小さな 惑星。 【キングヌー 】「くしゃみをした」の意味は?小さな惑星の歌詞が深すぎる!

小さな惑星 歌詞『King Gnu』

小さな 惑星

CEREMONYの中で1番の爽やかさを感じさせる本楽曲と、都会の街を颯爽と駆け抜けていくVEZEL車の疾走感が絶妙にマッチしている。 書き下ろし楽曲としては文句のつけようがないのではないでしょうか。 またKing Gnuは本楽曲の作成にあたって これからの季節感、疾走感を意識して作らせていただきました。 とコメントを残しています。 この発表があったのは11月でしたので、これからの季節とは「冬」から「春」になっていく季節感のことを指しています。 しっかり後述していく歌詞に関与してきます 最後に余談ですが、HONDAのCMと言えば、これまで 米津玄師、ONE OK ROCK、Suchmos、Nulbarich、 SIRUPなど、日本のアーティストが多く起用されており、とにかく 「選曲がお洒落」だと定評があります。 スポンサーリンク 歌詞 ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 作詞作曲:常田大希 私は圧倒的にあります。 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で この 「陽だまり」という 暖色カラーの言葉が、上記の歌詞で述べられていたネガティブ要素まみれの小さな惑星をポジティブ要素に切り替えようとしています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 氷が溶けて行くように、歌詞に温かみが出てきます。 これは完全に考えられた意図で 「凍った愛が静かに溶ける」という歌詞は、まさに情景全体が温かみを持つイメージと重なります。 さてこの 温かみに溢れたサビを解釈していきましょう。 1番のAメロで述べられていたネガティブな情景を重なるのですが、 「結局どこにも行けない」とあるように、私たちは窮屈な社会で生きていかなければならない。 しかし窮屈な社会だからこそ、人々が寄り添い「温かさ」を感じることができるのです。 だから歌詞では 「凍った愛が静かに溶けて行く」と、 小さな惑星だからこそ起こる奇跡が描かれているのでしょう。 終わらないとあるのは、社会の中で生活する人間である以上、1番で述べられたような苦悩は一生ついて回るものであるし、サビ1で述べたような人間愛もついて回るものだからでしょう。 自分の葛藤を 「悩むだけ無駄!」だと感じたからこそ 「意味のない日々に何を恐れてるのか」と前向きな言葉が歌詞で綴られていくのでしょう。 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 「悩むのが無駄!」 と理屈では解った主人公ですが、やはり心の奥底では「窮屈な社会」に対するうんざりを隠し持っている。 私たちもきっとそうですよね。 知らず知らずのうちに「本当の欲求」を諦めているのではないでしょうか。 だから主人公は自由を象徴する鳥を眺めながらも 「まあ仕方がない。 窮屈な社会を愛していくしかないか。 」と諦めて、「空」から「あなた」に視点を切り替えるのです。 きっと歌詞中の「あなた」は 広義的な愛する者の象徴 なのでしょう。 サビ2 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ニュアンスとしてはサビ1とほどんど同じ。 ただ大きく違うのは「思わずくしゃみをした」と締められるサビ1に対して、サビ2は 「くしゃみをして笑い合うのさ」というフレーズで終わりを迎える。 これこそ人類愛の象徴なのではないか。 そう思わせるように仕向けたのではないか。 と感じています。 私たちが生きている社会は決して「自由」とは言い難い。 だが「愛がない社会」とも言い難い。 空に羽ばたくための大いなる風を待ち望むのもいいが、まずは心に吹いてくれている春の風を感じることが大切なのだ。 「小さな惑星」の歌詞には 小さな惑星だからこそ感じれる愛情。 それに気付かされるメッセージ性が隠されていたのです。 感想 楽曲が持つ爽やかさに負けずと、前向きな歌詞が素敵すぎました。 考察中では触れませんでしたが、散々遠まわしに 「人間愛の素敵さ」を説いたにも関わらず 「次第に綻びボロが出てきたとして」と、愛は恒久的ではないことを意味する歌詞をさりげなく入れてきているのは、常田さんらしいなと勝手に感じました。 歌詞考察を終えたうえで楽曲から感じたことは、遠く広がる空の大きさに憧れるのもいいけど、小さな惑星の中にある些細な幸せに目をやるのもいいものだということ。 というより当たり前に居てくれる存在をまずは大切にしたいなと。

