アメブロ ダウン症。 岩手・地方*自分らしく生きるを描くダウン症児ママりっきーさんのプロフィールページ

岩手・地方*自分らしく生きるを描くダウン症児ママりっきーさんのプロフィールページ

アメブロ ダウン症

バイオリニストの高嶋ちさ子(50)が15日、フジテレビ系で放送された「直撃!シンソウ坂上」(木曜、後9・00)に出演。 2017年8月に亡くなった母の子育てや、家族について語った。 ピアニストだった母・薫子さんは幼いころから高嶋に厳しすぎるほどバイオリンの指導をした。 坂上忍とのインタビューで、その理由について語り始めた時、姉・未知子さんが「ダウン症」と明かした。 「(母が)私と兄を産んだのは…、将来、母と父が亡くなった時に、みっちゃん(未知子さん)の面倒をみる人を産んだ」と説明。 物心ついた頃から姉の世話役が当たり前だと思って生きてきたといい、「『みっちゃんがいなかったら、産んでないから』って言われた」ことも明かした。 高嶋と兄・太郎さんは未知子さんを支えるため、「自立して、稼げるようにしなさい」「お金さえ稼げばお嫁に行っても肩身が狭くならないから」と教育された。 母の言葉には「めちゃめちゃ愛がある、それは分かるから」と子供なりに理解してきたという。 高嶋は番組放送前にインスタグラムを更新。 「どうせ苦情が来る前に言っておこう」と断って、テレビでの発言の真意を伝えた。 「母は私と太郎をダウン症の姉『みっちゃん』を支えるために産んだと言った件。 そんな事言われて最悪だ!と言う方もいるでしょうが、私にはそれが生き甲斐になったし、お陰でここまでやってこれたから、母には感謝だし、そんな事言われて傷付くような子供じゃ二人ともなかったから、だから母も言ったんだと思う。 うちの家族に近い人は、なんの違和感も感じなく受け入れられる言葉だから、それぞれ家族によって育て方って違うよね。 同じ事をを言われて傷つく子もいるだろうし。 」と記している。

