まるちゃん の おねえちゃん 名前。 過去のおはなし 2002年|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

過去のおはなし 2002年|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

まるちゃん の おねえちゃん 名前

Momoko Sakura まるちゃん• 『わたしは さくらももこです。 わたし 小さかったから "チビ丸"に 女の子だから "子"をつけて "ちびまる子ちゃん" なんて呼ばれていたの。 』 主人公、さくらももこ。 原作の設定年齢は9歳。 清水市立入江小学校に通っている。 クラスは3年4組。 髪型はおかっぱ。 名前は「ももこ」だが家族全員からあだ名で「まる子」と呼ばれている。 少々年寄りくさい子供と言われている。 何か面白い事があると好奇心旺盛になる。 なまけものだが基本的に優しい性格なので困っている人がいると一緒に考えてあげたりもする。 嫌いな食べ物はトマトと納豆で、これはまる子のお母さんも同じである。 好きな歌手は山口百恵と山本リンダ。 将来の夢は「絵を描く仕事につくこと」。 絵を描く事が好きなので、図工の成績だけはいい。 石松そばのCMを見て「いけずぅ」を覚えた。 「いけず」は意地悪とかケチという意味で、CMを見て以降口癖になっている。 夏におじいちゃんが商店街の福引で南の島(海外)旅行を当てたが皆都合が悪く 「じゃあまる子が行くよ! 」という事で、まるちゃん1人で南の島に行ける事になった。 初めて乗る飛行機の中では、隣に怖そうなおじさんが座りまる子はビビらされながら南の島に到着。 南の島ではまる子と同い年くらいの女の子プサディーと出会い色々思い出を作っていった。 仲良しの友達に ・ ・ らがいる。 まる子はお祭りに行きたいが、宿題が終わるまでは行けない。 ) まる子「おじいちゃん・・、 その前に宿題手伝ってくれない? お母さんが宿題やらないとお祭り行っちゃダメだって言うんだよ」 友 蔵「よしよし、宿題やっちゃおー おじいちゃんも手伝うよ」 まる子「へへ コレなんだけど・・・」 (宿題のドリルを見せるまる子) 友 蔵「ん?ほほぉ・・"計 算 ド リ ル" ・・するとなにかね、これは"計算のドリル"っていう物か」 まる子「そうだよ "計算のドリル" だよ」 友 蔵「・・・・・・・"ドリル"って、どういう意味じゃ?」 まる子「え、、そんなこと考えたこともないよ・・ そういや計算のにも漢字にもドリルって書いてあるね」 友 蔵「うーん、英語かフランス語かのぉ・・」 まる子「少なくとも日本語じゃないよね」 友 蔵「うーん・・ わからんのぉ」 (時間が経過し夕方になった) まる子&友 蔵「・・・うーん・・・・・・・・・・・」 お母さん「あら、おじいちゃんに宿題見てもらってんの?