結婚式 招待状 返信 書き方。 結婚式の招待状の返信の書き方は友人宛でも悩む!メッセージも書く?

結婚式招待状の返信の書き方とマナー/表面・裏面・欠席の返事文例

結婚式 招待状 返信 書き方

結婚式の招待状が来た場合、出席する場合も欠席する場合も必ず返信するのがマナーというもの。 しかし、特に初めて結婚式に出席する場合はどのように返信をしていいのか分かりませんよね。 誰でも初めて参加する結婚式は、右も左もわからずに当然です。 また、結婚式はそう頻繁に参加するものでもないのもないので、いつまで経ってもなかなか慣れません。 そこで今回は、招待状の返信の書き方やタイミングなどを紹介いたします。 招待状の返信の書き方をしっかり覚えて、恥をかかないようにしましょう! 返信するタイミング 結婚式の招待状をいただく場合、事前に電話やメールなどで確認がある場合も多いかと思います。 事前に出席の旨を伝えているのであれば、返信の締め切りにかかわらず2~3日以内に返信するのが吉です。 少なくとも、招待状に記載されている返信期限は守るようにしましょう。 新郎新婦側は、招待状の返信で出欠人数を確認し、式場の席の配置や席次表の内容、料理や引き出物の数量を決定します。 返信がなければ不安になるのも当然です。 もし予定が変更になる可能性がある場合は、その旨も書き添えておくと良いでしょう。 そして、変更があった場合は速やかに連絡するようにします。 また、欠席する際にはすぐ返信せずに、1週間ほど間を空けて返事をした方が良いと言われています。 これは、すぐに返信をしてしまうと、新郎新婦に「日程の調整をしてくれなかったんだ…」と思われてしまう可能性があるため。 さて、上で書いた返信までの日数は絶対的な基準ではなく、あくまで目安です。 自分が結婚する身になったと考えたときに、どのような対応をされると有り難いかを考えて返信をすると良いでしょう。 返信を書くときの基本的なマナー 返信を書くときに、まずは押さえておきたいマナーを紹介いたします! 黒のペンを使う インクはグレーや青のものではなく、必ず黒いものを使うようにしましょう。 毛筆や万年筆で書く方が良いですが、使い慣れない筆記用具で失敗するくらいなら、ボールペンで書くようにしましょう。 線は定規を使って引く 後ほど、文字を二重線で消す方法を紹介します。 そのような場合は、できるだけ定規を使って綺麗な線を引くようにしましょう。 細かい点ですが、しっかりと書いておけば相手にちゃんとした人という印象を持ってもらうことができますよ。 句読点を使わない 句読点は文章の「切れ目」や「終わり」に使うもの。 お祝いの席なので、使わないようにして返信を書きましょう。 単語と単語の間を離したり、文末で改行することによって、句読点を使わなくても読みやすい文章を書くことができます。 お祝いメッセージに忌み言葉を使わない お祝いメッセージを書く際には、いくつか注意することがあります。 結婚式などのおめでたい場では避けたい言葉遣いがあります。 例えば、以下のような言葉です。 繰り返し表現で再婚を連想させる言葉相次いで、重ねがさね、繰り返す、再度、しばしば、たびたび、次々、二回、再び、戻す、など 忌み言葉には普段の生活の中で使うような表現もありますので、すべて使わないというのは難しいかもしれません。 ただ、最低限「死ぬ」「別れる」などの不吉な言葉を使わないように注意しましょう。 返信の書き方(おもて面) 続いては、実際にどのような返信を書いたらいいのかについて解説いたします。 細かいルールがありますが、覚えてしまえば簡単です。 出席する場合の書き方 出席する場合は、「ご出席」の「ご」の部分を二重線で消し、丸で囲みます。 下の画像のように、「喜んで出席させていただきます」などとするのがより丁寧でしょう。 欠席する場合の書き方 欠席する場合も、出席のときと同じように「ご」の部分を二重線で消し、丸で囲みます。 欠席理由 都合がつかずに欠席する場合は、その旨をメッセージ欄にも書くのが丁寧です。 ただし、理由をすべて正直に書く必要はありません。 たとえば、自分が喪に服しているから参加できないような場合は、正直に言ってしまうとせっかくのお祝い事に水を差すようなことになりかねません。 ここは言葉を濁して「あいにくですが都合がつかず」「残念なのですが先約があり」などと当たり障りのない理由をつけましょう。 特に理由として避けたいのが「多忙につき」というようなもの。 これは失礼にあたりますし、お祝いの席で「忙しい」という言葉は避けた方が良いです。 返信の書き方(うら面) 宛名の「行」や「宛」は二重線で消して「様」に書き換えましょう。 「寿消し」について 招待状を返信する場合は、ここまでで紹介したように様々な箇所を二重線で消していきます。 このとき、二重線で消す代わりに「寿」の字で消すという方法もあります。 特に寿で消さなければ失礼ということもないのですが、特にお祝いの気持ちを伝えたい場合などに使うと良いでしょう。 ただし、文字の上から「寿」の字を書くので、字がつぶれてしまって何と書いてあるのかわからなくなってしまう可能性もあります。 あまり自信のない方は、無理に挑戦せずに二重線で消すのが無難です。 お祝いのメッセージ できれば、招待状の返信にはお祝いのメッセージを添えるようにしましょう。 最初からメッセージの欄が用意されているものもあります。 お祝いのメッセージは、送る相手によって適切なものを準備することが大切です。 会社の上司であれば礼をわきまえなければなりませんが、友人であれば多少フランクな文面にしても良いでしょう。 いくつか例文を掲載しますので、ぜひ参考にされてみてください。 上司など目上の人に送る場合 特に今後もお付き合いのある目上の人には、失礼のない対応をしたいところ。 丁寧な言葉遣いでお祝いの言葉を述べるのが無難です。 結婚おめでとう! もちろん出席させていただきます 旦那さんにお会いできるのを楽しみにしてるね イラストでの返信について 最近は、招待状の返信にイラストを描いて返信をすることが流行っています。 Instagramでハッシュタグ「」を検索してみると、たくさんの返信アートを見ることができますよ。 また、ブレスの招待状を使った方の元にも、イラスト付きの返信が届いております。 お客様の元に届いたイラスト付きの招待状をいくつか紹介させていただきますね。 爆破シーンのイラストの上に「Dynamite Happy!! 」の文字が。 「欠席」の文字が自然に消えていますね。 よく見たら、煙がハートの形になっています! こちらはハートやお花、お菓子などがあしらわれており、女の子らしくてかわいい返信になっていますね。 こちらは、花嫁さんがお姉様から受け取った返信はがきとのこと。 確かに、目上の方に変身を出す場合にイラストなどを付けるのは失礼にあたるかもしれません。 マナーの面でいえば、たとえば「ご欠席」の文字をイラストで潰してしまうのは、二重線ではなく塗りつぶして消してしまうことになります。 これは、一般的にNGとされており、そういうことを気にする方々に対しては良い印象を与えないでしょう。 しかし、親しい友人で以上のマナーをあまり気にしないという方であれば、むしろ喜んでくれるかもしれません。 繰り返しになりますが、招待状の返信に絶対的なマナーというものはなく、受け取った側がどのような気持ちになるのかを想像して書くことが大切なのです。 さいごに お祝いごとののマナーは人によって意見が異なることも多く、時と場合によって対応を変えなければなりません。 しかし、どんなときでも最も重要なことは、招待状を送ってきてくれた新郎新婦を思う気持ち。 このことをしっかり覚えておいて、これから幸せな生活への一歩を踏み出す二人をお祝いしてあげてくださいね。

