ゲーミングpc 最新。 【2020年7月】ゲーミングPCのおすすめランキング10選【選び方も徹底解説】|はじめてゲームPC

【2020年7月】ゲーミングPCのおすすめランキング10選【選び方も徹底解説】|はじめてゲームPC

ゲーミングpc 最新

ゲーミングPCのおすすめ人気ランキング ゲーミングPCを購入する時に重視するべきポイントは、グラフィックボード(グラフィックカード・グラボ)の性能です。 それに付随してCPU、メモリ、HDD容量(SSD)、ゲーミングモニターなどの性能も重要になってきます。 初心者の方はゲーミングPCを選ぶ時にとても難しいと感じると思いますが、当サイトで紹介しているBTOパソコン通販サイトだったら、 最新のPCゲームをプレイするのに必要な性能が搭載されたPCが組み立てられた状態で購入できます。 初めてのエントリーモデルだったら各社のおすすめ人気ランキングで上位に位置するゲーミングPCを購入すると良いでしょう。 各BTOパソコン通販サイトでは、人気ゲームタイトルの動作保証が確認できているゲーミングPCを販売しています。 ドスパラは知名度が高く他の人がたくさん利用していて、注文から出荷までのスピードが早い点が特徴的です。 おすすめ人気モデルを選んでおけば間違いありません。 また、G-Tuneはコスパの良さと選びやすさがダントツとなっています。 上記のBTO通販が販売しているゲーミングPCブランドでCPUはintel、GPUはGeforce GTXシリーズの1060以降(RTXシリーズもおすすめ)を選んでおけば、失敗しない買い物ができるようになるでしょう。 ゲーミングPCの価格、性能、コスパ、BTO通販の知名度やサポート体制などを総合的に加味して紹介していきます! 1位:GALLERIA XV(ドスパラのガレリア) カスタマイズしても最短翌日出荷が可能なドスパラのガレリア人気モデルです。 分割払い最大24回まで手数料無料となっています。 落下・水濡れでも修理代金が無料になるセーフティサービスも有料プランで申し込むことができます。 下記がゲーミングPCの基本スペックとなりますが、カスタマイズ可能となっているのでご安心ください。 価格 164,980円〜 OS Windows 10 Home CPU intel Corei7-8700 メモリ DDR4 SDRAM 8GB グラフィックス Geforce GTX1070 Ti ストレージ SSD500GB HDD2TB 6コア12スレッドの未曾有のCPUパワー、静音ファンと大型の放熱ヒートシンクを組み合わせた高性能CPUファンを採用して、極限まで冷却効果を追求したGALLERIA専用KTケースが大きな魅力です。 Geforce GTX1070 Tiを搭載しているので最新のPCゲームだったら大体対応していますね。 モニターは、液晶ディスプレイ 反応速度1msで動画表示がくっきりで滑らかに表現してくれる製品を選ぶと完璧です! 高い拡張性を持っているので柔軟なカスタマイズにも対応している点が人気の秘訣です。 GALLERIAのデスクトップパソコンには、付属でGALLERIAGamingKeyboardと勝利を引き寄せる滑らかなポインタ操作を可能にするレーザーマウスも標準搭載されています。 モニターをお持ちなら、GALLERIA XVの基本セットを購入すればすぐに自宅で快適なゲームプレイを楽しむことができます! 最新ゲームを高品質で楽しみたいなら、業界トップクラスの人気を誇るゲーミングPCブランドのGALLERIAをチェックしましょう。 GALLERIA XV以外にも用途や目的に応じて多種多様なゲーミングPCを購入できます! ゲーミングPCは欲しいと思った時が購入のベストタイミングです。 さあ今すぐドスパラの公式サイトに移動してゲーミングPCを購入しましょう。 きっとあなたの選択が毎日を楽しく彩ってくれるでしょう! 2位:NEXTGEAR-MICRO im610PA1(マウスコンピューターのG-Tune) マウスコンピューターのハイエンドゲーミングPCを販売するG-Tune。 GEARシリーズブランドとして展開していますが、中でもNEXTGEAR-MICROは排熱性が著しく高くなっている点が大きな特徴です。 排熱ファンが4つ搭載されているため、快適なゲームプレイができます。 以下、NEXTGEAR-MICRO im610PA1の基本スペックです。 オンラインで簡単に自分でカスタマイズもできますが、im610PA1はカスタマイズしなくても全く問題ないハイスペックとなっています。 