リンキン パーク ナム。 リンキンパークの人気曲ランキングTOP10!必聴の名曲をご紹介!

<歌詞和訳>Numb

リンキン パーク ナム

- 2017 7月 20 3:49午後 PDT それにしても、この2つの死の苦悩に満ち方。 それは同時に昨今のロックの悩める状況の傾向と同調するものがあるかもしれない。 これが仮にヒップホップだとしたら、果たしてこのような死の選択の連鎖反応というのは生み得たことだろうか、と考えると、どうしてもそのような感じがしないからだ。 この違いは一体何なのか。 それを突き止めてみようと思う。 ロック、とりわけクリスやチェスターの属するところのオルタナティヴ・ロックとヒップホップは90年代には共に似た境遇にあった存在だ。 現実逃避的で享楽的なエイティーズの感覚がもはや通用しないことを証明したヘヴィでシリアスだったこの両ジャンルは、瞬く間にアンダーグラウンドから一気に時代の寵児へと躍り出た。 さらに両シーンの立役者、ニルヴァーナのカート・コバーン(1994年没、享年27)、ヒップホップはトゥパック・シャクール(1996年没、享年25)とノトーリアスBIG(1997年没、享年24)に至っては、人気絶頂の頃にその命を失いまでしている。 「 音楽の敵音楽の味方」特集 オススメ記事: |木津毅 |masumi toyota |金子厚武 |小林 祥晴 だが、この2つの音楽は、その後の展開がまるっきり違う。 カートの死後、ロックは必ずしも日常生活の暗い現実を歌うものではなくなったが、エイティーズの頃のような拝金主義的なド派手なロックスターがシーンに返り咲くこともなく、憧れられすらもしなかった。 一昔前ならミリオネアやビリオネアへの成り上がりが、キャリアのピークやステイタスとなり得たが、90年代のグランジ・ムーヴメントを境に、派手なロックのライフスタイルはすっかり過去のものとなっていた。 そして、カート以降のロックスターたちにとって金や名誉というものはキャリアのゴールではなくなったし、物質的な豊かさがアーティストの気持ちを満たすこともほとんどなくなった。 ましてやクリス・コーネルはそんなグランジ・ブームの渦中に活躍した存在であり、チェスターはそんな時代のロックに深い薫陶を受けて育った精神的な子弟でもあったのだ。 そして、それが故にアーティストたちの精神、心の充足が見つけにくくなったのもまた事実だ。 黒人のラッパーたちの場合は生まれ育ちの境遇が恵まれない激貧状態からは這い上がった人たちが少なくないため、サクセスを斜に構えて見るようなことが少なく素直に享受する姿が多く見られる。 そのためか、白人のロックの世界に頻繁に聞かれるようなドラッグのオーバードーズ、もしくは自殺という話をこの世界からはあまり耳にしない。 もちろん、「かつての大スターが凋落」と言う話は、昨今のDMX、ジャ・ルール、(シンガーだが)R・ケリーの近況でも聞かれるようにありはするのだが、それはどちらかというと、かつてのMCハマーのように「成功で有頂天になった後に散在し倒した後に破綻した」というパターンが目立つ。 それでも「自殺した」という話はほとんど聞かない。 そもそも、トゥパックやビギー(ノトーリアスBIG)にせよ死因は暗殺だったわけだし。 成功しても人生の充実を感じ切ることなしに、「アルバムを作ってはツアー」の繰り返し。 それが60代になっても70代になっても続くのがほとんどだ。 そんな人生の中でも確実に「創作者としてのピーク」というものが避けがたく存在し、ファンからはその「過去の輝いていた自分」と今の自分が常に比較される現実がある。 リンキン・パークの場合も、4〜6枚目のアルバム・セールスと評価がヒット曲満載だった最初の2枚ほどではなかった。 今回の7枚目のアルバムではEDMに接近しフィーチャリング・シンガーまで起用した結果、ファンや批評家からの評判は悪かった。 その批判の波は大きく、ネット上でもかなり目立ったものにさえなっていた。 それは当然チェスター本人の耳にも入り、彼自身、ファンの反応に傷ついた胸の内をツイッターで吐露する一幕もあったほどだった・・・。 I'm human and sometimes take things too personally. Most of our fans have been very positive lately. Some... not so much. — Chester Bennington ChesterBe 苦悩を吐き出すタイプの音楽で成功のはけ口がはっきりしないまま、創作者としての孤独にも向かい合わないとならない人生。 チェスター・ベニントンの死は、そんな現在のロックスターのライフスタイルが 潜在的にかかえるプレッシャーの犠牲なのかもしれない。 オススメ記事:| Chihiro Sato - HYPEBEAST.

次の

リンキン・パーク「ナム」mp3フルのダウンロードを無料&安全に!

