お悔やみ メッセージ。 お悔やみの手紙の書き方】文例・例文・メール・葬儀・言葉・香典・親戚・友人の親

お悔やみの言葉 英語】英語で・メッセージ・メール・返事・励まし・略語・件名

お悔やみ メッセージ

残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 100文字 8602 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 103文字 8604 ご急逝を知り、ただ驚くばかりです。 どうかお力落としなく、ご家族のみなさまが心をあわせて強く生きて行かれますよう祈っております。 63文字 8605 突然の悲報に接し、驚きと共に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族の皆様にはさぞご心痛のことと拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申しあげます。 68文字 8606 ニュースで悲報を知り、現実のこととは思えずただ茫然としております。 ご家族の皆様のお力落としを思うとお慰めする言葉も見つかりません。 心からご冥福をお祈りいたします。 81文字 8607 思わぬ悲報に接し、ただ驚くばかりです。 弔問かなわぬ非礼をお詫びし、謹んで哀悼の意を表します。 46文字 8608 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかとお察し申しあげますとともに、在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 76文字 8609 突然の訃報に接し、大変驚いております。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、故人の安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 69文字 8610 在りし日のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈り申し上げます。 28文字 8611 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、故人のご冥福をお祈りいたします。 83文字 8612 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 69文字 8613 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 52文字 8614 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 79文字 8615 お父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8616 お父様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8617 ご尊父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご母堂様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 58文字 8618 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8619 ご尊父様のご逝去を悼み、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 29文字 8620 ご主人様のご逝去の報に接し、心よりご冥福をお祈りいたします。 30文字 8621 ご主人様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 奥様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 56文字 8622 ご主人様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 84文字 8623 奥様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 49文字 8624 奥様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 61文字 8625 ご令室様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 51文字 8626 ご令室様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8627 ご令室様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8628 ご子息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8629 ご子息様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8630 ご子息様の突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからと言う時での旅立ち、無念で涙がとめどなく溢れました。 御家族の皆様にも大変な悲しみいかばかりかとお察し申し上げます。 ご冥福をお祈りいたします。 102文字 8631 ご令息様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8632 ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8633 お嬢様のご逝去を悼み、ご両親様のお嘆きをお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 50文字 8634 お嬢様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8635 お嬢様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8636 お孫さまのご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 57文字 8637 ご母堂様のご逝去を悼み、心よりお悔やみ申し上げます。 26文字 8638 お母様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。 50文字 8639 ご母堂様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を心よりお祈りいたします。 79文字 8640 お母様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 62文字 8641 お母様の突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 83文字 8642 ご母堂様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8643 お母様のご逝去に際し、惜別の念を禁じ得ません。 これまでのご功労に敬意を表しますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 60文字 8644 ご岳父様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。 48文字 8645 ご岳父様のご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申しあげます。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 63文字 8646 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8647 ご岳父様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8648 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご遺族の皆様のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 60文字 8649 ご岳母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 どうか安らかな旅立ちでありますように。 心からご冥福をお祈りいたします。 61文字 8650 ご岳母様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。 ご家族のお力落とし、お嘆きを思うとお慰めする言葉もございません。 ご生前をお偲びし、遙かにご冥福をお祈り申し上げます。 82文字 8651 ご丈母様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげます。 心からご冥福をお祈りいたします。 65文字 8652 ご丈母様の突然の悲報に接し、ご家族皆様のご心情、いかばかりかとお察しいたします。 心から哀悼の意を表し、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 73文字 8653 ご丈母様のご逝去のお知らせを受け、ただ驚いております。 ご家族のお悲しみはいかばかりかと存じますが、どうかご自愛ください。 心よりお悔やみを申し上げます。 75文字 8654 ご丈母様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 お慰めの言葉もございません。 今はただ、心から、ご冥福をお祈りいたします。 62文字 8655 悲しみのお気持ちを拝察いたします。 在りし日の大切な思い出を心に浮かべれば、おじいさまもきっと安らかにお眠りになることと思います。 心からご冥福をお祈りいたします。 謹んでお悔やみ申しあげますと共に、心から哀悼の意を表します。 ここに謹んでご哀悼の意を表するとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。 ご悲嘆のあまりに、体調を崩されることのないよう、ご自愛ください。 お慰めの言葉も見つかりません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご遺族の皆様方にはお慰めする言葉も見つかりませんが、ご悲嘆のあまり体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。 どうぞお気を強くなさってください。 心からお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、お祈りしております。 ご遺族の皆様のお悲しみは、いかばかりかとお察し申しあげますとともに、謹んでご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 51文字 8672 ご生前のご功績を偲び、謹んで哀悼の意を捧げます。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ご家族の皆様は、さぞやご心痛のことと拝察いたします。 一日も早く悲しみの中から立ち直られますよう、祈念してやみません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 43文字 8678 お父様の訃報に際し安らかに永眠されますよう心から哀悼の意を捧げます。 ご家族の悲しみはいかばかりかとお察し申しあげます。 くれぐれもお身体をお大事になさってください。 81文字 8679 突然の悲報に接しお悔やみ申しあげます。 心痛をお察しいたしますがご家族みなさまがお力を合わせてこの悲しみを乗り越えられるよう心からお祈りいたします。 73文字.