最新のPCゲームだったらサクサクプレイできるでしょう。 価格 169,800円〜 OS Windows 10 Home 64ビット CPU intel Corei7-8700 メモリ 8GB グラフィックス GeForce GTX 1080 ストレージ HDD1TB im610PA1がプラチナモデルでG-Tuneグラフィックスコアが21,829、1つ下位バージョンのim610GA1はゴールドモデルとなっておりG-Tuneグラフィックスコアが17,974です。 グラフィックスコアが約2,000の違いで価格が2万円ほど異なるので、コストパフォーマンスという観点で見ると割高になりますが、im610GA1を購入して3年間使うとすれば、1日あたり200円以下で購入できます。 少しの価格差よりも長期的なコストパフォーマンスを重視しましょう! 3位:GALLERIA ZG(ドスパラのガレリア) GALLERIAシリーズの最上級モデルと言っても過言ではないモンスターモデルです。 コスパの面で言うと、総合的に上記のゲーミングPCに劣る点もありますが、とにかく最新のCPUに最強グラフィックボード(RTX2080)が搭載されたゲーミングPCを欲しいという方におすすめです。 HDDも3TBなのでいくつものゲームタイトルをたくさん楽しみたい方におすすめです。 とことんPCゲームをプレイしたいならGALLERIA ZZを購入しておけば間違いありません! 現在、販売されているゲーミングPCの基本スペックとしてはダントツレベルのトップクラスの性能を誇ります! 価格 259,980円〜 OS Windows 10 Home CPU intel Corei7-8086K メモリ DDR4 SDRAM 16GB グラフィックス Geforce RTX2080 ストレージ SSD500GB HDD3TB 魂を突き動かす感動を極限まで感じたいならGALLERIA ZGを購入しましょう。 コストパフォーマンスという面ではややデメリットがありますが、 文句ない最強ゲーミングPCが欲しいならドスパラの公式通販をチェックしましょう! GALLERIAデスクトップにはキーボードとマウスも付属している点も要チェックポイントです! 上記の3つのモデルを選んでおくと、ハズレがないゲーミングPCを購入できます。 ドスパラとG-Tuneの公式サイトでは上記で紹介した人気ゲーミングPC以外にも多数のモデルが販売されています。 グラフィックカードにGeForce RTX 2080を搭載していて23万円で購入できるのはかなりコストパフォーマンスが良いと言えます。 CPUもメモリもグラフィックカードも最高スペックのマシーンモンスターと言えます。 最新PCゲームもヌルヌル・サクサクと動かすことができます。 通常、このクラスのハイエンドゲーミングPCだとHDDの容量が3TB前後となっていますが、1TB搭載となっています。 いくつかのゲームをとことんやりこみたい方におすすめと言えます。 価格 229,980円〜 OS Windows 10 Home CPU intel Corei7-8700K メモリ 16GB グラフィックス GeForce RTX 2080 ストレージ HDD1TB ぜひ、一度パソコン工房の公式通販をチェックしてみてください! 5位:GALLERIA XT(ドスパラのガレリア) 高性能なCPUと最新PCゲームをプレイできるスペックを兼ね備えたグラフィックボード搭載のGALLERIA XT(ガレリアXT)。 ゲーミングPCの中でも高性能を誇るBTOデスクトップに分類されており、ドスパラケースの高い放熱性と冷却性能であなたの快適なゲーミングライフをしっかりサポートしてくれます。 GALLERIA XTの性能は下記の通りです。 価格 142,980円〜 OS Windows 10 Home CPU intel Corei7-8700 メモリ 8GB グラフィックス GeForce GTX 1060 6GB ストレージ SSD 500GB HDD1TB ドスパラ公式通販でぜひ、チェックしてみてください! まとめ いかがだったでしょうか。 ゲーミングPCのおすすめ人気ランキングを紹介しました。 初めてゲーミングPCを選ぶ方の参考になれば幸いです。 ドスパラは知名度も高くエントリーモデルとして圧倒的な人気を誇るゲーミングPCブランドであるGALLERIA ガレリア が購入できます。 各通販で人気があるブランドの最新ゲーミングPCをゲットしましょう!.

