ファイナル ファンタジー アニメ。 ファイナルファンタジー(映画)とは (ファイナルファンタジーとは) [単語記事]

過去には黒歴史も…「ファイナルファンタジー」5つの都市伝説

ファイナル ファンタジー アニメ

日本を代表するRPGと言えば「ドラクエ=ドラゴンクエスト」と「FF=ファイナルファンタジー」だが、FFを「 ファイファン」と略する人たちもいる。 主に現在30代のユーザーだが、ファイナルファンタジー初期にファンになった人たちだ。 当時の小学生が言い出したらしいが「 ドラクエ対ファイファン」という方が語呂が良い。 それぞれの開発会社、エニックスとスクエアは合併してスクエニになったが、この二つのゲームがコラボするということは無い。 またそれぞれのゲームが任天堂からソニーのゲーム機に移行した時期も違う。 ゲーム会社にも色々と事情があるのだ。 この記事ではトリビアや噂ではなく、ちょっと違った角度から ファイナルファンタジーの都市伝説を書いてみたいと思う。 必ずあなたが知らない話があると思う。 お楽しみに。 ファイナルファンタジー「FF」の意味が都市伝説に これはよく知られた話だが、PC向けのアドベンチャーやRPGで高い評価を得ていた「 スクエア」がファミコンでは全くヒットが出なかった。 会社も雑居ビルに移り、これがヒットしなかったら会社は倒産という瀬戸際の元「 ファイナルファンタジー」という名前になったとの都市伝説がある。 だが実際には全くのデマで、公式的に否定されている。 Sponsored Link 最初に「FFかファイファンか?」と書いたが、公式には最初から「 FF」と決まっていた。 ファイナルファンタジーの生みの親、坂口博信氏によると「Fで始まる単語なら何でも良かった」「ファイティング・ファンタジーという候補もあったが、同名のボードゲームがあったので変えた」ということだ。 ところで初代ファイナルファンタジーには、当時のファミコンでは不可能と思われていた「全世界マップ」や「飛空艇の高速移動」など高度なプログラムが詰め込まれている。 特に「 飛空艇の高速移動」は「バグを利用しているので他のプログラマーは理解できない」と噂になるほど高度なプログラムで、このせいで他のゲーム機に移植できないという都市伝説まで生んだ。 またプログラムをしない人には全く分からない話なのだが、コンピューターは二進法という数字の表記法でプログラムする。 それを短く書けるのが16進法(マシン語表記)だ。 その表記法では「FF」というのは「 最後の数字」なのだ。 つまり意味としては「最後の作品」ということで当たっているのかもしれない。 ちなみに高速移動を実装したナーシャ・ジベリ氏は、高速移動ならぬ世界放浪を趣味としている。 意外と知らない「魔法系ジョブ」の違い なにしろキャラクターデザインが 天野喜孝氏だ。 天野氏はアニメでもキャラクターデザインを手掛けているが、スクエニが交渉に行くと二つ返事で引き受けたらしい。 何しろ独特の世界観を持った絵柄で世界的に有名なイラストレーターであり、天野氏のデザイン無しではファイナルファンタジーは成立しなかったに違いない。 そして音楽が 植松伸夫氏である。 ゲーム音楽の作曲者としては初のゴールドディスクを受賞した方であり、アメリカの「Time」誌でも音楽の革新者として取り上げられるなど世界的評価も高い。 都市伝説によると、植松氏が坂口氏に音楽を注文されたときの指示はたった一つだった。 それは「ドラクエにならないようにしろ」というものだった。 ところで皆さんは「 魔術師」「 魔法使い」「 魔導師」「 魔導士」の違いをご存じだろうか? 「魔術師」は薬・メカ等何でも使えるが「魔法使い」は魔力だけで勝負する。 「魔導師」は「魔法使い」が人間を導く立場の者であり、「魔導士」は「魔導師」になるべく修行中の身を指す。 さらにファイナルファンタジーには、世界でも知られていない「 赤魔導士」が登場する。 赤魔導士は赤魔術を使うわけではなく「魔法剣士」のような扱いだ。 