瓶詰めメンマ レシピ。 タケノコの長期保存法。1年近く日持ちするから、瓶詰めがおすすめ!

メンマの手作りは意外と簡単?!自家製メンマの作り方と保存方法!

瓶詰めメンマ レシピ

豚肉の冷凍する下味のレシピ豚こま編の1つ目は、ポークケチャップです。 豚肉とトマト味のこのレシピは基本的には、豚ロースで作るポークケチャップですが、どこのスーパーでも買える豚こま肉でアレンジしてみます。 フライパンな油をひいたら、にんにくを炒めて、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。 その他の入れたい野菜を入れて火を通したら、豚肉を入れ、塩コショウをふってケチャップで味を整えます。 火が通ったら完成です。 豚こま肉でポークケチャップの材料• 豚こま肉約300グラム• にんにく1欠片もしくはにんにくチューブ適量• 玉ねぎ半分• その他お好みの野菜適量• 塩コショウ少々• 油をひいたフライパンににんにくの芽とたまねぎを入れて炒めます。 その後に豚にくを入れてよく炒めます。 塩コショウと焼肉のたれで味をつけたら完成です。 豚こまはとても使いやすいので、ぜひ最大限に活用してください。 また、焼肉のたれは、お米にも合いますが、麵類にも合います!個人的にはパスタと豚肉と焼肉のタレやうどんが好みです。 豚こまの焼肉のたれ炒めの材料• 豚こま300グラム• にんにくの芽10グラム• たまねぎ半分• その他入れたい野菜• 焼肉のたれ50グラム(好みで加減)• いわゆる豚キムチです。 冷凍しておけば作り置きのおかずとしてぴったりなのでぜひおすすめです。 また、ご飯と一緒に炒めればキムチチャーハンにもなり、お鍋に入れればキムチ鍋になります。 アレンジとしても使えるので1ストックはしておきましょう。 フライパンにごま油(なければサラダ油)を引いて、玉ねぎを炒めます。 玉ねぎがしんなりしてきたら豚肉を入れて火を通します。 キムチの素かキムチ漬けを一緒に炒めたら完成です。 以下の記事は冷凍保存におすすめのおかずレシピが載っています。 そちらも参考にしてください。 豚こま肉で豚キムチの材料• 豚こま肉300グラム• 玉ねぎ半分• 王道なのはピーマンにひき肉を詰めるものがありますが、今回は油揚げにひき肉を詰めるレシピを紹介します。 まず、干ししいたけを600ccの水で戻します。 その間に玉ねぎと人参をみじん切りにしておきます。 油揚げは半分に切ります。 水400ccを鍋に入れ、玉ねぎ、人参、しいたけの戻し汁、ひき肉を入れ、沸騰させます。 しいたけも細かく切って鍋に入れ、調理酒、砂糖を加えて火を通します。 火が通ったら、だし、塩、醤油で味付けをし、30分以上煮込みます。 具材とつゆをざるでこしながら分けます。 つゆは再び鍋に戻し、具材は油揚げに詰めていきます。 上の部分をかんぴょうで結び、かんぴょうの部分を下に向けながら鍋に入れ、かんぴょうが柔らかくなるまで煮たら完成です。 冷たくても暖かくてもおいしい一品です。 ひき肉で作る油揚げの肉詰めの材料• ひき肉300グラム• 水1000cc• 玉ねぎ1個• にんじん3分の1• 干ししいたけ100グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ5• だしの素、塩少々• ハンバーグは焼いてから冷凍しても焼く前に冷凍しても問題ありませんので、やりやすい方で冷凍してください。 ひき肉に玉ねぎのみじん切りを入れ、粘り気が出るまでこねます。 卵、塩コショウで調味して空気を抜いたら型を取ります。 冷凍する場合は1つずつラップにくるみます。 ソースは、ハンバーグの焼いた時の汁とソースとケチャップを混ぜるのみです。 ソースも冷凍できます。 ハンバーグには付け合わせが必須です。 また、ソースはお好みでポン酢と大根おろしにしたりデミグラスソースにしたりアレンジをきかせてください。 以下の記事はハンバーグの付け合わせにぴったりな手軽な野菜レシピが載っています。 そちらも合わせて読んでみてください。 