とんかつ 若葉。 若葉(地図/高崎/とんかつ(トンカツ))

昔ながらの人気のとんかつ 若葉

とんかつ 若葉

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

若葉(地図/千種・今池・池下/とんかつ(トンカツ))

とんかつ 若葉

2019年1月末にオープンした、新星ながら天神で最上級のトンカツが頂けるお店でしょう。 ランチなら1,000円からトンカツ定食 限定数 が頂けます。 アクロス福岡向かい・西鉄イン福岡の並びで、地下鉄・中洲川端駅にも近いです。 カウンター席とテーブル席。 2階席もあるようでしたが、未確認です。 50食限定のトンカツ定食ランチは1,000円 税込。 ヒレかロースを選べます。 ご飯・キャベツ・味噌汁は1回までおかわり無料。 卓上の2種の総菜 この日は大根おろし・きんぴらごぼう は取り放題。 天神ランチとしてはかなりリーズナブルということもあり、売り切れてました。 なので、私は通常メニューの中から『鹿児島産うんまか豚』のロースかつ定食1,400円を頂きました。 ランチ用の廉価メニュー以外には、『鹿児島産うんまか豚』『熊本産りんどう豚』『月替わりの厳選豚』があります。 トンカツに使われているパン粉は、福岡の有名人気店『むつか堂』のものだそうです。 でも、結果的にはそういう予備知識なしでもすごく上質に感じるトンカツだと思いましたよ。 低温でじっくり時間をかけて揚げられるトンカツなので、少々時間がかかるそうです。 その間は卓上のお惣菜を頂きました。 ごぼうのきんぴらは食べ過ぎるほどイイ味だし、大根おろしもヘルシーなので沢山頂きました。 鹿児島産うんまか豚のロースカツ定食1,400円。 お肉はタンパク質凝固ぎりぎりのとこで火を通してあります。 低温で揚げているので、パン粉もそれほど色づいてません。 衣がキツネ色で香ばしいトンカツとは違いますが、B級トンカツ特有の油臭さは全くなく、 揚げ物なのに揚げ物じゃないような軽さがあります。 衣の香ばしさで食べるトンカツではないので、お肉の質の良さと脂の甘味がよく分かります。 卓上にはソースが2種ありますが、お塩もよく合いますね。 ご飯は伊佐米とのこと。 きっと白米も美味しいのでしょうが、雑穀米を選びました。 同僚はカツ玉丼1,000円。 イメージしたカツ丼と違って、おつゆに浸かっておらず、トンカツはカリカリ食感のまま独立型でした。 食パンが有名なむつか堂のパンを使ったカツサンド850円も美味しそうです。

次の

入江若葉の娘について。夫はどんな人?逮捕の噂や現在は何してるの?