次の

5年前のゲーミングPCの性能って最新のゲームでプレイしたらどのくらいの快適性なの?|はじめてゲームPC

ゲーミングpc 最新

PC組み立てただけなのに。 6型ゲーミングノート「G-Tune P5」のリニューアルモデルを発表した。 疲労感を軽減するためには、良い椅子は欠かせない。 そこでお勧めしたいのが、ドイツnoblechairsのゲーミングチェアだ。 この記事では、その新製品である「noblechairs ICON Black Edition」を発売に先立って試し、率直な感想を記す。 6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5-144」を発売する。 3型ゲーミングノートPC計3モデルを発表した。 この中のデスクトップPCラインにおいて、新デザインのボディー導入とともに、新しいラインアップも発表された。 6型ゲーミングノートPC「Alpha-15-A3DC-242JP」を発表した。 6型ゲーミングノートPC計2製品を発売する。 中国One-Notebook Technologyの「OneGX1」は、ボディーの左右にゲームコントローラーを着脱できる、ユニークな1台に仕上がっている。 日本では8月に登場する予定だ。 メモリ8GB/SSD 256GBモデルが8万9800円、16GB/512GBモデルが10万8800円。 それぞれLTEモデルも用意する。 3型ゲーミングノートPC「Razer Blade Pro 17」を発表した。 5msを実現する24. 5型ゲーミング液晶ディスプレイ「XL2546S」を発表した。 6型ゲーミングノートPC計11製品の発表を行った。 GIGABYTE Technologyの「AORUS」シリーズも国内モデルが生まれ変わって最新世代となった。 その最上位モデルをチェックした。 Vivoには複数のラインアップがありますが、その中でも「iQoo(アイクー)」はゲーミングに特化したハイスペックモデル。 その中でもカメラを強化した「iQoo 3 5G」に触れる機会がありました。 6型エントリーゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming F15 FX506LH」を発売する。 6型ゲーミングノートPC「GALLERIA GCL2070RGF」を発売した。 8型ゲーミング液晶ディスプレイ「S2421HGF」を発表した。 3型ゲーミング液晶ディスプレイ「ROG Strix XG17AHPE」を発表した。 6型ゲーミングノートPC「LEVEL-15FXR21-i7-ROSX」を発売した。 6型ゲーミングノートPC「GALLERIA GCL2060RGF-T」を発売した。 6型ゲーミングノート「GE66 Raider」を発売する。 6型ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G15」を発表した。 ユニークな機能を備えた本シリーズの最上位モデルをチェックする。

