ヒロアカ 1期1話。 僕のヒーローアカデミア2 動画(全話あり)|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

アニメ『ヒロアカ』第4期1話はオリジナル回

ヒロアカ 1期1話

2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11.

次の

ヒロアカ4期の再放送の日時や放送局はどこ?1話から最終話まで観れるの?

ヒロアカ 1期1話

ヒロアカのアニメ5期も制作決定されましたね! 2020年8月3日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア ヒロアカ 本誌279話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 ヒロアカ前話の ではギガントマキアが猛進を続けていました。 レディでも完全には食い止めきれず、ボロボロになってギガントマキアの足に縋りついてその進行を抑えようとしています。 さらにリ・デストロも復活してしまい、次々とプロヒーローたちが満身創痍になってしまいます。 残されたのは後方に控えていたA組とB組の生徒たち。 ボロボロになったミッドナイトから、ギガントマキア阻止を託された生徒たちは、果たしてここで食い止めることはできるのでしょうか? 今後ヒロアカはどのような展開となっていくか楽しみですね。 今回は「【僕のヒーローアカデミア ヒロアカ ネタバレ279話最新話確定速報】ギガントマキアを食い止められるのか?」と題しお届けします。 現在ヒロアカでは今回で278話となっており、戦いも激化してますね。 ここで これまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。 そこで ヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか? コミックス27巻の表紙がついに解禁!ホークスとトゥワイスが目印! ヒーローと超常解放戦線、その全面戦争が遂に開始!! この表紙解禁に際して、なんと堀越先生からの描き下ろしイラストもいただきました! 7月3日 金 発売です! よろしくお願いします! — 僕のヒーローアカデミア公式 myheroacademia 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐにヒロアカを無料で読むことができます。 今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察 あああミッナイ?ミッナイ??ミッナイイイイイイイイイイイイイアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア — ソーキそば 2E9X3YaosqGzhVV 進撃を続けるギガントマキアと死柄木との戦いで攻防戦が激化するこの状況、今後どのように物語が動いていくのでしょうか? 考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。 ヒロアカ最新話278話までのネタバレを含みますのでご注意ください。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|復活したリ・デストロは誰が止める? 「この状況を望まない」というストレスによってリ・デストロが復活してしまいました。 リ・デストロの個性(異能)は「ストレス」、ため込んだストレスをパワーに変える能力で、「自身が気にくわないと思う状況」でしかその力を発揮できません。 強力な自身の個性によって強化し、体全体が大きく肥大して黒く染まったリ・デストロがプロヒーローたちに襲い掛かります。 流石は異能開放軍の最高指導者であったリ・デストロ、彼一人で多くのプロヒーローたちを戦闘不能にさせているような描写すらありました。 一体誰がこのリ・デストロを止めるのでしょうか? プロヒーローランキングにランクインしている数名はすでに戦闘不能、1位のエンデヴァーは現在死柄木と交戦中で、3位のベストジーニストは行方不明のままという状況です。 リ・デストロが力を解放した場面では、確認できる限りではファットガムなどのプロヒーローがその力を間近に受けていました。 徐々にヒーローサイドが押されてきている状況で、リ・デストロを誰が止めてくれるのかが気になるところです。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ミッドナイトは助かるのか? ギガントマキアを眠らせようと、シンリンカムイとともにギガントマキアに近づこうとしたミッドナイト。 しかし二人は荼毘とコンプレスの手で戦闘不能にさせられてしまいました。 ボロボロになりながらも、ミッドナイトは後方に待機中の八百万にギガントマキアを阻止するように指示しました。 しかしその背後からミッドナイトの息の根を止めようと、追撃にきたヴィランの影が迫ります。 ミッドナイトはこのまま追撃されて殺されてしまうのでしょうか。 