赤魔術はエジプトが白・赤2国に分かれたことを源流とする白魔術・赤魔術というネタがモデルだが、赤魔術自体が都市伝説だ。 しかしポイントは、このキャラクター造形は菊池秀行氏の「 吸血鬼ハンターD」がモデルで、デザインはもちろん天野氏だということだ。 ある意味効率よりもロマンでキャラクターを選択する人に向いているわけで、こういった職業も他のRPGに先駆けて実装している。 あの「人気システム」をファイナルファンタジーが初導入! 実は、後に主流となる「 パーティ・システム」を実装したのはファイナルファンタジーが最初だ。 これにより ドラクエと差別化がされている。 音楽でもそうだが、ファイナルファンタジーはドラクエをかなり意識したつくりになっている。 「 ジョブ・チェンジ」と呼ばれる、職業を変えることが出来るシステムも最初に実装した。 魔法の習得を経験値ではなく「 店で買う」としたのもファイナルファンタジーだ。 Sponsored Link その店に行くにはマップを移動する必要があり、マップの移動にはレベルアップが必要だが「必須」ではない。 一定のイベントをクリアできれば、より強い魔法を手に入れることが出来る。 これによりゲームの戦略に幅が出るのだ。 また初代の作中に「 15パズル」があり、クリアすると100ギルもらえる。 当時のゲームは容量制限が厳しく、こういった遊びを実装するのには大変な技術が必要であった。 ちなみにこのパズル。 前述のジベリ氏が勝手に入れたものだが、あまりに嬉しそうなのでそのまま採用されたという都市伝説もある。 ファイナルファンタジーの世界観にまつわる都市伝説 実はファイナルファンタジーは、凄い基礎知識の上に世界観が構築されているシリーズだ。 まずファイナルファンタジーと言えば「 クリスタル」だが、「4大クリスタル」は世界を構成する4元素「 空気」「 火」「 水」「 土」(西洋魔術)に対応している。 また前述したように、エジプト由来の赤魔術も登場する。 王様はダークエルフが化けている設定にしたり、地形で鷹の目(ホルスの目=古代エジプトのシンボル)の位置に町があったり、クリスタルを使い天空を飛ぶ文明は アトランティスを連想させる。 そして月世界までマップは広がっていくし、「魔晄システム」(都市伝説によると原子力のこと)が登場したりする。 職業にも召喚士や風水師など他のRPGには登場しないものがあり、 地理・歴史・魔術・オカルト・科学まで多くの知識を有する人物が開発に関わっていたことも想像される。 都市伝説を越えたゲーム業界の不仲説 実はスクエアと任天堂はかつて、 仲が悪かった。 ドラクエを開発したエニックスは任天堂と密接な関係を持ち、任天堂の サードパーティ(ゲーム業界ではファースト=任天堂・SONY、セカンド=ファーストと密接な関係の開発会社、サード=普通の開発会社)として優遇されていた。 スクエアも任天堂との関係を強めたいと思い、任天堂と共同で「 スーパーマリオRPG」を制作してヒットしたが、当時のスクエア側のスタッフはその後独立。 「アルファドリーム」という会社を作って任天堂のセカンドになってしまった。 報復というわけではないが、スクエアの人間がエニックスを SONY陣営に勧誘していたことが任天堂に知れてしまう。 そしてスクエアはゲーム容量とグラフィック能力の問題から、任天堂に見切りをつけてSONY陣営のプレイステーションでファイナルファンタジーを出すことになる。 それが後に「デジキューブ(スクエアのコンビニを使ったゲーム流通)で任天堂商品が扱えない」「ゲームボーイ等の携帯機でスクエアのタイトルが出せない」という問題につながる。 その後、紆余曲折があり(実写版ファイナルファンタジーの不振で社長交代・エニックスとの合併・坂口氏の退社等)任天堂との関係は改善されて、様々なタイトルが任天堂のハードでも遊べるようになった。 ちなみにこの合併の時期には「 エニックスお家騒動」などのゴタゴタもあるが、それについてはまた別の都市伝説で語ろう。

次の

ファイナルファンタジー(映画)とは (ファイナルファンタジーとは) [単語記事]