次の

【ゲーミングPC】グラフィックボード比較【最新おすすめ】

ゲーミングpc 最新

10 価格・パーツ情報を更新 ゲーマーのためのゲーミングPC選び かれこれ10年以上もPCゲームに勤しんできた現役PCゲーマーである筆者が、これまで検証・テスト・レビューしてきた数あるデスクトップPC製品から、おすすめのゲーミングPCを紹介していきます。 BTOパソコンから自作パソコンまで保有している筆者ですが、ここでは学生でも購入できそうな価格の安い製品から、コア向けのハイスペックな製品、購入して到着後すぐにゲームができるようなゲーミングPCを紹介しています。 軽いゲームだけならノートPCでも十分なタイトルはありますが、負荷の高いゲームを最高設定でプレイしたり、高解像度、高リフレッシュレート環境、さらには同時に実況、ライブ配信したりするには、冷却性と性能面に優れたデスクトップ型のゲーミングPCがおすすめです。 さらには、シューティングゲームに至っては、モニターの60Hzを超え、120Hzや144Hzなどの高リフレッシュレート環境も当たり前になってきています。 それに伴い、グラフィックカードの性能もどんどん上がり、新世代のRTX SUPERシリーズや、高性能なミドルクラスのGTX 1660 SUPERが登場し、数も多くなってきています。 現在のおすすめのグラフィックカードはこれ 現在のおすすめのグラフィックカードですが、価格を抑えたいなら GTX 1650 SUPER、もしくは GTX 1660がおすすめです。 性能を求めるなら GTX 1660 SUPERか、 GTX 1660Tiがおすすめです。 特にPUBGやAPEX、フォートナイトなどの軽いeスポーツタイトルを中心にプレイしたい方、ゲーミングPC初心者の方には GTX 1650 SUPER、 GTX 1660がおすすめです。 ほとんどの人気タイトルがプレイできます。 CPUの選び方 CPUのブランドは主にIntel製とAMD製の2種類があり、これまではインテル製がシェア率のおよそ9割を占めていましたが、AMDの第3世代Ryzenプロセッサーの登場により、現在AMD製のシェア率がぐんぐん伸びています。 新たに第10世代インテルCPUが発売されましたが、最上位のCore i9-10900Kでも、Ryzen 9 3950Xの足元にも及びません。 ただ、ゲーミングでは未だにインテルCPUの方がフレームレートが優位です。 特にゲーミングPCではインテル製ではCore i7-9700K、AMDではRyzen 7 3700Xを選択するのがおすすめです。 下記の表は各CPUのCINEBENCH R20のスコア比較です。 CPU選びの参考にしてください。 CPUクーラーの選び方 CPUクーラーの違い CPUクーラーは空冷式と水冷式があります。 空冷式はファンで直接冷やす仕組みとなっており、価格が安く、メンテナンスもほとんど不要ですが、高い冷却性を求めるとなると、サイズは大きくなり、音も大きくなります。 水冷式はその名の通り、CPUを水の流動で冷やします。 良く冷え、静音性も高いと言われていますが、最近だと空冷式とあまり変わりません。 ただ、サイズが小さくヒートシンクがいらないので、CPU周りの見栄えがスッキリします。 また、BTOで選択できる水冷式は簡易水冷というメンテナンス不要の使い切りのもので、物にもよりますが、約3年程で中の冷却水が無くなり、交換になる場合が多いです。 静音性に関しては、CPUを冷やす冷却液も、ラジエータを通して結局はファンで冷やすことになります。 自作経験のある筆者に言わせると、空冷式も水冷式も、静音性ではどちらもあまり変わりません。 ケース内部が見えるケースなど、見栄えも気にするなら水冷式。 特にこだわりがない方は価格の安い空冷式で全く問題ないです。 ただし、排熱量の多いハイエンドなグラフィックカードを搭載している方は、CPUとグラフィックカードのダブル水冷式が長時間のゲームプレイでも熱の心配がなくプレイに専念できます。 PCケースの選び方 PCケースの大きさの違い サイズの種類は大きい方からフルタワー、ミドルタワー、ミニタワー、スリムタワー、コンパクトタワーがあります。 サイズが大きいほど、エアフロー効率が良く、拡張性、メンテナンス性が高いです。 逆にサイズが小さいほどエアフロー効率が悪く、拡張性も低くなりますが、省スペースです。 人気なのはミドルタワーで、次にミニタワーです。 ケースファンはフロント側にもあると、グラフィックカードを直接冷却しやすいです。 あとは振動を吸収するゴム足の種類や、裏面配線できるか、掃除がしやすいかなどをチェックすると良いでしょう。 また、騒音(動作音)がうるさいかどうかも各レビュー記事でチェックすると良いと思います。 デザインも重要です。 PCケースにもファッションと同じで、流行があります。 側面パネルがアクリルやガラスパネルになっていて、PC内部が見えるモデルがPCゲーマーには人気です。 最近では光学ドライブを搭載するスペースのないドライブレスでスッキリした見た目のケースが増えてきています。 価格の安い初心者向けのゲーミングPC ゲーミングPCを購入したことがないという方や、ゲーミングPCについてあまりよく分からないという、初心者の方におすすめのゲーミングPCの紹介です。 大き過ぎず、小さ過ぎないミニタワーケース、価格も比較的安く、サポートもしっかりしているメーカーをおすすめします。 高性能ではないものの、外部グラフィックスを搭載でき、負荷の低いゲームなら快適にプレイが可能。 これからPCゲームに初めて触れるという学生さんにもおすすめのゲーミングPCです。 