無印 良品 トイレ ブラシ。 トイレブラシおすすめ16選【ニトリ、無印良品など】おしゃれなブラシも!

ミニマリストおすすめ無印良品 柄つきスポンジと流せるブラシでトイレ掃除を楽に

無印 良品 トイレ ブラシ

トイレ掃除に欠かせないトレイブラシ。 どの製品もデザイン以外にさほど違いがないように見えるが、実はその機能性は大きく異なる。 本記事では、人気メーカーのもの・シリコン製のもの・使い捨てタイプ、それぞれのおすすめトイレブラシを紹介する。 機能を比較しながらも、自宅のトレイの雰囲気に合ったデザインのものを選ぼう。 【目次】 ・ ・ ・ 無印良品・IKEA・マーナ・IKEAのおすすめトイレブラシ はじめに、人気の高い無印・IKEA・マーナのおすすめトイレブラシを紹介する。 デザイン性・機能性ともに優れているものが多いので、迷ったらここで紹介するものから試してみよう。 ニトリ トイレポットブラシセット タワー ニトリのトイレポットブラシセットタワーは、超スリムなのが特徴。 幅はわずか8cmほどで、トイレポットとブラシケースがスリムに一体化しているため、狭いトイレのスペースでも設置できる。 水ハネしにくいウェーブ加工毛になっているのもポイント。 出典 公式サイト| 無印良品 トイレブラシ・ケース付 無印良品のトイレブラシ・ケース付は、気持ちよく掃除ができるのアイテム。 細かい部分もしっかりと洗えるように、形状・植毛方向に工夫が施されている。 手元にカバーがついており、水ハネを防止してくれるのも嬉しい。 使い勝手の良さに定評あり。 出典 公式サイト| IKEA KALKGRUND カルクグルンド IKEAのKALKGRUND(カルクグルンド)は、耐腐食性・耐久性に優れたトイレブラシ。 クロム仕上げを採用しているが、表面には指紋がつきにくい加工が施されているため、お手入れもしやすい。 ブラシの交換が可能なので、長く衛生的に使用できる。 出典 公式サイト| マーナ SLIM トイレブラシ(スリムトイレブラシ)W201 マーナのW201は、テレビや雑誌などのメディアでも多く紹介されているトイレブラシ。 卵型のブラシのポットタイプで、狭いスペースでも設置しやすい。 ブラシが底につかない仕様になっており、衛生的に使用できるのもポイント。 出典 公式サイト| ニトリ 汚れがつきにくくなるフッ素ガードトイレブラシ ニトリの汚れがつきにくくなるフッ素ガードトイレブラシは、フッ素の膜を作ることで汚れが付きにくくなるのが特徴。 ブラシにフッ素がついており、便器を磨くたびに便器表面にフッ素の膜を作ってくれる。 ブラシのフッ素効果は2〜3日に1回の使用で、3〜4か月ほど持続する。 出典 公式サイト| 傷が付きにくい!シリコン製のおすすめトイレブラシ ここでは、トイレに傷がつきにくいシリコン性のおすすめトイレブラシを紹介する。 デザイン性に優れているものも多いので、自宅のトイレに合うお気に入りを見つけてみよう。 JustNile トイレブラシ JustNileのトイレブラシは、TPRシリコン素材を使用しているのが特徴。 ブラシヘッドが柔らかいため、トレイの表面に傷をつけずにしっかりと掃除ができる。 ブラシヘッドは球状のデザインになっているため、隙間やトイレの内縁も掃除しやすい。 ホルダーセットは壁掛けも可能。

次の

トイレブラシおすすめ16選【ニトリ、無印良品など】おしゃれなブラシも!

