アンソニー ファ ウチ。 walmartwallofhonor.twubs.com : 米感染症研究の第一人者、トランプ氏の誤認発言「防げず」

Dr. ファウチを信頼するワケ コロナ禍の米国をまとめるリーダー不在の中で(片瀬ケイ)

アンソニー ファ ウチ

(英語版権エージェント) 「アメリカ本音通信」 【まとめ】 ・ NIAIDファウチ医師はその正確な発言と風体で人気。 ・ファウチ医師はトランプ大統領の発言を一蹴することも。 ・トランプ氏はファウチ氏を 下院議会には出席させず。 1984年以来、 米アレルギー・感染症研究所( NIAID )の所長を務めてきたアンソニー・ファウチ医師は、7年前にエイズを発症させるHIVの研究の功労者としてコッホ賞を受賞したりと、6代にわたって大統領政権に感染症関連の助言をしてきた科学者だが、新型コロナウィルス発生以前はアメリカで一般市民に知られているような存在ではなかった。 その親しみのある穏やかな口調ながら、 難解なウィルス感染の科学的見解から、医療現場の厳しい状況まで、包み隠さす正確に伝えてくれる気の優しい親戚のおじいちゃん、という風体で今やすっかりアメリカのお茶の間でもファンが多い人物だ。 特に、感染者数・死者数が全米最悪となったニューヨークでは、ブルックリンで生まれ育ったファウチは人気がある。 最初はドナルド・トランプ大統領も「私にはこんなに疫病学に精通したスタッフがいるんだ」とばかりに自慢げに記者会見でファウチ所長を傍らに侍らせ、自由に発言させていた。 だが、ソーシャル・ディスタンシング政策が発令され、再選に向けて支持者を大勢集めたラリーができなくなったトランプは毎日のように行われる記者会見でもスタッフからまず賛辞を贈られ、自分がいちばんの人気者VIPでないとガマンがならないようだ。 ファウチは一貫して、全米で PCR 検査数をもっと本格的に増やさなければいけない、まだまだ足りていないと言ってきた。 これに対しトランプは、アメリカでは世界のどこよりもテスト数が多い(うそ)だの、検査を受けたい者は誰でも受けることができる(うそ)だの、あるいはそんなにテストは必要ないと、コロコロと発言を変えてきた。 トランプが3月末に記者会見の壇上でお得意の陰謀論に言及し、 国務省のことを「」と呼んだときは、さすがにそれを横で聞いていたファウチも笑いをこらえ、手で顔を覆い隠すようにした映像がインターネットで話題になったが、ファウチは4月半ばまでは対策チームの一員として、毎日のようにトランプとともに記者会見に臨んでいた。 時には記者からの質疑応答内容が、数分前にトランプが発言した内容と異なることさえあった。 さらにトランプが自らの無知を晒したのが、媒介物に付着したCovid-19は消毒液や日光ではやく殺菌できると聞いた後で、「じゃあ漂白剤や紫外線の体内照射で治療できるんじゃないか?そういう研究はやっているのか?」とスタッフに話題を振ったが、このあまりにも頓珍漢な治療法についてのアイディアを振られたのは、科学的根拠のない事柄に関してははっきりトランプにもそういうファウチではなく、ペンス副大統領直属のデボラ・バークス調整官だった。 彼女はようやく「治療法ではなく…」と答えるのがせいいっぱいだった。 この直後に全米の医療機関や薬品メーカー、フォックス局以外のマスコミが一斉に「危険なので消毒液を飲まないように」と国民に呼びかけたのは言うまでもない。 トランプは後に「あれは皮肉だった」と言い繕っているが。 現在、 米国会ではコロナ感染対策の現状を把握し、さらなる経済対策を講じるためにも疫病対策の専門家を呼んで意見を聞く諮問委員会を開く予定になっている。 もちろん、ホワイトハウスの対コロナウィルス感染タスクフォースのメンバーは全員、召喚リストに入っている。 だがトランプはファウチを、上院議会(与党の共和党が過半数)で1回だけ証言させるのはOKだが、下院議会(野党の民主党が過半数、実際の立法に関する議論はここでなされる)には出させない、と主張している。 自分に都合の悪い科学的な事実を喋られると困るからだろう。 一旦解散させたタスクフォースも、それが批判されると即座に翻して再結成させている。 トップ写真:アンソニー・ファウチ医師 出典:.

