台風 結婚 式。 台風18号直撃の中行われた友人の結婚式。雨やら風やらすごすぎて一生忘れられない結婚式とはこのことだ。

結婚式当日に台風が直撃し友人がドタキャン

台風 結婚 式

結婚式のお呼ばれを楽しみにしている皆さん。 結婚式当日のお天気は大丈夫そうですか。 9月から11月は結婚式に人気の季節。 しかし日本では『台風』が多くやってくる時期でもあります。 「台風だから結婚式に行きたくない…」 「結婚式当日に台風が直撃しそう…どうすれば良い?」 など、気になっている方も多いのでは。 招待された結婚式が台風で中止・延期されることは『ほぼ』ありません。 また「台風だから行きたくない」と、連絡なしに結婚式をドタキャンするのは失礼です。 ということで今回は、『結婚式当日が台風予報の場合の対処法』について解説。 「結婚式当日に台風が直撃しそう」と、気になっている皆さんのお悩みを解決します。 台風でも結婚式は基本的に開催される 結婚式当日に『台風』が直撃するからといって、結婚式が中止・延期されることは『ほぼ』ありません。 もちろん、交通機関が計画運休するほどの非常事態であれば、中止・延期の可能性もあります。 しかし、長い期間を掛けて準備をする結婚式。 余ほどの『台風』でない限り、『予定通り結婚式は開催される』というのが一般的です。 連絡なしの欠席は絶対にNG お呼ばれ当日が台風直撃の場合、 「台風だから結婚式に行きたくないなぁ…」 なんて憂うつな気分になる方もいらっしゃると思います。 だからといって、 新郎新婦側に何の連絡もせずドタキャンするのはNG。 大変失礼なことです。 出席する旨を伝えている以上、台風でも出席するのが基本。 とはいえ、台風による欠席は絶対にダメということはありません。 ただし新郎新婦に無断で欠席することはマナー違反。 「台風だから欠席するって思ってるでしょ…」なんて自分勝手な考えは止めましょう。 まずは新郎新婦側からの連絡を待つ 台風の場合でも基本的に結婚式は開催されます。 結婚式に台風が直撃することは、ゲストの皆さんも心配かもしれません。 しかし、新郎新婦の二人はもっと不安なものです。 ゲストを心配する新郎新婦から、 「無理なら欠席しても構わない」 という連絡や、 「ホテル代を出すから前泊してでも来てほしい」 などの提案があるかもしれません。 『台風』は天気予報で事前に進路や大きさがわかるもの。 それを踏まえ、新郎新婦がいろいろと考えてくれている可能性もあります。 結婚式が台風の影響を受けるといった場合、事前に何かしらの連絡がくることが一般的。 まずは新郎新婦からの連絡を待つことが大切です。 どうする?結婚式当日が台風予報の場合 『招待された結婚式当日が台風予報』だった場合、 「交通機関が止まって会場に行けなかったらどうしよう」 「何とか無事に行ける方法はないか」 「やっぱり台風だし行きたくない…できれば欠席で…」 など、皆さんいろいろな気持ちになるのではないでしょうか。 どうしたら良いか迷ってしまいますよね。 進路などが事前にわかる『台風』。 結婚式当日に台風が直撃しそうな場合に、お呼ばれゲストがとるべき対応策を紹介します。 前日に会場近くに宿泊する 皆さんは結婚式当日、会場までどのような方法で移動する予定ですか。 電車や新幹線での当日移動を考えている方には、『前日から会場近くのホテルなどに宿泊する』といった方法をオススメします。 結婚式当日が台風の場合、電車など交通機関の遅延・運休が多く発生するもの。 午前中からの結婚式などでは、集合時間に間に合わないという場合も考えられます。 前日に会場近くに宿泊する方法は、「絶対に出席して二人をお祝いしたい」という方にピッタリ。 もちろん宿泊費など出費が増えてしまいますが、台風のことを余り考えず大切な友人の結婚式に出席することが可能です。 招待された結婚式に絶対出席したい方• 自宅から会場まで比較的近い方 早めに新郎新婦へ連絡しておく 『台風』といった悪天候では何が起こるかわかりません。 前泊などができず、どうしても当日移動となってしまう場合、交通機関の都合で会場に到着できないことも考えられます。 「電車は運休しないだろう」 と思っていたら、当日になって運転見合わせ。 結婚式に間に合わず、結局ドタキャン…なんてことになったら大変です。 いくら台風が原因とはいえ、当日の急な欠席連絡は新郎新婦とってショックなもの。 なるべく早めに、 「行きたいけど行けない可能性がある」 といった旨を伝えておくことがポイントです。 仕事のため前泊も難しいし、当日移動だからどうなるかわからない• 当日の朝に出発するから、もしかしたら間に合わないかも• もちろん行く予定だけど、当日のことはちょっとわからない など、あらかじめ新郎新婦側へ連絡しておきましょう。 遅くとも前日までに伝えておくことが大切です。 事前に『遅刻』や『欠席』の可能性があるとわかれば、新郎新婦のショックも少なくなるかもしれません。 どうしてもあなたに出席してもらいたい場合は、何かしらの提案がある可能性も。 中・長距離の当日移動になる場合は、事前連絡を必ずしておきましょう。 そのうえで当日、交通機関の遅延・運休などで『遅刻』『欠席』になりそうな場合は、速やかに会場担当者へ連絡することが重要です。 まとめ 今回は、結婚式当日が台風予報の場合でのゲストの対処法について解説しました。 お呼ばれする日の天気が『台風』など悪天候の場合、 「最悪だ…」 「やっぱり行きたくない」 などと、考えてしまう方も多いかもしれません。 結婚式当日が『台風』というのは、新郎新婦が一番ショックなはず。 ゲスト側も、できる限りの対応をして出席し、二人を祝福したいものです。 一番やってはいけないことは、連絡をせずドタキャンすること。 交通機関の遅延・運休などが理由で、どうしても『遅刻』『欠席』する場合は必ず連絡を。 『台風』が直撃するとわかっている場合は、『行きたくても行けない場合がある』という旨を事前に新郎新婦側に伝えておくことも大切です。

