保育士 妊娠 報告。 保育士の妊娠報告「安定期を待ってから…」では遅すぎる?

保育士の妊娠|タイミングや報告時期、今後の仕事について伝えたいこと

保育士 妊娠 報告

保育士のできちゃた婚で報告するポイント• 妊娠がわかったらすぐに園長に報告 妊娠がわかったら、出来るだけ早く園長に報告しましょう。 言い出しにくいかもしれませんが、多くの保育園で、保育士不足が問題になっています。 欠員が出れば、 園側は早急に、かわりの人材を用意しなければなりません。 うまく人材が見つからないと、体調が悪くてもあなたが仕事を休めない可能性も。 園や自分のためにも、早く報告するのがベターです。 言わないほうが、迷惑になる 妊娠中は様々なトラブルがおこる可能性があります。 特に初期は悪阻(つわり)があったりして、思う通りに動けないことも。 大切な行事に参加できないなんてことも、考えられますね。 「非常識だから言い出せない」 と黙っていると、逆に迷惑をかけてしまいます。 もしもの事態を、フォローをしてもらうためにも、事前に声かけをしておきましょう。 あらかじめわかっていれば、周囲は心構えすることができます。 できない仕事は、協力をお願いする 妊娠中に控えたほうがいい仕事は、周囲に配慮や協力をお願いしましょう。 他の職員の手助けが必要不可欠です。 例えば、• 辞める• 続ける• 産休をとる いずれにしても相談が必要です。 仕事を続けていく場合、 「〜の業務は難しいかもしれない」 など仕事内容も具体的に相談してましょう。 産婦人科の先生とも、働き方の相談しておくとGOOD。 1年目でデキ婚した時の注意点 母体と胎児の健康を第一に考える 自分と胎児の健康を優先しましょう。 新人保育士は、迷惑をかけたくない気持ちから、無理をしがち。 先輩や上司の手前、出来ませんと言いづらいことも。 しかし、大切な妊娠中に無理のしすぎは禁物です。 切迫早産や流産などになる可能性も。 保育士のかわりは、あなた以外の誰かができます。 しかし、母親のかわりは、他の誰もできないですよね。 体調に不安がある時は、無理をせず、正直に申し出ましょう。 相談できる相手を見つける まだ入ったばかりの新人保育士は、職場に気兼ねなく話せる相手がいないことも。 妊娠はプライベートなこと。 なおさら話しにくいかもしれません。 けれど、妊娠しながらの仕事はわからない、不安なことが多いでしょう。 疑問や不安をぶつけられる人がいれば、働きやすさはグンと上がります。 子育て経験のある先輩保育士に相談してみましょう。 「私の時は〜だった」など、経験談を聞くと、 妊娠中の仕事の乗り越え方のヒントになるかもしれません。 保護者への報告は勝手にしない 保護者の中には、妊娠を喜んでくれる人もいます。 しかし、 後のことを不安がる人も。 個人の判断で保護者に報告するのではなく、 園長とタイミングを相談しましょう。 新人保育士にできちゃった結婚が多い理由• 早く自分の子が欲しいと感じやすい 園で毎日、子どもと関わっていると、自分の家庭を早く持ちたくなるんですね。 父母が迎えに来て、 幸せそうな家庭を見ていると、うらやましくなるのは当然の感覚です。 仕事としてではなく、ゆっくり自分の子と向き合いたいって気持ちが、できちゃった婚につながる理由の1つです。 そもそも保育士は若い女性が多い 結論からいえば、新人保育士の大部分は、若い女性だからです。 他の職業より多く感じるのも、 女性比率が多いことが関係しています。 激務のため、ゆっくり休みが欲しくなってしまう 保育士は、一瞬でも気を抜けない本当に大変なお仕事です。 そのため、慣れないうちは、ぐったりしてしまう毎日ですね。 ストレスを抱える毎日の中、彼氏との時間は重要。 疲れ切った心を預けてしまいやすいため、新人保育士に出来ちゃった婚が多くなっているのかもしれません。 できちゃった結婚は珍しいことではない 昔に比べて、 できちゃった婚=避けたほうがいいことという感覚ではなくなってきました。 結婚をするきっかけになる って感覚の人も多いのではないでしょうか。 赤ちゃんを授かったことをきっかけに、結婚する人が増えていることも原因の1つです。 デキ婚は迷惑?許させる?現場の感想 迷惑と考える人がいるのも現状 悲しいことですが、欠員が出る場合、迷惑がられることがあります。 多くの保育現場で、保育士の人数が足りていないことが原因です。 また、新人保育士は、いろいろなことを学んでいる最中です。 指導にあたっていた先生からは、せっかく教えていたのに…。 などと思われてしまうこともあります。 現場の余裕のなさが大きな原因ですね。 妊娠経験のない人からは理解されない場合も 同じ保育士でも、妊娠出産の経験のない人には、要注意です。 辛さを理解してもらえないことがあります。 産休や育休などがなかった先輩から 「私の時は、産む直前まで働いていたのに」 と嫌味を言われたケースも。 どうすることもできない言葉は、聞き流すことも必要です。 色々な理由から、妊娠を2年目まで待つ保育士も多いんですね。 もちろん理解、応援してくれる人も多い 妊娠を喜び、サポートしてくれる人もたくさんいます。 体調を気遣ってくれたり、親身になってくれる人を、頼りにしてください。 同僚と上手く付き合いながら、出産前まで、元気に働く保育士も多いです。 周囲に助けてもらう分、感謝を忘れずに。 そして産後、保育士に復帰した時。 妊娠した後輩に、同じように親身に接すればいいのです。 保育士にとっても、子育てはとてもいい経験。 母親になって、はじめて見えてくる視点もあるはずです。 出産後、再び保育士として働く時、さらに輝く保育士になれることでしょう。 まとめ• 妊娠がわかったらすぐに園長に報告する• 感謝の気持ちを忘れず、同僚の力を借りる• 体調第一で、ムリは禁物.