ひき肉でハンバーグの材料• ひき肉300グラム• 玉ねぎ半分• 卵1個• ソース、ケチャップ各大さじ1ずつ(好みで加減)• すき焼きのような味付けをしておいて冷凍保存しておく作り置きおかずレシピです。 冷凍に向かない白滝や豆腐は抜いて、そのままおかずとしても食べれますし、ご飯に乗せて食べてもおいしいです! フライパンに豚肉を引いて塩コショウをふったらよく焼きます。 砂糖、調理酒、醤油で味を調えたらネギ、白菜、えのきを加えて完成です。 お好みで食べる直前に卵を割ってください。 多めに作って小分けで冷凍しておくのも1つの方法です。 すき焼きとして食べる場合には、食べる前に豆腐と白滝を加えてください。 豚バラですき焼き風の材料• 豚バラ肉300グラム• 砂糖大さじ4• 醤油大さじ2• ネギ1本• 白菜4分の1• えのき1株• 塩コショウ少々• 牛丼と同じ作り方でお肉が違うだけなので簡単です。 たくさん作っておき、1食ずつ小分けにして食べる時に電子レンジでチンするのが簡単に食べられる方法です。 鍋に玉ねぎ、豚肉を入れて具材が浸る程度の水を入れ、だしの素、砂糖、しょうがで煮込みます。 豚肉が柔らかくなったら、塩、醤油で味付けをしていきます。 お好みでネギを散らして食べてください。 アレンジレシピとして、豚丼の素の上にキムチをのせたり、チーズをトッピングするレシピがおすすめです。 また、余ってしまった場合には天ぷらにしてかき揚げにするととてもおいしいので、そちらも試してみてください。 豚バラ肉で豚丼の材料• 豚肉300グラム• 砂糖大さじ4• 調理酒大さじ2• 玉ねぎ1個• だしの素、塩、しょうが少々• 下ごしらえが少々手間ですが、作り置きおかずとしてぴったりのレシピなのでぜひ時間がある時にたくさん作っておきましょう。 巻く野菜は基本なんでもいいのですが、筆者はいんげんと人参が好みです。 巻く野菜を下ゆでします。 生の豚肉に塩コショウをふって、野菜を巻いていきます。 フライパンに油をひいて、豚肉の巻き終わりを下にしならがフライパンに並べ、火にかけます。 肉巻きをひっくり返しながらある程度焦げ目がついたら少量の水で蒸し焼きにします。 この時に、だしの素、砂糖を加えます。 水分が飛んだら、塩、醤油で味付けをして完成です。 お弁当にも最適です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスや隣にトマトを飾ると映えます。 また、巻く具材は大根やえのきにしてもおいしく召し上がれます。 豚ロースで肉巻きの材料• 豚ロース300グラム• お好みの野菜適量• だしの素、砂糖、塩コショウ少々• 塩小さじ1• お弁当のおかずとして定番の生姜焼きを冷凍で作り置きしておきます。 生姜焼きはそのままでもおかずとして活用できますが、アレンジすることも可能です。 特に豚丼の元へのアレンジはとてもおいしく出来上がるのでおすすめです。 豚肉の生姜焼きのレシピは、フライパンに少な目の油をひいて塩コショウをふった豚肉を焼きます。 チューブしょうがで味付けをしながらしっかりと豚肉を焼きます。 しょうゆ、砂糖、スライスしょうがで味を調えたら完成です。 お皿に盛りつける場合には、下にレタスをひいて、大き目の豚肉のまま盛り付け、スライスしたしょうがを上に飾ります。 お弁当のおかずにする場合にはしっかりとカットして盛り付け、ミニトマトを横に添えましょう。 豚肉の生姜焼きの材料• 豚肉ロース300グラム• 砂糖、醤油、塩、スライスしょうがコショウ少々• メンマと豚肉を使って炒める簡単レシピです。 メンマは瓶詰めの物を使用します。 油をひいたフライパンにざく切りの玉ねぎを入れて軽く炒めたら、豚肉を入れて塩コショウをふってしっかりと火を通します。 最後にメンマを加えて炒めたら完成です。 豚肉でメンマを巻いて食べることでおいしさが高まります。 メンマの味付けを利用しているので、基本的に味付けはシンプルの方がいいです。 冷凍してお弁当のおかずにどうぞ。 豚肉とメンマの炒め物• 豚肉ロース300グラム• 玉ねぎ1個• メンマ1瓶• 塩コショウ少々 冷凍の豚肉の保存期間は? 冷凍の豚肉の保存期間は調理前なら1週間から1ヶ月.

