ニキビを隠す方法。 フェイスラインニキビの原因と治す対処方法10個!かゆい・痛い

白ニキビの原因と治し方!治すために潰すのはOKなの?

ニキビを隠す方法

いつまでも残っているニキビ跡をキレイに治す方法が知りたい!• ニキビ跡のせいで肌が汚く見えて、もう嫌!• ニキビ跡を早く治す方法って本当にあるの? この記事では、このような「ニキビ跡を治す方法」についての悩みにお答えします。 せっかくニキビが治ったのに・・・ 残されたニキビ跡を見ると、憂鬱な気持ちになってしまいますよね。 朝、メイクの時に鏡にうつるニキビ跡 これさえ無くなれば、どんなに前向きな気分になれるでしょうか。 以前の私は「ニキビ跡はメイクで隠すもの!」と考えていました。 ニキビ跡を治す方法がないって諦めていたんですね。 でも、治すのを諦めた考え方は、間違いだったんです。 きちんとニキビ跡を治す正しい方法を、実践してこなかっただけだったんですね。 もっと具体的に言うと「ニキビ跡の原因を改善するアプローチができていなかった」んです。 私のニキビ跡がいつまでも治らないのは、当然だったわけですね。 今回は、ニキビ跡を治すための方法を詳しくご紹介していきます。 ニキビ跡の炎症をしっかりと抑える• メラニン生成を抑えて、ニキビ跡のシミ対策• ニキビ跡を早く治すには、肌のターンオーバーを促進 それでは、それぞれのポイントを詳しくご紹介していきましょう。 1.ニキビ跡の炎症をしっかりと抑える ニキビって表面的には治ったつもりでも、実は肌内部ではしばらく炎症が続いています。 擦り傷などの怪我と一緒です。 ニキビの膨らみがなくなって、中の膿が出切っても油断大敵! 肌内部は傷ついていて、炎症がまだ続いている状態だからです。 まずは炎症を抑える必要があるんですね。 そのためには、ニキビがあった場所に刺激を与えないこと。 刺激といっても「手で触れない」といったことだけではありません。 見落としがちなのが、毎日のスキンケアによる刺激! 例えば「化粧水」です。 私自信も失敗していたのが、この化粧水の使用だったんですね。 私は美白化粧品を好んで、よく使っていました。 けれど、美白化粧水って刺激になる成分が含まれているものが多いんですよね。 そのため、スキンケアをするたびに、化粧品の成分でニキビ跡に刺激を与えてしまっていたんです。 これでは、ニキビの炎症が長引いて、いつまでたってもニキビ跡は治りません。 ニキビ跡の肌に使用するのなら、選ぶべき化粧水は「低刺激」のものです。 「敏感肌用の化粧水」などがおすすめですね。 例え、美白化粧水であっても、敏感肌用なら刺激がない成分を厳選して配合されています。 ニキビ跡に使用する化粧水は「低刺激」のものをぜひ選んでください。 2.メラニン生成を抑えて、ニキビ跡のシミ対策 いつまでも、茶色いシミのように残るニキビ跡って気になりますよ。 見た目がほんとに最悪で、肌をとても汚くみせてしまうので大嫌い! 私も長いこと悩まされ続けました。 この茶色いニキビ跡の原因は「メラニン」です。 日焼けなどによるシミと同じ原理ですね。 ニキビの炎症によって肌が傷つくと、肌内部ではメラノサイトが活性化してしまいます。 するとメラニンが大量に生成されてしまうんですね。 そのメラニンが肌内部に蓄積されて、色素沈着をしてしまった結果が、ニキビ跡の茶色いシミ。 ニキビ跡のシミを治すには、美白をしてメラニンを除去するしかありません。 一度、色素沈着で定着してしまったニキビ跡は、自然と消えることが難しいです。 積極的に居座っているメラニンに働きかけて、肌内部から排除するのが効果的。 美白化粧品を上手に使って、美白ケアをしていきましょう。 先ほど説明したように、ニキビ肌に刺激を与えないように「敏感肌用の美白化粧品」がおすすめです。 ニキビの炎症を抑えつつ、美白ケアをするのがポイントなんですね。 3.ニキビ跡を早く治すには、肌のターンオーバーを促進 肌の生まれ変わりであるターンオーバーを促進することは、ニキビ跡を治すのにとても大切です。 ニキビによってダメージを受けた肌を早く回復できます。 