次の

保育士の妊娠報告はいつしたらいいの?話すタイミングと出産後の働き方

保育士 妊娠 報告

保育士1年目で妊娠した場合 仕事への影響 保育園では年間スケジュールが決められており、それに沿って業務を行うため欠員が出ると運営に影響を及ぼす恐れがあります。 また、時期により体調面でも業務に支障がでてくるため、早めの報告が大切です。 悪阻・眠気などで欠勤が増える• 力仕事・子供の抱っこなどができない• 走ったり一緒に遊べなくなる 保育士1年目で妊娠した場合 報告手順 園長への報告を最優先する 妊娠発覚後、園長を優先して出来るだけ早く報告しましょう。 早期に報告することで、欠員補充や今度の働き方の最善策を相談できます。 業務の再調整などは上司がおこなうため、先輩・同僚への報告は園長・主任の後がベストです。 隠した場合のリスク 妊娠を隠し通した場合、悪阻など体調の変化で肉体的負担・不慮の事故の可能性が考えられます。 妊娠初期は、身体の変化があまり見られず周囲から認識されにくいため、力仕事や子どもと接する際などに注意が必要。 早期に報告し、フォローしてもらえるよう、自ら環境を作ることが大切です。 報告する際の注意点 上司へ妊娠報告する際は、今後についての考えをまとめておくことも重要。 ただ報告するだけでなく、これからどうしたいかを明確にし、要望を伝えることで双方が納得する働き方ができます。 また、先輩や同僚・保護者へ報告する際のタイミング、どの範囲まで報告するかも事前に相談しておくとスムーズに話が進みます。 自己判断での報告は、後々トラブルを招く危険性もあるため避けましょう。 今後の働き方について考える 産休・育休取得で継続勤務する、退職後の復職を目指すなど今後の働き方について考えなければいけません。 継続勤務では、保育園側と相談し育休後の復帰意思を伝える必要があります。 また、思い切って退職するのも一つの手。 保育士不足の保育園は多く存在するため、経験や資格を持っている場合は再就職のハードルは高くないでしょう。 保育士の退職理由 保育士の離職理由として、1番多かったのは職場の人間関係で33. 5%、結婚・出産を機に退職する保育士は5番目に多く22. 3%です。 参考:平成30年 妊娠を機に退職する保育士の割合 退職する保育士は、経験年数が低い層が多く7年以下の保育士が約半数を占めています。 離職率:10. 3%、市営保育所:12. 0%です。 参考:第3回 平成27年 保育士1年目の妊娠で困ったときは相談窓口を利用する 保育士1年目の妊娠にまつわる悩みをひとりで抱えている場合は、行政や民間に設置されている相談窓口の利用がおすすめ。 その道に精通しているプロに相談することで、現状を打破する方法を見つかるでしょう。