次の

ダウン症児育児

アメブロ ダウン症

10月は乳がん月間 乳がんは、乳腺にできるガン。 今では、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われている。 2017年6月、小林麻央さん(34)が乳がんで亡くなった。 そして、今年の8月にも漫画家のさくらももこさんが53歳で死去するなど、乳がんになる人は30歳代から50歳代までの働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっている。 そんな中、同じく乳がんを患い、果敢に病と闘う日々の様子をブログで力強く発信している女性がいる。 「書いて叶える!」 「思っていること、信じていることを書くと叶う気がするし、それを他人に言うと叶えなきゃいけないと思える。 書くことで客観的に見られて、冷静になれる」 こう話すのは、品川区在住で幼い二人の子供を育てる会社員(42)のママ。 ブログでは「pumiy」と名乗り、フォロワーは 14,800 人を超える。 一日のPV(ページビュー)が120万件を超えたこともある「アメーバブログ」の人気ブロガーの一人だ。 麻央さんのブログに勇気づけられ、自らも闘病記をブログに綴るようになったという。 Pumiyさんのブログより 一回目の乳がん Pumiyさんが最初に癌と診断されたのは、第一子を出産後の2015年。 「授乳中の10か月ごろ長女が母乳を飲まなくなって…搾乳をしているときに違和感もあり、レディースドックでマンモとエコーを受けた結果、左右ともにステージ0の『非浸潤性乳管癌』(リンパ節への転移は見られない乳腺内の癌)と診断されました」 幸いにもほかの臓器への転移が見られなかったため、両側を全摘し、同時に再建手術を受けた。 婦人科検診はは27歳のころから毎年受診していたという。 祖母が乳がんを患っていたこともあり、遺伝的なものを疑ったが、検査の結果、遺伝性ではないことが分かった。 第一子を妊娠する直前の人間ドックで受けたマンモとエコーでは、どちらもA,A判定で問題なかった。 そんな中でのがん告知。 「娘がおっぱいを嫌がっていたのも、卒乳が10か月と早かったのも、何かを伝えてくれていたのかな…」 日々の育児で自分のことは後回しになってしまう母親に、長女は病院に行くようサインを送っていたのかもしれない。 まさかの再発、しかも肝臓への転移で『ステージ4』 両側の全摘再建手術から約1年半。 待望の第二子を妊娠し、喜びのさなか、今度は、胸骨にシコリを発見した。 「2017年4月ごろに右胸の上の部分がポコッとしていることに気付き、夫にはすぐに医者に行くように言われていたのに、6月末に検診があるからそこで聞くと言ってそのままにして、さらにその検診をすっ飛ばしてしまい…結局診察に行ったのは8月1日でした。 先生からは全摘してもリスクはゼロではないと言われていたのに、私の中では『全摘したから大丈夫』と思ってしまっていた…いろいろと後悔はあります」 当時は、妊婦健診に加え再建した胸の診察など、あらゆる検査が重なり、医師からも胸のシコリを指摘されることがなかったため、そのままにしてしまったという。 Pumiyさんのブログより Pumiyさんは当時の状況をブログにこう記している。 【針生検と細胞診の結果】 ステージ4 リンパ節転移あり 肝臓転移あり 血液検査異常無し 現在妊娠7ヶ月(28週)のため、骨、肺、脳の転移は調べられず 一刻も早く治療を開始することが必要だったPumiyさんは8月末、妊娠中でも胎児への影響はないとされる、胎盤を通さない抗がん剤治療に踏み切った。 初めての抗がん剤治療。 「妊娠中だったので選択肢は限られていて、できることをやった。 6月に麻央ちゃんが亡くなったばかりで、自分も死んでしまうんだなと思った。 職場の上司には、仕事とか考えている場合じゃないんです。 私長くないんで、少し早目に産休に入りますと伝えた」 生まれた長男はダウン症候群 Pumiyさんのブログより そうこうしているうちに臨月を迎え、10月に無事長男を出産した。 38週で自然分娩で生まれてきた息子の体は小さく、動きがあまり活発でなかった。 念のため検査をすると… ダウン症候群であることが発覚した。 当時のブログには… 『はじめに可能性を示唆されたとき、「おー、神さま、今度はそうきますか!」という感覚で、笑。 因みに、ダウン症候群は細胞が分裂する際の染色体の異常なので、妊娠中の抗ガン剤は全く関係ありません!!』と書かれている。 抗がん剤治療を続けながらのダウン症の息子の育児。 それでもPumiyさんはどこまでも前向きで笑顔が絶えない。 「吐き気や怠さはないけど、しびれと口内炎には悩まされ、それ以外は普通に元気に生活しています。 天気が悪くて家でじっとしていると余計なことを考えてしまうから、子育て中で日々忙しい毎日で良かった。 それをわかってこの子は生まれてきてくれたのかもと思う」 ブログの力 治療の経過や長女の保育園でのイベント、息子の話などブログにはあらゆる話題が詰まっている。 文末には必ず家族や友人、同僚、読者への「感謝」の言葉が並ぶ。 最近は、「ブログやっていますか?見ています」と病院で声をかけられることもあるという。 「いろんな人からのコメントで、勇気づけられますというのが多くて励みになる。 同じ病気の人に少しでも役に立てれば。 病気に負けず、長生きする姿、息子の成長の記録などを伝えていきたい」 二度目の乳がん治療を開始してから一年あまり。 34回の抗がん剤点滴を終え、肝臓の転移は消えた。 12月には、胸のシコリを取る手術も決定した。 息子とヨガを楽しむPumiyさん(ブログより) ステージ4でも決して諦めず、前向きに元気に病気に負けない姿を見て欲しい。 同じ病気の人に少しでも役に立ち、そして、乳がん検診をしっかり受けてほしい。 そんな思いから始まったブログは今、多くの同じ病気で果敢に戦う女性達の励みになっている。 Pumiyさんのブログ.

