アラジン 実写 版 声優。 実写化映画『アラジン』が人気の理由を解説|歌と豪華キャスト/吹き替えが魅力

アラジンの実写映画の猿アブーは本物?吹き替え声優やCGなのかについても

アラジン 実写 版 声優

ディズニー・アニメーションの大人気作『アラジン』の実写版にて、主人公・アラジンの吹き替え声優を務めている中村倫也。 これまで数多くの作品で、どんなタイプのキャラクターでもモノにし演じあげてきた彼だが、本作も例外ではなく、声の表現だけでそれを実現させている。 そもそも彼が声優に挑戦するのは、これが初めてである。 各方面からラブコールが鳴り止まない中村だが、本作のタイトルロールであるアラジン役は、オーディションにて射止めたようだ。 多くの実力派(いったい誰が参加していたのか、実に気になるところ……)が参加する中、その声の表現力と歌唱力を高く買われたということらしい。 アラジンといえば、世界中の人々から愛されるキャラクターである。 筆者も幼少期の頃に、ビデオテープが擦り切れるほどにアニメ版を繰り返し再生していた記憶があるが、同じような経験をお持ちの方も多いだろう。 だがその経験は、今回の実写版で私たちが中村に求めるハードルを、とうぜん高くしてしまう。 とうの中村自身も、大きなプレッシャーを感じていたのではないだろうか。 だが、さすがの中村。 滑らかな声と力強い発語で、身軽なアラジンよろしく軽やかにハードルを越えているように思う。 さらに優しく甘い歌声には、色気すらも感じられるのだ。 ところで、中村を囲む面々も手強い布陣である。 ヒロインのジャスミンに扮する木下晴香は、まだキャリア自体は豊富とは言えないものの、ミュージカルをはじめとする大きな舞台での経験や圧倒的な歌唱力を武器に、中村と二人三脚のかたちを取る。 そして、宿敵・ジャファーを演じるのは、『映画 プリキュアスーパースターズ! 』(2018)で悪役声優デビューを果たした北村一輝。 さらに何より強力なのが、アニメ版からランプの魔人・ジーニー役を務めている山寺宏一だ。 期待の新星、先輩俳優、声優界の大ベテラン……彼らのいずれもが、中村にとって頼もしい存在であり、また脅威でもあったのではないだろうか。 だが劇中に物語として描かれているように、ときに対立し、ときに手と手を取り合って、声優である彼らが「吹き替え版」として新たな息吹をもたらしている印象である。 おなじみのノリと音楽が、それらをより盛り上げ、より強固なものにしている。

次の

アラジンの実写映画の猿アブーは本物?吹き替え声優やCGなのかについても

アラジン 実写 版 声優

ジャスミン役:木下晴香 ジャスミン役を務めるのは、ミュージカル界注目の20歳・。 2017年からミュージカル「ロミオ&ジュリエット」でジュリエットを演じたほか、「モーツァルト!」「ファントム」などに出演。 中村と同じくオーディションで本作に抜てきされた。 木下は「すごく嬉しいです。 数あるディズニーの作品の中でも本当に大好きな作品の一つで、まだどこか信じられていない自分がいるのに、ここにいるこの状態……」と戸惑いを隠せない様子だが、「思い続ければ願いは叶う!」と喜んだ。 ジーニー役:山寺宏一 ランプの魔人ジーニー役は、アニメーション版に引き続き、人気声優のが担当。 山寺は「僕を声優として成長させてくれたのも、『声優って難しいけど、最高に楽しい!』と思わせてくれたのもジーニーです。 オリジナルの(アニメ版で声優を務めた)ロビン・ウィリアムズに心から感謝しています」とコメント。 実写版ジーニーを演じるについては「『なるほど、そう来たか。 ぴったりだ!』と思いました」と期待を寄せた。 [PR] ジャファー役:北村一輝 悪役ジャファーの声を演じるのは、俳優の。 北村は「今回の実写版では新たなジャファー像が出来上がったと思います。 悪役ではありますが、見方を変えると彼が引っかき回すことによってアラジンやジャスミン、そしてジーニーたちの物語が熱く進んでいきます。 そこはぜひ注目していただきたいですね!」とアピールした。 関連動画.

次の

アラジン (2019年の映画)

アラジン 実写 版 声優

2019年、ディズニー映画の実写化ラッシュが止まらない。 3月29日には「ダンボ」が、8月9日には「ライオンキング」が登場するが、その間の6月7日に公開されるのが、ディズニー映画史上屈指の名作として名高い映画『 アラジン』である。 ランプの精「ジーニー」をウィル・スミスさんが演じることでも話題の本作だが、そのジーニーの日本語吹き替え版役の声優を「 山寺宏一」さんが務めることが発表された。 これは朗報……! 予想通りといえば予想通りのキャスティングだが、ほっと胸を撫でおろしたファンも多いハズだ。 ・山ちゃんジーニー再び 日本最強の声優として、これまでも数々の声を担当してきた山寺さん。 ディズニー作品だけでも、リトルマーメイドのセバスチャン、リロ & スティッチのスティッチ、シュガーラッシュのラルフ、そしてドナルドダック……などなど、 多くのキャラクターの声を務めている。 だがしかし、中でももっとも印象が強いのがアラジンのジーニーではなかろうか? ジーニーのキャラクターと山寺さんの声はまさに相性抜群で、 逆に山寺さん以外の声のジーニーは想像できない。 山寺さん自身もジーニーには特別な思い入れがあるようだ。 「愛おしいくらい大切で特別な存在。 オリジナルのロビン・ウィリアムズに心から感謝しています」 また、ジーニーを演じる ウィル・スミスについては「インディペンデンス・デイ」を始め多くの作品で声優を務めた実績もあり「自分に話が来なかったらどうしよう」と不安もあったとのことだが、 「ウィル・スミスは過去に吹替えした事あるぞ。 自分にジーニーが回ってくる確率上がったかも! という気持ちが強かったです(笑)」 ……とのことである。 やはり、ジーニーの声は山寺さん以外に考えられない。 ・ネットの声 「知ってた」 「山ちゃんキターーーー!」 「ジーニーだけは山ちゃん以外考えられない」 「これは観に行かなきゃな」 「これは順当。 いい順当」 「違和感なさすぎにも程がある」 「むしろ山ちゃんありきでウィル・スミスをキャスティングしたのでは?」 「もうこれだけで観たくなってきた」 今回公開された日本語吹き替え版動画では、チラッと山ちゃんジーニーの声が聞ける。 やはり安定感は抜群なので、興味がある人はぜひチェックしてみよう。 映画『アラジン』は、6月7日公開だ。 参考リンク: 、 執筆:.

次の