次の

米感染研究所長、早期の経済再開に警告 「苦しみや死」を招く

アンソニー ファ ウチ

30日間のスローダウン WHOが新型コロナウイルス感染症を「パンデミック」と宣言してから約1カ月が過ぎた。 それ以後、米国では嵐のような日々が続き、今では感染者数が33万人以上(4月5日現在)と世界一になってしまった。 感染拡大を鈍化させるため、3月16日から全米で始まった「15日間のスローダウン」。 手洗いの励行、移動や外出の自粛、自宅勤務への切り替え、 人と人との物理的距離をあける「社会的距離(Social Distancing)」をとる措置をとったが、感染拡大が続き「30日間のスローダウン」として4月末まで続行することになった。 市民が頼るドクター・ファウチ トランプ大統領をはじめ、連邦政府のコロナ対策本部が毎日のように記者会見を開き、状況説明を行っている。 口火を切るのは大統領だが、正直言って、私はそこは話半分に聞いて、ひたすらコロナ対策本部の要である国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長の登場を待つ。 ファウチはHIVからエボラ出血熱まで、長い間、様々な感染症と戦ってきた超ベテラン医師であり、米国を代表する研究者だ。 80年代のレーガン大統領時代からトランプ大統領まで、6人の大統領のもとで、米国立衛生研究所(NIH)における感染症対策の顔として米国市民の健康を守ってきた。 ニューヨークはブルックリン生まれ、イタリア系のタフな79歳。 テレビやラジオに出ずっぱりなので、声はがらがらだ。 知識と経験の泉のような人だが、庶民的で頼れる叔父さんのようでもある。 NIAID所長としてのワクチン開発などの仕事も山のようにあるのに、今でさえ4-5時間という睡眠時間を削ってでも、市民の健康を守るために伝えるべきことは、あらゆる機会を使って市民に発信している。 良いニュースに気がはやる時も、戦慄をおぼえるようなデータを前にした時も、事実と科学にもとづいて説明する。 まさに医師が、患者に寄り添いながら病状や治療法を説明するかのようだ。 チアリーダーより、本物のリーダー Dr. ファウチは毎日行われる新型コロナ対策の記者会見で、人と人の物理的距離をあける「社会的距離」の実践と手洗いの重要性を呪文のように唱える。 「 感染症対策は常に3週間遅れ。 今やる対策の結果が見えるのは3週間後だから、大変な状況になる前に行動を起こさなければ手遅れになる。 感染症対策にやりすぎはない」というのも、Dr. ファウチの口癖だ。 一方、再選を控えるトランプ大統領は、経済に影響を与えたくない、米国市民に希望を持たせたいという理由で、新型コロナウイルスの脅威を軽くみるような発言を繰り返す。 さすがに最近は新型コロナウイルスが「そのうち自然消滅する」とは言わなくなったが、ニューヨークがこれほどの状態になった今でもトランプ大統領は、「アメリカは広い。 ニューヨークは感染者が多いが、真ん中には感染者なんてほとんどいない」、「アメリカはじっとしている国ではない。 もう少ししたら、再開したいと思っている」、「治療薬(対策)で、経済を殺してしまっては意味がない」などと言う。 ファウチが必死に市民に行動を呼びかけても、そのメッセージは大統領によって薄められてしまう。 自分は米国のチアリーダーだから、市民に希望を持たせたいとトランプ大統領は言う。 しかし大統領がDr. ファウチと違うメッセージを発信することで、大統領を強く支持する市民の中には「Dr. ファウチは大げさに言っているだけ」、「Dr. ファウチは大統領の邪魔をする存在」と考える人さえいる。 実際、Dr. ファウチに対する脅迫行為が増えてきたため、FBIがDr. ファウチの護衛を強化しなければならない状況になってしまった。 命にかかわる危機のただ中にいる今の米国に必要なのは、その時の気分でいろいろなことを言うチアリーダーではなく、国をまとめ、市民が一丸となって自分達の命を守れるよう導いてくれるリーダーだろう。 大統領発のあぶないニュース さらにトランプ大統領が記者会見で、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬について話すのを耳にすると、とたんに筆者の眉間に皺が寄ってしまう。 大統領が大げさに売り込むのはよくあることだが、これまでにも「ワクチン開発もすごいスピードで進んでいる」、「治療薬も臨床試験を早めて、早く使えるようにする」、「抗マラリア剤はすでに承認されていて、私の勘だがきっと効くと思う。 すぐ使える。 ゲームチェンジャーだ」などと、発言している。 最近では、安倍首相と話した後に、日本のアビガンを米国でも使えるようにしたいとも考えはじめたようだ。 現在、新型コロナウイルスに対して効果が認められているワクチンも、治療薬も米国には存在しない。 しかし良い方向にだけ考えてしまうというのは、誰にでもあること。 大統領の発言は「数か月後にはワクチンや治療薬ができるかも」、「抗マラリア剤を処方してもらえば大丈夫」との誤解を招きかねない。 このため、再びDr. ファウチが飛び出してきて、 ワクチン開発には最低でも1年か1年半かかること、治療で効果があったという例がいくつかある薬も、きちんとランダム化比較試験をやって効果と安全性を確かめないと広く一般には使えないことを、何度も説明することになる。 だからDr. ファウチを信頼する Dr. ファウチは医療者であり、科学者だ。 人の命を救いたいという思いは誰よりも強い。 だからこそ、きちんとしたデータや証拠に基づいた確信が持てるまでは、「効果も安全性も、わからない」とはっきりと言う。 いい加減な希望を与えるために、勘や根拠のない希望的観測で話すようなことはしない。 数理モデルによれば、米国ではCOVID-19のために10万人から20万人が死亡するともいわれている。 実際、4月5日現在で、すでに9500人以上が命を落とした。 新型コロナ対策本部では、様々な数理モデルや米国各地からの検査データなどを日々、詳細に分析している。 ファウチらが注目しているのは、新規感染者の数だ。 新規感染者数が安定して下降しはじめた時、ようやく光が見えてくる。 新規感染者が減れば、入院患者数も減り、やがては死亡者数も減っていく。 「社会的距離」をとることの効果 ニューヨークとその近隣州だけでなく、他州の都市部でも感染者数が急増しつつある。 死者数が増えることは確実だ。 それなのに手を洗い、人と人の距離をあけるという対策しかないのか? 原始的な方法のように聞こえるが、中国やイタリア、そして米国で最初に感染が広がったワシントン州、カリフォルニア州の例をみても、「社会的距離」をとるという措置で、実際に新規感染者数を下げることができている。 「もどかしいだろうが、 今、効果が実証されている方法は、人と人の距離をあけること。 とにかくそれを徹底して続けてほしい。 がんばろう。 今度もみんなで乗り切ろう」と、Dr. ファウチは呼びかける。 私は、政治とエゴと保身で頭がいっぱいの人たちではなく、科学と事実にもとづくDr. ファウチのその言葉を信じる。 「感染をスローダウンさせよう」米国のアダムス公衆衛生局長、バークス・コロナ対策調整官、ファウチNIAID長官の呼びかけ(米国政府広報).