ファイナル ファンタジー アニメ

この記事で分かること• ファイナルファンタジー5の脅威「エクスデス」の正体 ファイナルファンタジー5に登場する、水色の鎧を着用して禍々しい剣で戦う最終ボスの「 エクスデス」。 このラスボス、実はもともと樹木でした。 樹木に戻ると 鎧の一部が残った状態の姿をしている彼。 そんなエクスデスは樹木ではあるものの、名前の由来はまさに最終ボスの威厳があるものでした。 その由来とはエクスデスを英語に直すと分かります。 そう、その名も「 EXDEATH」( 死を超えるもの)。 倒さなければならない敵ではありますが、黒幕に相応しい都市伝説ですね。 「パラサイト・イヴ」で登場?ファイナルファンタジー7の人気キャラ ファイナルファンタジー7で、人気が高いヒロインでおなじみの「 エアリス」。 彼女の死を嘆いたファンも多いのではないでしょうか。 その名前の起源ですが、 EARTH( 地球)が元になっていました。 ちなみに、ファイナルファンタジー7のキャラ名を使用したオマージュがあるのをあなたはご存知ですか? それは人気ゲーム作品「 パラサイト・イヴ」で確認する事が出来ます。 作中に登場するコンピューターウイルスの名前が「クラウド」。 さらに科学専門雑誌の名前が「エアリス」だったりと… ファイナルファンタジー7のキャラクター名がふんだんに使用されていたのです。 製作者の粋なオマージュですよね。 スポンサーリンク 実は男前「アーヴァイン・キニアス」の都市伝説! ガルバディアガーデンの名狙撃手で、銃を使用する「 アーヴァイン・キニアス」。 彼は名手と言っても、ファイナルファンタジー8の作中でその腕を披露する瞬間は 魔女暗殺任務のみ…というちょっぴり残念なキャラクター。 そんな彼にも都市伝説があります。 作中で、イデア暗殺任務の際「本番に弱い」等の弱音を吐いていたアーヴァイン。 きっと当時のプレイヤーからは「情けない奴」と思われていたのではないでしょうか。 しかし彼には「 撃てない理由」が存在していたのです。 それはイデアが、元々アーヴァインやスコール達も育った 孤児院の教師だったからです。 通称「 ママ先生」と呼ばれていた人物。 それがあのイデアだという事をアーヴァインは任務を受けた際に気付いてしまったのです。 だからこそ、任務の時に イデアに銃口を向ける事が出来なかったのでは…?とされる都市伝説。 最初は頼りない奴だと思われていたかもしれませんが、この都市伝説を知るとすごく男前に感じてしまいます。 ファイナルファンタジー9で見られる「クラウド」の武器 ファイナルファンタジー9では、7に登場するクラウドの武器が「ある場所」で確認出来るのを知っていましたか? それは リンドブルムの武器屋。 ここにクラウドが愛用していた「 バスターソードらしきもの」が展示されているのです。 武器屋の主人に話を聞くと「 大昔、ツンツン頭の奴が使っていた」と語ってくれます。 これは間違いなくクラウドのバスターソードでしょう。 彼はカモメ団の情報担当もしていて、ガスマスクをつけた謎の風貌はかなり異質なキャラですよね。 男か女かも判断がつかない中性的な声をしているため、「シンラ君」と言っても 本当に男なのかは不明… 彼の背景等はストーリーでも謎を残したままで、そんなミステリアスな「シンラ君」にも都市伝説が囁かれています。 それは彼の「別の星で見つけたエネルギー」という伝えが、実はファイナルファンタジー7に登場する「 魔晄エネルギー」を指しているのではないかと言うもの。 「魔晄エネルギー」ときたら、出てくる名前は「 プレジデント神羅」。 この都市伝説では「シンラ君」が「プレジデント神羅」の先祖ではないかと言われているのです。 という事は…時間軸を考えるとファイナルファンタジー7は「 10の後に存在した世界」という方程式が成り立ちます。 実はこれに関しても、都市伝説が頻繁に語られているのです。 「10・7」の時間軸は繋がっていた!? 先の通り、 ファイナルファンタジー7と10の関係について推測して来ましたが… なんとファイナルファンタジー10の「 2000年後」の世界が7であるとのこと。 これは公式設定にもなっている程ですが、知らない人も多く都市伝説化している話です。 しかし、2つの作品をよく見るといくつか共通点があるのも確か。 例えばファイナルファンタジー7で登場した「 ライフストリーム」は、10に登場する幻光虫と同じ物体だと言われています。 ファイナルファンタジー10だと「 幻光虫」は亡くなった人の魂が変化したものとされていて、時にモンスターにも変化します。 しかし、そこから2000年経ったファイナルファンタジー7の世界ではライフストリームがモンスターになる事はなかったですよね。 文明の進化で、幻光虫がモンスターになる事が無くなったと捉えても良いでしょう。 他シリーズとの関連性があまり無いと思っていた方も多いと思いますが、意外にも世界観は繋がっていたようです。 今後、ファイナルファンタジーをプレイする際「都市伝説が含まれているかも!?」と目を凝らしてプレイすると、他のシリーズとの意外な共通点が見つかるかもしれません。