とんかつ 若葉

入江若葉の娘について。 こちらの画像も美人ですが、若い頃はもっと美人ですよ! 元女優の入江たか子の娘として生まれた入江若葉 文化学院専門課程美術学科卒業。 母は、元女優の入江たか子。 1943年5月12日、無声映画時代からトーキー初期にかけての人気女優入江たか子と、当時日活太秦撮影所の俳優だった田村道美の娘として東京港区赤坂に生まれる。 入江若葉さんご自身も女優として大変有名な方なのですが、実は入江若葉さんのお母様も、もの凄く有名な女優さんだったんです。 1943年当時、入江若葉の母・入江たか子はどれほど美人だったのか…。 人気商売の両親の結婚は、10年間極秘であったが、父・田村が俳優業を引退し、母・たか子も京都の映画製作会社「入江ぷろだくしょん」をたたみ、東宝映画東京撮影所と専属契約して東京に戻り、若葉が生まれるのを期に入籍した。 昔も今も、人気女優の結婚はご法度、入江若葉さんの母・入江たか子さんは、結婚してから何と10年間もそのことを世間に隠していたのです。 公表したきっかけは入江若葉さんがこの世に誕生したからだったんだそう。 そこまで隠す必要があったなんて驚きです。 スポンサードリンク 伯父は映画監督 母のたか子は、子爵・東坊城家の当主で貴族院議員の東坊城徳長の長女で、戦前の映画監督・東坊城恭長は母の兄なので、若葉にとっては伯父に当たる。 入江若葉さんの父母が俳優であることは分かっていましたが、実は伯父は映画監督…撮る側の人であることが分かりました。 入江若葉さんの家系は華麗なる一族だったようですね。 子供はいない 女優を引退し、銀座7丁目に開いた「バー・いりえ」でマダムをつとめる母の手で、赤坂の家で育てられた。 母も通った東京・神田駿河台の文化学院を卒業、1961年、18歳で東映京都撮影所に入社。 かつて、母を発掘し主役デビューを飾らせた内田吐夢監督の手により、同年5月27日公開の中村錦之助主演映画『宮本武蔵』のヒロイン、「お通」役で芸能界デビュー「東映京都のお姫様女優」となった。 18歳で女優デビューした入江若葉さんは、後に巡って来る役が途切れない程大成功することになります。 女優人生が上手く行きすぎてしまったのか…彼女が生涯子供を持つことはなかったようです。 夫はどんな人? いいったいどのような方とけっこんされたのでしょうかね。 23歳の時に映画からテレビドラマの女優へシフト 1966年、23歳のとき、五社英雄監督の錦之助主演映画、『丹下左膳 飛燕居合斬り』を最後に東映京都を退社した。 以後もっぱらテレビドラマの女優となり、活躍した。 入江若葉さんは最初映画の女優として活躍していましたが、23歳を皮切りにテレビドラマの女優にシフトします。 スポンサードリンク 32歳の時夫と「とんかつ屋」をオープン 1975年、32歳のとき、歌舞伎座テレビ映画部・関西テレビ製作、フジテレビ系のテレビ映画『宮本武蔵』をもってしばし休業、夫や母と共にとんかつ屋を営む。 32歳になった入江若葉は、突然夫や母とともに、「とんかつ屋」をオープンします。 入江若葉の夫については、ほとんど情報がなく、「とんかつ屋」を一緒にオープンしたということだけが分かっています。 逮捕の噂や現在は何してるの? 衝撃の業界復帰! しかし37歳の時にまた芸能界へ復帰 1980年、37歳のときに、やはり同枠のテレビ映画『旅がらす事件帖』で復帰する。 また映画にも1982年に大林宣彦監督の『転校生』で16年振りで復帰以降大林作品を中心に活躍している。 また、当時すでに引退していた母入江たか子と、大林監督の『時をかける少女』(1983年)や、『火曜サスペンス劇場100回記念作品・麗猫伝説』で母子共演を果たした。 一時「とんかつ屋」をオープンさせた入江若葉でしたが、37歳の時にまた女優を再開します。 子供がいなかったことや「とんかつ屋」が軌道にのったことなどが、女優再会の理由だったかもしれませんね。 現在は何を?1986年からは演劇集団を主宰 1986年には演劇集団『江戸組』を主宰した。 現在もバリバリ現役の女優さんとして活躍されているんです。 逮捕の噂は本当?? 9月、福岡県上毛町で、近所の会社に飼われた犬をほうきで殴るなどして、けがをさせたとして26日、50歳の男が警察に逮捕されました。 逮捕されたのは、福岡県上毛町下唐原の会社員入江若葉容疑者(50)です。 警察によりますと、入江容疑者は、9月23日に入江容疑者の自宅近くの事務所で、リードにつながれて飼われている2歳のオスの雑種犬を、長さおよそ1メートル20センチの竹ぼうきの柄で殴ったり、足で蹴っ たりして暴行を加え、眼内出血などのけがを負わせたとして、器物損壊の疑いが持たれています。 まさか入江若葉が逮捕?犬をほうきで殴った!?と一瞬耳を疑いましたが、逮捕されたのは男性だったということが判明しました。 入江若葉さんはもちろん女性なので、犯人は別人ということになりますね。 これからも入江若葉さんのご活躍を期待しています!!

次の