次の

保育士の妊娠中の仕事はいつまで?報告のタイミングと保育の注意点

保育士 妊娠 報告

私が保育士をしている中で結婚、妊娠、出産をした中で一番難しいと悩んだことが、自分の『妊娠』でした。 子どもに携わっている仕事をしているのだから、もちろん自分の子はほしい。 しかし、自分が妊娠してしまったら担当クラスはどうなるのか?つわりの時は?もし妊娠中に何かあったら?年度途中の出産になってしまったら?保育士をしている女性の方は、そんな悩みが少なからずあるのではないでしょうか。 私は年長担任時に妊娠が分かり、出産予定日は3月末と言うまさかの『自分の担当クラスの卒園式に出席できない』事態に陥りました。 妊娠が分かった時は涙が出るくらい嬉しかったのですが、すぐに冷静になり出産予定日を調べ事実を知った時は青ざめました。 保育士は1年単位の仕事です。 極端にいえば、4月に始まり、3月で終わる。 もちろん、保育自体は来年度へ向けて動き出していますが、 自分のクラスを受け持つからにはやはり1年間は責任をもって担うべきだと思っています。 それ故、保育士の妊娠は本当に難しいです。 妊娠報告後の反応・対応 本来ならば時期を見て上司には報告すべきなのだとは思いますが、私はすぐに園長に話しました。 体力勝負の仕事なので、職場でもし何かあった際誰も自分の妊娠を知らないのでは逆に多大な迷惑がかかると思ったからです。 結果的に、園長を始め、園内の先生は祝福して下さり、体力仕事は軽減してくださるなど、本当に周りの先生にはよくしてもらいました。 しかし、当時の自分にとってはそれがとても心苦しかったことを覚えています。 つわりのために朝出勤できない。 出勤できたとしても、子ども達と鬼ごっこやかけっこができない。 重い物を持てない。 今までの自分がしてきた当たり前のことが『できなくなること』が、すごくストレスでした。 自分のお腹の子を考えると当然の制限なのですが、私にとっては担当クラスも我が子のようなものです。 瞬時に対応できない日々に、モヤモヤしました。 それでも、お腹の子はこんな私のお腹にしがみついてくれ、周りの先生にも助けられ、妊娠4か月の時に運動会を終え、無事に安定期を迎えることができました。 また、保護者にはいつ報告するのかという問題も出てくると思いますが、これは園長に相談・任せましょう。 勘のいい保護者はすぐに気付きます。 だって、いつも子どもとワーワー走っている先生がしおらしくしているのですから。 おめでたいことですが、やはりどこかで迷惑をかけることがあります。 そのことに対しては、 保護者へも職場内へもしっかり謝罪と感謝を伝えていくことは必要だと思います。 おめでたいことなのに謝罪なんて…と思いますが、やはりそこは社会人として必要だと私は思います。 助けられたことと救われた言葉!次は自分が助けてあげればよい 私は年長クラス担任だったので子ども達にもずいぶん助けられ、後任の先生も決まり第二子は無事に出産することができました。 そう、第二子は…です。 第一子は残念ながら初期の頃お空に帰ってしまいました。 保育士をしていたからという理由ではもちろんありません。 しかし、そういうリスクも少なからずある職業です。 怖がらせるつもりはないのですが、妊娠が分かったらすぐに上司に相談し、周りの先生に助けてもらってください。 そして、感謝をしっかりと周りに伝え、無理をせずお腹の赤ちゃんを大事にしてください。 最初に、保育士は1年単位の仕事なので妊娠時期が難しいと書きました。 でも、これは妊娠、流産を経験した私からの戯言です。 タイミングを見計らっていると、あっという間に1年が過ぎます。 欲しい時に赤ちゃんができるとは限りません。 自分の子が欲しい!と思っている人は、後のことは任せて自分の妊娠を最優先に考えていいと思います。 また、自分が出産して、復帰したとき、同じように妊娠した先生たちを次はあなたが助けてあげればいいんです。 