本当に申し訳ありません 英語。 大変申し訳ございませんを英語で言うと? 勘違いを謝る

I must apologize.(本当に申し訳ございません)

本当に申し訳ありません 英語

メールの返信が遅くなってしまったことに対して、謝罪したい、非常に申し訳なく思っている、という気持ちをこめた、メール冒頭で使えるような表現を集めてみました。 上記後藤さんが述べられているように、"sincere"を加えることにより、より「心から」「深く」といったニュアンスが入ります。 少し注意が必要なのは、理由があってよっぽど遅れた場合(出張に出ていた、など。 その場合は相手への説明のために理由を書く方が良い場合もあります)などを除き、遅れた言い訳や挨拶はいいから、早く本題に入って!と考える人もそれなりにいる、ということです。 ですので、挨拶は丁寧でありながらもシンプルなものである(1文程度におさめる、など)ことが大切だとも言えます。 Each of these three options explains that you are sorry and that you are apologizing for the situation. In order from the top to the bottom, they get more professional as you go down. Depending on the case and depending on the person you are emailing, you can use one of these three. The first is to generally say sorry and this would be best used for a coworker or a manager you know in person. The second would be a person you are working with on a business deal or someone you do not know but still need to make sure to impress. The third is the most formal and is meant to be used for the highest level of person you are responding too. Each of these explains that you are sorry for replying late to an email. Each works but keep in mind the context and the person you are emailing back. This matters a great deal when responding to business emails. 上記3例どれを使っても、この状況についてあなたが申し訳なく思っていて、謝っていることが伝わります。 上から順に、よりプロフェッショナルな言い方になります。 状況やメールを送る相手によって、この三つを使い分けることができます。 一つ目の例は漠然と謝罪する言い方で、同僚や面識のあるマネージャーに使えます。 二つ目は、商売上の取引をしている相手や面識はないけど丁寧に扱わなければならない人などに使えます。 三つ目は一番フォーマルで、最も地位の高い人に使えます。 これら3例とも、メールの返信が遅れて申し訳なく思っていることを表します。 どれも使えますが、状況や返信する相手を頭に入れておいてください。 これはビジネスメールに返信するときに非常に重要です。 "I'm sorry" is the usual, standard apology for most English speakers. However, it is also correct to ask someone to excuse you for an offense, such as a late reply. Furthermore, telling someone that you didn't "get back to them" is the same as saying that you had not replied until now. Personally, I would use any of these three sentences as a way to apologize. "I Apologize for the late reply" This is a more formal and polite way of expressing that you are sorry for not messaging them sooner. To 'Apologize' is to express that you are sorry. If something is 'late' this is often used to refer to something being not on time. "Sorry for the delay" This is more of a casual and widely used phrase for this context. "I'm sorry for not getting back to you sooner" is a good way of telling someone you are aware that you most likely should have replied sooner. You could then follow this up by stating "Please accept my apologies for replying late", this is a polite way of telling this person that it was not meant maliciously.

