小杉 タワマン。 武蔵小杉タワマン浸水原因の報告書がすばらしい

武蔵小杉タワマン浸水原因の報告書がすばらしい

小杉 タワマン

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー• パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー• パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー• ブリリア武蔵小杉• レジデンス・ザ・武蔵小杉• シティタワー武蔵小杉• リエトコート武蔵小杉クラッシィタワー/イーストタワー• ザ・コスギタワー• シティハウス武蔵小杉• エクラスタワー武蔵小杉• プラウドタワー武蔵小杉• パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズ イースト/ウエスト もうワケが分かりません・・・。 そんな明らかに人口密度がヤバすぎる武蔵小杉ですが、2018年の「住みたい街ランキング」では6位あたりをキープしていて、未だにファミリー世帯からの人気は衰えていません。 武蔵小杉のタワマン事情が興味深いのは、経営者とか芸能人みたいな本物のお金持ちはそこまで多くなくて、 「世帯年収1000万円ちょっと、少し背伸びして憧れのタワマン購入したことで、表向き見栄をはったけど、裏では経済的にカツカツで苦しく、爪先立ちで生活しているようなエリート会社員カップル層」 が多いことです。 人間の見栄と欲望を感じますよね。 タワーマンションというと華やかで優雅な生活をイメージしますが、 武蔵小杉のタワマン住民は結構苦しい生活や後悔を強いられている人も多いと予想しています。 そんな武蔵小杉のタワーマンション事情について、下記でちょっと掘り下げて書いてみたいと思います。 まさに地獄。 武蔵小杉のタワマン生活で後悔しがちなこと 1. 【とにかく人が多すぎ!】通勤ラッシュの電車混雑は地獄だし、保育園も圧倒的に足りない 武蔵小杉の名物といえば、 通勤時間の地獄の混雑ぶりでしょう。 度々ネタにされてますが、 通勤時間帯には駅の改札まで数百メートルの長蛇の列ができることもあるという異次元ぶりです。 ホームの行列じゃなくて、「駅に入るまで」の行列ですよ。 写真出典:より (武蔵中原-武蔵小杉間の 混雑率は188%と、首都圏のJRでTOP3位に入る) ただでさえ、サラリーマン最大のストレスである満員電車。 想像するだけで地獄です。 以前に武蔵小杉の通勤ラッシュを取り上げたニュースで、サラリーマンが「 念のために30分早く家を出る」とか「 つり革の奪い合い」とか答えてて、カオスな戦場ぶりが滲みでていました。 グランツリーもベビーカーで溢れすぎ。 ランチ会のママ溢れすぎ。 これだけ混雑するのも当然で、武蔵小杉がある川崎市中原区は20年前の人口19万5000人だったのに対し、現在は25万8000人と、 一気に6万人以上人口が増えている他に類のない街なんですよね。 しかもその多くはタワマンとともに押し寄せてきた子育て世代なので、駅だけじゃなくて 保育園の混雑ぶりもツラくて圧倒的に数が足りてません。 ちゃんとした保育園が全然足りてなくて、ビルや商業施設の一角に無理やり作った庭なし保育園でなんとか捌いている感じ。 それでも、共働きでないと家計を維持できないのでどうにか保育園に入れるしかない。 あとは児童公園も少なすぎですよね。 小学校も増やす予定とは言いますが……大丈夫なんでしょうか。 子育て世代に人気の武蔵小杉ですが、実情としてはこうした面で不安材料は結構あるのです。 人口増加のスピードが速すぎて、街の整備が全然追いつきません。 しかもタワーマンションはまだ増えるようですから、改善されるどころかもっと窮屈になっていく可能性も……。 世帯年収1000万ちょっとだと生活に余裕なく、資産も増えない 武蔵小杉のタワーマンション購入する層は、経営者や芸能人みたいなタイプより、旦那年収800万/妻年収400万で世帯年収1000万を超えるような「 共働きパワーカップル」が多いです。 30代〜アラフォーの若い子育て世代が多いのも特徴で、商業施設「グランツリー武蔵小杉」のメインターゲット層も【30代〜40代/年収1000万円/ファミリー世帯】として作られています。 こうした、平均よりちょっと高収入なエリートサラリーマン層が見栄や優越感のために、背伸びして7000万円(2LDK〜3LDK)くらいのタワマンを購入したがる傾向があります。 でも正直、この「年収1000万円」ってかなり落とし穴の数字です。 「年収1000万」は世間的に金持ちイメージとされがちですが、実際には全く金持ちとは言えないですし、むしろ税金など考えると「 もっとも余裕がなく苦しくなりがちなライン」です。 