すべてのプロヒーローがリ・デストロと交戦しているはずもないので、近くにいるほかのプロヒーローが助太刀に来る可能性があると思います。 また追撃にきたヴィランが荼毘やコンプレスなどではない、下っ端のようなので、なんとかミッドナイト自身で撃退できそうな気もしますね。 ミッドナイトの様子にはあきらめはなさそうですし、個性の「眠り香」を少しでも使えたら、勝機はあると思います。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|A組とB組はギガントマキアを食い止められる? Mt. レディの奮闘も虚しく、ギガントマキアはMt. レディをいとも簡単に投げ飛ばしてしまいました。 それでもギガントマキアの進行を妨げようと、Mt. レディはギガントマキアに縋り付いています。 八百万を筆頭としたA組とB組のインターン生は、負傷したミッドナイトからギガントマキアを眠らせるように指示されました。 まだプロヒーローになっていないとはいえ、八百万や上鳴などの強力な個性を持つ生徒が多く揃っています。 一瞬の隙さえあれば、ミッドナイトの睡眠薬を使ってギガントマキアを食い止めることができるでしょう。 しかしギガントマキアの背中には、荼毘をはじめとするヴィラン達が乗っており、確実に妨害してくるはずです。 果たして彼らはギガントマキアの爆進を止めることが出来るのでしょうか。 またどんな作戦かは分かりませんが、きっとギガントマキアの足止めチームとヴィランとの攻防チームの二手に分かれるでしょう。 A組とB組の協力タッグも必見ですね。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|常闇がホークスの仇を取る? 荼毘によって戦闘不能にさせられたホークスを、間一髪で助けた常闇。 彼は重症のホークスを背負い、ファットガムの指示に従って、ホークスを後方支援の救護班のところに運んでいきました。 その後、彼が戻ってきた描写はありませんが、常闇は負傷したわけではないので戻ってくるでしょう。 常闇はホークスにあこがれており、目の前でホークスを瀕死の状態にした荼毘を許すはずがありません。 もしかしたらホークスは荼毘の正体を知っていたので、移動中に意識が戻ったホークスから、荼毘の正体について何か聞かされるかもしれません。 荼毘の正体を唯一知っているホークスが、何も話さずに物語から消えてしまうとは思えないので、何らかの手掛かりは残すでしょう。 そしてその情報を共有するとするならば、一番今現在可能性があるとするなら常闇に託す場合が高いと思われます。 常闇が戻ってきた場合、荼毘との戦いになる可能性が高いでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|デク&爆豪は死柄木に対抗できる? ヒロアカ276話、グラントリノにすくいあげられ、戦闘から離脱させられましたが、イレイザーヘッドを助けるために戻ってきました。 一時勝てないとわかり退いたデクと爆豪ですが、戦えるのでしょうか? デクの現状 前回のヒロアカでは、爆豪のモノローグのなかで、デクの現状のパワーが明らかになりました。 通常時は30%まで出力ができ、瞬間的に45%まで引き上げることができるのが現状のようです。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ギガントマキア いまだに個性が明らかにされていないギガントマキア。 死柄木に合流しようと彼の下を目指して進撃するギガントマキアを食い止めているのは、同じ大きさまで『巨大化』したプロヒーローであるMt. レディ。 必死の表情でギガントマキアを食い止めていますが、末に本編で明らかにされている彼の異常性を目の当たりにしている読者にとっては懸念が付きません。 個性を使っていない状態で、ギガントマキア自身が本来持っている耐久力、戦闘時の巨大化や鋭い五感、圧倒的なパワーに48時間以上も戦闘を続行し続けれるスタミナを持っています。 レディを含め、プロヒーローや生徒たちはギガントマキアの進撃を食い止め、死柄木との合流を阻止できるのでしょうか。 そして本編で一度も明らかにされていないギガントマキアの個性が、ここで明らかにされるのでしょうか。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|死柄木のパワー 現在、死柄木はイレイザーヘッドに個性を抹消されており、使えない状態です。 しかし、そんな中でも死柄木はエンデヴァーの攻撃を避け、己の肉体を回復させます。 つまり、個性だけではなく、素の力さえもかなりの成長を見せていたのです。 デクを追ったときの跳躍も、個性の力ではなく、素の力でした。 まるでオールマイトのような力だと感じたエンデヴァー。 しかし、ドクターによると、死柄木はまだオールマイトには及ばない程度とのこと。 身体の過度な改造は、脳に負荷をかけるため、オールマイトほどの強さは手に入れられなかったのです。 しかし、そう考えると全盛期のオールマイトの強さは本当にすごかったのだと痛感させられますね。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ニア・ハイエンド ニア・ハイエンドたちはいままでのハイエンドと比べても、見た目に個性が強くでているような気がします。 