次の

215、この大宇宙の中の小さな惑星・地球、誕生して46億年。人類が誕生して約500万年(学者によっては

小さな 惑星

CEREMONYの中で1番の爽やかさを感じさせる本楽曲と、都会の街を颯爽と駆け抜けていくVEZEL車の疾走感が絶妙にマッチしている。 書き下ろし楽曲としては文句のつけようがないのではないでしょうか。 またKing Gnuは本楽曲の作成にあたって これからの季節感、疾走感を意識して作らせていただきました。 とコメントを残しています。 この発表があったのは11月でしたので、これからの季節とは「冬」から「春」になっていく季節感のことを指しています。 しっかり後述していく歌詞に関与してきます 最後に余談ですが、HONDAのCMと言えば、これまで 米津玄師、ONE OK ROCK、Suchmos、Nulbarich、 SIRUPなど、日本のアーティストが多く起用されており、とにかく 「選曲がお洒落」だと定評があります。 スポンサーリンク 歌詞 ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 終わらない歌を 歌っているんだ 意味のない日々に 何を恐れてるのか 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ずっと夢を見ていたいのに 決まった時間に今日も 叩き起こされるんだ 大きな欠伸くらい許してよ 酸素が足りずに今日も 産声をあげているんだ 作詞作曲:常田大希 私は圧倒的にあります。 小さな惑星の いつもの街角の 何気ない陽だまりの中で この 「陽だまり」という 暖色カラーの言葉が、上記の歌詞で述べられていたネガティブ要素まみれの小さな惑星をポジティブ要素に切り替えようとしています。 歌詞を追っていきましょう。 サビ1 凍った愛が静かに溶け出したんだ 街から仄かに春の匂いがした 結局何処へも行けやしない僕らは 冬の風に思わずくしゃみをした 氷が溶けて行くように、歌詞に温かみが出てきます。 これは完全に考えられた意図で 「凍った愛が静かに溶ける」という歌詞は、まさに情景全体が温かみを持つイメージと重なります。 さてこの 温かみに溢れたサビを解釈していきましょう。 1番のAメロで述べられていたネガティブな情景を重なるのですが、 「結局どこにも行けない」とあるように、私たちは窮屈な社会で生きていかなければならない。 しかし窮屈な社会だからこそ、人々が寄り添い「温かさ」を感じることができるのです。 だから歌詞では 「凍った愛が静かに溶けて行く」と、 小さな惑星だからこそ起こる奇跡が描かれているのでしょう。 終わらないとあるのは、社会の中で生活する人間である以上、1番で述べられたような苦悩は一生ついて回るものであるし、サビ1で述べたような人間愛もついて回るものだからでしょう。 自分の葛藤を 「悩むだけ無駄!」だと感じたからこそ 「意味のない日々に何を恐れてるのか」と前向きな言葉が歌詞で綴られていくのでしょう。 鳥たちは無心で飛んでゆく ただただ空の青に 魅せられてしまったのか 同じ夢を見たんだ 在り来たりな夢だったと あなたがふっと笑うから 「悩むのが無駄!」 と理屈では解った主人公ですが、やはり心の奥底では「窮屈な社会」に対するうんざりを隠し持っている。 私たちもきっとそうですよね。 知らず知らずのうちに「本当の欲求」を諦めているのではないでしょうか。 だから主人公は自由を象徴する鳥を眺めながらも 「まあ仕方がない。 窮屈な社会を愛していくしかないか。 」と諦めて、「空」から「あなた」に視点を切り替えるのです。 きっと歌詞中の「あなた」は 広義的な愛する者の象徴 なのでしょう。 サビ2 凍った愛がみるみる溶け出したんだ 心の奥底に春の風が吹いた 次第に綻びボロが出てきたとして まあそれも別にいいかと くしゃみをして笑い合うのさ ニュアンスとしてはサビ1とほどんど同じ。 ただ大きく違うのは「思わずくしゃみをした」と締められるサビ1に対して、サビ2は 「くしゃみをして笑い合うのさ」というフレーズで終わりを迎える。 これこそ人類愛の象徴なのではないか。 そう思わせるように仕向けたのではないか。 と感じています。 私たちが生きている社会は決して「自由」とは言い難い。 だが「愛がない社会」とも言い難い。 空に羽ばたくための大いなる風を待ち望むのもいいが、まずは心に吹いてくれている春の風を感じることが大切なのだ。 「小さな惑星」の歌詞には 小さな惑星だからこそ感じれる愛情。 それに気付かされるメッセージ性が隠されていたのです。 感想 楽曲が持つ爽やかさに負けずと、前向きな歌詞が素敵すぎました。 考察中では触れませんでしたが、散々遠まわしに 「人間愛の素敵さ」を説いたにも関わらず 「次第に綻びボロが出てきたとして」と、愛は恒久的ではないことを意味する歌詞をさりげなく入れてきているのは、常田さんらしいなと勝手に感じました。 歌詞考察を終えたうえで楽曲から感じたことは、遠く広がる空の大きさに憧れるのもいいけど、小さな惑星の中にある些細な幸せに目をやるのもいいものだということ。 というより当たり前に居てくれる存在をまずは大切にしたいなと。