年収900万円を超えると所得税率が上がるので、 年収1000万円の実際の手取りは700万ちょっとくらいしかありません。 ほかで贅沢できる余裕はありません。 その結果、タワーマンションに引っ越したり、良い車・良い時計を買ったりと贅沢な浪費をしがちになり、生活水準を身の丈以上に上げてしまう人が非常に多い。 出費が増えても「年収1000万あるんだから」と根拠のない自信を持ってしまうんです。 世帯年収1000万ちょっとで7000万円のタワマン購入する人はこのタイプが多いです。 これでは、 生活はできても貯金はできません。 資産も増えません。 毎月の収入がまるまる支出に消えていくので貯金に余裕はなく、 常につま先立ちで生活しているような感じになります。 表向きはタワマンに住んで優雅に暮らしているイメージを出していても、内情は家計が火の車という人たちがなんと多いことか。 これで子供が増えたり、子供を私立の中学・高校に進学させようものならチェックメイトになります。 本当に勘違いされがちですが、年収1000万円って世間が思っているより全然金持ちではなく贅沢できません。 独身ならまだしも、東京住まいの家庭持ちではとくに 世間がイメージする「年収1000万円の暮らし」は、実際には年収3000万円くらいないと無理ですね。 ここが勘違いされがちなので、年収1000万円は一番落とし穴にハマりやすいラインなのです。 でも一番ツラいのは昔から武蔵小杉在住の地元民かもしれない 武蔵小杉タワマン住民の苦悩について書きましたが、実際一番ツラい思いをしているのは昔から武蔵小杉に住んでいた地元民かもしれませんね……。 急にタワーマンションが乱立し始めて、毛並みの違うエリート階層の人たちが万単位で押し寄せてきたおかげで街はパンク状態になり、強いビル風に悩まされ、景観や日照までも損なってしまったのですから。 武蔵小杉って、2000年くらいまではガラス工場とか印刷工場がある「 工場の街」だったんですよね。 それが工場の海外移転などで駅周辺が空き地になったので、そこに再開発としてタワーマンションが建つようになった歴史があります。 つまり、もともとは工場地域で商店街が並んで下町チックな風情が漂う街だったわけで、そこに突如タワーマンションが立って年収1000万のエリート層が入ってきたのだから、生活レベルの違う両者はなかなか相容れそうにありません。 実際におしゃれな街並みをしているのはタワマン周辺エリアのみで、旧住民と新住民の間には「生活圏」と「格差」の壁があるような印象を受けます。 【追記】台風19号による浸水被害・水害で武蔵小杉のタワーマンションの資産価値は下がるか? ここで追記です。 ご存知の通り、2019年10月12日に東京を直撃した過去最大級の台風19号によって多摩川が氾濫し、武蔵小杉のタワーマンションも浸水の被害にあう事態が起きました。 この辺りの下水道は雨水と汚物が分離されない合流式。 排水機能が停止したタワマンでは下層民は上層民の大小便攻撃。 水が引いた道路も乾燥便が舞う。 【武蔵小杉】タワマン トイレ禁止令 1ヶ月は復旧せず 高い金出してタワマン買った結果がこれなのか・・・ — なる icamusu 1ヶ月トイレ禁止はキツい・・・。 旧河道は泥土が堆積した排水が悪く低い湿地で、元々宅地に適さないんだよね。 地球温暖化などの影響によって台風の勢力は年々強くなっている傾向があるとも言われており、体感的にも毎年のように「過去最大級」のキャッチコピーがついた台風が日本を襲っています。 そして今回の台風被害により、 住む場所は間取りや設備のグレードなんかより 「立地」を重視すべきということにみんなが気づいたはずです。 ただでさえマンションバブルによって武蔵小杉のタワマンの価値がある意味「過剰評価」されていたところ、強烈な冷や水を浴びせてしまった台風19号。 とは言っても、被害が出たのはごく一部のタワマンだし、下水処理能力の問題なのでそこさえ強化すればいいのでそこまで騒ぐような問題でもない気がしますが、 まぁ イメージの問題としては大ダメージすぎますからね…… 武蔵小杉のタワマンは華やかで豪華な「ブランドイメージ」を買ってるようなもんですし。 実害よりもコッチが傷ついた方が絶対にイタいです。 引用: 2017年時点で、首都圏(1都3件)の新築マンション平均価格が約6000万円。 東京23区に絞れば平均価格は約7000万円まで上昇しており、もはや一般サラリーマンには手が届かないレベルにまで達してしまっています。 しかし、そんな マンションバブルもついに終わりが近いという見方が強まってきています。 その要因としてはやはり「 東京オリンピック」と「 消費税増税」という2大ビッグイベントが控えているからに他なりません。 