次の

「I’m sorry」だけではない!? 「ごめんなさい」の英語表現20選

本当に申し訳ありません 英語

深刻さの度合いが低い状況には"sorry" 「すみません」「ごめんなさい」といった謝罪の言葉として、おなじみの"I am sorry. "を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 "I am sorry. " は日本語の「申し訳ありません」といった意味もありますが、少し軽い印象で深刻の度合いが低い状況で使われることが多い表現です。 ビジネスで使う場合は、"I am sorry. "を強調する"very"「とても」、"truly"「心から」、"terribly"「非常に」といった副詞と合わせることで「誠に申し訳ありません」といった意味で使うことができます。 また"I am sorry. "の後に"for"や"about"、"that"を付けて「~について申し訳なく思っております」と、何に対して謝罪をしているのかを示すようにしましょう。 I am very sorry for causing you concern. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I am truly sorry about my late response. 対応が遅くなり誠に申し訳ございません。 I am terribly sorry that I could not meet your demands. ご要望に添えず、大変申し訳ございません。 個人としておわびをするときは"I"、会社として謝罪メールを送る際は"We"を主語にします。 これはいずれの謝罪表現をするときも同じです。 "sorry"よりも改まった謝罪の気持ちを伝えるときは"apologize" "apologize"「謝る」「おわびする」は"sorry"よりも改まった表現として使うことができます。 また、 "apologize"の前に強調の助動詞"do"や"sincerely"「心から」、"deeply"「深く」といった副詞を付けると、より深くおわびの気持ちを伝えることができます。 I [We] apologize for my [our] mistake. 間違いをおわびいたします。 I [We] do apologize for any inconvenience caused. ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。 I [We] sincerely apologize that multiple mistakes caused you great trouble. ミスが重なりご迷惑をお掛けしたこと、心からおわび申し上げます。 I [We] deeply apologize that my [our] mismanagement has caused you such trouble. 私(弊社)の不手際でお手間を取らせてしまい、大変申し訳ございません。 最上級の謝罪表現として使える"regret" 謝罪の表現として"regret" 「残念に思う」「遺憾に思う」もビジネスで使うことができます。 "sorry"、"apologize"と同じように"I regret +名詞"、"I regret that +主語+動詞"を使った例文をご紹介します。 "very much"「とても」や"deeply"「深く」を付けるとより一層、丁寧な印象になります。 I [We] very much regret my [our] carelessness. 私 私ども の不注意を深く反省しております。 I [We] deeply regret that our information sent to you was incorrect. お送りしたご案内に誤りがあり、大変申し訳ありませんでした。 丁寧度や重大さで使い分ける謝罪メールの表現 ビジネスで多いミスについての謝罪メール ビジネスで謝罪をする場面で、 資料の添付漏れや返信が遅れたことについておわびをするときの例文をご紹介します。 I am very sorry. I forgot the attachment. 大変申し訳ございません。 添付ファイルを忘れておりました。 I am very sorry for the delay in answering your e-mail. メールの返信が遅くなり、大変申し訳ありません。 I am terribly sorry that I couldn't send the message to you on time. お約束の時間にメールを送れず大変申し訳ございません。 関連記事: 書類不備や認識ミス、イベント招待に対する断りの謝罪メール 打ち合わせの日時を訂正したり、招待されたセミナーやイベントに出席できないことをおわびする例文をご紹介します。 I apologize that I shared the wrong time for the next monthly meeting. The correct time is from 1 p. -3 p. JST on May 15. 次回の月例の時間を間違ってお伝えしておりました。 申し訳ありません。 正しくは5月15日の 13:00~15:00(日本時間)になります。 Thank you for your invitation to the seminar. Unfortunately, I apologize for missing it. セミナーのご案内ありがとうございます。 大変申し訳ございませんが、残念ながらセミナーに出席することができません。 関連記事: 請求ミスや誤配送などクレームへの謝罪メール 自分や会社のミスでクレームにつながった場合、 謝罪メールには「不手際に関するおわびの言葉」「問題が発生した原因」「今後の対応について」と、3つのポイントを盛り込んでおきましょう。 I [We] regret some mistakes in the billing amount of the invoice. There were some calculation errors due to computer trouble. I [We] will soon send you a revised invoice. 請求書の金額ミスがあり、大変申し訳ございませんでした。 コンピューターの不具合により計算ミスがありました。 修正した請求書を至急お送りいたします。 I [We] regret that I [We] sent you a wrong product. I [We] think we should have double-checked this before shipment. I [We] will train our staff again. I [We] will not let this happen again. 間違った商品をお送りし、大変申し訳ありません。 出荷前のダブルチェックを怠っていました。 今後は社員の再教育を行い、このようなことが起きないようにいたします。 I [We] regret the damaged package. I [We] will send a replacement to you again. I [We] hope you will do business with us in the future. パッケージが破損しており、大変申し訳ございませんでした。 再度新しい商品をお送りいたします。 今後も引き続き弊社とのお付き合いをよろしくお願いします。 問題が起きた原因とともに、今後の対策や「これからもよろしくお願いします」というフレーズを付けると誠実さが伝わります。 関連記事: 適切な語句を冷静に使い分けよう ビジネスの謝罪メールは、日本語であっても英語であっても相手に対しておわびの気持ちを伝えることと、丁寧な表現をすることが大切です。 英語では、状況に合わせて"sorry"、"apologize"、"regret"といった単語を使うことができます。 比較的軽いミスに対して謝罪するときは"sorry"、謝罪の気持ちを強調したい場合は"apologize"、重大なミスや迷惑を掛けた場合の謝罪は"regret"と覚えて適切に使い分けましょう。 謝罪しなければならないときには、今回紹介した例文を思い出し適切な表現を使用してください。 この記事をシェアする•