無印 良品 トイレ ブラシ

無印良品の「柄つきスポンジ」と組み合わせて使用する 流せるトイレブラシの本体も使いやすいですが、無印良品の「柄つきスポンジ」との組み合わせもおすすめです。 18-8ステンレスを使用した柄が錆びにくく、しっかりとブラシを挟むことができます。 「流せるトイレブラシ」と「柄つきスポンジ」の組み合わせはインスタグラムでも見かける機会が多く、無印良品の公式サイトにも口コミが掲載されていました。 2018年9月にが新登場しました。 今までは「22. 5cm」だったので、約5cm長くなっています。 柄つきスポンジは、ウレタンフォームのスポンジがセットになっています。 水筒や細長いグラスを洗う時に活躍するアイテムです。 トイレ掃除で使用する時は、ウレタンフォームのスポンジを取り外します。 柄の部分に丸いフックのような物が付いており、こちらの位置を動かすことで、スポンジを取り替えることができます。 丸いフックを持ち手部分にずらしていくと、柄の先が大きく開きました。 この状態でスポンジを取り替えます。 流せるトイレブラシは購入時は繋がった状態です。 ブラシの一部分だけがくっついた状態なので、すぐに切り取ることができました。 1回分のブラシを柄つきスポンジに取り付ければOKです。 慣れれば10秒くらいで取り付けが完了します。 柄つきスポンジはブラシをしっかりと挟むことができるので、トイレ掃除をしている時に外れたことはありません。 ブラシの側面についている、青と緑の部分が濃縮洗剤です。 青で洗浄し、緑で1週間の汚れを防止します。 ブラシはトイレットペーパーのように分解する素材でできているので、掃除後はそのままトイレに流すことができます。 ビニール袋をかぶせると、後片付けが簡単 錆びに強い柄は洗うことができますが、トイレ掃除後に汚れが気になることも。 柄にビニール袋をかぶせ、その上から流せるブラシを挟むのもおすすめです。 便器の掃除が終わった後はブラシはそのまま流し、被せていたビニール袋を裏返しながら取ると、柄が汚れずに掃除することができます。 手が汚れるのも防いでくれるので、便器掃除がしやすくなりました。 流せるトイレブラシは替えのブラシをストックしておく必要があります。 替えブラシ12個入りセットも販売しており、買い足しがしやすいです。 替えのブラシには濃縮洗剤が付いているので、出しっぱなしにしていると洗剤特有の匂いが気になることも。 次は替えブラシの保管に便利な収納グッズをご紹介します。 【替えブラシの収納アイデア】セリアの「クリアケース ロング」を使用する 替えブラシの保管はフタ付きタイプの収納グッズが重宝します。 色んな収納グッズを試してみて特におすすめなのが、セリアで販売している「クリアケース ロング」です。 同じ種類のケースを4段まで重ねて使用することができます。 1個100円+税で購入できるので、数を揃えやすいのも嬉しいポイント。 クリアケース(ロング)に11個の替えブラシを収納することができました。 12個入れることもできますが、やや取り出しにくくなるので、11個の収納がおすすめです。 替えブラシは12個セットで販売しているので、1個使った状態で収納するようにしています。 セリアのお掃除シートケース 詰め替え用 セリアで販売している「お掃除シートケース 詰め替え用」も替えブラシの収納に役立ちます。 こちらのケースはトイレシートの収納に使用できるアイテムですが、流せるブラシの収納にもピッタリでした。 20個の替えブラシを立てて収納することができました。 フタが大きく開くので、ブラシが取り出しやすいです。 使用しない時はフタを閉めておけばOK。 下のケースにトイレシート、上のケースに替えブラシを収納しています。 容器の向きを変えると収納スペースを節約することができます。 柄付きブラシはセリアのトレーに収納しました。 セリアが販売している白色の詰め替え容器については、下の記事で種類や特徴を詳しくご紹介しています。 洗剤の匂いがするので、フタがない収納グッズは不向き 替えブラシの収納グッズを選ぶ時は、収納量や取り出しやすさだけでなく、フタの有無も重要なポイントです。 ブラシについている濃縮洗剤の匂いがするので、上の写真のようなフタなしタイプは不向きでした。 ダイソーのはがきケース 官製ハガキを100枚収納できる「はがきケース」は年賀状整理に便利なアイテムです。 厚みがあるケースなので小物入れとしても重宝します。 1個のはがきケースに12個の替えブラシを収納することができました。 半透明タイプの収納ケースなので在庫量を確認しやすいです。 重ねて収納することで、スペースを節約することができました。 ケースの向きを変え、柄つきブラシを一緒に収納しています。

次の

無印良品のトイレブラシを買いました!かゆいところに手が届く!

無印 良品 トイレ ブラシ

お店でも見かける機会が多いブラシタイプを使った掃除では、水切れの良い毛に水分と洗剤を含ませて便器を磨いていきます。 落ちにくい汚れも力を入れてこすることできれいになるのですが、便器を傷付けてしまうこともあるのが難点です。 便器を傷付けたくない場合は、柔らかくふわふわした素材のソフトタイプブラシを選ぶと良いでしょう。 商品によってブラシの形状にもさまざまな特徴があり、便器のフチ裏や排水溝などの厄介な汚れを落としやすい便利なものもあります。 普段はトイレブラシを使わない方も、汚れが落ちにくい部分にはぜひトイレブラシを取り入れてみてくださいね。 また、ブラシタイプは比較的コスパが良く、こまめに消毒をしていれば毛先が広がるまで使い続けられます。 磨く部分がスポンジになっているタイプは水がはねにくいので、力を入れて汚れをふき取るように便器をこすりましょう。 ただ、水切れがあまり良くないため、こまめに消毒をしたり干したりして衛生面に配慮する必要があります。 スポンジの形状は便器のフチ裏や排水溝にも入り込みやすく、1本ですみずみまできれいに磨ける便利なものが多く販売されていますよ。 そして、スポンジタイプのトイレブラシは、スポンジ部分がへたってきたら新しいものに交換しましょう。 ただ、スポンジタイプは雑菌が繁殖しやすいので、衛生面が気になる場合はスポンジの状態に関係なくこまめに買い替えるのがおすすめです。 そのため、ブラシタイプよりはコスパが悪いと考えるのが良いでしょう。

次の