お客様 宛 に お 荷物 の お 届け に。 【注意喚起】郵便局の不在通知SMSを装った詐欺「お客様宛にお荷物のお届けに..」フィッシング詐欺

詐欺サイトからのSMS『お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご連絡ください。』にご注意を!

お客様 宛 に お 荷物 の お 届け に

ページコンテンツ• com:81(間違えてクリックkしないよう、URLを大文字で表記しました) SMSの内容: 「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 」 このSMSはマルウェアを含むフィッシング詐欺と呼ばれる詐欺SMSなので、絶対にリンクをクリックしないで下さい。 ちなみにリンクをタップすると、ニセの郵便局のサイトに飛びます。 一方、Android端末はアプリをダウンロードしようとします。 このアプリはマルウェアなので、決してダウンロード(インストール)しないようにしてください。 GoogleやAppleなどでは、対象ページに対して警告を表示します。 しかしながら詐欺サイトのページURLは頻繁に変わりますので、対策前には詐欺サイトが表示されます。 マルウェアとは、コンピュータウイルスやワームなどを含む悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。 データの破壊やデータの盗難、または強制的に広告を表示するアドウェアもマルウェアに含まれます。 対処法 このSMSは無視して破棄するだけで構いません。 メールに記載されているクリック先のURLは、ドメインもHTMLページ名もまちまちです。 最新のブラウザを使っていれば、警告が表示されてページを開く事ができないと思います。 しかしながらドメインを次々と使い捨てにしているので、危険サイトとして認定される前のドメインは開いてしまう恐れがあります。 同じパスワードを使いまわしている場合、全ての登録パスワードを変更する必要があります。 Apple ID には 2 ファクタ認証(二段階認証)を設定しておくと安心です。 Apple公式:.

次の

ヤマト運輸の名前を装った「迷惑メール」および「なりすましサイト」にご注意ください

お客様 宛 に お 荷物 の お 届け に

com」にアクセスすると、個人情報の入手や悪意あるアプリのインストールを目的としたフィッシング詐欺サイトに繋がります。 「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 com 個人情報の不正取得、不正アプリインストールの恐れ フィッシング詐欺サイトはiPhoneもしくはAndroidで挙動が異なるようで、iPhoneの場合はApple IDやパスワードなどの個人情報を不正取得するフィッシング詐欺ページが表示され、Androidの場合は不正なアプリのインストールを目的としたページが表示されます。 スポンサーリンク 日本郵便ではSMSによる不在通知サービスは無い 日本郵便ではSMSを使用した不在通知サービスは提供しておらず、不在通知サービスはメールによる「eお届け通知」のみです。 また「eお届け通知」を利用するには、利用者による「ゆうびんID」の登録が必要となるため、未登録の場合は不在通知メールが届くことはありません。 今回のSMSに限らず、日本郵便が不審メールの特徴として挙げている下記に該当するメールが届いた場合は注意してください。 引用: 不審なウェブサイトはURL(ドメイン)で判断 不審なフィッシング詐欺サイトは URL(ドメイン)で見分けることができます。 日本郵便の場合はURLのドメイン 「japanpost. post. japanpost. post.

次の

「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。

お客様 宛 に お 荷物 の お 届け に

ページコンテンツ• com:81(間違えてクリックkしないよう、URLを大文字で表記しました) SMSの内容: 「お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 下記よりご確認ください。 」 このSMSはマルウェアを含むフィッシング詐欺と呼ばれる詐欺SMSなので、絶対にリンクをクリックしないで下さい。 ちなみにリンクをタップすると、ニセの郵便局のサイトに飛びます。 一方、Android端末はアプリをダウンロードしようとします。 このアプリはマルウェアなので、決してダウンロード(インストール)しないようにしてください。 GoogleやAppleなどでは、対象ページに対して警告を表示します。 しかしながら詐欺サイトのページURLは頻繁に変わりますので、対策前には詐欺サイトが表示されます。 マルウェアとは、コンピュータウイルスやワームなどを含む悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。 データの破壊やデータの盗難、または強制的に広告を表示するアドウェアもマルウェアに含まれます。 対処法 このSMSは無視して破棄するだけで構いません。 メールに記載されているクリック先のURLは、ドメインもHTMLページ名もまちまちです。 最新のブラウザを使っていれば、警告が表示されてページを開く事ができないと思います。 しかしながらドメインを次々と使い捨てにしているので、危険サイトとして認定される前のドメインは開いてしまう恐れがあります。 同じパスワードを使いまわしている場合、全ての登録パスワードを変更する必要があります。 Apple ID には 2 ファクタ認証(二段階認証)を設定しておくと安心です。 Apple公式:.

次の