そして、肌内部のメラニンを排除するスピードも早まります。 ニキビ跡の肌のターンオーバーを促進するために心がけたいのが「保湿」です。 ニキビ跡が残っている肌の生まれ変わりがスムーズに行われる環境作りが大切なんですね。 乾燥して水分が足りない状態の肌は、栄養が行き渡らずにターンオーバーが乱れてしまいます。 肌にとって悪い環境を作っては、いつまでもニキビ跡は残ったまま。 保湿ケアをしっかりして、肌が常に潤った状態を作ってあげましょう。 新しい綺麗な肌に生まれ変わっていくサイクルが順調にいくことで、ニキビ跡の治りも早まります。 ニキビの後の集中ケアのために開発された専用ケアセット• リピート率98%の満足度• 医学専門誌にも掲載された実績 ニキビの後を気にしていた私が、嘘みたい! 「使用者の98%がリピート」する、驚きの実感!と話題のニキビ跡ケアセットなんですね。 今度こそ 肌の土台から立て直したい!という方にピッタリです。 いまなら、トライアルセットが 「71%OFF」で試せますよ! ニキビ跡を悪化させてしまうNG行為 ニキビ跡に悩んでいる方は、様々なケアの方法を試されていると思います。 私自信もニキビ跡を何とかしたたくて、色々と試しましたから。 注意が必要なのが「間違ったケアによっては、ニキビ跡を悪化させてしまうケースがある」ということ そんなことにならないように、ニキビ跡を悪化させてしまうNG行為をご紹介しておきますね。 ニキビ跡を悪化させるNG行為• ニキビ跡を消すためにゴシゴシ洗顔• ニキビ跡の箇所をマッサージ• ニキビ跡の上から美顔器でケア• ニキビ跡の部分をピーリング これらをすると、ニキビ跡がいつまでたっても消えません。 早くニキビ跡を消したい気持ちは大変よくわかります。 ケアをしているつもりになっちゃうんですよね。 けれど「刺激を極力与えないのが、ニキビ跡を治すための秘訣」です。 美顔器やピーリングに関しては、ニキビ箇所の炎症が完全に治ってから。 ニキビを繰り返している段階では、刺激となるケアはやらないことをおすすめします。 ニキビを増やす食べ物・ニキビに効く食べ物 ニキビ跡がなかなか治らない方は、ニキビを繰り返してしまっている悪循環にハマってしまっている場合が多いです。 「ニキビ跡が治りかけているのに、また同じ場所にニキビが発生・・・」 そんなニキビを繰り返す悪循環の原因は、食べ物かもしれません。 一度、ニキビを増やす食べ物と、ニキビに効く食べ物を確認しておきましょう。 ニキビを増やす食べ物 ・スナック菓子 ・チョコレート ・ケーキ ・インスタント食品 ・ジャンクフード つい食べしまいがちな食品が多いですよね。 しかし、糖質や脂質の多いこれらの食品は、ニキビ原因となります。 ニキビ跡をできるだけ早くキレイに治したいのなら! お肌のためを考えて、食べることを控えましょう。 ニキビに効く食べ物 ・納豆、豆腐、豆乳:タンパク質 ・トマト:ビタミンとリコピン ・ヨーグルト:乳酸菌 タンパク質はお肌の材料となる必須の栄養素です。 そして、ビタミン類は肌のターンオーバーを促進してくれる美肌の元。 乳酸菌を摂取することで腸内環境が整えられて、体内の毒素を排出する手助けをしてくれます。 これらの栄養素をバランス良く摂取することでニキビ跡の改善につながるんですね。 スキンケアによる、外側からのニキビ跡の改善はとても大切です。 それと同じように大切なことが内側からのケア。 つまり、毎日の食事です。 お菓子やジャンクフードなどは、ニキビを増やす食べ物なので控えることはもちろん、ニキビに効く食べ物を積極的に摂取するよう意識しましょう。 ニキビ跡を治す方法まとめ 以上、ニキビ跡を治す方法について、早くきれいに治す3つポイントをご紹介しました。 いかがだったでしょうか。 ニキビってできている時も最悪な気分ですが ニキビ跡として残ってからも憂鬱な気分にさせられます。 汚い自分の肌を毎日見せられて、本当に落ち込んでしまいますよね。 けれど、しっかりと正しいケアをすれば、悩まされているニキビ跡を消すことはできるんです。 そのための秘訣として• 炎症を抑える• メラニンを抑える• ターンオーバーの促進 この3つの同時に満たすこと。 