次の

メンマ炒め

瓶詰めメンマ レシピ

冷蔵庫に入れないで常温で置いたら腐ったことがあるから、必ず冷蔵庫に入れてね! 筍の長期保存法 筍300個はとれるから、ご近所に配りまくろうが、毎日の食卓に出しても、食べきれるわけがない。 でも捨てるのは、もったいない。 そこでタケノコの長期保存をしようと調べたら、以下の方法がありました。 もちろんこれらは全て下茹で済みです。 瓶詰め 常温保存• chayoは真空パックを持っていないし、他の保存方法だと味付けをしてからの保存になるから、 タケノコの瓶詰めだけをしています。 瓶詰めは作るのは手間だけど、タケノコの食感が変わらないし、常温保存できるのもうれしいポイント。 だって、chayo家の冷蔵庫や冷凍庫は、大量の冷凍梅やら、ゆずジャム、ゆずポン酢やらが占拠しているからね。 下茹でした筍 好きなだけ• 保存瓶 chayoはスーパーやホームセンターで見つけた1個100円ほどの保存瓶を愛用しています。 ただ蓋がゆがむと、雑菌が入ってダメになることがあるから、注意してね。 煮沸消毒しておいた保存瓶に、適当な大きさに切った筍を瓶の中にギュギュっと詰める。 なるべく隙間がないようにしてね!• 筍がしっかりつかるように、たっぷりと水を入れる• 蓋をキチっと締めたら、ちょっとだけ戻す• 鍋に入れて、保存瓶の半分位まで水を入れて、中火にかける• お湯が沸騰したら30分はそのままで! 今回は4瓶作りました• 沸騰したら30分はそのままで!• 人によってはお湯に沸騰させるのを1回だけにしている人もいるけど、失敗が怖いから、面倒でも2回やってます 瓶詰めをあけたら、1週間ほどは日持ちするよ! chayoはだいたいタケノコの時期に飽きるほど食べるから、生えなくなってからも1か月ほどは食べる気が起きない。 でもその後、1か月ほどすると食べたくなるから、アラ不思議。 タケノコの保存瓶の出番です。 保存瓶を開けたら、冷蔵庫に入れておけば1週間ほどは日持ちするよ。 ただし保存瓶の中の水は 毎日変えてね。 ちなみにchayoは大きい保存瓶を使っているから、瓶をあけたら、食卓は下記になります。 いろんなレシピがあるけど、タケノコご飯とチンジャオロースが好き!• タケノコご飯• 2日後に チンジャオロース• 2日後に タケノコご飯 タケノコの瓶詰めをした感想 タケノコの瓶詰めは、時間がかかります。 最初につくったときは勝手がわからなかったのもあるけど、4瓶作るのに午後3時からスタートして、全部終わったのが夜8時。 計5時間かかりました! しかもこれ、タケノコの下処理を含めていないからね。 とにかく時間がかかります。 それでもこの方法で瓶詰めをすると、1年近くはタケノコが美味しいよ。 香りも味も食感も、旬の味のまま! しかも瓶詰は 常温保存でOK。 chayoは直射日光があたらない、廊下の隅のラックに置いてます。 こちらは4月に瓶詰めをして1月末だから、 約9か月後に開けたときのもの。 スゴイ匂いだから、気持ち悪くなったほど。 瓶の蓋が歪んだものは使わない• タケノコがしっかり水に浸かるようにたっぷり入れる• タケノコを入れる保存瓶はしっかり消毒する• ギュッと蓋を閉めるとき 行程6 に、しっかり閉める 簡易カマドを使うと、鍋が大きいから時間が短縮できて、ガス代も節約! chayoの倉庫に大家さんの置き土産の簡易カマドを見つけました。 ただガスコンロと違って、竹を燃料にしていているから、ずっと消えないようにカマドの傍にいなちゃいけないし、竹を切っておくのも大変だけど。 タケノコ長期保存のまとめ タケノコの長期保存には、さまざまな方法があるよ。