次の

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみ メッセージ

安らかにご永 眠されますようお祈りいたします。 お悲しみの中にもお疲れがでま せんよう、喪主様をはじめ、ご家族の皆様方におかれましてはどう ぞご自愛くださいませ。 喪主様をはじめ、ご遺族の皆 様におかれましては、ご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞ ご自愛くださいませ。 98文字 2,010 円 (税抜) P0284 ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥 福をお祈りいたします。 喪主様をはじめ、ご家族の皆様、お力落と しのことと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 84文字 1,740 円 (税抜) P0285 ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 喪主様をはじめ 、ご遺族の皆様方におかれましては、お力落としのことと存じます が、どうぞご自愛くださいませ。 皆様のご落 胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 優しく明るい お人柄であっただけに、ご遺族の皆様のご心痛はいかばかりかとお 察し申しあげます。 お力落としのことと存じますが、どうか、お気 持ちを強く持たれますよう心よりお祈り申しあげます。 ご家 族の皆様には、一日も早く悲しみを乗り越え、心穏やかに暮らすこ とができますようお祈り申しあげます。 ご生前のご厚情に深く感謝 いたしますとともに、謹んで哀悼の意を表します。 かね てからご入院中とのお話は伺ってはおりましたものの、回復を信じ ておりました。 ご家族のお悲しみはいかばかりかとお察し申しあげ ますとともに、どうかお疲れのでませんように。 あん なにお元気そうでいらしたのにと悔やまれてなりません。 ご家族の 皆様さぞやお力落としのこととお察し申しあげますが、どうぞご自 愛くださいませ。 ご冥福をお祈り申しあげます。 109文字 2,190 円 (税抜) 7575 ご主人様のご逝去を知り、驚愕いたしております。 いたってご壮健 と伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛ください ませ。 ご冥福をお祈りいたします。 いたってご壮健と 伺っておりましただけに、申しあげる言葉もございません。 皆様の ご落胆もいかばかりかと存じますが、どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 101文字 2,100 円 (税抜) 7485 突然の悲報に胸がはりさけそうな思いでいっぱいです。 優しく接していただいた数々の思い出が走馬燈のように浮かんで 参ります。 お別れは辛く、とても淋しい気持ちですが、 感謝とお礼の心でお見送りさせていただきます。 優しい笑 顔、共に過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きま せん。 安らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥 福をお祈りしております。 100文字 2,010 円 (税抜) P0272 ご逝去の報に接し、悲しい思いでいっぱいです。 優しい笑顔、共に 過ごした楽しかった思い出など在りし日の思い出は尽きません。 安 らかにご永眠されますよう、遠くから手を合わせて、ご冥福をお祈 りしております。 98文字 2,010 円 (税抜) P0196 突然の悲報に胸がはりさけそうな思いでいっぱいです。 優しく接して頂いた数々の思い出が走馬燈のように浮かんで 参ります。 お別れは辛く、とても淋しい気持ちですが、 感謝とお礼の心でお見送りさせて頂きます。 ご生前の笑顔ばかり が思い出され、胸が痛みます。 まだまだ教えていただきたい事がた くさんありましたのに、悔やまれてなりません。 心よりご冥福をお 祈りいたします。 96文字 2,010 円 (税抜) 7615 ご逝去の報に茫然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の 面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、まだまだたく さんありましたのにと悔やまれます。 心からご冥福をお祈りいたし ます。 ご家族様のご悲観はいかばかりかと存じま すが、一日も早くお心の痛みが癒えますよう、心よりお祈りいたし ます。 故人と の語りつくせぬ思い出で胸がいっぱいです。 ご生前のご厚情に深く 感謝いたしますとともに、安らかなご永眠をお祈りいたします。 87文字 1,830 円 (税抜) 7617 最愛の友の訃報を聞き、深い悲しみに襲われています。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にもひたむきだった彼。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、心からご冥福をお祈りいた します。 86文字 1,830 円 (税抜).