犬のような耳と歯をもったもの、首のまわりを歯列で覆われたもの、翼をもったものなど、見た目はさまざまですが、その力は今までのハイエンドを上回るとのこと。 いままでのハイエンドすら、プロヒーローでも倒すのに苦戦していたのに、それを上回る力のハイエンドが何匹も出てきて、絶望しかありません。 しかし、ドクターによると、これらのニア・ハイエンドはテスト段階には至ってないとのこと。 このわずかな穴が、絶望的な展開を打開するカギになりうるのでしょうか。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|「崩壊」を操れる死柄木 死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていましたが、今回、死柄機がネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと発言しました。 つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。 味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。 崩壊の個性をコントロールできる死柄木は、イレイザーの抹消さえなければ、躊躇することなく個性を使用してくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|イレイザーヘッドを守るデクと爆豪 唯一、現段階で死柄木の個性『崩壊』を封じれるのは、イレイザーヘッドこと相澤先生の個性『消失』のみ。 必死に本編でも他ヒーローのサポートを受けつつ、死柄木の個性を食い止めていますが、死柄木自身が執拗にイレイザーヘッドの命を狙ってくる状況。 死柄木のもとに辿り着いたデクと爆豪でしたが、グラントリノやエンデヴァーに交戦を避けるように窘められます。 しかしイレイザーヘッドを守るためにも二人は死柄木との戦いの場に入っていきます。 デク、爆豪と死柄木との力の差は歴然。 このピンチをどうやって切り抜けていくのでしょうか。 次回は、おそらくデクや爆豪と死柄木の交戦がメインとなってくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|個性消失弾 ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。 死柄木の崩壊によりそのほとんどが使えなくなってしまったようですが、「ほとんど」と言っているということは、いくつかは無事で残っているということ。 今後どのようなタイミングで、誰に使われるのでしょうか。 イレイザーヘッド イレイザーヘッドの個性は厄介な個性であり、オールフォーワンにとっても相性が悪い個性です。 ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。 しかし、ドクターが「欲しかった」と言っていたように、ただ消すだけでは惜しい個性だと考えているかも知れません。 死柄木は今、オールフォーワンの個性を持ち、他人の個性を奪い自身で使うことも出来るのですから、イレイザーに関しては個性消失弾を使うことはないかもしれません。 エンデヴァー みんなが退避していく中、この崩壊の波を掻き分けて死柄木に向かっていくエンデヴァーの姿はどこまでもヒーローでしたね。 しかし、最も死柄木に近く、最も危険なのもエンデヴァーです。 エンデヴァーにはまだ様々な因縁が残っているので、ここで死亡することは考えにくいのですが、個性消失弾による戦闘不能は有り得るかも知れません。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ホークスの容態は? ホークスを抱えて飛ぶ常闇を見つけたファットガム。 常闇の身体からちらりと覗くホークスを一瞬見ただけで、事態を把握し救護のもとへ行けと指示を出しました。 救護のもとへ退避させられたホークスは、これで命の危険からは遠ざかったように思います。 しかし、荼毘の秘密を唯一知る存在ですから、まだしばらくは意識不明のままである可能性が高いですね。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察| 感想・予想ネタバレツイート 以下がヒロアカ278話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。 エッジショットvsリ・デストロ。 黒影に義脚を壊されてましたがすでにスペアを装着してたのね、マキア起動の直前に部下に要求してたし。 「実に不愉快!! 」がストレスによるパワー増強を示してるなあ。 この巨体は小さくなって急所を突くエッジショットとは相性良いのか悪いのか…。 まあ体力を削り切るのは不可能だから撃退が正しいのだが。 麻酔は効くのやら。 あと峰田のもぎもぎがさり気に活躍しそうな予感。 アイツはこれで入学試験をキッチリパスしたわけだもんな。 — T FUNDOSHIMASK.