次の

連名(夫婦・家族)で結婚式招待状が届いた場合の返信について

結婚式 招待状 返信 書き方

結婚式の招待状、返信ハガキの書き方とは? 友人や親戚など、結婚式への招待はまず電話で打診されると思います。 そこで「出席します」の返事をしていても、披露宴の招待状を頂いたら、出来るだけ早めに出欠の返事を出します。 いくら親しい友人であっても「電話で返事が済んだから大丈夫」なんて思っている人はマナー違反(実は筆者自身が友人の結婚式の招待状をだすのを忘れたことがあり、先方に大変失礼な事をしました)ですので、届いた時にその手で返事を書くことを忘れずに!! 新しい人生のスタートをお祝いする気持ちは出席の返事からもうすでに始まっています。 その人の立場になってわかることですが、すぐに返事をもらうとやはり嬉しいことです。 遅くとも二~三日中には返信するように。 返事が遅くなると、料理や引き出物、席次表などで先方に迷惑がかかります。 もし、予定が立たない場合はとりあえず電話でその旨を連絡します。 「出席できるかどうかわからないからしばらくほっておこう」「返事をしないことで欠席とわかってくれるだろう」なんて思っている人はもってのほかです。 その場合でも少なくても一週間以内には返事を出すようにします。 また、どうしても都合が悪く欠席する場合はお詫びの言葉を添えます。 その時は、出席・欠席にかかわらず必ずお祝いのことば(ご結婚おめでとうございます)は書き添えます。 <目次>• 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方とは? まず、宛て名の「行」を「様」に書き直します。 棒線で二本線か斜線で消します。 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方:出席の場合 御出席の「御」を二本線か斜線で消します。 「出席」を丸で囲みます。 その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「喜んで出席させていただきます」と書き入れます。 「御欠席」、御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。 結婚式の招待状、返信ハガキの書き方:欠席の場合 「御出席」御欠席の「御」を二本線か斜線で消します。 「欠席」を丸で囲みます。 その下の方に「このたびはご結婚おめでとうございます」「当日はあいにくやむをえない用事がございますので」と書き入れます。 事故や、仏事、葬儀など身内の不幸と重なった場合には上記のように理由をはっきり書かないようにします。 御住所の「御」と御芳名の「御芳」を二本線か斜線で消します。 みなさんが、結婚する時にわかると思いますが、返事が来ないと引き出物、披露宴の手配などほんとに困ります(筆者も経験済み)。 届いたその日に出来るだけ早く、返信しましょう。

次の

結婚式招待状の返信マナーと書き方のポイント[イラスト付き]

結婚式 招待状 返信 書き方

結婚式招待状の返信 ポイント 解説 1)返信・返事はなるべく早く出す 招待者側(新郎新婦)は返信を見て披露宴の料理や引出物の数量を決めるので、 案内状に書かれた期限よりも早めの返信を心掛けます。 2)出来るだけ出席する やむを得ない事情がある時を除き、招待されたら出来るだけ出席するようにします。 「御」の字は二本斜線で消します。 さらに、選ばなかった方を縦二本線で消すと丁寧になります。 氏名については「御芳名(氏名)」 欄の「御芳」の文字も二本線・二重線で消します。 ちなみに芳名(読み=ほうめい)とは相手を敬って使う「氏名」を表す言葉です。 「芳」の字も忘れずに消しましょう。 「ご招待いただきありがとうご ざいます。 例「当日は留袖を着用したいので、着付けと美容室の予約をお願いします」 例「前日に現地入りしますので、我々夫婦大人2名分の宿泊予約をお願いします」 など。 誤りではありませんが結婚式のみに許されるとされる方法で、近年みかけるようになりました。

次の