以前の私は美白に関しては積極的にやっていました。 しかし、炎症を抑えることと、ターンオーバーの促進が欠けていたんです。 3つの条件を満たすことを心がけるようになって、ニキビ跡の状態は劇的に変わりました。 あんなに一生懸命にケアしてもニキビ跡が治らなかったのが嘘のように。 現在、ニキビ跡に悩まされている方の中で、3つの条件の中で欠けているものはありませんか? ぜひ3つのポイントを意識して、ニキビ跡のケアに取り入れてみてください。 ニキビの後のお肌は敏感になっているので、新しいスキンケアを購入するのなら 「トライアルセットで試してみる」ことをおすすめします。 この記事で紹介した、ニキビの後のケアをサポートしてくれるトライアルセット情報を載せておきますね。

次の

【専門家監修】ニキビを隠す方法&メイクのやり方!カバー力抜群の化粧品23選

ニキビを隠す方法

フェイスラインにニキビが急にできてかゆい・痛い… ニキビは、約9割の人が経験し、皮膚の慢性炎症性疾患として認められるトラブルです。 若い世代特有の疾患というわけではなく、成人してから急にニキビを繰り返す人も非常に多く見られます。 そして、フェイスラインのニキビはまさに、30代や40代以上の女性からよく聞かれる悩みの1つ。 以下のような症状をコンプレックスに感じ、悩みを抱えていませんか。 ・白ニキビができやすく、フェイスラインのざらつきも気になる。 ・赤ニキビや黄ニキビがあごから首にかけて目立ち、痛みを感じる。 ・フェイスラインにニキビが何個もできて、とにかくかゆい。 ・ニキビを何度も繰り返し、ニキビ跡や黒ずみが気になる。 ・あご周りのニキビが気になり、トレンドメイクを楽しめない。 繰り返しニキビができる状態では、自分自身の肌に自信が持てず、憂鬱な気持ちになります。 より自分らしく、活き活きとした生活を実現するための手段として、フェイスラインニキビの改善を目指しましょう。 フェイスラインニキビの原因4個 フェイスラインは、マフラーやマスクの着用・頬杖や口元を覆う癖などによって、細菌が繁殖しやすい部位と言えます。 その他に以下のような要素もまた、フェイスラインのニキビを招く原因です。 肌の乾燥 まず、肌の乾燥です。 フェイスラインはもともと皮脂腺が少なく、乾燥しやすい部位といえます。 基礎化粧品による保湿ケアを怠ったり加齢の影響で肌内部の水分量が減少したりすると、肌の乾燥が進みますよね。 乾燥を感じた肌は、自分自身を守るためにターンオーバーを促進し、角質層を厚くします。 すると、必要以上に厚くなった角質層が毛穴の出口を塞いでしまって、白ニキビが出現。 さらに症状が進行し、アクネ菌が繁殖すると、赤ニキビや黄ニキビができてしまいます。 ホルモンバランスの乱れ 次に、ホルモンバランスの乱れです。 過剰なストレスや睡眠不足、食習慣の問題などを理由にホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの影響を強く受けることがあります。 男性ホルモンは皮脂腺の活動を活発化する働きを担いますので、毛穴の詰まりを起こすリスクが高まり、ニキビを招いてしまうのです。 誤ったスキンケア ゴシゴシこする洗顔やクレンジング・頻繁な角質ケアを続けると、角質層の水分・油分のバランスが崩れ、刺激に対して敏感な状態に傾きます。 水分・油分のバランスが乱れた肌は正常なバリア機能を保持することが難しく、わずかな刺激に対しても敏感に反応する状態です。 アクネ菌の繁殖しやすい状態でもありますので、赤ニキビや黄ニキビといった炎症を伴うニキビの発生リスクは高まります。 誤ったニキビケア 「良かれ」と思って行った対策が刺激となって、ニキビの再発・悪化を招いてしまうケースもあります。 以下のような対策はフェイスラインのニキビを悪化させるリスクがありますので、正しいケアに切り替えましょう。 ・自分自身でニキビを潰し、膿を出す。 ・思春期ニキビ用の洗顔料やローションを使用し、ベタつきを解消する。 ・1日に何度も油取り紙を使用し、過剰な皮脂を吸収する。 