次の

ヒロアカ4期・第1話(3期続編64話)から最新話の見逃し動画の無料視聴方法!デイリーモーションやアニチューブは危険?

ヒロアカ 1期1話

ヒロアカのアニメ5期も制作決定されましたね! 2020年8月3日 月 発売号の週刊少年ジャンプに掲載予定の僕のヒーローアカデミア ヒロアカ 本誌279話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 ヒロアカ前話の ではギガントマキアが猛進を続けていました。 レディでも完全には食い止めきれず、ボロボロになってギガントマキアの足に縋りついてその進行を抑えようとしています。 さらにリ・デストロも復活してしまい、次々とプロヒーローたちが満身創痍になってしまいます。 残されたのは後方に控えていたA組とB組の生徒たち。 ボロボロになったミッドナイトから、ギガントマキア阻止を託された生徒たちは、果たしてここで食い止めることはできるのでしょうか? 今後ヒロアカはどのような展開となっていくか楽しみですね。 今回は「【僕のヒーローアカデミア ヒロアカ ネタバレ279話最新話確定速報】ギガントマキアを食い止められるのか?」と題しお届けします。 現在ヒロアカでは今回で278話となっており、戦いも激化してますね。 ここで これまでのヒロアカを読み返したいとなる人も多いかと思います。 そこで ヒロアカの電子書籍を無料で読みませんか? コミックス27巻の表紙がついに解禁!ホークスとトゥワイスが目印! ヒーローと超常解放戦線、その全面戦争が遂に開始!! この表紙解禁に際して、なんと堀越先生からの描き下ろしイラストもいただきました! 7月3日 金 発売です! よろしくお願いします! — 僕のヒーローアカデミア公式 myheroacademia 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐにヒロアカを無料で読むことができます。 今すぐヒロアカを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察 あああミッナイ?ミッナイ??ミッナイイイイイイイイイイイイイアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア — ソーキそば 2E9X3YaosqGzhVV 進撃を続けるギガントマキアと死柄木との戦いで攻防戦が激化するこの状況、今後どのように物語が動いていくのでしょうか? 考えられる今後のヒロアカの展開を紹介していきたいと思います。 ヒロアカ最新話278話までのネタバレを含みますのでご注意ください。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|復活したリ・デストロは誰が止める? 「この状況を望まない」というストレスによってリ・デストロが復活してしまいました。 リ・デストロの個性(異能)は「ストレス」、ため込んだストレスをパワーに変える能力で、「自身が気にくわないと思う状況」でしかその力を発揮できません。 強力な自身の個性によって強化し、体全体が大きく肥大して黒く染まったリ・デストロがプロヒーローたちに襲い掛かります。 流石は異能開放軍の最高指導者であったリ・デストロ、彼一人で多くのプロヒーローたちを戦闘不能にさせているような描写すらありました。 一体誰がこのリ・デストロを止めるのでしょうか? プロヒーローランキングにランクインしている数名はすでに戦闘不能、1位のエンデヴァーは現在死柄木と交戦中で、3位のベストジーニストは行方不明のままという状況です。 リ・デストロが力を解放した場面では、確認できる限りではファットガムなどのプロヒーローがその力を間近に受けていました。 徐々にヒーローサイドが押されてきている状況で、リ・デストロを誰が止めてくれるのかが気になるところです。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ミッドナイトは助かるのか? ギガントマキアを眠らせようと、シンリンカムイとともにギガントマキアに近づこうとしたミッドナイト。 しかし二人は荼毘とコンプレスの手で戦闘不能にさせられてしまいました。 ボロボロになりながらも、ミッドナイトは後方に待機中の八百万にギガントマキアを阻止するように指示しました。 しかしその背後からミッドナイトの息の根を止めようと、追撃にきたヴィランの影が迫ります。 ミッドナイトはこのまま追撃されて殺されてしまうのでしょうか。 すべてのプロヒーローがリ・デストロと交戦しているはずもないので、近くにいるほかのプロヒーローが助太刀に来る可能性があると思います。 また追撃にきたヴィランが荼毘やコンプレスなどではない、下っ端のようなので、なんとかミッドナイト自身で撃退できそうな気もしますね。 