次の

米感染研究所長、早期の経済再開に警告 「苦しみや死」を招く

アンソニー ファ ウチ

アリババからの悪血、ファウチ河岡、生物兵器条約 新型コロナの真相 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー TweetTVJP おっ、さすが歴史を知ってる磯田先生!今回の新型コロナも人工ウイルスって絶対に知ってる!~人類史上5つぐらいの脅威のウイルスの3つが戦後に発生。 このように遺伝子編集ができるようになると人工ウイルスによるバイオテロとの戦いにも備えないといけない、と! kisogawataro 今日これから23時からEテレ 個人的に注目している興味深い人物の磯田道史 さんが出演! この人のおもしろさがわかる人は話が合うはず 放送内容そっちのけで磯田さんを観る 「緊急対談 パンデミックが変える世界〜歴史から何を学ぶか〜」 - ETV特集 - NHK TweetTVJP いいね、磯田先生!バイオテロとしての新型コロナを予測!って言うか、今の新型コロナだよね!エイズ、エボラ、SARSなども! JiNaname エイズの治療薬を最速で出し続ける:満屋裕明 NikkeiScience より shounantk 世界初のエイズ治療薬を開発した 満屋裕明教授 しかし 米国企業が無断で特許を取得し 高価格で販売を開始 怒った満屋教授は 世界で2、3番目の治療薬を開発 企業には適正価格で販売させ 治療薬「ダルナビル」は 途上国が特許料を払わず 使える薬として国連に登録された TweetTVJP あっ、本当だ!~押谷教授は「国内で感染が広がるリスクはほぼない」と語り…中国で人から人への感染が疑われる例が起きている。 ただ犯人側の天皇・創価学会が押谷教授を非難してる、って事は、逆に押谷教授は本音をばらしてる?特に今回のウイルスが巧妙にデザインされた事をバラした!宿主を殺すSARSほど強力でなく静かに広げる戦略を今回は取った、と!河岡教授らの巧妙な設計 yoniumuhibi Nスペの押谷仁、PCR検査について言うこと変えてゴマカシてきたな。 アリバイ工作に出るだろうとは踏んでいたが、案の定。 卑怯な男だ。 前回の放送(3月22日)の録画が残っている。 -を見てくれ。 これが証拠だ。 強制ワクチンで人を管理・殺傷するのが目的であるよ。 今回の疫病は単なる流行でないよ。

次の