恐怖心を、タッピングという手法を用いて取り除くというものです。 このメソッドを、山富浩司さんの「引き寄せの法則」で知りました。 方法はとても簡単で、指でトントンとおでこや鎖骨などを決められた順番通りに軽く叩いていくだけ。 これで 自分を縛っている思い込みから解放されるそうです。 そのEFTを使って思いのままの人生を引き寄せていきましょうというのがこの本の主旨です。 なぜタッピングをすると思い通りのことが引き寄せられるのかというと、どんなに願いを込めて夢や目標を加賀家手も、心の底では「私にはどうせ無理」という思い込みがあるから。 その思い込みの種類は人それぞれで、子どもの頃の親との関係だったり、失敗経験だったりコンプレックスだったりさまざまです。 いずれも 引き寄せの足かせとなっているので、それを解放すればおのずと引き寄せは加速する、という理論です。 著者ブレンダさんは、 臨床催眠療法士でありセラピストです。 憎悪や後悔やコンプレックス、そんな負の感情がどのように潜在意識となって現在の人間性に現れているのかを長年研究し、それを癒す方法として導かれた結論がこのEFTだそうです。 ほかの引き寄せ・開運系の本と違って、メソッドの根拠が明確に書かれているのが印象的でした。 そうかと言って学者くさいわけではなく、とてもわかりやすい比喩表現を駆使して願いがかなう仕組みを説明しています。 宇宙創造社は24時間フル稼働で、一つの狂いもなく動いています。 すべてはあなたの『思い通り』に働いているのです。 あなたが考え、感じたものはすべて創造されます。 これまでネガティブに考える習慣があったなら、宇宙の倉庫にはネガティブな商品がたくさん並んでいるでしょう。 すでに配達された商品もきっとたくさんあり、ちょうど今あなたの目の前に届けられたものもあるかもしれません。 過去の注文を取り消すことはできません。 すべては瞬時に、そして確実につくられるからです。 でも、配達を止めることはできます。 あなたが、ネガティブなシグナルを出すのをやめればいいだけです。 このシステムが真実だとすると、うかつにネガティブに考えるのが怖くなります。 これを読んで以来、うっかりネガティブ感情がわいてきたら即、「今のナシ!ナシ!」と取り消すようになりました。 こうすることで目に見えて素晴らしい幸せが運ばれてこなくても、運ばれたかもしれない不幸を防ぐことはできるかもしれません。 そもそも、毎日食べて寝て動けること自体が十分に幸せなわけで。 幸せの価値観についても考えさせられる一冊でした。 海外著書で引き寄せの王道の2冊をご紹介します。 (ロンダ・バーン「ザ・シークレット」も王道だけど、読むのに疲れたので外しました) まとめ やる気が出ないときにゴロゴロしながら読むオススメのスピリチュアル本をご紹介しました。 サスペンスや恋愛モノでもいいんだけれど、現実逃避でダラダラしているわけで。 実社会のシーンを舞台にしているものは読んでいて疲れるんですよね。 (注:個人的な意見です) そんなときは、壮大なスケールのちょっとぶっとんだ話、それも実話(ドキュメンタリー)がいい。 ファンタジーだとあまりに現実とかけ離れすぎて、戻ってこれなくなってしまうから(笑) やる気が出ないときこそ、本読んで浮上。 自分とは、人生とは何だろう、仕組みはどうなっているんだろう・・・そんな謎解きや考え方が、すんなり吸収できるまたとないチャンスですよ! ご参考になれば幸いです。