ミッドナイトの様子にはあきらめはなさそうですし、個性の「眠り香」を少しでも使えたら、勝機はあると思います。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|A組とB組はギガントマキアを食い止められる? Mt. レディの奮闘も虚しく、ギガントマキアはMt. レディをいとも簡単に投げ飛ばしてしまいました。 それでもギガントマキアの進行を妨げようと、Mt. レディはギガントマキアに縋り付いています。 八百万を筆頭としたA組とB組のインターン生は、負傷したミッドナイトからギガントマキアを眠らせるように指示されました。 まだプロヒーローになっていないとはいえ、八百万や上鳴などの強力な個性を持つ生徒が多く揃っています。 一瞬の隙さえあれば、ミッドナイトの睡眠薬を使ってギガントマキアを食い止めることができるでしょう。 しかしギガントマキアの背中には、荼毘をはじめとするヴィラン達が乗っており、確実に妨害してくるはずです。 果たして彼らはギガントマキアの爆進を止めることが出来るのでしょうか。 またどんな作戦かは分かりませんが、きっとギガントマキアの足止めチームとヴィランとの攻防チームの二手に分かれるでしょう。 A組とB組の協力タッグも必見ですね。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|常闇がホークスの仇を取る? 荼毘によって戦闘不能にさせられたホークスを、間一髪で助けた常闇。 彼は重症のホークスを背負い、ファットガムの指示に従って、ホークスを後方支援の救護班のところに運んでいきました。 その後、彼が戻ってきた描写はありませんが、常闇は負傷したわけではないので戻ってくるでしょう。 常闇はホークスにあこがれており、目の前でホークスを瀕死の状態にした荼毘を許すはずがありません。 もしかしたらホークスは荼毘の正体を知っていたので、移動中に意識が戻ったホークスから、荼毘の正体について何か聞かされるかもしれません。 荼毘の正体を唯一知っているホークスが、何も話さずに物語から消えてしまうとは思えないので、何らかの手掛かりは残すでしょう。 そしてその情報を共有するとするならば、一番今現在可能性があるとするなら常闇に託す場合が高いと思われます。 常闇が戻ってきた場合、荼毘との戦いになる可能性が高いでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|デク&爆豪は死柄木に対抗できる? ヒロアカ276話、グラントリノにすくいあげられ、戦闘から離脱させられましたが、イレイザーヘッドを助けるために戻ってきました。 一時勝てないとわかり退いたデクと爆豪ですが、戦えるのでしょうか? デクの現状 前回のヒロアカでは、爆豪のモノローグのなかで、デクの現状のパワーが明らかになりました。 通常時は30%まで出力ができ、瞬間的に45%まで引き上げることができるのが現状のようです。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ギガントマキア いまだに個性が明らかにされていないギガントマキア。 死柄木に合流しようと彼の下を目指して進撃するギガントマキアを食い止めているのは、同じ大きさまで『巨大化』したプロヒーローであるMt. レディ。 必死の表情でギガントマキアを食い止めていますが、末に本編で明らかにされている彼の異常性を目の当たりにしている読者にとっては懸念が付きません。 個性を使っていない状態で、ギガントマキア自身が本来持っている耐久力、戦闘時の巨大化や鋭い五感、圧倒的なパワーに48時間以上も戦闘を続行し続けれるスタミナを持っています。 レディを含め、プロヒーローや生徒たちはギガントマキアの進撃を食い止め、死柄木との合流を阻止できるのでしょうか。 そして本編で一度も明らかにされていないギガントマキアの個性が、ここで明らかにされるのでしょうか。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|死柄木のパワー 現在、死柄木はイレイザーヘッドに個性を抹消されており、使えない状態です。 しかし、そんな中でも死柄木はエンデヴァーの攻撃を避け、己の肉体を回復させます。 つまり、個性だけではなく、素の力さえもかなりの成長を見せていたのです。 デクを追ったときの跳躍も、個性の力ではなく、素の力でした。 まるでオールマイトのような力だと感じたエンデヴァー。 しかし、ドクターによると、死柄木はまだオールマイトには及ばない程度とのこと。 身体の過度な改造は、脳に負荷をかけるため、オールマイトほどの強さは手に入れられなかったのです。 しかし、そう考えると全盛期のオールマイトの強さは本当にすごかったのだと痛感させられますね。