次の

大変申し訳ありませんの使い方 大変申し訳ございませんとの違いを解説

本当に申し訳ありません 英語

社外編「お忙しいところ申し訳ありませんが」 まずは社外編。 取引先の相手に直接会ったり、電話で話したりするときに使います。 I understand you are very busy, but…• I understand you are occupied at the moment, but… 直訳ならこのあたりが無難。 「busy」と「occupied」はほぼ同じ意味です。 「occupied」のほうが、単に忙しいというより、やることがあって手が空かないというニュアンスを含みます。 少しひねってこんな言い方も。 I'm very sorry to bother you at this time of year, but…• I'm terribly sorry to disturb you again, but … 「bother」「disturb」は「邪魔をする」という意味。 1文目は「こんな時期にすみません」というニュアンスです。 こう言えば、年末の忙しい時期なのか、プロジェクトで忙しい時期なのか相手も想像がつくでしょう。 2文目の「terribly」は「 本当に申し訳ありません」という具合に、申し訳なさを強調することができます。 社内編「お忙しいところすみません」 社内だと、外国人の上司や先輩に対して使うことが多いのではないでしょうか。 取引先の人と話すときよりは、カジュアルでOKだと思います。 I know you are very busy, …• Sorry to bother you, … 「understand」より「know」のほうが少しカジュアル。 また「Sorry to bother you... 」のように主語を省略することでカジュアル度が増します。 さらに「お忙しいところすみません」と言うかわりに、単刀直入に用件を伝え、そのあとで• I'll keep it short. (長くはかかりません)• I'll be quick. (早めに終わらせます) などと言って「あまり時間を取らせません」という意思を伝えるのもアリだと思います! メール編「お忙しいところ恐縮ですが」 最後はメール編。 日本語と同じで、対面や電話で話すよりも、さらに改まった感じになります。 「お忙しいとは存じますが…」「お忙しい中恐縮ですが…」というイメージですね。 I understand that you are very busy, but … 社外編の「お忙しいところ申し訳ありませんが」に似ていますが、違いは「that」が入っている点。 基本的にメールでは、接続詞や関係代名詞を省略しないのがルールです。 ですが最近はビジネスメールも、よりカジュアルになってきており、省略形を使う人も増えているようです。 ほかにも• I am afraid that you are having a hectic week, but... なんて言い方もあります。 「hectic」は「慌ただしい、てんてこ舞いの」という意味です。 メールで「お忙しいとは存じますが」とは書かない!? メールで使える文例を紹介しましたが、 実は「メールでこんな前置きしない!」という考え方も。 ネイティブからのメールに、このような前置きを見たことは、私も正直ありません。 直接話す相手なら、確かに「忙しいとは思いますが…」と前置きを入れるイメージは英語圏にもあります。 相手が仕事を中断して聞いてくれるわけですからね。 ですがメールとなると、相手にはいつメールを開くか決める権利があります。 しかも、あえて連絡するのは、忙しいと思いつつも「頼みごとがあるから」ですよね?それなら• 簡潔で分かりやすいメールにする• 相手をBCCやCCに入れない• タイトルで要件が分かるようにする• 金曜の午後になってメールしない などに気をつけるほうが、よほど大切。 忙しい人に対する思いやりですね。 英語のサイトですが「」というサイトが参考になりますよ。 「お忙しいところ…」に続く文例 「お忙しいところ…」という丁寧な前置き。 これに続く文章も、同じく丁寧な表現である必要があります。 日本人同士なら「お忙しいところすみませんが、あの件、よろしくお願いします」で事足りるかもしれません。 ですが英語に「よろしくお願いします」のように万能に使えるフレーズはありません。 「何をいつまでにしてほしいのか」はっきり伝えましょう。 ダイレクトに言ったほうが、時間を無駄にせず、むしろ好印象だと思います。 I understand you are occupied, but I would appreciate it if you could finish this project by Friday. I know you are busy, but it would be great if you could spend some time on this task, too. Sorry to bother you, but can you read through this document for me, please? (お忙しいところすみません、このドキュメントに目を通してもらえますか) フォーマル度は参考程度に付けましたが、3つ目の表現も、親しい上司や先輩に対して使うには全く問題ありません。 まとめ いかがでしたか?社外編、社内編、メール編に分けて「お忙しいところ恐縮ですが」に使える英文を紹介してきました。 英語圏であっても、口頭であればこのような前置きを使うのはアリです。 親しい先輩、上司、取引先の社長など、フォーマル度でしっかり使い分けましょう。 メールとなると、ネイティブはこのような前置きをあまり使いません。 むしろ「要件を簡潔に伝えること」が、忙しい人への一番の配慮になると思います。 みなさんの参考になれば幸いです!.

次の