紙 粘土 ペン 立て。 紙粘土と紙コップでできる子どものための簡単工作

あのスイーツも【紙粘土】で!大人もはまる粘土工作の秘訣を公開

紙 粘土 ペン 立て

夏休みですね! 夏休みの自由研究や自由工作で取り組むことが多いのではないかな〜っていう、紙粘土を使った工作。 子どもたちが大好きな紙粘土工作。 ですけど、案外低学年の子は「油粘土はやったことあるけど紙粘土やったことない」って子もいます。 普通に気軽に買える紙粘土と言えば、昔ながらの重い紙粘土とふわふわ系の紙粘土があります。 今はふわふわ紙粘土の方が主流のように思います。 特徴としては、昔ながらの紙粘土は重くこねるのに力がいりますが、仕上がりは滑らかでキレイ、しっかりした完成度の作品になります。 ふわふわ系の紙粘土は柔らかいので小さい子でも扱いやすいですが、重い紙粘土ほど滑らかな仕上がりになりませんが、商品によって仕上がりもかなり良くなっています。 …と、簡単に特徴を書きましたが、最近の重い紙粘土は商品によってはかなり柔らかく、扱いやすいように工夫されているようです。 重い紙粘土をコネコネしてもらおう!って思って、1袋当たり1キロの紙粘土10個(=10キロ)を必死に持ち帰り使ってみたら、昔の紙粘土の印象よりもかなり柔らかく、子どもたちがせっせとこねる必要はないほどでした。 デメリットと言えば、買って持ち帰るのが重いこと、くらいかな、と思います。 ふわふわ系の紙粘土ですが、こちらは商品によってすごく使用感に差があるように思います。 100円ショップなどでも気軽に買えますが、商品によってはぽろぽろしていて扱いにくく、そこら中が紙粘土のカスだらけになる場合も…。 分量が多いので、こちらを必要な分量だけわけて使っていますが、ぽろぽろしないで扱いやすく仕上がりもキレイです。 計画は紙に自分の頭の中の計画を簡単に書くものですが、当教室では「計画メモ」と呼んでいます。 「釣り好きのお父さんへ」 「サッカー好きのお父さんへ」 「肉好きのお父さんへ」(笑) それぞれテーマを決めて、アイデアを紙に書きます。 このメモは人に見せるわけではないので、本人がわかればOKなのですが、夏休みの自由研究などで作品を提出する場合は、計画段階の記録もきちんと書いて一緒に提出すると良いかもしれませんね。 作り方2…紙粘土部分を作る 紙粘土は昔は最初に全体を良くこねて…っていう準備が必要でしたが、今の紙粘土はそんなにこねなくてもすぐに使えます。 ただ、特にふわふわ系の紙粘土は乾きやすいですから、袋から一度に出さずに必要な分だけ小出しにして、軽くこねてから使うと良いと思います。 まずビン全体を紙粘土で覆うようにつけていきます。 この時に、ビンと紙粘土の接着面はボンドをつけましょう。 紙粘土同士だったらお水でつくのですけど、ガラス瓶と紙粘土の場合は小さくちぎった紙粘土にちょっとボンドをつけて指でしっかりビンに押し付けながらつけていきます。 紙粘土と紙粘土の境目はお水をつけて指で軽くこすると滑らかになります。 今時の紙粘土は扱いやすいように柔らかめになっていますので、お水のつけ過ぎはべちょべちょになってしまうので、小さいお子さんなどの場合はお水つけすぎないように気をつけてくださいね。 ビンをしっかり紙粘土でおおい、ベースができたらそれぞれ計画した飾りなどのパーツを作ります。 このときもお水だけではつきづらい部分にはボンドをちょっとつけましょう。 絵画教室では台の板を大きめにして、ペン立ての横に飾りや小物入れを作れるようにしました。 飾りなどで太さのあるものを作るときは、中に発泡スチロールや新聞を丸めてしっかり固定したものなどを芯材として使うと良いです。 また、高さのあるものは中に割り箸などの芯材を入れて、折れないように工夫しましょう。 紙粘土はしっかり乾かしてから着色しないと、乾いて縮んだ時にひび割れができたりしまうので、1回目の作業はここまでです。 絵画教室の場合は、次の作業は翌週以降になりますが、しっかり乾くまで時間をおきます。 作り方その3…着色 紙粘土の着色は水彩絵の具でもできますが、当教室の場合はアクリル絵の具を使っています。 アクリル絵の具は速乾性ではありますが、最初に塗った色の上にさらに着色する場合などは、最初に塗った色がしっかり乾いてから塗るようにするとよいです。 例えば、動物の顔の色を塗った上に乾かないうちに目を描いてしまって、目がドロドロになったとか…。 些細なことのようですが、当教室では時にはドライヤーなども使って乾かしています。 土台の板も着色しましょう。 作り方その4…組み立て ビン、板、飾りなど、すべてを着色したらボンドで接着して組み立てます。 その他、飾りなどをつけたい人は飾りつけも。 昔ながらの紙粘土は重くこねるのに力がいるが、仕上がりは滑らかでキレイ• ふわふわ系の紙粘土は柔らかいので小さい子でも扱いやすい• 夏休みの自由研究などで作品作りに取り組むときは、事前にアイデアをまとめたメモを作ると良い• 紙粘土はしっかり乾かず、絵の具もしっかり乾かす ポイントを簡単にまとめるとこんな感じでしょうかね。