膿を出すお手入れを安全に行うためには、医療機関に相談しましょう。 経験豊富な医師が行う治療は、周囲の肌を傷つけるリスクが低く、比較的安心です。 フェイスラインニキビを治す対処方法4個[スキンケア] フェイスラインのニキビが気になる人のスキンケアのポイントは、正しいクレンジング・洗顔と十分な保湿です。 以下4個のポイントを守り、ニキビの予防・改善を目指しましょう。 オイルフリーのクレンジングを活用する フェイスラインのニキビをなるべく早く治すためには、過剰な油分を控えるケアがおすすめ。 クレンジングオイルやクレンジングバームといった油分の多いクレンジングの日常使いは極力控え、オイルフリーのクレンジングを活用しましょう。 敏感肌用に開発されたシリーズのクレンジングにはオイルフリーの商品が多く、フェイスラインのニキビの気になる人も使用しやすい傾向があります。 複数メーカーのクレンジングを比較し、自分に合う商品を継続的に使って下さい。 目元・口元専用のリムーバーを併用する オイルフリーのクレンジングは一般的に、油分の多いクレンジングと比較してメイクを落とす力がマイルド。 目元や口元の濃いメイクに対しては、専用リムーバーを併用しましょう。 【2】メイクとリムーバーがなじむまで、10秒程度待って下さい。 【3】コットンを優しく滑らせ、アイメイクや口紅を拭き取ります。 専用リムーバーを活用するタイミングは、顔全体のクレンジングを行う前段階です。 濃いメイクを先に落としておくことで顔全体のクレンジング時間を短縮でき、肌の負担が軽くなります。 フェイスラインを意識した洗顔手順と方法を守る 日々の洗顔のポイントは、フェイスラインの汚れをきちんと落とし、清潔に維持することです。 フェイスラインを意識した洗顔手順と方法を遵守して、繰り返すニキビの予防・改善を目指しましょう。 【2】よく泡立てた洗顔料を鼻と顎の周りに乗せ、指の腹を使用して、優しく洗顔して下さい。 【3】TゾーンやUゾーンにも泡を広げて、同様に洗顔します。 【4】両頬や目元、口元に泡を乗せ、スピーディーに洗顔しましょう。 【5】ぬるま湯でよくすすぎ、フェイスラインやこめかみにすすぎ残しのないことを確認します。 ぬるま湯のみの洗顔では、皮脂汚れをきれいに落とせず、ニキビの悪化を招いてしまうことがあります。 「炎症がとくにひどく、洗顔料を刺激に感じる」など特定の状況を除いては、朝・夜2回、洗顔料を使用したスキンケアを行いましょう。 十分な保湿ケアによって、バリア機能を強化する クレンジング・洗顔後は間髪入れずに保湿ケアを行い、水分・油分のバランスを整えることが大切です。 保湿ケアに活用する基礎化粧品の主な種類と役割は、以下の表を参照して下さい。 化粧水 洗顔によって失われた水分を補うためのアイテム。 角質層を水分で満たすことにより、美容液や乳液に含まれる保湿成分の浸透しやすい状態を作り出す役割も担います。 乳液 化粧水によって補った水分を肌内部に閉じ込めて、なるべく長く維持するためのアイテム。 天然保湿因子やアミノ酸など潤いをつなぎとめるための成分を含むことも多く、バリア機能を補完する働きが期待されます。 クリーム 洗顔によって失われた皮脂膜の代用として機能し、水分の蒸散を防いだり外部刺激から肌を守ったりする働きを担います。 化粧水のみのお手入れでは水分・油分のバランスを整えることは難しく、乳液やクリームの合わせ使いが必要です。 肌の状態によっては、高保湿成分配合の美容液を併用し、重点的な乾燥対策を行うケアも検討しましょう。 純粋たる脂性肌で過剰な皮脂がとくに気になる人だけは、乳液やクリームではなくオイルフリーのジェルを使い、ベタつきを抑えることも一案です。 その場合も化粧水による水分補給は必須事項。 化粧水もしくは化粧水と美容液の後にジェルを重ねて、刺激に対する抵抗力を高めて下さい。 フェイスラインニキビを治す対処方法3個[薬・サプリ] 軽症ニキビは、市販の薬やサプリメントを活用し、改善を目指すことが可能です。 慢性化したニキビや炎症を伴うニキビは医療機関に相談し、適切な対処を行いましょう。 