次の

お悔やみの言葉 友人》親/父/メール/ライン/母/夫/祖母/手紙/子供/義父/祖父

お悔やみ メッセージ

お悔やみの手紙 文例・例文 4-1.お悔やみの手紙の文例・例文(友人の親…父を亡くした相手へ) 4-2. 香典に添えて送るお悔やみの手紙の例文・文例(夫を亡くした相手へ) 4-3. 喪中はがきで訃報を知った場合(あとになって訃報を知った場合) 香典に添えて送るお悔やみの手紙の例文・文例(友人の親…母を亡くした相手へ) 4-4.お悔やみのメールの例文・文例(取引先の担当者へ) [参考ページ] ・ビジネスのお悔やみの手紙(会社・職場、取引先、お客様へ) ・お悔やみの言葉 ・お悔やみの言葉 メール お悔やみの手紙(お悔やみ状)のマナーと忌み言葉 1.悲報・訃報を受けたら、なるべく早く出す。 ・お悔やみ状は、弔問できないときにその代わりとして出す手紙です。 死亡の知らせ(死去したという連絡)を受けたら、なるべく早くお悔やみの手紙を出します。 2.普段は親しい間柄の相手であっても丁寧な言葉づかいで ・普段親しい相手へのお悔やみ状であっても、丁寧な言葉を使います。 3.お悔やみ文は丁寧な言葉を用い、亡くなった方にも敬意を払う ・手紙の文中で、亡くなった方についてふれる場合には、敬称を使い、敬語を用いるのが礼儀です。 例えば親しい友人の父親、母親に対し、ふだん「おじさん」「おばさん」と呼んでいた場合であっても「お父様」「お母様」などとします。 ・弔電を打つ場合にはさらに丁寧な敬称を用います。 下記に弔電で用いられる主な敬称をご紹介します。 もちろんこの敬称をお悔やみの手紙で用いても失礼にはあたりません。 ・なお、「絶対的な決まり」ではありませんが、あなたの親しい人の親戚・親族で三親等以上の方が亡くなった場合には、同居している場合を除き弔電を送ることはあまりありません。 これを「忌み言葉(いみことば)」と言います。 お悔やみの手紙のの文中には、以下の言葉を用いないようにしましょう。 [お悔やみの手紙・おくやみ文に使えない忌み言葉] 項目 例 不幸が重なることを連想させる忌み言葉は使わないようにする 重ね重ね、たびたび、しばしば、かえすがえす、 など。 その他に、再三、続いて、再び、 などの言葉も用いないようにします。 死を連想させる直接的な言葉は使わないようにする 文中では死亡、死去、亡くなるなどの直接的な言葉は使わず、 逝去、訃報、悲報などと言います。 通夜、葬儀、葬式に関する香典袋の(不祝儀袋、香典用のし袋)の水引きは、不幸がくりかえすことのないように、かたく結んでほどけない「結びきり」を用います(何度も結んでほどくける蝶結びはNGです)。 香典と一緒にお悔やみ状を郵送する場合には、袋を用意する際に水引きの結び目に注意しましょう。 お悔やみの手紙を出すときにも、二重封筒は使わないように注意しましょう。 お悔やみの手紙の構成 項目 ポイント 1.書き出し ・「拝啓」「謹啓」などの頭語は不要 ・時候の挨拶(季節を表わす挨拶の言葉)も不要 2.お悔やみの言葉 ・訃報を受けた際の驚きと、遺族に対するお悔やみの言葉を述べる 3.(必須ではないが、可能なら)故人との思い出やエピソードを入れる ・訃報をあとになって知ったときなどは、(可能であれば)故人の思い出やエピソードを入れると良いでしょう。 ・訃報を受けてすぐにお悔やみ状を送る場合には、思い出やエピソードは必須ではありません。 入れる場合もごく短い文章にします。 4.故人の冥福を祈る言葉を入れる ・故人の冥福を祈る言葉を入れる 5.遺族を気づかう言葉を入れる ・訃報をあとになって知ったときなどは、(可能であれば)遺族の健康を気づかう言葉を入れると良いでしょう。

次の