「2020年の東京オリンピックで不動産市場の好景気は終わる」と言われれば、誰もが「 みんなより一歩早く売ろう」と考えます。 そのため、実際のバブル崩壊は2020年より前、つまり2019年には下落が始めるだろうことが予想できます。 そしてタイミングを図ったかのように、 2019年10月に消費税増税が予定されています。 当然、増税により景気が後退に転じやすくなるので不動産市場の下落にも拍車をかけます。 消費税増税前にマンションを売ってしまおうと考えている人も現在多いはずです。 都内の高級タワーマンションの購入者というのは投資家が多く、中でも最近までは外国人投資家たちが東京のタワマンを買いあさっていました。 中国人の富裕層を中心に爆買いです。 しかし、そんな投資家たちがついにマンションを一斉に売却し始めたことがニュースにもなっています。 引用 「東京五輪が近づくなかで、投資家層は『そろそろ投資の出口だ』と考えています。 日本は人口減少が続きますし、異常な低金利はこれまでのようには続かない。 オリンピック以降の東京には、とくに明るい材料がありません。 (中略) 東京のマンション市場は、すでにピークアウトしていると思っています。 オリンピックが頂点だと思えば、その前に売りたいというのが、投資家の考え。 多くの投資家がそう考えれば、売り圧力が強くなり、当然、値段は下がります」 投資家たちの投げ売りで新築市場が下がれば、それに押し潰されるように中古マンション市場も下落することが危惧されますね。 2018年12月の 初月契約率が49. 参照 契約率とは、「新築マンションを初月で売り出し、その売り出した戸数がどの程度契約できたか」の数値です。 要するに「 マンションの売れ行き」を表す数値で、この 契約率は70%が好不調の分かれ目と言われています。 ここ10年間の契約率の推移は以下の通り。 2008年:62. 2009年:69. 2010年:78. 2011年:77. 2012年:76. 2013年:79. 2014年:75. 2015年:74. 2016年:68. 2017年:67. 2018年(12月):49. つまり、マンションは次から次へとどんどん建設されているのに、 全然売れていないということですね。 これは、庶民には手が届かないほどマンション価格が上がってしまったという点と、買い手がみんな「東京オリンピック後に下がるだろうから、その時まで待ってから買おう」と考えていることが要因に挙げられます。 供給が過剰になれば価格相場は下がる一方なので、マンションバブル崩壊に繋がる圧力になるでしょう。 2017年に世を沸かせた仮想通貨を見ればわかりますが、バブル真っ只中のときは誰もバブル崩壊するなんて考えないものです。 みんなが浮かれている真っ最中にこそ相場はピークアウトし、みんなが「あれ、やばい?」と思った時にはもう遅いほど急激に崩壊し始めるのがバブルの常です 近い将来のマンション売却を検討している人は現在価格をチェックしておこう タワーマンション購入したけど後悔している……という人の中には、マンションを売却して住み替えを検討している人もいるでしょう。 前述の通り、マンション相場は先行きが不安視されているので、仮に売却するとなると早めの判断が必要になります。 もしかすると、 現時点ですでに想像よりずっと価格相場が下がっているかもしれません。 なので、近い将来の売却も視野に入れている人は、ネットなどの一括査定でマンションの現在価格をチェックしておくことは大切です。 ネットの査定サイトを使えば、 査定料無料で5社〜10社くらいの不動産会社に一括で査定依頼を出すことができるので、手軽にマンション価格を見てもらうことができます。 公式HP 例えば、不動産査定サイトの大手「 」だと、 最大6社への査定依頼が わずか60秒で終わるので、まずは簡単にマンション価格を査定して欲しいときに便利です。 こんな感じで簡単に査定依頼ができます( 無料です)。 現在の自宅マンションの価値がどうなっているか把握しておけば、今後取るべき行動も判断しやすくなると思います。 マンション売却の一歩目として一括査定サービスを利用しましょう。 まとめ 「 」という記事でも書きましたが、なんでマンションの売れ行きよくないのにタワーマンションが建ち続けるかって、 ディベロッパーにとってタワーマンションはドル箱だからなんですよね。 タワーマンションは少ない土地面積に(空間を上に積み上げることで)相当数の人間を押し込めるので、不動産屋にとっては非常に効率よく稼げる商品です。 とくに年収1000万円の大台を突破して金持ち優越感を抱き始めたちょうどいいエリートリーマン層なんかはターゲットにされやすくて、武蔵小杉のタワマンに済むパワーカップルなんかは「買ってみたら思ったより苦しい……」と嘆いている人も多いんじゃないかな、と想像します。

