郵便局 銀行口座。 ゆうちょ銀行(郵便局)の総合口座と振替口座の違いを解説します

子供名義の郵便局・ゆうちょ銀行【口座開設(新通帳)】方法や流れ~確認書類は保険証や住民票・母子手帳など~

郵便局 銀行口座

>ゆうちょ銀行とは郵便局の貯金口座と同じですか? 「違う」と考えたほうが問題ありません。 郵便局自身では銀行(貯金運用)業務をしていないので、「郵便局の貯金口座」というものは存在しません。 郵政民営化前の郵便貯金とは、「ゆうちょ銀行」と「郵便貯金」とに分かれました。 郵便局は、それぞれの代理店として、窓口業務をしています。 郵政民営化(2007年10月1日)よりも前に郵便貯金の預け入れをして、そのときの口座や通帳がある場合、通常貯金・通常貯蓄貯金については、「郵便貯金」ではなくなりました。 これらは、政府保証はなくなり、そのまま「ゆうちょ銀行」の貯金(預金保険の対象)に移行しています。 その口座の通帳やキャッシュカードは、特に手続きしなくても、自動的に、ゆうちょ銀行の通帳として扱われています。 一方、民営化前に預けた郵便貯金のうち定期貯金・定額貯金・積立貯金などは、現在でも、政府保証のある「郵便貯金」として存続しています。 この郵便貯金については、ゆうちょ銀行ではなく、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構が管理しています。 ただし、ゆうちょ銀行は郵便局を代理店として指定しています。 郵便貯金・簡易生命保険管理機構は、郵便貯金について、郵便局とゆうちょ銀行の両方を代理店としています。 したがって、郵便貯金も、ゆうちょ銀行の貯金も、その出し入れや住所変更などの手続きが、郵便局の貯金窓口でも、ゆうちょ銀行直営店(都市部にある)でも出来るようになっています。

次の

ゆうちょ銀行の記号・番号から振込用の店番号・口座番号を確認する方法

郵便局 銀行口座

「ゆうちょ銀行から他の金融機関口座への振込」は口座からのみ可能です。 現金による振込はお取扱いいたしません。 ご利用の際には、『通帳とお届印』または『キャッシュカード』が必要です。 振込が可能な口座は、総合口座(送金機能つきの通常貯金・通常貯蓄貯金)および一般振替口座です。 本人確認がお済みでない口座の場合は、本人確認書類をお持ちください。 送金機能の有無および本人確認については、通帳見開きのご利用欄等でご確認いただけます。 通帳でのキャッシュサービスをご利用の方は、お届印の代わりに、暗証番号入力によるお取扱いも可能です。 「他の金融機関からゆうちょ銀行口座への振込」は、 振込用の店名・預金種目・口座番号が必要です(現在のゆうちょ銀行口座番号(記号・番号)のままでは振り込むことができません)。 現在、ゆうちょ銀行の通帳(通常貯金・通常貯蓄貯金)に新たに「振込用の店名・預金種目・口座番号」を記載させていただいております。 未記載の場合は、お近くのゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口まで通帳をお持ちください。 (総合口座、通常貯金口座、通常貯蓄貯金口座に限ります。 振込先口座番号、振込先カナ氏名を間違えると別人の口座に振り込まれることがあります。 振込の際は、振込先口座番号、振込先カナ氏名を必ず確認してください。 「ご入金・ご出金やゆうちょ銀行口座間の振替」は、現在ご使用の記号・番号をそのままご利用ください。 補足:簡易郵便局の窓口でのお取扱いはしておりませんが、一部の簡易郵便局に設置しているATMではお取扱いしております。 取扱時間 ATM、ゆうちょダイレクト、ゆうちょBizダイレクトまたは窓口の取扱時間と同じ• 振込先の金融機関、受取人の預貯金口座の状況および振込の依頼日時・内容等により、お振込が翌日以降のお取り扱いとなることがあります。 お振込人さまに、振込用の店名・預金種目・口座番号および受取人名をお知らせください。 振込用の店名・預金種目・口座番号のご案内方法 ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口に通帳(通常貯金・通常貯蓄貯金)をお持ちいただいた際、振込用の店名・預金種目・口座番号を記載させていただいています。

次の

ゆうちょ銀行のATM

郵便局 銀行口座

>ゆうちょ銀行とは郵便局の貯金口座と同じですか? 「違う」と考えたほうが問題ありません。 郵便局自身では銀行(貯金運用)業務をしていないので、「郵便局の貯金口座」というものは存在しません。 郵政民営化前の郵便貯金とは、「ゆうちょ銀行」と「郵便貯金」とに分かれました。 郵便局は、それぞれの代理店として、窓口業務をしています。 郵政民営化(2007年10月1日)よりも前に郵便貯金の預け入れをして、そのときの口座や通帳がある場合、通常貯金・通常貯蓄貯金については、「郵便貯金」ではなくなりました。 これらは、政府保証はなくなり、そのまま「ゆうちょ銀行」の貯金(預金保険の対象)に移行しています。 その口座の通帳やキャッシュカードは、特に手続きしなくても、自動的に、ゆうちょ銀行の通帳として扱われています。 一方、民営化前に預けた郵便貯金のうち定期貯金・定額貯金・積立貯金などは、現在でも、政府保証のある「郵便貯金」として存続しています。 この郵便貯金については、ゆうちょ銀行ではなく、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構が管理しています。 ただし、ゆうちょ銀行は郵便局を代理店として指定しています。 郵便貯金・簡易生命保険管理機構は、郵便貯金について、郵便局とゆうちょ銀行の両方を代理店としています。 したがって、郵便貯金も、ゆうちょ銀行の貯金も、その出し入れや住所変更などの手続きが、郵便局の貯金窓口でも、ゆうちょ銀行直営店(都市部にある)でも出来るようになっています。

次の