次の

リメイク版『ファイナルファンタジーVII』はすでに次回作が開発中。「クラウドの女装が大幅ショーアップ」など新情報も

ファイナル ファンタジー アニメ

ラストオーダー ファイナルファンタジーVII LAST ORDER -FINAL FANTASY VII- OVA 監督 シリーズ構成 犬飼和彦 キャラクターデザイン アニメーション制作 製作 発売日 - プロジェクト ポータル 『ラストオーダー -ファイナルファンタジーVII-』(ラストオーダー ファイナルファンタジーセブン、LAST ORDER -FINAL FANTASY VII-、略称: LO FFVII、 LO FF7)は、発売の『』の限定ボックス「ADVENT PIECES: LIMITED」に付属された作品である。 2005年9月14日発売。 25分。 『』(『FFVII』の一環で、『』でのニブルヘイム事件をアニメーション化した。 『FFVII』はもちろん、『』(『BC FFVII』)や『』(『CC FFVII』)などにも繋がるストーリーとなっているが、ゲーム内での描写とは異なる点も多く見られる。 ストーリー [ ] 炎に包まれたニブルヘイム。 ティファは逃げろという師ザンガンを振り切り父を救うため魔晄炉のセフィロスの下へと行ってしまう。 そのことを聞いたザックスもセフィロスの下へ向かい、魔晄炉でソルジャー同士の戦いが始まる。 しかし、ソルジャークラスファーストのザックスもセフィロスには及ばず倒れてしまう。 セフィロスがジェノバの首を斬り取った瞬間、後ろから一人の神羅兵に刺される。 その後ティファを抱きかかえたその顔は、クラウドだった。 ザックスからセフィロスにとどめをさせといわれたクラウド。 バスターソードを再び手に取り立ち向かうクラウドだが逆に正宗を胸に突き立てられ形勢を逆転させられてしまう。 しかし、クラウドは刺さった正宗を掴みセフィロスを振り払った。 セフィロスはそのクラウドの様子に不適な笑みを浮かべ、ライフストリームに降りていった。 その後駆けつけた神羅、ツォン、宝条らは、クラウドとザックスを収容する。 それから時は流れ、脱走を企てるザックスとクラウド。 タークスにも追跡に加わる命令がだされた。 ツォンはザックスとクラウドのファイルを見てニブルヘイム事件のことを思い出していた。 ツォンはザックスとクラウドを「出来るだけ生きたまま身柄を確保」するため追跡に動き出す。 一方脱出したザックスとクラウドはへ向かう車の荷台に乗りながら、ついてから何をするかを話していた。 その時、「タークスの到着を待て」との命令を受けていた神羅軍が自らの手柄にするため命令を無視し、荒野を移動しているザックスとクラウドを射殺しに向かう。 ザックスは魔晄中毒により動けないクラウドを安全な岩陰にかくし、神羅兵との最後の戦いに向かう。 数え切れないほどの神羅兵をなんとかなぎたおすが、同時にザックスもかなり撃たれ最早助からない状態でいた。 そこに意識をとりもどしたクラウドがザックスのもとに地面をはいずり近づいてくる。 クラウドはまだ記憶がもどらず状況がつかめないままでいた。 ザックスは「おまえが俺の生きた証」「俺の夢や希望全部やる」そして最後に「英雄になりたければ夢をもつんだ」という言葉を残し、永遠の眠りにつく。 その瞬間、クラウドはザックスとの全ての思い出がよみがえる。 そしてクラウドはザックスのことを必ず忘れないことを心に決め、形身であるバスターソードをひきずり、荒野を一人歩いていった。 