以下では、ニキビ対策に役立つ薬やサプリメントの種類と特徴、選び方を紹介します。 市販の塗り薬を活用する 抗炎症成分や抗菌成分、角質軟化成分配合の塗り薬を塗ることで、ニキビを治す方法です。 市販の塗り薬に含まれる成分の代表例と働きは、以下の表の通りです。 抗炎症成分 ニキビによって生じる炎症を抑制する成分。 具体的には、イブプロフェンピコノールやアラントインなどが代表例です。 抗菌成分 アクネ菌の増殖を抑制し、ニキビの悪化を防ぐための成分。 具体的には、レゾルシンやホモスルファミンなどが該当します。 角質軟化成分 固くなった角質を柔らかくして、毛穴の詰まりの解消を目指すための成分。 具体的には、イオウやサリチル酸などが該当します。 市販の塗り薬を使う際の注意点は、ニキビのある部位に対して、ピンポイントで使用するということです。 抗菌成分の含まれる塗り薬を広範囲に使用すると、その成分に対する耐性菌が作られて、いざニキビができた時に対応できないケースがあります。 塗り薬の使い方に不安を感じる人は、ドラッグストアの担当者に質問したり説明書を読んだりして、正しい知識を持つことが大切です。 疑問点を残したまま自己流の治療を行うことは避けて下さい。 ビタミンサプリで栄養バランスの不足を補う ビタミンB2やビタミンB6、ビタミンC不足は、肌トラブルの大敵です。 普段の食事で不足する栄養素をサプリメントで補うことは、ニキビ予防と改善に貢献します。 ニキビ跡の予防や毛穴の引き締めにも一役買います。 ビタミンB2 糖質や脂質の代謝を促し、皮脂量のコントロールを担当する栄養素。 暴飲暴食やストレスからニキビを繰り返すタイプの女性が意識的に摂取したい栄養素の1つです。 ビタミンB6 アミノ酸の代謝を促し、皮膚や粘膜の健康維持に貢献する栄養素。 ビタミンB2と合わせて摂取することにより、相乗作用が期待されます。 サプリメントはあくまでも、食事の補完という位置づけです。 「サプリメントを飲めば、大丈夫」とは考えず、野菜や果物などビタミン豊富な食材を日々の食事に含めましょう。 医療機関の塗り薬・飲み薬で治療する フェイスラインニキビの早期改善を目指すためには、医療機関を受診して、薬の処方を受けることも一案です。 皮膚科では、以下のような薬から症状に応じたものを選び、個別の処方を行います。 外用過酸化ベンゾイル製剤 コメドを減少させたり毛穴の詰まりを解消したりする作用を持ち、白ニキビや赤ニキビ、黒ニキビの治療に処方されることがあります。 外用レチノイド 新陳代謝のサイクルを整え、毛穴のつまりを抑えてくれたりします。 抗菌剤(塗り薬) ニキビの炎症による赤みや腫れ、痛みを抑えるために処方される薬です。 アクネ菌を殺菌・除去し、炎症を伴うニキビの改善を助けます。 抗菌剤(飲み薬) 塗り薬では対処が難しい重症ニキビの治療に使用される抗生物質。 ひどい腫れや赤み、痛みを伴うニキビに対して、処方されることがあります。 フェイスラインニキビを治す対処方法3個[生活習慣] 最後に、フェイスラインニキビを治すための生活習慣について紹介します。 生活リズムやストレス対策、運動習慣のポイントを理解し、気になるニキビを解消しましょう。 規則正しい生活リズムに切り替える まず何よりも、不規則な生活リズムを卒業し、規則正しい生活を送ることです。 大人ニキビの気になる世代の女性は、家事や仕事、自分磨きなど、いろいろな用事に追われて、不規則な生活リズムに陥りがち。 不規則な生活リズムは、自律神経のバランスを乱し、ホルモンバランスを崩してしまうリスクがあります。 そこで取り入れたい対策が規則正しい生活リズムを始めること。 毎日決まった時間に起床し、朝食を食べる・午前中からアクティブに活動して、深夜0時をまわる前に就寝するといった理想的な生活リズムを身に付けましょう。 オンとオフを明確に区別する 仕事モードを残したまま帰宅後の時間を過ごしたり、食事をとったりする生活は、ストレスの原因です。 「部屋着に着替えた後は、仕事のことを考えない」など、自分なりの切り替えスイッチを持ち、メリハリある生活を送りましょう。 