次の

メンマ炒め

瓶詰めメンマ レシピ

あなたはメンマが割り箸に似ていると思ったことはないでしょうか。 ネット上で「メンマの原料が割り箸」というウワサが広がったことがあります。 いったいどうしてそんなことになったのでしょうか。 メンマの原料って知ってる? 割り箸メンマがウソなら、本当の原料はなんなのでしょうか。 味付けされ、瓶などに入ったメンマからは想像しずらいかもしれませんが、その原料はたけのこです。 筍といっても私たちが普段食べるものよりは、少し大きく育った物です。 そのため、見た目にも少し竹に近い状態です。 それを発酵や乾燥、味付けさせるなどの加工をしているので、色や風味、歯ごたえなどもたけのこのイメージとは大分違います。 メンマの原料が割り箸という元ネタはどこから? 「メンマの原料が割り箸」という元ネタはインターネット上で紹介されたレシピ、これはエイプリールフールのジョークでした。 割り箸を紹興酒につけ、調味料を入れて3日間煮込み、1か月冷暗所で熟成させるという嘘のレシピです。 ところが、そのレシピが本物かのようにネット上で広がってしまいました。 そんなたわいのないジョークはメンマの原産地中国にまで届くなど、原料を割り箸と信じる人が続出しました。 しかし絶対に割りばしはメンマにはなりません。 メンマの原料になる竹とは やはりメンマの原料としておすすめなのは麻竹ですが、日本で生の麻竹を手に入れることは非常に難しいです。 では、入手しやすい日本のたけのこを原料にメンマを作ることはできないのでしょうか。 スーパーや通販で購入できるたけのこの種類などもご紹介します。 その辺に生えているタケノコはどんな種類? 竹は日本でも見かけることの多い植物、小さな竹林は都会の片隅にも残っていることがあります。 私たちが見かける竹はどのような種類なのでしょうか。 これらは「孟宗竹 モウソウチク 」や「真竹 マダケ 」いう種類の竹で、もちろんメンマの原料になる麻竹とは別の種類です。 よく筍として食卓に上るのもこれらの種類です。 孟宗竹 モウソウチク たけのこを熟成・乾燥させて、絶品の自家製メンマを作ってみませんか。 少し手間はかかりますが、原料から作った自家製のメンマは香りがとても良くやみつきになる味です。 生のたけのこから自家製メンマを作ろう 麻竹は手に入りづらいので、原料は孟宗竹を使います。 育ちすぎたたけのこが丁度良い大きさです。 節の部分は固いので取り除き、輪切りにします。 鍋で1時間ほど蒸し煮にします。 普段目にする短冊の、メンマと同じようにカットします。 タケノコ1kgに対して、250gの塩を入れてよく混ぜます。 次にこのたけのこを1か月ほど発酵させます。 清潔なビニール袋に入れて空気を抜き、野菜室で保存します。 天日に干します。 天気のいい日に外に並べて、3~4日乾燥させます。 乾燥メンマを塩出し 先ほど生のたけのこを原料にして、発酵・乾燥させたメンマを塩出しします。 この状態に加工された市販品も売っているので、これを使って自分好みの味付けをしたメンマを作るのも良いでしょう。 まずは乾燥メンマを洗い表面の塩などを取り除きます。 ボールなどに水をはって乾燥メンマを入れ、よくかきまぜた後ざるにあけます。 たっぷりのお湯で塩出しします。 水の量は乾燥メンマの5倍が目安、沸騰したら火を止めてメンマを入れ1時間ほど付けておきます。 1時間したらざるにあけます。 もう一度2. と同じ工程を繰り返します。 本格的なメンマのつくり方をご紹介してきましたが、生のたけのこを原料にして発酵までするのは少し手間がかかると感じた方も多いのではないでしょうか。 スーパーでも手に入る、水煮のたけのこを原料にした炒めるだけのレシピも人気です。 調味料はたけのこ 水煮 300gに対して以下のとおりです。 ・ごま油 大さじ2 ・砂糖 大さじ1 ・創味シャンタン小さじ2 ・醤油小さじ2 ・オイスターソース大さじ2 ・ラー油少々 ・塩少々 ・七味唐辛子少々 1. 水煮のたけのこは細長く、メンマっぽい形に切ります。 ごま油をしいてたけのこを炒めます。 調味料を加え全体を混ぜ、水分が無くなるまで炒めます。 美味しいメンマを食卓に メンマの原料についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。 「メンマの原料が割り箸」という元ネタについては、エイプリールのちょっとしたジョークでした。 見た目は割り箸によく似たメンマですが、ネット上で独り歩きした嘘のレシピです。 本当の原料は麻竹という、スーパーなどでは見かけないたけのこです。 しかも、通常日本で食べるタケノコは小さくて柔らかいうちに収穫します。 メンマの原料にするたけのこは1~2mの大きさのものを使います。 これもメンマの形がたけのこに似ていない理由のひとつです。 日本では生の麻竹は手に入りづらいのですが、孟宗竹なども原料になるので作ってみてはいかがでしょうか。 熟成・乾燥などの加工には手間も時間もかかりますが、そのぶん味も格別です。

次の