次の

台風の結婚式に行きたくない!遅刻や欠席する場合のベストな対処法|雨のち水飴

台風 結婚 式

一人も来ないということがあり得ませんから、中止ってかなり勇気がいるので…私も公私かなりの式披露宴に携わってますが、中止も延期も一例も知りません。 ご質問者様の疑問の通り、遠近様々なところから集まりますから、直前に中止決定したとしても連絡方法がありませんし、かといって前日の夜の段階で中止決定って、(台風は一晩で進路がうろうろしますから)たぶん決心がつかないでしょうでからそうはできないものです。 だから中止も延期もありえませんので、後日開催も当然ありません。 >欠席・遅刻のゲストは欠席・遅刻扱いで 時間通りに予定通り式を始めるという事ですか? そうです。 ただし、台風でダイヤが乱れそうとか交通機関が止まりそうって、誰でもある程度事前に予想つく。 どう工夫しても行けそうにないなら、前日の段階で欠席連絡できる。 そしてゲストだってバカじゃありませんので、当日、移動で足止めされそうなら、遠方者は前日の内から移動して宿泊して…というのが可能ですからそうします。 近距離の人なら早めに出発して、時間通り到着できますでしょ。 だから欠席も遅刻も、よっぽど巨大な台風じゃない限り、そんなに大人数にはなりません。 ゲストがほとんどお年寄りで、足元が難しい方ばかりならあり得るかもですけど。 余談ですが、日本は昔からこうですから、ブライダル施設はこの時期台風のリスクは織り込み済みで、料金設定が格安ですし、新郎新婦にも当然契約時に説明してます。 だからこの盆の時期に披露宴をする主催者って、ケチって格安挙式を決行して 、ゲストにリスクを押し付けている訳ですから、実際に台風になっても、それはわかってたことでしょ?で片付きます。 中止にはなりませんよ。 震災のように突然のことでない限り、親族は事前移動するはずです。 友人はわかりませんけど、ゲスト全員が飛行機や新幹線で来るとは考えにくいし、近場の人はタクシー乗り合いなど、どうにかして来ますよ。 普通なら1時間で着くなら、遅れを見越して早く出るなりすればいいだけですし・・・・ 仕事の関係などで当日入りしかできない人が、飛行機が出ないとかでも、前日にはわかるでしょうから 「もしかしたらダメかもしれない」 と連絡は入れているでしょうし、当日ダメならその人抜きでやるだけです。 沖縄などのリゾート婚で、本当に出席者が誰もこれないならやらないかもしれませんけど、普通は天候などで中止は絶対しません。 中止になるのは震災くらいでしょう。 もし、新郎新婦側に何かがあって中止なら、新郎新婦本人か、もしくは両親がゲスト1人1人に電話すると思いますよ。 台風や悪天候じゃないけど、3年前の震災で事前中止になった結婚式はたくさんありましたよ 式場で働いてます。 関東の田舎よりで被災地ではありません。 震災翌日に1件入ってて、地元の方だったので、新郎新婦やご両親は問題なく来れましたが、 遠方の親戚や友人など、交通手段がない、連絡が取れないなど、当日来れない人がたくさんいました。 まぁ、それでも中止にはせず、式は行われましたが、 翌週以降予定されていた結婚式は2ヶ月くらい先まで全部キャンセルになりました。 別件で当日中止は1回だけ知ってます。 神前式を神社で行った後、披露宴会場 私の勤務先 に移動するというパターンで、 会場移動の際に、新郎親族の車が、新婦親族の年配女性をひいてしまい、 年配女性は病院に運ばれた後、亡くなりました。 神前式に来ていない両家親族以外の招待客 会社の方や友人など は、事件のことを知らないので、普通に披露宴会場に集まってきます。 新郎新婦から連絡を受け、式場側は披露宴会場と別の部屋を2つ用意しました。 新郎家と新婦家の招待客を分けて、 会場責任者から「ここに来る途中で親族の方が事故にあったため、新郎新婦の意向で本日の披露宴は中止となった」といった感じの簡単な説明をし、予定してた披露宴の食事を出して、引き出物をお渡しし、帰っていただきました。 当日中止の悲惨な現実でしたね。