「ここは私達に任せて、あなたは自分の赤ちゃんのことを最優先に考えなさい。 」第二子を妊娠中に、隣のクラスの先生に言われた言葉です。 この言葉にどれだけ救われたか分かりません。 子ども達、保護者のことももちろん大切ですが、時には自分の体を最優先に考える時期があってもいいのではないかと思います。 この記事について 筆者:yuuna 保育士歴:8年 幼稚園教諭の期間も含む 投稿日:2016年6月10日 記事編集:はる蔵 編集後記「真逆のお話…年度途中で妊娠発覚から現場は険悪ムード」 この体験談、とても興味深く読ませていただきましたが、もはや号泣・感動レベルのお話です。 と、ここまで言うのも、はる蔵が保育園に勤めていた頃、 全く同じ出来事がありまたが、この記事の結末とは大きく異なり、祝福されることなのに園長・職員・保護者…超険悪ムードとなったのです。 その理由は2年連続で5歳児クラスの先生が、妊娠によって担任が変更となったから。 園長・職員からは「子どもをはじめ現場も混乱するし、保育士としての責任があるのに非常識だ」や「希望のクラスや結婚・妊娠の予定はない?と事前に質疑したうえでクラス編成をしているのに…」などと超険悪ムードになりました。 また、保護者からは「2年連続でこんな無責任なことになって、園は職員にどういう教育してんだ」となりました。 そして妊娠をした先生は職場で涙を流していました。 もちろんその本人も前例を知っているからこそ、しっかり園長から確認をされたからこそ、より気をつけなければ・意識しなければいけないことだったかもしれません。 ちなみに、はる蔵が勤めていた園では、あらかじめ結婚・妊娠願望や年度の途中で辞める予定がある場合など、複数担任の0歳児クラスや1歳児クラスに配置されるようになっていたのです。 これは園の大きな配慮・優遇です。 だから責めるその気持ちも分かりますし、ごもっともと思う部分もあります。 しかし、はる蔵の心境は「もう授かってしまったものだし、今更責めてなにが解決するのよ?責めたところで何も変わらないのだから、保育者として・一人間として祝福してあげようよ」・ 「妊娠初期という大事な時期なのに本人の心を不安定にさせるなんておかしい。 子どもに携わる職をしている者が赤ちゃんの健康を阻害するかもしれないことを…」と、職場では口には出さず、友人などに愚痴っていました。 この時、はる蔵はまだ1年目の新人でしたので、声を大にして言える状態ではなかったのですが、こればかりは声に出して言いたかった。 そして、その先生の子なんですが、安産かつ健康な赤ちゃんが産まれてきたから一安心でした。 この問題がある程度落ち着くまで職場にも行きづらかったと思うし、罪悪感もいっぱいだったと思いますが、結果的に安産で良かった。 これがもし流産など最悪のケースとなった場合、心底恨みたい気持ちになりますよね。 その恨む矛先がどうかは別として、普通の感覚ならばそう思ってしまいたい気持ちも分かりますよね?筋違いとか正しいか正しくないかとかではなく、感情的に分かりますよね。 園長・主任・ベテランさん・中堅の保育士ならば、よりあなたの一言で大きく職場の雰囲気も変わると思います。 もしこういった問題が発生したのであれば、あなた一人だけでもいいので、救いの声を発していただきたい。 いや、現場がざわつく前にあなたのプラスな第一声がほしいところです。 またこの記事の筆者であるyuunaさんが職場の人に言われた、以下の言葉のように、本人にもしっかり伝えてください。 「ここは私達に任せて、あなたは自分の赤ちゃんのことを最優先に考えなさい。 」 こう言える保育士・人であってくださいませ。 なんかいろいろと暑苦しい内容、失礼いたしました。 当時何も言えなかったからこそ、感情的に熱く書いてしまったことをご理解ください。 