登場人物 [ ] 詳細は「」を参照• (Zack) -• (Sephiroth) -• (Cloud Strife) -• ティファ・ロックハート(Tifa Lockhart) -• ツォン(Zeng) -• レノ(Reno) -• ルード(Rude) -• タークス(ロッド) -• タークス(短銃) -• タークス(散弾銃) -• タークス(二丁拳銃) -• タークス(格闘) -• 宝条(Hojo) -• ザンガン(Zangan) - ゲームとの描写の違い [ ] ニブルヘイムが炎に包まれている時のザックスとクラウド アニメでは2人で一緒に居たが、ゲームではクラウドが自宅の前で倒れており、ザックスは一人で魔晄炉に向かおうとしていた。 ティファの父親の呼び方 アニメでは「お父さん」と呼んでいるが、ゲームでは「パパ」と呼んでいる。 セフィロスの刀の持ち手 ゲームでは記念写真と炎の中に消えて行くムービーシーン、最後の戦いでのムービーシーン以外は右手で持っていたが、アニメではすべてのシーンで利き腕の左で持っている。 ティファの父親が殺された場所 と ティファがセフィロスの刀を持つシーン アニメでは魔晄炉の外になっていたが、ゲームでは魔晄炉の通路だった。 クラウドがティファを抱きかかえるシーン アニメではティファが一時的に意識を取り戻しクラウドに気づいているが、ゲームでは気づいていない。 セフィロスがジェノバの首を持っていこうとするシーン ゲームではジェノバが眠っていた部屋を出て通路に向かっていた。 クラウドがセフィロスに止めを刺そうとするシーン ゲームでは素手の状態で襲い掛かろうとしていたが、アニメではバスターソードを持って止めを刺そうとしていた。 セフィロスがクラウドを刺すシーン アニメではジェノバが眠っていた部屋になっていたが、ゲームではライフストリームが剥き出しになっている魔晄炉の通路だった。 セフィロスがライフストリームに落ちていくシーン アニメではジェノバが眠っていた部屋でジェノバの首を持って自ら飛び降りていったが、ゲームでは魔晄炉の通路にてクラウドに刀を突き刺した後、クラウドに刀ごと空中に持ち上げられ投げ落とされた。 ジェノバが眠っていた部屋 ゲームではライフストリームが剥き出しになっている部分が見られなかった。 魔晄炉の外と卵の間にあった通路 アニメではその通路そのものが省かれていた。 神羅屋敷からの脱走後のクラウドの服装 ゲームでは神羅屋敷から脱走してニブルヘイムから出た後はザックスがクラウドをソルジャーの格好に着替えさせたが、アニメではその後も神羅兵の服装のままになっている。 『BC FFVII』との接点 [ ] 『FFVII』の6年前を描いた『』(『BC FFVII』)の第12章、第13章のエピソードでは、タークスの一員としてニブルヘイムに行くミッションをすることができる。 『CC FFVII』との接点 [ ] 『FFVII』の7年前を描いた『』(『CC FFVII』)はザックスが主人公であるため、エピソード第8章からニブルヘイム事件に遭遇し、神羅屋敷からミッドガルに向かうまでの事件の全容(一部オリジナルの設定有り)を直接把握することができる。 関連項目 [ ]• スタッフ [ ]• 監督 -• オリジナルストーリー -• 脚本 -• キャラクターデザイン -• 総作画監督 - 田崎聡• 作画監督 - 室井ふみえ、香月邦夫、山田勝哉• 美術監督 - 金子英俊• 色彩設計 - 角本百合子• 撮影監督 - 増元由紀大• 編集 - 木村佳史子• 音楽 -• 音響監督 -• スーパーバイジングディレクター -• エグゼクティブプロデューサー - 、、• アニメーションプロデューサー -• アニメーション制作 -• エンディングテーマ「LAST ORDER」.

次の