オフの時間は、心から「楽しい」と感じる趣味やエクササイズ、サークル活動を行うことがおすすめです。 何時間でも没頭できるほど楽しく、ときめきを感じる活動は、心身の疲れを癒して、ホルモンバランスを整えることに貢献します。 英会話や資格スクールなど自分磨きの活動を行うことも大切ですが、「気が進まない」と感じる内容の活動は、本当の意味での「息抜き」として機能しません。 フェイスラインのニキビを「心身のSOSサイン」ととらえ、本当にやりたいことや好きなことを見つめ直すと良いでしょう。 適度な運動で身体の冷えを解消する 適度な運動習慣は、血流を促進して身体の冷えを解消し、ホルモンバランスを整えることに貢献します。 手前の駅で電車を下りて、ウォーキングする・エレベーターは使わずに階段で移動するなど無理のない範囲から、身体を動かす時間と頻度を高めましょう。 運動時間の目安は、1日あたり30分が当面の目標。 連続して30分の運動を行う必要はなく、通勤中に15分のウォーキング・就寝前に15分のストレッチなど、累積時間でクリアできれば大丈夫です。 適度な運動習慣はPMSの緩和に貢献するとも言われますので、生理前の肌荒れやイライラを感じた時こそ、身体を動かす好機です。 ライフスタイルになじむ運動パターンを検討し、日常的な習慣として継続しましょう。 フェイスラインのニキビ跡を隠す方法 フェイスラインのニキビ跡を隠すためには、グリーン系の化粧下地やコンシーラーを活用します。 グリーン系の化粧下地は、比較的広範囲に薄く広がるニキビ跡を隠す際に活躍する化粧品。 コンシーラーは、濃いニキビ跡をピンポイントで隠す際に活躍する化粧品です。 【2】グリーン系の化粧下地を指先にとり、ニキビ跡の気になる範囲になじませます。 【3】ファンデーションを上から重ねて、ベースメイクを仕上げましょう。 【2】ニキビ跡の気になる部分に対して、コンシーラーを点置きします。 【3】指の腹で優しくタップするようになじませ、境界線をぼかしましょう。 【4】フェイスパウダーを薄く重ねて、密着度合いを高めます。

次の

背中ニキビを隠す方法!プール&海水浴はこれでOK!すぐ効く治し方も

ニキビを隠す方法

思春期の10代、また大人になってからも、ニキビの悩みはつきもの。 正しいニキビ予防やニキビ対策をしていても、繰り返しできるにきびに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 鼻の下や口周り、あごやおでこなど、目立つ顔のにきびは、薬を使ったりニキビにいい食べ物を食べたりして、一刻も早く治したいですよね。 また、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビなど様々な種類があるニキビへの正しい対処法を知らずに、にきびが悪化して指でつぶしてしまうと、ニキビ跡になってしまったり、ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになってしまったりと、20代以降のお肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。 正しい洗顔やスキンケア、食生活、睡眠などの予防と、ニキビができてしまった場合の適切な対策や薬、治療法について、にきびの原因やメカニズムを含めてご紹介します。 にきびを早く治したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ• ニキビの種類は? 一口に「ニキビ」と言っても、実は5種類に分けられます。 それぞれのニキビによって原因や対処法も異なります。 まずは、ニキビの種類を見ていきましょう。 コメドと呼ばれることもあります。 毛穴に角栓が詰まることによって、皮脂や老廃物が毛穴の下に溜まって盛り上がった状態です。 これが黒ニキビです。 赤ニキビを潰すと跡が残りやすいので、絶対に潰さないようにしましょう。 膿のせいで黄色く見えるようになっていて、ニキビの中では重症です。 