そもそも保育士を続ける・続けられる前提で文章を書いてましたが、園によっては暗黙のルールで産休・育休すらとれず、自主退職という流れに至ることもあるでしょう。 いわゆるマタニティーハラスメント、略してマタハラってやつですね。 保育園であるからこそ、妊娠・育児には特に手厚くあたたかい支援をする事業であってほしいなと心底思います。 出産後編 産休・育休後の保育士のお仕事と家庭と育児について書かれた記事です。 続けようと思っていた保育士業を退職することにしたその大変さなど。 スポンサーリンク• 記事を読んでとても納得しました。 私自身は保育士時代には妊娠はせず、退職してからの妊娠となりましたが、本当につわりが大変で毎日毎日吐いているような毎日だったので人によって症状は違うものの、この状況で保育を続けていた先生には尊敬を念を抱かずにはいられません。 ですが、担任ともなると妊娠する時期はとても難しく思います。 子どもたちにとってはもちろん保護者にとっても信頼している先生が幸せになって欲しいことはもちろんですが、自分の子どもがこれをきっかけに情緒不安定になってしまったり…という不安は必ずついてきますから。 また、保護者への対応ももちろんですが、職場の同僚への心配りも今まで以上に努めるべきことだと思っております。 妊婦なのだから出来ないことはもちろんふえます。 ですがやってもらうことを当たり前に感じているとそこは女性の職場ですからすぐに伝わりますよね。 力仕事ができない代わりに自分には何の仕事なら人より多くできるのかということを常に考えてまわりに配慮しながら働く。 妊娠しているといろいろと大変なこともありますが、それは個人の問題ですからそのことに甘えるのではなく、できることをしっかりとこなす姿勢が大切だと感じています。 私も保育士の仕事をしている間に妊娠しました。 保育士も子供も少ない東京都のとある区の認定保育園でした。 なので、給食の準備も保育士がしていました。 私も早番の時には給食を作っていましたが、ご飯のにおいだけがどうしても気持ち悪くなってしまうため、ほかの先生にお願いしていました。 妊娠しても仕事ができると思っていたとき、切迫流産になってしまい、自宅安静といわれてしまいました。 そのとき、園長先生からはおなかの子供が大事だから、仕事はやめなさいといわれました。 申し訳ないと思いながらも辞める道を選びました。 園長先生たちの心遣いには感謝しました。 いろいろな保育園で仕事をしてきましたが、妊娠を快く思わない保育園があるのも事実です。 やはり、ぎりぎりの人数で保育をしているからということはわかりますが、子供の命を預かる現場だからこそ、保育士のお腹の中に宿った命も大切に考えられる保育園というのが、保護者としても安心して預けられる保育園になるのかなと思いました。 妊娠出産に関しては、やはり、自分で経験してみないとわからない部分があるので、考えてしまう部分もあるかと思います。 保育や教育の世界での妊娠は、気を使いますね。 これが故に、結婚退職をする人が多いのでしょう。 確かに、クラス担任を持って年度中に妊娠すると、体力を使う仕事ができなくなったり、体調の面で迷惑をかけることになると思います。 私も妊娠を理由に辞める人、計画的に妊娠しようとしてタイミングが合わず妊娠できない先生。 今までにたくさん見てきました。 保育の職場にかかわる人には、いつ誰の妊娠であっても「生まれるのが楽しみ」「早く生まれてきてほしい」など、寄り添った対応。 「妊婦が1人2人いようが、関係ありません。 他の人でカバーしていけます。 負担になるなんて言葉は知りません」 ぐらい言ってもらえる環境だと嬉しいですね。 ただし、保育の世界は、保育することが仕事です。 他の先生にカバーしきれない事態もあるでしょう。 妊娠して働く環境を作ることも大切ですが、学期中に辞める選択ができることも大切に思います。

次の