中元日芽香。 中元すず香と中元日芽香、日本ではどっちのほうが人気があるの? 【海外の反応】

中元姉妹 中元すず香という天才の妹を持つ中元日芽香について

中元日芽香

元乃木坂46のメンバー中元日芽香さんが 「心理カウンセラー」として活動していくことを11月20日に開設されたオフィシャルサイトで発表されました。 乃木坂在籍時から応援していたファンからは喜びの声が聞こえてくる中で、多方面から批判や疑問の声が上がっており、「 新手の握手会ビジネス」と話題になっている。 中元日芽香さんとは 1996年4月13日広島県で生まれで、2011年8月21日、乃木坂46の1期生オーディションに合格。 7thシングル「バレッタ」で初めての選抜入りした後、約3年間アンダーとして活動。 11thシングルでのアンダー曲 「君は僕と会わない方がよかったのかな」で初のセンターを務める。 15thシングル「裸足でSummer」16thシングル「サヨナラの意味」で選抜入りした。 2017年1月にグループの活動を休止すると発表し、2017年8月6日、ラジオ番組『らじらー! サンデー』の中で、 体調不良を理由として乃木坂46を卒業することを発表。 10月7日には芸能界引退を公式ブログで発表。 11月7日・8日に開催された『真夏の全国ツアー2017 Final! 』東京ドーム公演が最後のライブ出演となった。 現在は早稲田大学に在学中。 妹の中元すず香さんは、BABYMETAL ベビーメタル という、女性3人組メタルダンス・ユニット、通称べビメタのメンバーの一人です。 卒業理由.

次の

中元日芽香がすず香(SUMETAL)を話題にしない理由〜姉妹仲やアイドル論

中元日芽香

同時也是UNIT--「1ch」的成 員之一。 21 通過最終徵選,正式成為乃木坂46第一期成員。 .最終徵選上演唱的曲目是 「会いたかった」 AKB48。 .與乃木坂中其他同樣已有演藝經歷的成員相同,在剛出道時成為部份 關注的焦點之一。 .在「アクターズスクール広島」磨練的不只是歌唱與舞蹈,在各種場 合下的應對進退也表現的相當體面。 .在這之前中元因學業關係仍舊是留在廣島,乃木坂有活動的話則是兩 地奔波,也因為顧及學業的關係,在早期曝光率並不大,而這個問題 可望在今春過後得以解決,中元將正式上京就讀高中。 .同為廣島出身,中元非常崇拜前輩-「Perfume」,不僅一次在blog中 提到「Perfume」的相關事物,在冠番組第3回中的自我PR裡,也是表 演「Dream Fighter」一曲。 當然也是希望之後能夠在電視中一起共 演的首選。 .與「さくら学院」的中元すず香是親姐妹,經歷上是妹妹すず香較早 開始演藝生涯。 .在乃木坂「コンベンション2011」活動中,與和田まあや兩人一組表 演去年話題性十足,きゃりーぱみゅぱみゅ的「PONPONPON」。 當時 若月佑美受到中元的舞台表演魅力所感動,也說過中元的職業意識相 當高,是若月想學習的目標之一。 .「ひるおび」的乃木坂46特集中,以超越在場所有成員的「強運」, 在くじ引き的遊戲中選中了和うつみ宮土理同一條繩子。 也成為了在 「ひるおび」節目中的乃木坂Center。 .很喜歡上卡拉OK唱歌,最拿手的是AKB-「ヘビーローテーション」。 .乃木坂中數一數二認真經營blog的成員,在文章上寫到成員暱稱時會 貼心地在後面加註全名。 .個性愛撒嬌還帶點小迷糊,有過把新幹線車票丟進垃圾桶中、還穿著 睡衣就去學校等之類的趣事。 對於自身的未來以及乃木坂相關的事情 上想的相當久遠,部份發言中也看得出有著不服輸的個性。 .和部份選拔外成員相同,乃木坂的首選曲是「左胸の勇気」。 .在冠番組尚未開播,乃木坂結成初期時,中元的人氣並不算差,在活 動「第1回お見立て会」裡, 中元在所屬的第二列握手人數中獨居首 位, 官方網站的 タイトルコール 投票活動也有第8名的好名次。 但 在缺少表現空間之後,一般認知度慢慢趕不上來。 .被不少人說過適合王道的「正統派偶像」路線,或許也是因為在乃木 坂當中,不少是屬於個性派的異色者,更突顯出中元的正統派風格。 .單曲選拔是項必然的考驗,對fan們與成員們都是。 為「選拔外成員」 專設的裏番組「乃木坂って、ここ!」的開場就可看到中元的心境。 而在冠番組第24回中發表2nd單曲選拔之後, 中元也再以「選拔外成 員」的身份,在blog上留下了足以令人動容的文章。 .光只是看著中元的笑容就能感受到她的元氣,在「下北FM」節目中也 有電力十足的魅力展現。 只要稍微留意一下,就可以發現中元那溫暖 笑顏和迷人的酒窩。 選拔外成員並沒有什麼不足,相信不久後的將來 ,我們會在節目中看見中元流下開心的眼淚。 252. 244. 240.