当サイトおすすめのゲーミングPC 多くのPCを見てきた筆者がおすすめするゲーミングPCです。 ここでは最も人気の高いミドルタワーサイズのゲーミングPCが中心です。 ミドルタワーだと程よい大きさでメンテナンスがしやすく、エアフロー効率の良いケースが多いので、ハイエンドで大きめのグラフィックカードも選択できます。 サイズ ミニタワー CPU Core i9-9900K GPU GeForce RTX 2080 SUPER 価格 26万円台(税抜)~ 持ち運びが可能なミニタワー フロントパネルがかっこいい、レノボのミニタワーハイエンドゲーミングPCです。 天面にはハンドルが付いており、無線LANも内蔵しているので、持ち運びが可能です。 LEDライティングに対応しており、フロントパネルと透過サイドパネル内部が点灯します。 高レートモニターにおすすめのゲーミングPC ゲーミングモニターとも呼ばれる、120Hz以上の高リフレッシュレートモニターにおすすめのゲーミングPCの紹介です。 120Hz以上の高リフレッシュレート環境でゲームを動作させるには、平均フレームレートが120 fpsを超える必要があります。 そうなるとかなりハイスペックなグラフィックカードが必要になりますし、発熱も高くなります。 そのため、SLI構成や冷却性に優れたフルタワーサイズのゲーミングPCがおすすめです。 負荷の高いゲームや4Kなどの高解像度でのゲームプレイに向いています。 奥行きが短くコンパクトで、工具不要で簡単に内部にアクセスでき、メンテナンス性も高いです。 グラフィックカードの選択肢も多いです。 スリム・コンパクトなゲーミングPC ミニタワーよりもさらに小さいスリム・コンパクトなゲーミングPCです。 設置スペースが狭い方や、配信したり、イベントなどで持ち運ぶ場合にベストです。 小さければ小さいほどカスタマイズ性や拡張性は落ちますが、下記で紹介するゲーミングPCは小さくても性能が高い製品ばかりです。 天面にはハンドルが付いており、無線LAN内蔵で持ち運びが可能です。 価格も手ごろです。 パーツ選びが豊富なカスタムゲーミングPC パーツ選びが豊富なBTOメーカー・ゲーミングPCの紹介です。 コアな方や玄人向け、前もってパーツを吟味したい方向けです。 パーツの選択肢ではサイコムが圧倒的ですが、PCケースも画像付きで選択できるパソコンショップ SEVENもおすすめです。 自作したいけど、自分で組み立てている時間がない方などにも適していると思います。 安心性能&24時間サポート可 マウスのゲーミングPC「G-Tune」は、品質、価格、デザイン、サポートのバランスが取れた製品です。 サポートにも力を入れており、2006年にコールセンター専門会社のウェルコムをグループに入れて、標準で24時間365日の電話対応を実施しています。 さらに、「」という保証が用意されています。 このサービスは、初期不良時に修理ではなく新品と交換してくれたり、加入者専用ダイヤルを用意し電話がつながりやすくしたりするサービスです。 3,000円程度で受けられるサービスなので、是非加入したほうが良いです。 また、センドバック(送付時のみ送料負担)、ピックアップ(送料無料)修理に加え、オンサイト(技術者が自宅に訪問)修理も行っています。 納期は7日前後で普通です。 ミドルタワー ~ Core i9 10900K ~ Ryzen 9 3950X ~ GeForce RTX 2080Ti ~ Radeon RX 5700 XT カスタムの内容による PCケースからマザーボードまで、画像つきで細かく選択できる数少ないBTOメーカー。 当サイトのベンチマーク機として購入したゲーミングPCの構成例およびレビューはこちら。 自作PCのメリット・デメリット BTOで購入する以外でも自作するという方法があります。 メリットは自分でパーツを細かく選定できるという点と、パーツ費用だけで済むので価格を自由に抑えることができるという点です。 デメリットとしては、サポートがないのでトラブルがあった場合は全て自分で解決しないといけません。 そのため自作するにはある程度PCに関しての知識が必要になりますが、最近のPCパーツは説明書が丁寧に日本語で書かれていて分かりやすいのと、トラブルに見舞われも、ネットで検索すれば、大体は解決する時代です。 興味がある方は勇気を出して自作してみるのもいいかも知れません。 逆に知識があっても、社会人で時間が無くて面倒だという理由で、BTO製品を購入する方もたくさんいます。 中古ゲーミングPCの注意点 中古ゲーミングPCの注意点ですが、よく見かけるのが、フリーマーケットサイトなどで出品されている中古PC。 外観は格好良くていかにもゲーミングPCらしい高性能っぽい情報を羅列しているのですが、実は何年も前の古いパーツをかき集めて、OSだけ最新のものをインストールしたPCが多いです。 いわゆる情報弱者を騙すような売り方をしているPCが目立ちます。 また中古ゲーミングPCにはサポートもなく、すぐに故障してしまう可能性も高いので、個人的には中古製品はおすすめしません。 少し価格が張ってでも、サポートもしっかりした評価の高いゲーミングPCを購入するのをおすすめします。 ただし、ドスパラなどで販売されている余ったパーツを利用した「リノベーションPC」は、ビデオカードは新品のものを搭載しており、動作テストも行われているので、安心して購入できます。 中には本当にお買い得な製品もあるので、店頭に直接行ってみるのもいいでしょう。 PCゲームベンチマーク一覧 各PCゲームの紹介や、ベンチマークスコアを掲載しています。 やりたいゲームが決まっているときは、こちらもご覧ください。 関連ページ.

次の