次の

台風の直撃で結婚式は最悪中止に!?ゲストや式場への緊急対策5つ

台風 結婚 式

結婚式を襲う台風に備えよう 人生の晴れ舞台である結婚式が、台風に襲われたらどうすればいいのか。 SNSでのリアルな声や 専門家の意見などを参考に備えを練りましょう。 これから結婚式の日取りを決めるカップルは 台風の多い時期に着目し、すでに日程が決まっていて台風の心配に悩まされているカップルは 延期や中止の判断基準にも注目してください。 まさかの台風直撃でも慌てることのないよう、 結婚式への緊急対策も解説します。 台風の日に結婚式をした 先輩花嫁さんのレポートもまとめました。 台風に最も警戒するべき時期は9~10月! が発表している台風の上陸数を見ると、台風は7~10月に集中しています。 7~8月は結婚式が避けられがちな時期ですが、多くのカップルに人気の 9月は台風シーズン。 ここ数年は 10月の台風上陸もゼロではありません。 年 7月 8月 9月 10月 年間 2019 1 2 1 1 5 2018 1 2 2 5 2017 1 1 1 1 4 2016 4 2 6 2015 2 1 1 4 もし、日取りが未定なのであれば9月の結婚式には慎重になるのがよさそう。 どうしても都合で9月~10月になるのであれば、早めに対策をチェックしておきましょう。 すでに結婚式が迫っていて、台風が接近しそうなら可能な対処はすべて行ってくださいね。 台風が直撃したら結婚式は延期or中止? 台風が結婚式を直撃しそうなとき、まず気になるのは 延期や 中止の判断ではないでしょうか。 ここでは、式場プランナーの見解や台風に直撃されたカップルの体験談をもとに判断の目安を解説します。 台風だから中止にしないとダメなわけではない 一般的に、台風を理由に式場が結婚式の中止を決めることはありません。 会場に深刻な被害でも出ていない限り 中止の判断は結婚式の主催者である新郎新婦が行います。 事実、台風シーズンでも毎年多くの結婚式が催されますし、台風の中でも中止されず実施されています。 もし「これから式場を探す」「この秋に結婚式を予定している」というカップルは、式場の担当者に過去の事例を聞いてもよいでしょう。 SNSでは「延期した」という声が少なくない やはり一生に一度のことですから、 結婚式は延期してでも実施したいのが多くのカップルの本音。 式場によっては追加料金なしで延期に応じてくれる場合がありますので、事前に確認しておきたいポイントのひとつです。 台風で結婚式中止って絶望過ぎない…?わたし一週間前に旦那がインフルになってできるか分からないってなった時本当絶望しすぎて病院で泣いた…あまりにも辛すぎる… 日本での台風被害が年々甚大になっているため気象庁の発表する 警戒レベルやメディアでの 報道のされ方も影響し、カップルの 危機意識が高まったことも理由でしょう。 ただ、結婚式は中止したものの二次会を変更し、後日ウェディングパーティーを開催したというカップルもいます。 親族だけなどに内容を変えるケースも 結婚式を延期も中止もせず、 内容を変えて実施するカップルもいました。 たとえば、台風の中で来場してもらうのに気を遣うゲストは招待せず、親族だけで行うなどです。 ほかにも、式場のホテルに前泊していた遠方のゲストなど含め、 出席できる人だけに集まってもらっての開催など規模を縮小したり、 同日に時間を遅らせたなどの実例がありました。 台風の規模や式場の立地によっても判断は分かれる 台風は 規模や ルートで被害の大きさに差があり、 進路状況や 中心からの距離などと 地域の関係性で予測を立てるのもひとつ。 ゲストが利用する公共交通機関の 運行状況も考えなければなりません。 また、式場の立地によって被害の受け方が変わります。 海や山などのリゾート地であれば、雨風が予報より強まる可能性がありますが、逆に 駅から直結の大型ホテルならゲストの来場への負担が減ります。 式場での台風を何度か経験しているスタッフもいるはずですので、台風の接近がわかった時点で相談するとよいでしょう。 