次の

(祝)中元日芽香 NOGIBINGO!6『アシスタントMC』15thも期待大!

中元日芽香

中元日芽香の現在の活動 中元日芽香さんは、昨年の12月に乃木坂46を卒業するとの発表をされていました。 詳細については、以下のように語られていました。 乃木坂46から卒業することを発表している中元日芽香が22日、最後のブログを更新。 自身の思いと卒業後の進路を言及。 「私はアイドルという職業に惚れてました。 仕事が恋人とはこのことで 勉強する時間も、寝る時間さえも惜しいと思ったほどでした」 「綺麗な衣装が着られて楽しい、お写真撮られるのが楽しい、ステージに立つ のが楽しい、全部本当です」と前置きをした上で、「でもそれ以上に 私はここにいていいんだって 認めてもらいたかった、その一心で走ってきたような気が します」と本音を吐露。 「この世界にいると、私を必要としてくれる人が沢山いる。 私だけを見てくれている人が沢山いる。 それが嬉しくて今日まで続けてきました」と活動を続けてこられた理由を明言。 卒業後の進路については、現在の中元さん自身に明確なビジョンがしっかりとあるようです。 そのビジョンに向かって現在、どのように活動されているかは表には出てきていませんがいずれハッキリとしてくるのかもしれませんね。 中元日芽香の卒業理由が病気? 中元日芽香さん自身は卒業の理由について「体調不良が原因」と話しているようですが、実際はどんな病気なのでしょうか。 確かに病気や体調不良というのは大きいでしょうが、精神面での負担やストレス、人気アイドルグループとして活動するプレッシャーなどもあったのではないかと思います。 握手会で人気を集めたり、 中元日芽香はアンダーでセンターを努めるなどの結果を出したにも関わらず選抜に選ばれなかった日々や、続々と追い抜いていく後輩達の姿を 見ていて心が折れてしまったのかもしれません。 卒業理由は、多忙なスケジュールと、選抜のプレッシャー、その中での体調不良…と色々なものが重なったのかもしれませんね。 もし病気だとすれば、心の病気ということになるのでしょうか。 もしそうならば心配ですよね・・・ 実質の活動は、2017年12月16日未明、TBSラジオ『バナナマンのバナナムーンGOLD』に事前収録ながら登場し(番組自体は生放送)、これが乃木坂46メンバーとして最後のメディア出演となったようです。 スポンサーリンク 中元日芽香の「卒業日はいつ」 ( ただし正式な卒業日は発表されていません。 )そして、2018年1月31日には乃木坂46公式ブログが閉鎖されました。 中元日芽香の親戚が有名人 実は、2016年9月11日(日)に放送された「乃木坂工事中」で、親戚や兄弟に有名人 がいるメンバーの話題となり、設楽さんがサラっと 「有名人がいるのは、ひめたんぐらいとか?」と言っていたそうです。 では、その有名人の親戚とは、誰でしょう? 中元日芽香さんの有名人の親類とは、BABYMETALのSU-METALこと、中元すず香さんで、このジャケットの真ん中の方です。 正直写真だけではわかりづらいところもありますが・・・ 実際のところ、親戚ではなく、妹さんが有名人というオチにつながっていくんですけどね。 しかし、そうなると姉妹揃っての有名人ってことになりますね。 中元日芽香の妹が「中元すず香」 こちらが有名人である、中元日芽香の妹さんです。 ずいぶん、可愛らしい妹さんですよね。 どのような活動をされているんでしょう? ベビメタはあまりテレビに露出しないので、そのすごさが分かりにくいとこもありますが、今現在、世界を相手にできる、唯一の国内アーティストです。 特にヨーロッパやアメリカでも人気があるのがすごいところ。 ワールドクラスのアーティスト!と言っても、中国、台湾とかアジア圏だけの人気だったりしますしね。 ベビメタ好きから乃木坂46を知ったというメタル好きの方も多いようです。 あと千原ジュニアさんの残念な兄、千原せいじさんは、ひめたんと共演した際、ひめたんがスーメタルの姉だと知って、驚愕! ひめたんに熱く握手を求めていました。 ひめたん自身がブログや番組で妹の話をすることもありますが、基本的に「妹」と表現していて、はっきりと「ベビーメタル」「スーメタル」という言葉を使うのはまれです。 本人にとっては、色々な想いがあるのかもしれません。 正直、こうやって話題にすることが、ひめたん本人が望まないことなのかもです…ただ、お互いのファンの関心が高いのは確か。 世界的に見てみると、実は中元日芽香さんの妹さんは、メタル界ですごい人 だったようです。 また、その他には、乃木坂の中で 橋本奈々未さんのいとこが、 椎名軽穂 漫画家 であったり、西野七瀬のいとこが 高山梨子 元 NMB48研究生 さん、生田絵梨花さんの父のいとこが、 故佐久間正英(音楽プロデューサー)だったようで、有名人の繋がりは、他にもあるようでした。 いかがでしたか? 今回は、乃木坂46の中元日芽香さんについて、お届けしました。

次の