メーガン妃 嫌われる理由。 メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!

メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!

メーガン妃 嫌われる理由

Contents• メーガン妃が嫌われている? 2018年、イギリスの王位継承順位6位のヘンリー王子と結婚し、イギリス王室に迎え入れられた メーガン妃。 婚約発表当初から、メーガン妃のキャリアや振る舞いをめぐっては幾度となく賛否両論の声がおこっています。 「嫌われている」と言い切れるかどうか定かではありませんが、憧れの的として見られることの多いイギリス王室のメンバーの中では異彩を放っているのは事実です。 では、メーガン妃への批判の原因となったトピックをいくつか見ていきましょう。 1.メーガン妃の国籍 メーガン妃が アメリカ人の女優であったことは有名な話。 また、母親がアフリカ系アメリカ人であり、イギリス王室に入った最初の有色人種となりました。 さらに、この時代に有色人種であることを理由に批判するなんてナンセンスですよね。 2.メーガン妃の離婚歴 こちらも婚約発表の際に大きく報じられたことですが、 メーガン妃には 離婚歴があります。 かつて、イギリス王室の王位継承者は離婚歴のある女性と結婚するのは タブーとされており、エリザベス女王の伯父にあたるエドワード8世は離婚歴のある女性と結婚したいがために王位を放棄しています。 ただ、ヘンリー王子の父親であるチャールズ皇太子も離婚しており、さらに離婚歴のある女性を後妻として迎えていますので、ヘンリー王子とメーガン妃の結婚の障壁となるものではないはず。 しかし、いまだにメーガン妃の離婚歴を良く思わない人たちもいたようです。 3.自己流を貫き通す姿勢 これまでは出自や離婚歴などいまさらどうにもならないものでしたので、こちらがメーガン妃への批判の主なものといえると思います。 メーガン妃、イギリス王室の数々の儀礼や伝統に逆らう行動をとっているため、 おきて破りなどといわれています。 これまで、イギリス王室の主要メンバーはセント・メアリーズ病院で生まれるのが一般的でした。 しかしメーガン妃はこれを拒否し、アーチー王子が生まれるまでどの病院で出産するのかを明かしませんでした。 また、 アーチー王子の出生報告も異例。 生まれたばかりの子をセント・メアリーズ病院の前でお披露目するのが通例でしたが、メーガン妃は出産前に、最初のお披露目はインスタグラムで行うと明言したのです。 宣言通り、出産報告はインスタグラムを通じて行われました。 イギリス国内での評判は? ご紹介してきたような理由から、 バッシングを受けることが多いメーガン妃。 兄嫁であるキャサリン妃が優等生タイプで自分を殺して王室に溶け込むための振る舞いをしているように見えるため、度々比較され批判されることがあります。 とはいっても、もちろんイギリス国民全員から嫌われているというわけではありませんし、中には良い噂も。 エリザベス女王が、個人的にメーガン妃を気に入っているというのです。 その理由は、エリザベス女王の愛犬たちにあり、ヘンリー王子にさえ吠え続けてきたコーギーたちが、 メーガン妃のことはすぐに受け入れたということ。 自分が可愛がっているペットが一目で懐いたとあれば、悪い人ではないと思いますよね。 メーガン妃も愛犬家で犬の扱いに慣れているとはいっても、人と動物には相性もあります。 コーギーたちもメーガン妃とエリザベス女王に似た部分を感じ取ったのかもしれませんね。 このエピソードがきっかけで、イギリス国内にはメーガン妃を認めるという声もあったようですよ。