次の

やる気が出ない・興味が湧かない・続かない原因と対処法

やる気 が 出 ない スピリチュアル

体がだるくて重いとき、スピリチュアルの前に 最初に、体のだるさが病気から来ている場合にはきちんと病院で診てもらった方が良いですし、疲れているのなら休息を取ったほうが良いです。 体が冷えて血行が悪くなっているとだるさが出ることがありますので、バランスの取れた食事・適度な運動・入浴等で体を温めるのも大切です。 霊性の高い人の中には、かえってエネルギーが落ちるので病院には行かない・薬を飲まないという方もいます。 しかし、それは精神の段階が進んでいて肉体をコントロールできるためであって、普通の人が真似すると単に悪化して大変なことになってしまいます。 体がだるい・重いという症状も、まずは疲労が溜まってはいないか、病気の疑いはないか、といったような一般的なところから確認しましょう。 急に症状が出たような時には特に注意して下さい。 どうしても原因が不明な場合、またはごく軽い症状だったり、慢性的になっていたりする場合には精神的な影響が大きいかもしれません。 いつも自分の体の状態をよく観察して、「あれ、今日はほんのちょっと体が重い感じがするけど、なんだろう?」と最初にスピリチュアルな部分に気づくことができればその時点で解消できることがほとんどです。 そもそもどうしてその病気になってしまったのかにもまたスピリチュアルな原因というものはあるのです。 でも実際に病気になってしまったら「心を直せば治るから!」などと放置はせずに治療は受けたほうが良いですよ。 そういった現実的なことも念頭に置いた上で、体がだるいときのスピリチュアルな意味を見てみましょう。 体がだるいときのスピリチュアルメッセージ 休むタイミングである 体がだるいとき、重くて不活発になってしまうときは動くのも大変ですよね。 それはもしかしたら、「今は動かないで休むタイミングだよ」と体が教えてくれているのかもしれません。 動かなければと思う程に動けない自分を責めてしまったり、「やらなきゃ、でもできない」と葛藤してしまったりします。 せっかく体を休めようとしても、心が「あれもやらなきゃ、これもできてない」と忙しいとそれでくたびれてしまいます。 今は安めってことなんだなあ…と開き直って、無理やり動こうとするのを止めてみましょう。 スピリチュアルでいうと、重くなったりネガティブになったりするのは浄化が起こっている証拠です。 だるさも、今浄化されているんだな〜と受け入れると気持ちは楽になります。 無目的になっている 目的が無くなっているか、または目標が低すぎるサインとして体のだるさが出る場合もあります。 高い目標を見て進んでいるときは、目先の問題にはあまり気を取られません。 また、何か一つクリアしてもまだまだ真の目的は先にありますから、浮かれすぎることもなくまた次々に新たな目標を立てて向かっていくことができます。 仮に状況は全く同じでも、目的が無いと見ている位置が低くなり、問題を大きく感じやすくなってしまいます。 気持ちとしては無難に済ませようと守りに入っているような感じですね。 あまり波乱万丈でないほうが良いなあと思いますが、実は魂はそうは思っていなくて、もっとダイナミックに生きたいようなのです。 そして、無目的になって魂が窮屈さを感じているときに「体のだるさ」が現れます。 体がだるい・重い感じがするときは、人生の大きな目的を思い出して高い目標を立て直してみましょう。 生きている内に叶うかどうか分からないような、壮大な夢でも構いません。 見る位置が高ければ高いほど、引っ張り上げられて体と心は軽くなっていきます。 魂がやりたいことと行動がズレている 目的が無いパターンの他に、何か別のことと勘違いして突き進もうとしているときにも体がだるいスピリチュアルなサインが出ることがあります。 頑張りたいのにだるくてできないという場合には、やろうとしていることが魂が本当に望んでいることとズレているかもしれません。 そんな時は、「魂の声」を聞いてみましょう。 もしも、今やっていることや、お金の問題や人間関係を取り払って、自由に何でもして良いとしたら何をしたいですか? 魂は普通にしゃべったりするわけではないので、人によってはパッと直感的なイメージで出てくることもあれば、無性に何かやりたくなるということもあります。 何も出てこない時は、まず体調を整えたり掃除をしたりしてリフレッシュしてから再チャレンジしてみましょう。 「何かをやめる」かもしれないですし、無理なんじゃないの?と思うこと、あまり気の進まないことが思い浮かぶかもしれません。 そういった隠れた本心・本音から出たアイデイアをどんどんやってみて下さい。 大変なことは出てきますが、謎に体がだるい・重いといったことは減っていきますよ。 スピリチュアル界に注目すると、体がだるいのもプレゼント 体がだるいとか、やる気が出ないとか、表面的なことだけを見ると悪いことのようですが、スピリチュアルな世界で何が起こっているかに注目すると色んなメッセージを受け取ることができます。 体のだるさ・重さも、あなたに何かを気づかせるための神様からのプレゼントなんです。 あんまり嬉しいものではありませんけど、ふと立ち止まって何かに気づくきっかけを与えてくれます。 「何のためにこうなったんだろう?」「魂や神様は、この出来事から何を教えようとしているんだろう?」と考えてみると、未来を良くするためのヒントが得られるはずです。

次の