リンキン パーク ナム

彼らの結成は1990年代にまで遡ります。 元々は「Super Xero(スーパーセロ)」というバンドで活動していたメンバー。 その時はボーカルはチェスター・ベニントンではありませんでした。 Super Xero時代は仕事、学業、音楽活動と、かなり大変だったみたいですね。 あまり活動は上向かず、ボーカルがバンドを脱退してしまいます。 そんなボーカルの後任として現れたのがチェスター・ベニントン。 知人である 「ジェフ・ブルー」から紹介されたチェスターは、その卓越した歌唱力でメンバーを魅了し、即加入が決まります。 そこからバンドは名前を 「ハイブリッド・セオリー」に改名。 アルバムも制作し、より音楽活動に傾倒していきます。 しかし、中々レーベル会社とは契約できなかったそうです。 今では考えられませんね。 ですが、神は彼らを見放しませんでした。 前述した「ジェフ・ブルー」がワーナー・ブラザーズ・レコードに入社に移籍しており、なんとかレーベル契約をこぎつけるのです。 しかし、ワーナーには既に 「ハイブリッド・セオリー」というバンドが存在していました。 なので、 彼らは定期的に車で通りかかっていたサンタモニカの公園にちなみ、「Linkin Park」と改名します。 2000年にはメジャーデビューアルバム 「ハイブリッド・セオリー」をリリース。 デビュー曲ながら、これが空前の大ヒット!現在までに全世界で3000万枚を売り上げるセールスを記録します。 3000万枚ですよ? 笑 ちょっと数字が大きすぎて分かりませんね 笑 デビューアルバムのヒットで一気に不動の地位を確率した彼ら。 それからと言うものの、数多くの名曲を排出してくれました。 しかし、2017年にボーカルであるチェスターが自殺。 帰らぬ人となってしまいます。 日本のみならず、全世界で悲しみが広がりましたね。 チェスターは亡くなってしまいましたが、名曲が消える訳ではありません!彼らが作ってくれた名曲は山のようにありますからね! そんな彼らの人気曲を余す事なく紹介していきます!どの曲も素晴らしいので、ぜひチェックしてみて下さい! スポンサーリンク Linkin Park リンキンパーク の人気曲ランキングTOP10 第10位 Breaking The Habit 曲情報• シングルリリース年:2003年• 収録アルバム:「Meteora」 リンキン・パークの人気曲ランキング第1位は 「Numb」です! やっぱり1位はこの曲でしょう!これまたリンキン・パークを代表する一曲! アナタも一度は聞いた事がある筈。 こんな名曲を生んでくれたチェスターに感謝ですね。 どの曲も名曲だらけですね!本当に彼らはセンスが高いバンドですよ! チェスターは天国に旅立ってしまいましたが、彼らが制作した名曲が消える訳ではありません! 名曲は我々の心の中に生き続けるでしょう。 コチラの記事もオススメ!.

次の

<歌詞和訳>Numb

リンキン パーク ナム

英語を勉強する一つの方法として、英語の歌を聴いたり歌ったりする、というのがなかなか効果的なんだそうです。 というわけで今回は、Linkin ParkのNumbを日本語に訳してみました。 Numbというのは形容詞なので、タイトルをそのまま日本語に訳すのは難しいんですが、解釈として一番近いのは『感覚を失くしていく』という感じだと思います。 Numb I'm tired of being what you want me to be お前が望む俺でいるのはもううんざりだ Feeling so faithless, lost under the surface 本当のところ 信じられなくなってるんだ I don't know what you're expecting of me 俺に何を期待してるかなんて知ったことじゃない Put under the pressure of walking in your shoes お前でいるプレッシャーに押しつぶされてるんだ Caught in the undertow just caught in the undertow 心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ Every step that I take is another mistake to you 俺のしてきたことは全部 お前にとっちゃ過ちなんだ Caught in the undertow just caught in the undertow 心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ I've become so numb I can't feel you there 何も感じなくなっていく お前がそこにいることすら Become so tired so much more aware もうどうだってよくなっていく I'm becoming this all I want to do 俺は俺のやりたいようにやる Is be more like me and be less like you それは俺らしく そしてお前とは違う Can't you see that you're smothering me? 俺の息苦しさがわからないか? Holding too tightly, afraid to lose control きつく締め上げられて 自分を失うのを恐れてる Cause everything that you thought I would be お前が俺だと思っていたものは Has fallen apart right in front of you 目の前でバラバラになってるさ Caught in the undertow just caught in the undertow 心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ Every step that I take is another mistake to you 俺のしてきたことは全部 お前にとっちゃ過ちなんだ Caught in the undertow just caught in the undertow 心の声を聴け ただ心の声を聴くんだ And every second I waste is more than I can take いつだって得るものよりも 失くすほうが多いんだ I've become so numb I can't feel you there Become so tired so much more aware I'm becoming this all I want to do Is be more like me and be less like you And I know I may end up failing too わかってる 俺は失敗に終わるんだろう But I know you were just like me だがお前もそうだった With someone disappointed in you 誰かの失望と一緒に I've become so numb I can't feel you there Become so tired so much more aware I'm becoming this all I want to do Is be more like me and be less like you I've become so numb I can't feel you there I'm tired of being what you want me to be I've become so numb I can't feel you there I'm tired of being what you want me to be この歌ですが、歌詞がなかなか難解で、海外でも人によって解釈がいろいろと異なることもあるようです。 ただこの"Numb"のPVに表されているように、「現実感」や「自分の存在」を失っていく感覚を表現したものではないか、という考えが多いようです。 コメントありがとうございます。 私もそこまで英語が得意ではないのですが(たまに誤りを指摘されたりもするので…)、正直、解釈によって異なるかなあ、と考えています。 私自身はサビの部分を、 I've become so numb I can't feel you there Become so tired so much more aware と I'm becoming this all I want to do Is be more like me and be less like you の二つのセンテンスに分けて解釈しました。 LinkinParkの歌詞はかなり詩的なので、ニュアンスをつかみ取るのが難しいですよね。 110•

次の