次の

King Gnu「小さな惑星」歌詞が神がかった新曲がホンダヴェゼルCMソングに抜擢|超豪華タイアップが話題に。

小さな 惑星

Sponsored Link King Gnu「小さな惑星」新曲がホンダヴェゼルCMソングに抜擢 King Gnuの「小さな惑星」がホンダヴェゼルのCMタイアップ曲に抜擢されました。 爽やかな曲調と万人が受け入れやすいメロディ、伸びやかなヴォーカルで、これまでにも多くのCMタイアップ曲を披露してきたKing Gnuの最新タイアップ曲です。 King Gnuといえば2019年の 紅白歌合戦への初出場も決まっていますが、こういったCMへのタイアップソングもかなり増えてきており、まさに2020年に向けて勢いも最高潮といったところでしょう。 また、ホンダに限らず車のCMって「とりあえず格好良い洋楽」が流れているイメージが個人的にあるのですが、King Gnuのようなこういう話題性のあるアーティストを起用したというのも新しい動きとして注目したいところですね。 King Gnu「小さな惑星」サビの歌詞が格好良い そんなホンダヴィセルのCMタイアップ曲 「小さな惑星」のサビの歌詞が良いと評判になっています。 そんなサビの歌詞を見てみましょう。 名前:井口理 いぐちさとる 生年月日:1993年10月5日 2019年現在26歳 出身地:長野県伊那市 担当:ヴォーカル、キーボード 井口理さんは、リーダーの常田さんと小学校、中学校が同じで、幼なじみです。 ですが、常田大希さんが1歳年上と言うこともあって、接点は全くなく知っている程度だったそうです。 井口理さんは日本人の音楽に影響受けており、七尾旅人が一番好きだと語っています。 更に両親の影響で歌謡曲、ニューミュージック、フォークなども良く聴いており、現在の井口さんの音楽感に大きな影響を与えています。 また、井口理さんは常田大希さんと同じ東京藝術大学に入学しており、声楽を専攻していたそうで、その影響か演劇やミュージカルに興味を持ちます。 そのため、現在も音楽活動と並行して役者としても活動しています。 新井和輝 名前:新井和輝 あらいかずき 生年月日:1992年10月29日 2019年現在27歳 出身地:東京都福生市 担当:ベース・コントラバス 新井和輝さんがベースを始めたキッカケは単にバンドにベースがいなかったからだと言います。 初めてで周囲に追いついていくのも凄いですね。 新井和輝さんの根底にあるのはブラックミュージックです。 ブラックミュージックはリズムが独特であり、ベーシストとしては楽しい限りです。 セッションをしていく中で、ドラムの勢喜遊さんに出会い、ちょうどベースが不在だったSrv. Vinciに加入しています。 それだけにとどまらず、現在も他アーティストのサポートやジャズセッションマンとしての活動もしています。 勢喜遊 Sponsored Link King Gnu「小さな惑星」ほかオススメCMタイアップソング動画集 King Gnuは今回の「小さな惑星」以外にも多くのCMタイアップ曲があります。 そんなおススメCMタイアップソング動画集を見ていきましょう。 ロマンシング サガ ゲームCMのタイアップ曲に思えない爽やかな曲調です。 ですが、ゲームなので緊迫感のあるものでも良かったのではないでしょうか。 とは言え、名曲は名曲ですね。 激しさの中にも聴きやすく美しいメロディーラインが良いですね。 そこら辺はMVにも表れていますね。 ヴォーカルとコーラスも印象的な曲です。 ミディアムにも近いかも知れません。 Part1と真逆な曲調です。 まとめ 今回は【King Gnu「小さな惑星」歌詞が神がかった新曲がホンダヴェゼルCMソングに抜擢|超豪華タイアップが話題に。 】と言うタイトルで情報をお届けしました。 すっかりCMタイアップでトップスターの仲間入りをした感のあるKing Gnu。 まだまだ曲ほど顔や名前は売れていませんが、世間に曲は多く知られているのでこれからもっともっと有名になるでしょう。 今後のKing Gnuの活躍に期待して注目していきたいですね。

次の