ホークス コラス。 コラスは亡命でソフトバンク退団?理由は?今後はどうなる?

「ホークスとの契約は全うした」MLB入りを目指すコラスが亡命の経緯を明かす

ホークス コラス

Contents• コラスは亡命でソフトバンク退団?理由は? コラス選手はキューバ国籍の選手であり、1998年9月17日生れの21歳です。 身長186㎝、体重95㎏という恵まれた体格をしていて、素質があり将来期待されている選手ですね。 投手としても外野手としても力があるということで「キューバの大谷」なんて言われていたりもしたそうです。 そんなコラス選手ですが、2020年1月3日にキューバから亡命したとの報道がありました。 キューバは野球が国技のような感じで野球の発展に力をいれていて、日本でも数多くキューバ選手がプロ野球選手として活躍しています。 プロ野球選手はキューバの国家公務員のような位置づけであり、日本で活躍してるプロ野球選手はキューバから派遣されてるようなものらしいです。 そのため、契約に際してもキューバ政府との交渉が必要になり、交渉が難航することが多いようです。 キューバ選手の年俸の一部を国に持っていかれるために不満を感じるキューバ選手は少なくなく、亡命を試みる選手は少なくないようです。 キューバ政府は亡命を防ぐために厳戒態勢で警備をしたりしているようです。 金銭的な制約やキューバ政府による制限などがあり、亡命をのぞむキューバ選手はけっこういるみたいで、コラス選手もそんな感じのようです。 キューバとアメリカは歴史的に仲が悪くて、キューバ国籍だとメジャーに挑戦できないということでアメリカに亡命して、メジャーに行くということがあるようです。 コラス選手もメジャー挑戦のために亡命したということのようです。 日本のプロ野球ではキューバ政府に搾取され、年俸も低いですが、メジャーであれば成功すれば大金がつかめ、キューバ政府に搾取されることはないということで、亡命に対するモチベーションが強くあるのでしょうね。 ソフトバンクで力を付けたことでメジャーでもやれるという自信もできたのではないでしょうか。 ソフトバンクからすれば、育成にお金と時間をかけて育てたのに活躍するまえに出ていかれたらたまったものではないですね。 コラスは亡命でMLBに挑戦?今後はどうなる? コラス選手は現時点ではソフトバンクの保留選手名簿に載せられているということで、ほかの球団との間では交渉などはできないようです。 しかし、本人の所在が分からず、契約どころか連絡ができないとなると、契約は破棄されるのではないでしょうか。 日本にいなきゃ日本の契約には縛られないですし、そのままメジャーに挑戦することになる可能性がありそうです。 コラス選手からすれば、ソフトバンクとキューバ政府の交渉でなんとかしてくれみたいな感じで、丸投げで自分は逃げるという感じなのかもしれませんね。 ということなので、 コラス選手が日本に戻ってソフトバンクでプレイする可能性というのはかなり低い状況といえそうです。 メジャーでも興味を持っている球団が複数あるみたいですし、メジャーのほかの球団に入ってプレイするということになるのではないでしょうか。 コラス選手亡命報道、、、 鮮烈デビューも飾ってました。。 まあ、キューバ選手を獲得するということはこういうリスクがあるということですから仕方ないことかもしれませんね。 コラス選手は素質もすごいし、期待していた人も多かっただろうから残念ですね。 Sponsored Link コラスの成績、特徴は?MLBで活躍できる? コラス選手の成績は2019年の2軍の前半戦47試合で打率. 296、9本塁打36打点という好成績を残し、ウエスタンリーグでの打撃成績上位の成績を残しています。 1軍でも18打数5安打1本塁打2打点、打率. 278、出塁率. 381の成績を残しています。 ホームランをうったバッティングを見たのですが、パワーがすごいですし、このくらいのパワーがあればメジャーでも活躍できそうですね。 フリー打撃では飛距離140メートルを打ててスイングも早いですし、実力がある選手であることは間違いないですね。 まだ21歳でこれからさらに伸びるということでメジャーでも活躍できる可能性は十分にありそうです。 外野と一塁を守れるということで複数のポジションを守れるというのもメジャーの潮流にあっていますし、複数の球団で争奪戦になる可能性もあるのではないでしょうか。 ソフトバンクとしてはコラス選手が抜けるというのは痛いですね。 ほかのキューバ選手がこれに続いていく可能性もありそうですし、悪い前例になってしまう可能性もありそうですし、対応が難しくなりそうですね。 ソフトバンクが今度、コラス選手に対してどういった対応をしていくのか注目ですね。 コラスの亡命報道に対するネットの反応は? 期待していたファンの残念だという声が多いですね。 バレンティン獲得がコラス亡命の原因って何wwwバレンティン来たくらいで萎えて亡命する奴がホークスのレギュラー取れるかい — ほーくすん hawksooon バレンティンがホークスに来たからという噂もあるみたいですが、バレンティンは日本人扱いなので、あまり関係なさそうですね。 ホークスのコラスが亡命からのメジャー挑戦? あんまりこういうトラブル続くと、日本の球団はキューバの選手に手を出さなくなりそう。