どう?もう終わった?」 まる子「それがさぁ、ちっとも先に進まないんだ ねぇお母さん、"ドリル"ってどういう意味だか知ってる?」 お母さん「ええ?それが宿題なの?」 まる子「ううん、宿題はドリルの中身なんだけどね」 お母さん「 ・・・・・・・・。 Sakiko Sakura お姉ちゃん• さくらさきこ。 まる子のお姉ちゃんで小学6年生。 クラスは6年2組。 原作の設定年齢は12歳。 まる子のことでいつも怒る。 マイペースでクールなまる子のお姉ちゃんだが 本当は乙女チックで雑誌「りぼん」をよく読んでいる。 運動は苦手だが遠足が大好き。 遠足の時だけはやたらハイテンションになる。 歌手の西城秀樹が大好き。 まる子と同じ部屋なので本気で自分の部屋が欲しいと思っている。 誕生日は初期の設定では3月19日になっていた。 名前を知らない人が多かった為か 2002年1月に「お姉ちゃんの名前はさきこだったのよSP」と言うタイトルで1時間SPが放送された。 1991年のお話でまる子がデパートで迷子になった際、知っている人がいた場合恥ずかしいと思い まる子は係りの人に自分の名前を言わず「さくらさきこです」とお姉ちゃんの名前を使った。 しかしデパートには6年2組のクラスメイトの男子がいた為、翌日学校でお姉ちゃんは その男子から「おまえ昨日デパートで迷子になったんだってなー」と言われていた。 実は同級生に好きな男子がいる。 お姉ちゃんの仲良しの友達に や らがいる。 お姉ちゃんの誕生日会にはよし子さん、ユリちゃん、 、 (他2人)も来てくれた。 お姉ちゃんはヒデキのレコードを持っているが家にプレーヤーが無いので よし子さんの家に持っていって聴かせてもらっている。 (当時高価だった) ちなみに、まる子も百恵ちゃんのレコードを持っているが としこちゃんの家に持っていって聴かせてもらっている。 お姉ちゃん「はぁ・・・・・」 お母さん「なーに?ため息なんかついて」 友 蔵「さてはお姉ちゃん、恋でもしたかのぉ」 まる子「ええー恋!?ちょっとお姉ちゃーん、ヒデキ以上の男が現れたの?」 お姉ちゃん「ちがうよっ バァーカっ」 まる子「ちがうって バァーカっ」 (友蔵に) 友 蔵「ガ〜ン! ・・わし・・わし・・馬鹿?」 ナレーション「聞くまでもない」 ・・・ 1991年発売のまる子イメージアルバム「 」にはお姉ちゃんの歌「乙女の微笑み」収録。 2016年5月17日、1990年から声を担当していた水谷優子さんが亡くなったため 2016年6月5日放送から豊嶋真千子さんが担当。