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ニア・ハイエンド ニア・ハイエンドたちはいままでのハイエンドと比べても、見た目に個性が強くでているような気がします。 犬のような耳と歯をもったもの、首のまわりを歯列で覆われたもの、翼をもったものなど、見た目はさまざまですが、その力は今までのハイエンドを上回るとのこと。 いままでのハイエンドすら、プロヒーローでも倒すのに苦戦していたのに、それを上回る力のハイエンドが何匹も出てきて、絶望しかありません。 しかし、ドクターによると、これらのニア・ハイエンドはテスト段階には至ってないとのこと。 このわずかな穴が、絶望的な展開を打開するカギになりうるのでしょうか。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|「崩壊」を操れる死柄木 死柄木の「崩壊」の個性が強大になっていることはすでに分かっていましたが、今回、死柄機がネオ・ハイエンドのカプセルを崩壊させないように調整したと発言しました。 つまり、ネオ・ハイエンドのいる場所を避けて崩壊させるような微細なコントロールも可能だということ。 味方を避け、ヒーローだけを狙って的確に崩壊させることができるのです。 崩壊の個性をコントロールできる死柄木は、イレイザーの抹消さえなければ、躊躇することなく個性を使用してくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|イレイザーヘッドを守るデクと爆豪 唯一、現段階で死柄木の個性『崩壊』を封じれるのは、イレイザーヘッドこと相澤先生の個性『消失』のみ。 必死に本編でも他ヒーローのサポートを受けつつ、死柄木の個性を食い止めていますが、死柄木自身が執拗にイレイザーヘッドの命を狙ってくる状況。 死柄木のもとに辿り着いたデクと爆豪でしたが、グラントリノやエンデヴァーに交戦を避けるように窘められます。 しかしイレイザーヘッドを守るためにも二人は死柄木との戦いの場に入っていきます。 デク、爆豪と死柄木との力の差は歴然。 このピンチをどうやって切り抜けていくのでしょうか。 次回は、おそらくデクや爆豪と死柄木の交戦がメインとなってくるでしょう。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察|個性消失弾 ヒロアカ270話でエクスレスが見つけた装置は、壊理の個性から作られた個性消失弾だったことが判明しました。 死柄木の崩壊によりそのほとんどが使えなくなってしまったようですが、「ほとんど」と言っているということは、いくつかは無事で残っているということ。 今後どのようなタイミングで、誰に使われるのでしょうか。 イレイザーヘッド イレイザーヘッドの個性は厄介な個性であり、オールフォーワンにとっても相性が悪い個性です。 ここでイレイザーヘッドの個性を消しておきたい気持ちはあるでしょう。 しかし、ドクターが「欲しかった」と言っていたように、ただ消すだけでは惜しい個性だと考えているかも知れません。 死柄木は今、オールフォーワンの個性を持ち、他人の個性を奪い自身で使うことも出来るのですから、イレイザーに関しては個性消失弾を使うことはないかもしれません。 エンデヴァー みんなが退避していく中、この崩壊の波を掻き分けて死柄木に向かっていくエンデヴァーの姿はどこまでもヒーローでしたね。 しかし、最も死柄木に近く、最も危険なのもエンデヴァーです。 エンデヴァーにはまだ様々な因縁が残っているので、ここで死亡することは考えにくいのですが、個性消失弾による戦闘不能は有り得るかも知れません。 あわせて読みたい ヒロアカネタバレ最新話279話考察|ホークスの容態は? ホークスを抱えて飛ぶ常闇を見つけたファットガム。 常闇の身体からちらりと覗くホークスを一瞬見ただけで、事態を把握し救護のもとへ行けと指示を出しました。 救護のもとへ退避させられたホークスは、これで命の危険からは遠ざかったように思います。 しかし、荼毘の秘密を唯一知る存在ですから、まだしばらくは意識不明のままである可能性が高いですね。 ヒロアカネタバレ最新話279話考察| 感想・予想ネタバレツイート 以下がヒロアカ278話を読んでの感想、これからのヒロアカの予想をしていたツイートの一部です。 エッジショットvsリ・デストロ。 黒影に義脚を壊されてましたがすでにスペアを装着してたのね、マキア起動の直前に部下に要求してたし。 「実に不愉快!! 」がストレスによるパワー増強を示してるなあ。 この巨体は小さくなって急所を突くエッジショットとは相性良いのか悪いのか…。 まあ体力を削り切るのは不可能だから撃退が正しいのだが。 麻酔は効くのやら。 あと峰田のもぎもぎがさり気に活躍しそうな予感。 アイツはこれで入学試験をキッチリパスしたわけだもんな。 — T FUNDOSHIMASK.

次の