次の

台風で揺らいだタワマンの「安全神話」…“武蔵小杉の教訓”を無視できないこれからの物件選び

小杉 タワマン

東京側から多摩川を挟んで武蔵小杉を臨むと、河川敷には大量の流木が流れ着いていた(10月16日16時台、撮影:東洋経済オンライン編集部) 台風19号がもたらした各地の水害。 全容はまだ明らかになっていない。 堤防決壊は7県59河川に達したが(10月16日現在)、未確認の地域もあるため今後も被害は拡大しそうだ。 東京をはじめとする大都市圏でも、近年に例のない浸水被害がもたらされた。 多摩川の氾濫は誰もが予想していなかったことだろう。 東京都世田谷区の東急電鉄「二子玉川駅」付近の多摩川では、堤防の整備していない場所から川の水があふれ出し、住宅街へと流れ込んで膝の辺りまで冠水した。 川の反対側の神奈川県川崎市では、水没したマンションの住人が死亡している。 大田区田園調布でも浸水被害が発生。 また、多摩川最大の支流とされる秋川では堤防が決壊した。 今回とりわけ世相を最もよく表していたのは、人気エリアとして知られる武蔵小杉における大規模な浸水被害と、それをソーシャルメディア上やネット掲示板などであざ笑う風潮だ。 SNSで「武蔵小杉ざまあ」との投稿が JRや東急線などが走る神奈川県川崎市の武蔵小杉駅の東側は、再開発によってタワーマンションや大型商業施設が立ち並び、比較的裕福な子育てファミリー世帯が多い。 浸水被害によるタワマンの停電や断水が盛んに報道されるようになると、Twitterなどのソーシャルメディアでは、「流行りにのって武蔵小杉に住み始めた子連れ家族ざまあです」「武蔵小杉のタワマン買った人ざまあが見れたからよかった」などの投稿が相次いだ。 また15日朝の通勤ラッシュの時間帯には、武蔵小杉駅の電源設備が浸水により故障したことから、エスカレーターやエレベーターなどが使用不能となり、数百メートルに及ぶ長蛇の列ができた。 このような事態の悪化をも揶揄(やゆ)する者が少なくなかった。 なぜここまで特定の地域の被災者を叩くのか。 ノンフィクション作家のレベッカ・ソルニットは、地震などの自然災害で犠牲者が生じるなど、非常事態に直面した社会では、人々の善意が呼び覚まされ、相互扶助的な共同体が出現すると述べた。