次の

過去のおはなし 2002年|ちびまる子ちゃん オフィシャルサイト

まるちゃん の おねえちゃん 名前

Momoko Sakura まるちゃん• 『わたしは さくらももこです。 わたし 小さかったから "チビ丸"に 女の子だから "子"をつけて "ちびまる子ちゃん" なんて呼ばれていたの。 』 主人公、さくらももこ。 原作の設定年齢は9歳。 清水市立入江小学校に通っている。 クラスは3年4組。 髪型はおかっぱ。 名前は「ももこ」だが家族全員からあだ名で「まる子」と呼ばれている。 少々年寄りくさい子供と言われている。 何か面白い事があると好奇心旺盛になる。 なまけものだが基本的に優しい性格なので困っている人がいると一緒に考えてあげたりもする。 嫌いな食べ物はトマトと納豆で、これはまる子のお母さんも同じである。 好きな歌手は山口百恵と山本リンダ。 将来の夢は「絵を描く仕事につくこと」。 絵を描く事が好きなので、図工の成績だけはいい。 石松そばのCMを見て「いけずぅ」を覚えた。 「いけず」は意地悪とかケチという意味で、CMを見て以降口癖になっている。 夏におじいちゃんが商店街の福引で南の島(海外)旅行を当てたが皆都合が悪く 「じゃあまる子が行くよ! 」という事で、まるちゃん1人で南の島に行ける事になった。 初めて乗る飛行機の中では、隣に怖そうなおじさんが座りまる子はビビらされながら南の島に到着。 南の島ではまる子と同い年くらいの女の子プサディーと出会い色々思い出を作っていった。 仲良しの友達に ・ ・ らがいる。 まる子はお祭りに行きたいが、宿題が終わるまでは行けない。 ) まる子「おじいちゃん・・、 その前に宿題手伝ってくれない? お母さんが宿題やらないとお祭り行っちゃダメだって言うんだよ」 友 蔵「よしよし、宿題やっちゃおー おじいちゃんも手伝うよ」 まる子「へへ コレなんだけど・・・」 (宿題のドリルを見せるまる子) 友 蔵「ん?ほほぉ・・"計 算 ド リ ル" ・・するとなにかね、これは"計算のドリル"っていう物か」 まる子「そうだよ "計算のドリル" だよ」 友 蔵「・・・・・・・"ドリル"って、どういう意味じゃ?」 まる子「え、、そんなこと考えたこともないよ・・ そういや計算のにも漢字にもドリルって書いてあるね」 友 蔵「うーん、英語かフランス語かのぉ・・」 まる子「少なくとも日本語じゃないよね」 友 蔵「うーん・・ わからんのぉ」 (時間が経過し夕方になった) まる子&友 蔵「・・・うーん・・・・・・・・・・・」 お母さん「あら、おじいちゃんに宿題見てもらってんの?どう?もう終わった?」 まる子「それがさぁ、ちっとも先に進まないんだ ねぇお母さん、"ドリル"ってどういう意味だか知ってる?」 お母さん「ええ?それが宿題なの?」 まる子「ううん、宿題はドリルの中身なんだけどね」 お母さん「 ・・・・・・・・。 Sakiko Sakura お姉ちゃん• さくらさきこ。 まる子のお姉ちゃんで小学6年生。 クラスは6年2組。 原作の設定年齢は12歳。 まる子のことでいつも怒る。 マイペースでクールなまる子のお姉ちゃんだが 本当は乙女チックで雑誌「りぼん」をよく読んでいる。 運動は苦手だが遠足が大好き。 遠足の時だけはやたらハイテンションになる。 歌手の西城秀樹が大好き。 まる子と同じ部屋なので本気で自分の部屋が欲しいと思っている。 誕生日は初期の設定では3月19日になっていた。 名前を知らない人が多かった為か 2002年1月に「お姉ちゃんの名前はさきこだったのよSP」と言うタイトルで1時間SPが放送された。 1991年のお話でまる子がデパートで迷子になった際、知っている人がいた場合恥ずかしいと思い まる子は係りの人に自分の名前を言わず「さくらさきこです」とお姉ちゃんの名前を使った。 しかしデパートには6年2組のクラスメイトの男子がいた為、翌日学校でお姉ちゃんは その男子から「おまえ昨日デパートで迷子になったんだってなー」と言われていた。 実は同級生に好きな男子がいる。 お姉ちゃんの仲良しの友達に や らがいる。 お姉ちゃんの誕生日会にはよし子さん、ユリちゃん、 、 (他2人)も来てくれた。 お姉ちゃんはヒデキのレコードを持っているが家にプレーヤーが無いので よし子さんの家に持っていって聴かせてもらっている。 (当時高価だった) ちなみに、まる子も百恵ちゃんのレコードを持っているが としこちゃんの家に持っていって聴かせてもらっている。 お姉ちゃん「はぁ・・・・・」 お母さん「なーに?ため息なんかついて」 友 蔵「さてはお姉ちゃん、恋でもしたかのぉ」 まる子「ええー恋!?ちょっとお姉ちゃーん、ヒデキ以上の男が現れたの?」 お姉ちゃん「ちがうよっ バァーカっ」 まる子「ちがうって バァーカっ」 (友蔵に) 友 蔵「ガ〜ン! ・・わし・・わし・・馬鹿?」 ナレーション「聞くまでもない」 ・・・ 1991年発売のまる子イメージアルバム「 」にはお姉ちゃんの歌「乙女の微笑み」収録。 2016年5月17日、1990年から声を担当していた水谷優子さんが亡くなったため 2016年6月5日放送から豊嶋真千子さんが担当。