次の

夏休みの自由研究にもおすすめの紙粘土工作♪紙粘土の特徴と「ペン立て」の作り方

紙 粘土 ペン 立て

スポンサーリンク そんなこともあって、 雨の日なんか外に出られない時に、息子とたまに粘土をコネコネしてます^^ だからか、 小学校1年生の時の夏休みの工作は、紙粘土の恐竜にしました! しかも、 手作り紙粘土でしたよ~ 新聞紙で作る手作り紙粘土は、今度お伝えしますね。 水と水を入れる容器• 割り箸や爪楊枝(つまようじ)など• 物によってはすぐに乾いてしまうのもあるので、あると便利ですよ! 接合部分は水を使う! 息子の場合は、作品(笑)の多くが、 動物や恐竜です。 その場合、普通胴体を作って、顔や手足を後からくっつけていきます。 紙粘土は徐々に乾いていくので、手足をくっつけても、 すぐに取れたり、隙間が空きますよね? 紙粘土に湿気が残っていれば、 接合部分を 指やへらなどでなでて、隙間をなくし、ならしていきます。 牛乳パック• ペットボトル• 空き缶• 発砲スチロール• 段ボール• 針金 など 形を加工しやすいとすれば、 発砲スチロールですね。 色をつける時はニスで仕上げる! 紙粘土に色をつけるときは、上から絵の具で塗って、 仕上げにニスを塗ると、長持ちしますよ。 これは見にくいですが ニスを塗ってあるバージョンです。 もう一つの方法として、 クリップなどをつければ、ひもを通せます! クリップをつける場合は、どうしても抜けやすくなるので、押し込んだ場所に、 乾いてから木工用ボンドで補強した方がいいですね。 子供が作るものなので、作りが雑でしたが、 100円ショップで売っている マグネットを埋めるだけです。 小1と年中の娘がいる自称イクメンです。 たくさんのためになるページを拝見させていただいて感動しております。 本当にすごいアイデア満載で、夏休みをどう過ごそうか悩んでいましたが、ワクワクしてきました!! 晴れたら、海に連れて行けばいですが、雨の日は困りもの。 でしたが、これからは工作やお菓子作りなどをやっていきたいと思います。 ちなみに、昨日の夜に上の子とパンツドッヂをやってみたら、やはり盛り上がりました。 ママが見たら、呆れそうなので、ママがいないところでやりました。 うちは、女の子ですが、工作が大好きなので、とりあえず簡単なところから真似させていただきたいと思います。 (紙コップロケットあたりから) また、私自身、カブト虫やクワガタを捕まえに行きたい気持ちが20年以上ぶりくらいに芽生えてきました。 バナナトラップにも挑戦してみたいと思います。 紙粘土や小麦粘土やシャボン玉液は買うものと勝手に決めつけていましたが、自家製にチャレンジしてみます。 これからもいろんなことを教えてください。

次の

紙粘土工作の作品アイディア40選!大人も子供も楽しめるコツも紹介!

紙 粘土 ペン 立て

夕飯のあと、テレビを見ながら紙粘土をこねこね。 作るものは決定した。 ペン立てである。 パソコン机の上のペン立ては、ずっとプリンの空き瓶を使っていたのだが、ある時、 紙コップで充分じゃないか? と思い、以来、紙コップがペン立てであった。 できるだけ余計なものを所有したくないので、仕事部屋の道具入れはお菓子や靴の空き箱など簡素なものがほとんど。 いつでも捨てられると思うと気楽だし、わたしが死んだとき処分する人も楽だろうとも思う。 燃えるゴミに統一できれば仕分けもいらないのである。 さて、紙粘土ペン立てである。 久しぶりに紙粘土を触る。 ひんやりと冷たい。 これをどんな形にだってできるという自由。 粘土ほどのびのびした画材はないと思う。 絵で立体を描くときは立体に見えるよう考えることがたくさんあるけれど、粘土には関係ない。 「粘土ランド」なるものができたら絶対に行ってみたい。 プールほど広い場所に、これでもか! と粘土が敷き詰めてある。 来場者はそこで思う存分粘土遊びができるのだ。 なにを作ろうか。 小屋を作るのも楽しそうだ。 自分ひとりがすっぽり入れるような。 閉園時間になるとそれらをぶっつぶして帰るのであるが、それもまた楽しそうである。 紙粘土ペン立ては猫型にしてみた。 最近、近所でよくみかけるミケ猫柄。 立てるペンは一本か二本なので、それなら猫にも負担にならぬであろう。 乾燥させ、色を塗り、電話の横に置いてみた。 紙粘土ミケ猫ペン立てはちょっと淋しげな顔をしている。 まるで「いつか捨てるんでしょう?」と言っているようだった。

次の