次の

ソフトバンクのコラス外野手、メジャー目指し亡命か (写真=共同) :日本経済新聞

ホークス コラス

野球協約では契約保留者は外国のいかなる球団とも交渉できないと定められている 衝撃的なニュースだった。 2020年を迎えたばかりの3日(日本時間4日)、ソフトバンクのコラスがMLB挑戦に向けてアメリカに亡命するためにキューバを出国したと、MLB公式サイトなどが伝えた。 コラスは2017年5月に18歳の若さで育成選手としてソフトバンクに入団。 モイネロと共に来日した。 2年間、育成選手としてプレーし、2019年途中に支配下登録。 8月18日の西武戦で1軍デビューを果たすと、初スタメンで初打席初球本塁打を放ち、センセーショナルなデビューを飾っていた。 今季のソフトバンクは日本人扱いの新助っ人ウラディミール・バレンティン外野手ら外国人が9人、チームに在籍する。 外国人枠を争う面々でもモイネロやバンデンハーク、新助っ人のムーア、残留が見込まれているデスパイネやグラシアルがおり、競争は熾烈となるところだった中での亡命の報道となった。 仮に米国に亡命すると、まずは米国での居住権を得なければならない。 数か月を要するというこの手続きを終えて居住権を得て、ようやくMLB球団と契約できるようになる。 だが、コラスは現在、ソフトバンクの契約保留者名簿に記載されている。 原則的には他球団と契約することは認められない。 野球協約の第68条には以下のような条文がある。 「全保留選手は、外国のいかなるプロフェッショナル野球組織の球団をも含め、他の球団と選手契約に関する交渉を行い、又は他の球団のために試合あるいは合同練習等、全ての野球活動をすることは禁止される。 なお、保留球団の同意のある場合、その選手の費用負担によりその球団の合同練習に参加することができる」 このように定められており、基本的にはコラスがMLB球団と契約することは許されない。 契約の保留の効力は2021年1月9日までで、それが継続された場合は資格停止処分となる。 コラスとの契約を結ぶ権利はソフトバンクが保有している。 仮に米国居住権を得ても、MLB球団と契約を結ぶにはソフトバンクが契約を解除し自由契約とするか、契約保留期間が終了するのを待たなければならないはずだ。 果たして、今後、このコラスの亡命、そしてMLB挑戦はどう進んでいくのか。 そして、ソフトバンクはどう動くのだろうか。 (Full-Count編集部).

次の

制限選手となった鷹コラスの未来は?

ホークス コラス

今年1月にキューバから亡命。 2月19日に制限選手扱いに MLB入りを目指し、今年1月にキューバから亡命した、福岡ソフトバンクホークス制限選手のオスカー・コラス外野手。 いまだにコラス、ホークス双方の意見が平行線を刻む中で、コラスが自身の思いを述べている。 15日(日本時間16日)、キューバ野球情報サイト『スイング・コンプレート』がコラスのインタビューを掲載している。 インスタグラム上でのインタビューに応じたコラスは「私はホークスとの3年契約(2017、2018、2019年)にサインし、それが唯一の契約であり、私はその契約を全うした。 そして、昨年12月にホークス側がキューバに来て、2020年の契約交渉を行ったが、金銭面で合意に達せずに終った。 彼らは問題ないと言い、来日後に日本で交渉しようということになり、彼らは日本へ帰った。 私はその時にキューバを出ようと思ったのだ」と契約交渉が不調に終わっていたことを明かしている。 そして「彼らが1月に再びキューバへ来たとき、私はもうキューバにいなかった。 彼らはもちろん、誰も私が島を出て行ったことを知らなかった。 自分一人で出発した。 直接ドミニカ共和国に入ったのではなく、その前に別の場所に行っている。 その後妻を呼び寄せることができた」とキューバを脱出する経緯を述べている。 3シーズンに渡る日本でのプレーについて「それぞれに違う年だった。 1年目はアジャストするための年であり、いい年ではなかった。 2年目にある程度結果を残し、3年目に一軍昇格できた」とコメントしている。 その一方で「いい状態だったにもかかわらず、一軍デビュー後ほどなく何の説明もなく二軍に落とされた。 その時はショックを受けたし、ストレスも溜まった。 そしてここを出て行きたいと思った」と自身の処遇への不満も語っている。 今後については「トレーニングを続け、いい契約を行うことが現在の目標だ。 すでに複数のチームが私に興味を示してくれている。 その中には、私がプレーしたいと思っている、ヒューストン・アストロズも含まれている」と述べている。 「すでにキューバを去っており、日本との間にいかなる義務もない」と主張するコラス。 だが、昨年12月2日にNPBから発表された契約保留者名簿にはコラスの名前は記載されている。 12月の交渉決裂でコラスは全てが終わったと解釈しているのだろうが、ソフトバング側は到底納得できるものではないだろう。 制限選手という状況の中で、コラス側はどのような動きに出るのだろうか。 引き続き注目を集めそうだ。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の