次の

メーガン妃の嫌われる理由や評判は?産後太りのお腹も気になる

メーガン妃 嫌われる理由

この出来事は世界的なニュースにもなりましたよね。 ちなみにメーガン妃の赤ちゃんの体重は約3. 26キロで、母子ともに健康。 イギリス王室では、メーガン妃が出産す1年1か月前、昨年の4月にウィリアム王子とキャサリン妃の第3子が生まれた事もありおめでた続きのようですね。 未来を進んでいく子どもたちが続けて生まれてくるのはとても喜ばしい事なのではないかと思います。 しかも、その「嫌われる理由」が1つではなくいくつかある様子。 これは気になる!という事で、ここからはメーガン妃が嫌われる理由を見ていきたいと思います。 嫌われる理由に「性格」が入っていたという事は、メーガン妃の性格はそんなに悪いのでしょうか? 実はメーガン妃の性格について、過去にメーガン妃の姉であるサマンサ・グラントさんがイギリスのメディア取材に対して発言しています。 その内容はと言うと、「妹(メーガン妃)はナルシストでわがまま。 本性を知れば王子の気持ちは離れていくだろう」とのこと…。 なんでも、メーガン妃の両親は2人とも多額の借金を背負って自己破産してしまったらしいのですが、その際にメーガン妃は一切両親の事を助けなかったようです。 この事からのお姉さんのこの発言と考えればなんとなくメーガン妃の事を悪く言うのは理解できますが、それでも言い過ぎではないのか?とも思ってしまいますよね。 実の姉であるからこそかもしれませんが、かなりズバッと批判的にメーガン妃の事を話していたのですね。 ちなみに、メーガン妃はヘンリー王子と付き合い始めてからすぐに友達の断捨離を開始したそうですよ。 その証拠に、多くの友達が「まったく連絡をしてくれなかった」と証言しているのだとか。 でも、断捨離されてしまった中の1人の友人は、「相手は王子だし、身分が違うから断捨離するのは当然。 陰ながら幸せを願いたい」と話していたそうです。 しかしこの出来事が、メーガン妃を「自分の幸せの為なら迷わず友達を断捨離する非常な女」として認知させてしまいました。 そんな事もあり、メーガン妃は「性格の悪い女」と思われてしまっているのかもしれませんね。 足を組む メーガン妃が嫌われる理由について他に出てきたのが、「足を組む」という理由でした。 足を組むこと自体は…、嫌われる理由になるのでしょうか?どうなんでしょう? でも、メーガン妃は王室の方なので足を組むことについては確かにあまり良く思われないかもしれませんね。 色々な評判がありますが、この嫌われる理由については少し納得できるような気がします。 手をつなぐ 足を組む、の次に出てきた嫌われる理由。 それは、「手をつなぐ」という事でした。 手をつなぐのは恋人なら自然だし、当たり前のことかもしれませんが、これもやはりメーガン妃が王室の人間である事が関係しているのでしょう。 でもこればかりは、少しメーガン妃が可哀そうな気もしますね。 愛する人と手を繋げないのは悲しいでしょう。 でも、それも分かった上でヘンリー王子と結婚したのでしょうし、仕方ないですが頑張って我慢してほしいかなぁと思います。 出生について メーガン妃の出生も嫌われる理由の1つになっている!? メーガン妃は現在ヘンリー王子と結婚されていますが、生い立ちは一般家庭の生まれなのです。 また、メーガン妃は実はイギリス人ではない事が嫌われる理由になっているのかなと思います。 メーガン妃の父親は、オランダ・アイルランド系白人で、母親は、アフリカ系アメリカ人です。 つまり、メーガン妃は白人と黒人の血を受け継いでいる事になりますね。 ご両親は離婚しているとのことですが、出生に関しては自分ではどうしようにもできない問題なので、嫌われるのはかなりかわいそうな気がします。 親戚のこと ご両親の事が出てきましたが、親戚の事も実は話題になっています。 実はメーガン妃には異母姉がいるのですが、その異母姉がなんと、メーガン妃についての暴露本を出版していました! これもメーガン妃は全く悪くない出来事なのですが、メーガン妃の親戚について嫌な気分になった人も多いのではないかと思います。 離婚歴 身内、親戚共にいろいろと複雑なメーガン妃ですが、実はメーガン妃自身も複雑な経歴を持った方でした。 