黄ニキビの状態で治療をしないと紫ニキビになってしまい、ここまで重症になると跡になるケースが多くなります。 そして毛穴が詰まると、皮脂が毛穴の外に出て行けず、毛穴の中で溜まりがちになります。 アクネ菌は皮脂を栄養源にしているためです。 アクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしてニキビになってしまうのです。 こうして、皮脂の過剰な分泌から毛穴が詰まり、アクネ菌の繁殖を招いてニキビができてしまう、というわけです。 ニキビの種類別対処法は? ニキビは白ニキビから進行し、最終的に紫ニキビになります。 黄ニキビや紫ニキビはかなり重症な状態で、ここまで進んでしまうと皮膚科などの専門医療機関での治療が必要になってくるケースが多くなります。 そのため、黒ニキビや赤ニキビ、できれば白ニキビの段階で対処することが理想的。 そこで、ニキビの種類別の対処法をご紹介します。 なお、黄ニキビや紫ニキビについては先述のとおり医療機関での専門治療をおすすめします。 ニキビの原因である皮脂の過剰な分泌は生活習慣の乱れによるので、食事・睡眠を適切にとり、正しいスキンケアを行いましょう。 ニキビの対処法として適切な生活習慣については、後で詳述しますので、そちらを参考にしてください。 それに加え、肌の乾燥にも注意するようにしましょう。 黒ニキビは乾燥によっても発生するためです。 肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るためにますます皮脂が分泌されてしまうことにも繋がります。 保湿にも力を入れて、肌が乾燥しないようにしましょう。 また、潰してしまうと毛穴が傷つき、それが毛穴の詰まりの原因になる場合もあります。 芯が気になってどうしても取り除きたい場合は、皮膚科でお願いするようにしましょう。 市販のニキビ薬を利用するか、皮膚科で治療薬を処方してもらいましょう。 かゆみが出てくるので、気になって触ってしまいがちですが、手の雑菌が毛穴に入りこんだり、最悪潰してしまったりすることになるので、できるだけ触らないようにしてください。 どうしてもかゆみが気になる場合は、ニキビ用のローションを使ってコットンパックを行うと、ひんやりとした感触でかゆみが抑えられますので、試してみてください。 ニキビは皮膚の病気の一つなので、適切な治療を受けることでニキビが治るスピードが早まったり、にきび跡になりにくくなったりするので、ぜひ正しい方法で治療を行いましょう。 ディフェリンゲル• ダラシンTゲル• ベピオゲル また、「面ぽう圧出」と言って、にきびをグッと押して中身を出す治療をしてくれるクリニックもあります。 また、美容皮膚科ではピーリングやイオン導入を勧められることもあります。 ニキビの状態によってできる場合とできない場合があるので、相談してみると良いでしょう。 さらに、お医者さんから普段のスキンケアの注意点について指導してもらえたり、ドクターに直接質問ができるのも、皮膚科受診のメリットと言えるでしょう。 ニキビについて真剣に改善したいと考えれいるなら、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。 ドラッグストアにはニキビ用の塗り薬がたくさん販売されているので、ニキビの状態に合わせて自分に合ったものを選んでくださいね。 市販薬では、下記のような塗り薬が人気です。 ペアアクネクリームW• イハダ アクネキュアクリーム• ビフナイト• クレアラシル どの薬を使えば良いのか迷ったときは、薬剤師さんに相談すると、肌に合ったものや正しい使い方を教えてくれますよ。 ニキビ予防、ニキビ対策のためには、まずは肌を清潔な状態に保つことが大事! ニキビを作るアクネ菌は、肌から分泌される皮脂をエサにして繁殖するので、ニキビを早く治すためには、顔を清潔にして皮脂を溜めないようにすることが重要なのです。 皮脂の分泌量そのものを減らすことは難しいので、朝夜にしっかりと洗顔を行う、皮脂をこまめに拭き取るなどして、分泌された皮脂を肌に残さないように清潔に保ちましょう。 