次の

妊娠中に乳がん再発。生まれた息子はダウン症。闘病生活を“前向きに”ブログで発信

アメブロ ダウン症

10月は乳がん月間 乳がんは、乳腺にできるガン。 今では、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかると言われている。 2017年6月、小林麻央さん(34)が乳がんで亡くなった。 そして、今年の8月にも漫画家のさくらももこさんが53歳で死去するなど、乳がんになる人は30歳代から50歳代までの働き盛りの世代に多く、この年代の女性のがん死亡原因のトップとなっている。 そんな中、同じく乳がんを患い、果敢に病と闘う日々の様子をブログで力強く発信している女性がいる。 「書いて叶える!」 「思っていること、信じていることを書くと叶う気がするし、それを他人に言うと叶えなきゃいけないと思える。 書くことで客観的に見られて、冷静になれる」 こう話すのは、品川区在住で幼い二人の子供を育てる会社員(42)のママ。 ブログでは「pumiy」と名乗り、フォロワーは 14,800 人を超える。 一日のPV(ページビュー)が120万件を超えたこともある「アメーバブログ」の人気ブロガーの一人だ。 麻央さんのブログに勇気づけられ、自らも闘病記をブログに綴るようになったという。 Pumiyさんのブログより 一回目の乳がん Pumiyさんが最初に癌と診断されたのは、第一子を出産後の2015年。 「授乳中の10か月ごろ長女が母乳を飲まなくなって…搾乳をしているときに違和感もあり、レディースドックでマンモとエコーを受けた結果、左右ともにステージ0の『非浸潤性乳管癌』(リンパ節への転移は見られない乳腺内の癌)と診断されました」 幸いにもほかの臓器への転移が見られなかったため、両側を全摘し、同時に再建手術を受けた。 婦人科検診はは27歳のころから毎年受診していたという。 祖母が乳がんを患っていたこともあり、遺伝的なものを疑ったが、検査の結果、遺伝性ではないことが分かった。 第一子を妊娠する直前の人間ドックで受けたマンモとエコーでは、どちらもA,A判定で問題なかった。 そんな中でのがん告知。 「娘がおっぱいを嫌がっていたのも、卒乳が10か月と早かったのも、何かを伝えてくれていたのかな…」 日々の育児で自分のことは後回しになってしまう母親に、長女は病院に行くようサインを送っていたのかもしれない。 まさかの再発、しかも肝臓への転移で『ステージ4』 両側の全摘再建手術から約1年半。 待望の第二子を妊娠し、喜びのさなか、今度は、胸骨にシコリを発見した。 「2017年4月ごろに右胸の上の部分がポコッとしていることに気付き、夫にはすぐに医者に行くように言われていたのに、6月末に検診があるからそこで聞くと言ってそのままにして、さらにその検診をすっ飛ばしてしまい…結局診察に行ったのは8月1日でした。 先生からは全摘してもリスクはゼロではないと言われていたのに、私の中では『全摘したから大丈夫』と思ってしまっていた…いろいろと後悔はあります」 当時は、妊婦健診に加え再建した胸の診察など、あらゆる検査が重なり、医師からも胸のシコリを指摘されることがなかったため、そのままにしてしまったという。 Pumiyさんのブログより Pumiyさんは当時の状況をブログにこう記している。 【針生検と細胞診の結果】 ステージ4 リンパ節転移あり 肝臓転移あり 血液検査異常無し 現在妊娠7ヶ月(28週)のため、骨、肺、脳の転移は調べられず 一刻も早く治療を開始することが必要だったPumiyさんは8月末、妊娠中でも胎児への影響はないとされる、胎盤を通さない抗がん剤治療に踏み切った。 初めての抗がん剤治療。 「妊娠中だったので選択肢は限られていて、できることをやった。 6月に麻央ちゃんが亡くなったばかりで、自分も死んでしまうんだなと思った。 職場の上司には、仕事とか考えている場合じゃないんです。 私長くないんで、少し早目に産休に入りますと伝えた」 生まれた長男はダウン症候群 Pumiyさんのブログより そうこうしているうちに臨月を迎え、10月に無事長男を出産した。 38週で自然分娩で生まれてきた息子の体は小さく、動きがあまり活発でなかった。 念のため検査をすると… ダウン症候群であることが発覚した。 当時のブログには… 『はじめに可能性を示唆されたとき、「おー、神さま、今度はそうきますか!」という感覚で、笑。 因みに、ダウン症候群は細胞が分裂する際の染色体の異常なので、妊娠中の抗ガン剤は全く関係ありません!!』と書かれている。 抗がん剤治療を続けながらのダウン症の息子の育児。 それでもPumiyさんはどこまでも前向きで笑顔が絶えない。 「吐き気や怠さはないけど、しびれと口内炎には悩まされ、それ以外は普通に元気に生活しています。 天気が悪くて家でじっとしていると余計なことを考えてしまうから、子育て中で日々忙しい毎日で良かった。 それをわかってこの子は生まれてきてくれたのかもと思う」 ブログの力 治療の経過や長女の保育園でのイベント、息子の話などブログにはあらゆる話題が詰まっている。 文末には必ず家族や友人、同僚、読者への「感謝」の言葉が並ぶ。 最近は、「ブログやっていますか?見ています」と病院で声をかけられることもあるという。 「いろんな人からのコメントで、勇気づけられますというのが多くて励みになる。 同じ病気の人に少しでも役に立てれば。 病気に負けず、長生きする姿、息子の成長の記録などを伝えていきたい」 二度目の乳がん治療を開始してから一年あまり。 34回の抗がん剤点滴を終え、肝臓の転移は消えた。 12月には、胸のシコリを取る手術も決定した。 息子とヨガを楽しむPumiyさん(ブログより) ステージ4でも決して諦めず、前向きに元気に病気に負けない姿を見て欲しい。 同じ病気の人に少しでも役に立ち、そして、乳がん検診をしっかり受けてほしい。 そんな思いから始まったブログは今、多くの同じ病気で果敢に戦う女性達の励みになっている。 Pumiyさんのブログ.

次の