実はメーガン妃、離婚歴があった! メーガン妃はヘンリー王子と出会う前はアメリカで女優をしていたのですが、そのころに知り合ったテレビプロデューサーのトレヴァーさんと結婚しています。 2人は2004年から7年間の交際期間を経て2011年9月10日に結婚したそうです。 2人の間に子供はいなかったようですが、2013年5月に別居していて、その年の8月には離婚。 わずか2年足らずで離婚してしまったのですね。 この離婚歴も、メーガン妃が嫌われる理由に入るんですね…。 その理由とは…、メーガン妃のお金遣いが荒いから。 どうやらメーガン妃は元々ハリウッド女優として活躍していたからか、ファッションにこだわりがあるようです。 そんなメーガン妃が、玉の輿でヘンリー王子と結婚。 その結果、ファッション熱が爆発してしまったのか、高級ブランドのドレスなどの衣装を次々と購入。 たった2日間の公務のために、日本円にして400万円近くのお金を使ったこともあるらしく、これは相当なお洋服好きですね。 ちなみにこれらの衣装代はイギリス王室から支払われることになります。 これに関しては、イギリス市民の方々が怒る気持ちも理解できますし、嫌われる理由になってもおかしくないですね。 これは、イギリスの市民の方々からすれば好感度が上がりますね。 また、一部ではメーガン妃はキャサリン妃よりも良い、という評判があります。 では、何が良いのか。 それは、メーガン妃の王室の公務に対しての姿勢でした。 メーガン妃は結婚してから数多くの公務を行っています。 一方キャサリン妃は、結婚後は王室としての公務よりも子育てを優先したり、自分の娯楽を優先したりしていたそうで、あまりイギリス市民からの評判は良くなかったそうです。 公務を行う点においては、確かにキャサリン妃よりもメーガン妃の方がまじめで好印象です。 どうやら調べてみると、結婚後約半年の間に、パーソナル・アシスタントのスタッフと秘書が辞職しています。 理由を巡ってはメーガン妃の要求が厳しく、気難しいからだという噂も流れていますが、一部の関係者はメーガン妃とスタッフとの間に問題はないと証言しているらしいです。 謎は深まるばかりですが、もしこれからも沢山のスタッフが退職する事態が起きれば、大騒ぎになってしまいそうですね。 メーガン妃のロイヤルファミリー好感度ランキング、順位は…、6位でした! ちなみに1位はメーガン妃の夫である、ヘンリー王子でした。 ビヨンセは、「Black Lives Matter(黒人の命も大切だ)」キャンペーンで毎年アフリカ系アメリカ人への差別の撲滅を訴えてきたのですが、ビヨンセのウェブサイトにメーガン妃が紹介されたらしいのです。 なんでも、アフリカ系の母親を持つメーガン妃の結婚式について、「結婚式では彼女の文化が中心にあり、全面にありました。 彼女とヘンリー王子は人種に関わる対話をあらゆるところで起こしました」と絶賛したのです。 メーガン妃の生きる強さが、ビヨンセの心を打ったのかもしれませんね。 — Kensington Palace KensingtonRoyal 確かに画像を見てみると、微妙にへこんでいて、違和感? この違和感から、「メーガンのお腹は作りものなのでは?」という声も挙がってしまったようです。 — Kensington Palace KensingtonRoyal 確かに、お腹がすごく膨れ上がっていますね。 でも、妊婦さんならおかしくはないのではないかな、と思います。 出産方法や病院などは、今のところ分からず明かされていませんでした…。 ただ、出産場所については病院ではなく、自宅のフログモア・コテージで行われた可能性が伝えられているようです。 ちなみに、子どもの性別は男の子でした。 その理由は、先ほども話題になったお腹の膨らみの不自然さからです。 あまりに不自然なため、代理出産の噂や、妊娠は嘘、といううわさが出てしまったのですね。 でもこれ、妊婦さんなら普通ではないのかな、とも思うのですが…。 どうやらメーガン妃は、お腹に手を当てる回数がすごかったみたいです。 あまりにもお腹に手を当てられると、違和感を持つ人も少なくないのかもしれませんね。 まとめ 色々な噂や評判があったメーガン妃でしたが、今現在はとても幸せそうなので、このまま幸せに向かって家族みんなである言うていってほしいなと思います。 [adco-4].