次の

ちびまるこのお姉ちゃん、名前を呼ばれない不思議

まるちゃん の おねえちゃん 名前

Momoko Sakura まるちゃん• 『わたしは さくらももこです。 わたし 小さかったから "チビ丸"に 女の子だから "子"をつけて "ちびまる子ちゃん" なんて呼ばれていたの。 』 主人公、さくらももこ。 原作の設定年齢は9歳。 清水市立入江小学校に通っている。 クラスは3年4組。 髪型はおかっぱ。 名前は「ももこ」だが家族全員からあだ名で「まる子」と呼ばれている。 少々年寄りくさい子供と言われている。 何か面白い事があると好奇心旺盛になる。 なまけものだが基本的に優しい性格なので困っている人がいると一緒に考えてあげたりもする。 嫌いな食べ物はトマトと納豆で、これはまる子のお母さんも同じである。 好きな歌手は山口百恵と山本リンダ。 将来の夢は「絵を描く仕事につくこと」。 絵を描く事が好きなので、図工の成績だけはいい。 石松そばのCMを見て「いけずぅ」を覚えた。 「いけず」は意地悪とかケチという意味で、CMを見て以降口癖になっている。 夏におじいちゃんが商店街の福引で南の島(海外)旅行を当てたが皆都合が悪く 「じゃあまる子が行くよ! 」という事で、まるちゃん1人で南の島に行ける事になった。 初めて乗る飛行機の中では、隣に怖そうなおじさんが座りまる子はビビらされながら南の島に到着。 南の島ではまる子と同い年くらいの女の子プサディーと出会い色々思い出を作っていった。 仲良しの友達に ・ ・ らがいる。 まる子はお祭りに行きたいが、宿題が終わるまでは行けない。 ) まる子「おじいちゃん・・、 その前に宿題手伝ってくれない? お母さんが宿題やらないとお祭り行っちゃダメだって言うんだよ」 友 蔵「よしよし、宿題やっちゃおー おじいちゃんも手伝うよ」 まる子「へへ コレなんだけど・・・」 (宿題のドリルを見せるまる子) 友 蔵「ん?ほほぉ・・"計 算 ド リ ル" ・・するとなにかね、これは"計算のドリル"っていう物か」 まる子「そうだよ "計算のドリル" だよ」 友 蔵「・・・・・・・"ドリル"って、どういう意味じゃ?」 まる子「え、、そんなこと考えたこともないよ・・ そういや計算のにも漢字にもドリルって書いてあるね」 友 蔵「うーん、英語かフランス語かのぉ・・」 まる子「少なくとも日本語じゃないよね」 友 蔵「うーん・・ わからんのぉ」 (時間が経過し夕方になった) まる子&友 蔵「・・・うーん・・・・・・・・・・・」 お母さん「あら、おじいちゃんに宿題見てもらってんの?どう?もう終わった?」 まる子「それがさぁ、ちっとも先に進まないんだ ねぇお母さん、"ドリル"ってどういう意味だか知ってる?」 お母さん「ええ?それが宿題なの?」 まる子「ううん、宿題はドリルの中身なんだけどね」 お母さん「 ・・・・・・・・。 Sakiko Sakura お姉ちゃん• さくらさきこ。 まる子のお姉ちゃんで小学6年生。 クラスは6年2組。 原作の設定年齢は12歳。 まる子のことでいつも怒る。 マイペースでクールなまる子のお姉ちゃんだが 本当は乙女チックで雑誌「りぼん」をよく読んでいる。 運動は苦手だが遠足が大好き。 遠足の時だけはやたらハイテンションになる。 歌手の西城秀樹が大好き。 まる子と同じ部屋なので本気で自分の部屋が欲しいと思っている。 誕生日は初期の設定では3月19日になっていた。 名前を知らない人が多かった為か 2002年1月に「お姉ちゃんの名前はさきこだったのよSP」と言うタイトルで1時間SPが放送された。 1991年のお話でまる子がデパートで迷子になった際、知っている人がいた場合恥ずかしいと思い まる子は係りの人に自分の名前を言わず「さくらさきこです」とお姉ちゃんの名前を使った。 しかしデパートには6年2組のクラスメイトの男子がいた為、翌日学校でお姉ちゃんは その男子から「おまえ昨日デパートで迷子になったんだってなー」と言われていた。 実は同級生に好きな男子がいる。 お姉ちゃんの仲良しの友達に や らがいる。 お姉ちゃんの誕生日会にはよし子さん、ユリちゃん、 、 (他2人)も来てくれた。 お姉ちゃんはヒデキのレコードを持っているが家にプレーヤーが無いので よし子さんの家に持っていって聴かせてもらっている。 (当時高価だった) ちなみに、まる子も百恵ちゃんのレコードを持っているが としこちゃんの家に持っていって聴かせてもらっている。 お姉ちゃん「はぁ・・・・・」 お母さん「なーに?ため息なんかついて」 友 蔵「さてはお姉ちゃん、恋でもしたかのぉ」 まる子「ええー恋!?ちょっとお姉ちゃーん、ヒデキ以上の男が現れたの?」 お姉ちゃん「ちがうよっ バァーカっ」 まる子「ちがうって バァーカっ」 (友蔵に) 友 蔵「ガ〜ン! ・・わし・・わし・・馬鹿?」 ナレーション「聞くまでもない」 ・・・ 1991年発売のまる子イメージアルバム「 」にはお姉ちゃんの歌「乙女の微笑み」収録。 2016年5月17日、1990年から声を担当していた水谷優子さんが亡くなったため 2016年6月5日放送から豊嶋真千子さんが担当。

次の