こまめに洗濯する、枕カバーや枕のタオルを毎日取り替える、布団を干すなどの工夫をしましょう。 顔周りは清潔に保ちましょう。 また、ゴシゴシこすって洗ったり、熱いお湯で洗うのはNG!洗顔するときはぬるま湯で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で包みこむように優しく洗ってくださいね。 ニキビができる場所別の対処法を確認してみましょう。 思春期ニキビはココにできることが多く、放っておくと赤く腫れてしまうこともあります。 また、Tゾーンは皮脂だけでなく汗もかきやすい場所。 通勤・通学や運動などで汗をかいたときには、すぐにふき取るなどして肌を清潔な状態に保ちましょう。 おでこにニキビができやすい人は、雑菌の繁殖を防ぐために、前髪を上げることもおすすめです。 さらに、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがないように、洗浄料をしっかり洗い流すことも大切です。 洗顔の後は化粧水と乳液で保湿して、水分を補い、水分と油分のバランスを整えて、ニキビを予防しましょう。 また、紫外線や、季節・空調の乾燥により、肌が乾燥してバリア機能が弱まり、ニキビの原因になることもあります。 日焼け対策や保湿をしっかり行いましょう。 今まで先に体を洗ってからシャンプーをしていた人は、先にシャンプーをして、そのあとに体を洗うことも効果的です。 ただし、暑いお湯で洗ったり、タオルでゴシゴシと強い摩擦で洗うことは乾燥をまねくのでNG!優しく洗うようにしましょう。 ニキビ跡を残さないためにも、ニキビは正しく治療することが大事。 特に野菜や果物に含まれているビタミンCはニキビ跡予防に効果的といわれているので、ニキビに悩んでいる人は積極的に取りましょう。 夜更かしをしていると肌が修復されにくくなってしまうので、ニキビができているときはできるだけ早く寝て肌の再生を促しましょう。 最低でも7時間は睡眠時間を確保することが理想です。 大切な試験や大会を控えていたり、交友関係や恋愛がうまくいっていないことで、自覚していなくても大きなストレスを抱えているケースも。 ストレスを溜めないように、リフレッシュできる方法を見つけてきちんとガス抜きすることも、ニキビ対策になります。 ニキビを隠す方法 ニキビができている間は、メイクをすると毛穴を塞いでしまうため、あまりおすすめできません。 しかし、できればニキビは隠したくなりますよね。 そんな場合は、ニキビ肌向けに作られた商品を利用するようにしましょう。 特に医薬部外品は炎症を抑える成分が含まれている場合もあり、おすすめです。 また「ノンコメドジェニックテスト済み」のものや、オイルフリーのものはニキビができにくくなっています。 赤みがあるニキビの場合は、イエローやグリーンのものを使うと、うまく赤みを消してくれます。 肌に優しいミネラルファンデーションがおすすめです。 BBクリームやリキッドファンデーションはカバー力は高いですが、油分が多いのでニキビを悪化させるおそれがあります。 目立ちにくく、上からメイクができるので、ニキビに直接メイクするのに抵抗がある場合は利用してみましょう。 ただし、化膿したニキビには使用できませんので、注意してください。 やってはいけないNGケア!ありがちな間違ったケアは? よかれと思ってやっているケアが実はニキビを悪化させることもあります。 やりがちなNGケアをご紹介します。 適度な皮脂が残らないと、かえって皮脂の分泌が増えてしまうためです。 一日に2回、多くても3回までに留めましょう。 保湿や薬を塗るときなどは、必要以上にニキビを触らないようにしましょう。 確かにニキビができているときにはファンデーションはあまりよくありません。 しかし、紫外線がニキビの原因になっている場合もあります。 そのため、メイクは避けても日焼け止めだけは塗るようにしましょう。 10代の肌はニキビができやすいもの。 注意していてもニキビができてしまったときは適切な対処法でニキビを治し、美肌を目指しましょう!.

次の