次の

Chevron

メーガン妃 嫌われる理由

メーガン妃下品と言われた過去の失態 メーガン妃が下品だと言われてしまった失態があります。 それは一体どんな失態でしょうか? 脚組みをする イギリス王室では特にルール化されていないのですが、脚組みをするのはあまりよくないとされているようですね。 英国淑女たるもの!って考え方があるのかもしれません。 そんな考え方がある中、メーガン妃は脚組みをしてしまったんですね! ヤング・リーダーズ・アワードでの授賞式に出席した時に、脚をがっつり組んでしまい話題になったのです。 イギリス王室では、レディーが長時間座っていなくてはならない時にするダッチェス・ランドという膝下の足首で交差する座り方が良いとされているのですが、メーガンは膝からがっつり組んでしまったんですね。 こうした所作がロイヤルファミリーの一員として下品と言われてしまったようです。 手をつなぐ メーガン妃が公務中にヘンリー王子と手をつなごうとして、ヘンリー王子に拒否られるシーンが話題になりました。 これも王室で手をつないではいけないというルールはないようですが、人前や公務中に愛情を表現するような行為を今までのロイヤルファミリーは避けてきました。 その為メーガンのその行為に、ヘンリー王子も応じることはしなかったということなんですね。 日本人の私からみればどちらも決して下品と言えるほどのことではないと思いますが、やはりロイヤルファミリーであるからにはこうあってほしいという国内外からの期待が、メーガン妃へ厳しい目を向けてしまっているのでしょうね。 メーガン妃が嫌われる理由は? ではメーガン妃に一部アンチがいて、嫌われる理由というのは先ほどご紹介したエピソードのような下品ということが原因なんでしょうか?色々調べてみると嫌われる理由はそれだけではなさそうです。 その理由をご紹介します。 出生 まずはメーガン妃の出生です。 過去のイギリス王室に嫁いだ人たちをみると、ダイアナ元妃は貴族、キャサリン妃も良家の令嬢でした。 そして当然のことながら両人ともイギリス人です。 メーガンは貴族でも令嬢でもなければ、イギリス人でもなかったので、まずそれだけで物議になるのは当然かもしれませんね。 メーガン妃はアメリカ人でアフリカ系アメリカ人の母と、オランダ・アイルランド系白人の父との間に生まれた今ゆる白人と黒人の血を受け継いでいます。 その肌の色について否定的な見方をする方もいたようですね。 メーガン妃の母、ロイヤルファミリーのクリスマスには招かれていない? — ELLE Japan ellejapan こちらはアフリカ系アメリカ人の母ドーリアさんとのツーショットです。 親戚の存在 メーガンの親兄弟は複雑で、メーガンの父親はバツイチで、メーガンの母親と結婚する前に子供ももうけていました。 そのためメーガン妃には異母兄姉がいるのですが、その義理の兄姉の評判がよくありません。 メーガン妃の異母姉サマンサ・マークル、「これまでのことを水に流そう」 — ELLE Japan ellejapan 義理の兄は交際していた女性を銃で脅したとして逮捕歴があったり、義理の姉もメーガン妃についての暴露本を執筆したりと、悪い意味で目立ってしまいました。 また父もパパラッチと共謀して写真を捏造したりしていました。 メーガン妃は母親以外の家族と一切連絡をとっていないようですし、実際結婚式にも招待をしていませんが、そうした家族がいることがメーガン妃自身の評判を悪くしてしまっているようです。 その仕事上で出会った映画のプロデューサーと結婚をしています。 子供はおらず、2年足らずで離婚をしていますが、離婚歴もまた話題となりました。 スポンサーリンク メーガン妃のスタッフが謎の辞職? こういった色々メーガン妃に対するバッシングが多くある中で、王室ではメーガン妃のスタッフが何人も辞職するという自体が起きています。 2018年5月に挙式をしてから、まだ1年も経っていないのにも関わらず、パーソナルアシスタントだったメリッサ・トゥバチさんと、秘書のサマンサ・コーヘンさんが辞職しています。 そして、ボディーガード役だった名前非公表の方も個人的な理由 王子や妃とは別の理由)でやむを得ず退職となっています。 