結婚式までに備える緊急の台風対策5つ 結婚式を予定通り開催するかどうか、最終的に判断するのはカップル。 どのタイミングでも対処できるよう、 いまからでも間に合う台風への緊急対策を提案します。 これから契約をするなら綿密な打ち合わせをする 台風シーズンに結婚式を予定していて式場との契約を控えているなら、台風を想定した綿密な打ち合わせをしましょう。 たとえば、セレモニーやプログラムなどを屋外で行う場合、 「なにが」「どこで」「どのように」変更されるのか実際に会場を案内してもらっておくのも必須です。 中止や延期ならキャンセル料金などについて相談する もし、結婚式の中止や延期を検討したいなら、キャンセル料金など詳細を担当プランナーに相談しましょう。 もちろん契約書に該当する項目はあるはずですが、式場によっては例外的な対応をしてくれる場合もあります。 早ければ早いほど式場も対応しやすくなりますので、延期する場合との差額など含め相談してください。 もちろん、台風の影響で 式場が営業できない状態であればキャンセル料はかかりません。 遠方のゲスト優先で出席予定者に早めに連絡する 結婚式の実施や中止、延期に関係なく、ゲストへは 早めに台風が接近していることを連絡をしましょう。 遠方のゲストは地域的に天気予報を見れていない可能性があるだけでなく、ホテルや航空券を手配していることが多いため優先で。 ほかのゲストも、 「台風だけど結婚式どうするのかな?」と心配するでしょうから、カップルから連絡をして予定を伝え安心させる必要があります。 連絡は緊急度やゲストに合わせ口頭あるいはメールで行いましょう。 出席を予定してくださっていたのに本当に申し訳ございません。 (延期の場合)詳細は追ってお知らせいたします。 もしかすると中には 「行きたくないな……」とテンションが下がっているゲストもいるかもしれません。 結婚式を実施する場合は、特に 遠方のゲストや 準備に時間のかかる女性、 子供のいる既婚者などへの丁寧な意思確認も大切です。 出席してくれるゲストは最大限の心遣いでもてなす 台風の中で結婚式を実施するのであれば、出席してくれるゲストへの最大限のもてなしをしましょう。 通常の結婚式とは別の準備や心遣いが必要ですので、いくつか具体的なものを紹介します。 補償内容は限定されますが、「新郎新婦の自宅が被災した場合」に保険金が支払われるものがあります。 なら 結婚式まで45日以上ある場合は加入の対象に。 台風の結婚式どうだった?先輩花嫁さんに聞いた* 台風での結婚式の様子は、実際に体験した先輩花嫁さんに聞くのがいちばん。 まさかの台風結婚式に備え、どのような結婚式になったのかを教えてもらいましょう。 県外からは新幹線のゲストや電車のゲストもいましたが、計画運休が発表され、当日は全ての交通機関がストップ。 急遽連絡して、前日入りしてもらったり、電車を車に変更してもらったりと、大変でした。 でも、友人達みんなは何としてでも行くからと、言ってくれました。 結果、 誰一人キャンセルが出ることなく、予定通りゲスト全員が会場に集まってくれていました。 みんなの顔を見た時は涙が溢れてきました。 どんなイベントや演出より、ゲストのみんなが無事に集まってくれたこと、ただそれだけが私達にとっての最高のプレゼントになりました。 私達は台風19号直撃で会場内人前式でしたが、それもいい思い出でした! 台風の中の結婚式だったからこそ、大変なこともありながらゲストの大切さに感動された先輩花嫁さん。 ゲストのほとんどが 来る方法を必死で考えて連絡をくれたので、たくさんの思いを受けとめて当日を迎えることができました。 ウェディングアカウントの インスタライブを活用することで来られなかったゲストに式の様子は伝えました。 挙式で誓いの言葉の代わりに読んだ新郎新婦のお互いへの手紙では、見られないと思っていた新郎の涙があり、これから どんなことも2人で乗り越えていけるという思いが込み上げました。 結婚式当日は晴れていても、前日に台風だとゲストの交通手段に影響が出ると教えてくれた先輩花嫁さん。 最後に記事の内容を簡単におさらいしておきましょう。

次の