次の

武蔵小杉タワマン浸水原因の報告書がすばらしい

小杉 タワマン

オラガ総研の牧野知弘氏は、マンションは五輪前に値段が下がると明言しています。 東京五輪が近づく中で、投資家層は「そろそろ投資の出口だ」と考ています。 日本は人口減少が続きますし、異常な低金利はこれまでのようには続かないオリンピック以降の東京には、とくに明るい材料がありません。 東京のマンション市場は既にピークアウトしていると思っています。 オリンピックが頂点だと思えば、その前に売りたいというのが、投資家の考え。 多くの投資家がそう考えれば当然、値段は下がります。 タワマンは新築でも投資目的で購入されていることが多いので、買い手が住むとは限らず、それどころが現物を一度も見ないまま購入するという人も少なくないといいます。 オリンピック前に投げ売りのタワマン そのため、今後の値上が見込めないとなると、新築物件を抱えておくにも費用がかかっているため、値崩れなしとされていた都心でも、タワマンやマンションが投げ売り状態になっているというのです。 都心でもそうですので、最初から人気のない、立地の良くないマンションであるなら、値下がりも必至です。 動向に敏感な投資家が、投げ売りに出ているということは、既に暴落の兆しが見えているということなのです。 そうなると、マンションを売るなら早いにこしたことはないことになりますね。 ならば、マンションの急激に値下がりするところは、どこなのでしょうか。 危ないと言われているのは、実力以上に価格が高くなっているマンションです。 相場の値段より高いということなら、本来の価格に戻る琴も含め、今後は必然的に値下がりしていきます。 五輪後にマンションが供給過剰になる豊洲と晴海 五輪に向けて、選手宿舎跡地のタワマンやマンションが増加、もっとも多く建てられているところは、江東区豊洲と中央区晴海です。 これらのエリアは、オリンピックで選手村や競技会場がつくられるため、今はバブルで高騰していますが、確実に値下がりするとされています。 選手村にはタワマンが2棟建設されていますが、オリンピックが終わればそれらが分譲されることになり、供給過剰エリアとなることが目に見えているためです。 投資家が買って一時的に上がった芝浦、港南エリア 山手線の外側、もともとは倉庫街だったところで、環境がいいわけではないが、港区というブランドがあるため、中国人の投資家たちが買って値上がりしました。 元々、オリンピック前までに売るための投資の物件ですので、その前までに売りに出されますので、今の価格は、オリンピック後には維持できないとされています。 武蔵小杉は供給過剰に 東京都内から横浜にかけては、県内の不動産価格は実力よりも上回っており、「高過ぎ」の状態です。 このあとで元の値段に戻るだけならいいですが、その反動で値下がり過ぎにならないとも限りません。 おそらく東京五輪直後から、しばらくは下降が予想され、不動産価格が落ち着くのはもう少し先になりそうです。 マンションも空き家もすぐに売るべき 自宅マンションの売却を考えている人は、今すぐにでも売るべきです。 逆に購入を考えている人は、急ぎでなければもう少し待った方がいいですね。 エリアによっては、中古マンションだけでなく新築マンションも、空き室と売れ残りが増加、やがては「よりどりみどり」の状態になるかもしれません。 これは地方の状況でも同じことです。 地方では戸建て、マンションいずれも、売却においては依然として厳しい状況が変わることはないでしょう。 マンション情報とご相談は.

次の