メーガン妃、エリザベス女王の元側近からマナーを学ぶ: ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式にももちろん出席。 サマンサ・コーヘン(Samantha Cohen)photo : Getty Images… — NEWS速報@女子 ulsho474 サマンサ・コーヘンさんは長年エリザベス女王の秘書をされていて、王室には約17年間も務めていた信頼もあるベテランだっただけに、辞職のニュースは色々と憶測を呼んでしまっている状態なんですね。 各々の詳しい辞職の理由は分かりませんが、メーガン妃がなるべく自由に過ごしたい、普通に接してほしいと思っているようで、スタッフの方にしてみれば妃ですから、そのようには出来なくて困っているという話もあります。 メーガン妃の性格が悪いとかそういうことではなくて、長年ロイヤルファミリーとはこうあるものと思っていたスタッフと、新しくファミリーに迎え入れられたメーガン妃とのスタンスの違いがあるのかもしれません。 メーガン妃ロイヤルファミリーランキング何位? これまでメーガン妃が下品だと言われてしまった出来事や、一部アンチに嫌われる理由などをお話しましたが、結局のところメーガン妃はイギリス国民からどのように思われているのでしょうか? イギリス国民が選ぶ「最も好きなロイヤルファミリーランキング」が発表されたので、そちらをご紹介します。 順位 名前 人気度 1位 ヘンリー王子 77% 2位 エリザベス女王 74% 3位 ウィリアム王子 73% 4位 キャサリン妃 63% 5位 フィリップ殿下 56% 6位 メーガン妃 55% 7位 チャールズ皇太子 48% 8位 アン王女 47% 9位 ザラ・フィリップス 43% 10位 カミラ夫人 29% 引用:Yougov調査 1位はヘンリー王子だったのが私は意外でしたが、もともと「ハリー」と愛称で呼ばれ英国民には親しまれているうえに、メーガン妃との結婚もあってのこの結果なのでしょうか。 エリザベス女王を押さえての1位はすごいですね。 そして相変わらず人気のウィリアム王子とキャサリン妃夫妻ですね。 エリザベス女王に続いてランクインしています。 ここまではやはり今のロイヤルファミリーの主要メンバーが入ったという感じです。 メーガン妃は…と言うと、チャールズ皇太子をおさえての6位です。 エリザベス女王の夫であるフィリップス殿下と人気度は1パーセントしかかわりません。 なかなか上位に食い込んでいるほうだと思います。 この結果を見ると他の王室メンバーと比べても好感を持ってもらっている方だと判断していいと思います。 もちろん良く思わない人もいるとは思いますが、人の目に触れる立場の人だからこそ、賛否両論あって然りでしょう。 スポンサーリンク メーガン妃に対する日本国内の反応は? では日本人はメーガン妃のことについてどのように反応しているんでしょうね。 SNSでメーガン妃についてコメントしているものを調べてみましたのでご覧ください。 あの遊び人として有名だったヘンリー王子を射止めたんだから、きっと真面目な人なんだと思う ヘンリー王子は遊び人として有名で、いろいろゴシップがありますよね! CMの男女差別について講義したり、国連での演説を聞いたりして、どんどん好きになった メーガンは自分が黒人と白人のハーフという生い立ちから発展して、女性の地位なんかについても幼少のころから疑問に感じることが多かったようですよ。 スーツを見て、レイチェル役のメーガンが好きだったけれど、ヘンリー王子と一緒にいる幸せそうなメーガン妃はさらにいい! やっぱり日本でもドラマ「SUITS」を見ていた人が多かったみたいですね! このように好意的な意見もある一方で… ファッションや公務での言動を見る限りでは、あまりに好きになれない ダイアナ妃は貴族、キャサリン妃は英国人だから、アメリカ人のメーガンに違和感を感じる など、やはり日本でも否定的な意見は本国イギリスとあまり変わりはないのかなという印象です。 これだけ有名になってしまうと万人に好かれるというのは難しいですね。 産後も嫌われる理由がいろいろと持ち上がっています! メーガン妃赤ちゃんを公表しない ロイヤルベイビーといえば、例のセントメアリー病院の前でのお披露目が恒例となっていますよね。 義理姉であるキャサリンも三人の子供をここでお披露目し、義理母である元ダイアナ妃も王子たちをお披露目してきました。 なので、イギリス国民や、そうでない遠い日本に暮らす私でさえも、お披露目はして当然と思っていたのですが、産後すぐのロイヤルベイビーの姿は公表しない!と発表したんですね。 これについては、様々な声がありましたよ! 例えば… 妊娠、出産はプライベートなものだから、公表の必要はない メーガン妃のそっとしておいてほしい気持ち分かる などの好意的な意見もあれば… 一般市民ではないのだから、楽しみにしている人のためにも一目公表はできないのか? といった、今までの王室メンバーとは違う行動を批判するような声もあります。 そこで気になったのが、王室メンバーはロイヤルベイビーを産後すぐ公表しなければならないのか?ということなので、私なりに色々調べたり考えたりして見ました。 そこで分かったことがあるのですが、どうやら伝統と思われていたロイヤルベイビーのお披露目が始まったのはダイアナ元妃からだったそうです。 ですから伝統というほど、長い歴史があったわけではないですね。 そしてお披露目をしてきたのは、エリザベス女王の第一子 チャールズ皇太子)夫妻、そしてそのチャールズ皇太子の第一子 ウィリアム王子)夫妻だったわけです。 つまり彼らは将来王位に就く可能性も高い方々です。 私も個人的には見れたら嬉しいけど、本人たちが嫌なら別にいいのかなと思うほうです。 どちらにせよ、一般市民とは違うのでどこかで見れるタイミングがあると思うから。 でもここまで話題になったのは、アメリカ人女優だったメーガン妃の子供ということもありますし、あとはロイヤルメンバー1のヘンリー王子がお相手だったからということもあるでしょうね。 イギリス国民の皆さんも個人の意見は尊重したいなとは思いつつも、楽しみにしていたロイヤルベイビーが見れなかったのは、素直に残念だっと思いました! フェミニストなのに女性医師で固めて出産が批判の的に! メーガン妃といえば、フェミニストとして国際女性デーでパネルディスカッションに参加したり、生まれてきた子供にもフェミニストになってほしいというほど、女性の在り方については発信をしてきている人なんです。 そんなメーガン妃が出産するとなった時、今までのロイヤルメンバー出産してきたセントメアリーズ病院では出産をしないとなり、それだけでもじゃあどこで出産するんだ?と話題になったのですが、さらには自分専用の女性医師によるチームを結成したと報道がされたんですね。 これにより、こんなにフェミニスト、フェミニストって言っているのに、出産の時は女性チームにしちゃんうんだ!?という批判があったわけです。 批判する人の気持ちも分からなくはないです。 でも、出産という特殊な場面においてはやっぱり女性の方がいいってメーガン妃も思ったんですよね。 そうおもうと結局フェミニズムとかフェミニストって何?って思ってしまいました。 メーガン妃の味方はエリザベス女王? このように国内外から様々な批判や評判があるメーガン妃ですが、しきたりなどに厳しいというエリザベス女王は意外にもメーガン妃の味方についているのではという話があります。 というのもヘンリー王子がメーガン妃のことをエリザベス女王に紹介した時のエピソードが関係しています。 エリザベス女王は愛犬家で、これまで長年にわたってコーギーを飼っているのですが、実はそのコーギー、初対面の人間には必ず吠えるのに、メーガン妃には初めからよく懐いていたとのことです。 それを見たエリザベス女王は、メーガン妃のこともすっかり気に入ったとのことです。 愛犬がとりもってくれた女王との仲ですね。 エリザベス女王も大切にしているコーギーが懐いて、親近感が湧いたんでしょうね! メーガン妃嫌われる理由は?下品と言われた過去の失態!まとめ メーガン妃が下品と言われてしまった過去の出来事についてご紹介しました。 ですが脚を組んだり、手をつなぐことが特別下品ということではないと思います。 メーガン妃自身もしっかり教育を受けて、ロイヤルファミリーの習慣を少しずつ身に着けていっているところです。 今後は下品と言われることも減るかと思います。 また嫌われる理由についても考えてみましたが、離婚歴以外の出生や親や兄姉についてはメーガン妃自身がどうすることもできないことですから、それについて色々言われてしまうのは気の毒だなと思いました。

次の