子供 お弁当箱 選び方。 幼稚園のお弁当箱の大きさや形選び方のポイントは?使ってみた感想♪

【管理栄養士直伝】1歳児2歳児のお弁当を作るコツ。弁当箱の大きさは?どれくらい食べるの?

子供 お弁当箱 選び方

最近、インスタ映えする「曲げわっぱ弁当箱」が人気となっていますね。 私はツイッターにお弁当を投稿しているのですが、「 曲げわっぱ」「 わっぱ弁当」と検索すると、愛好者がとても多いのに驚きます。 形や木目の見栄えの良さから、SNS投稿のために曲げわっぱに買い替える人もいるほどです。 見た目がおしゃれなだけでなく、地味なおかずも美味しく見え、のっけにすると時短ができる「曲げわっぱ」はとても重宝します。 実は私も念願の曲げわっぱデビューを果たし、ひとめぼれした弁当箱を末永く愛用するために、わっぱの特徴やお手入れ方法を簡単にまとめました。 これから曲げわっぱを買うあなたのための「スタートガイド」として、このブログを参考にしていただけたら嬉しいです。 曲げわっぱの素材 主にスギやヒノキなどが使われていて、カビ・シミ予防、耐久性をよくするために漆やウレタンが塗られているものがあります。 曲げわっぱの特徴 単純に「曲げわっぱ」と言っても、仕上げの違いにより、大きく3種類に分かれます。 現在では、耐久性を良くするため、漆やウレタンを塗ってあるものが主流となっていますが、木製の弁当箱はプラスチック素材と比べると、お手入れが大変です。 「せっかく買った曲げわっぱが台無しに」ならないよう、買う前に特性を理解しておきましょう。 何も塗っていない。 カビとシミが付きやすい。 油ものが苦手。 通気性と保湿性が良く、ご飯がふっくらしたまま食べられる。 殺菌効果があり、菌の繁殖を防ぐ。 木の香りが楽しめる。 お手入れが大変。 漆塗り• 漆でコーティングされている。 白木よりも油に強く、カビとシミが付きにくい。 木の持つ通気性はあるが、白木と比べると悪い。 漆には殺菌作用があるので、おかずが傷みにくい。 お手入れが楽。 ウレタン塗装• 合成樹脂でコーティングされている。 カビとシミが付きにくく、油汚れにも強い。 合成樹脂はプラスチックに分類されるため、プラスチック弁当箱のように使える。 見た目は木製だが、通気性や殺菌力が弱い。 お手入れが簡単。 曲げわっぱの洗い方 わっぱ弁当箱は、コーティングの有無によりお手入れ方法が異なり、その手間も違います。 そこで、種類の違いによる洗い方を紹介します。 お湯または水を注ぎ、汚れを浮かせたのち、軽くたわしで洗い落とす。 研磨剤が入ったクレンザーを使い、タワシで表面を磨くように洗う。 洗った後は十分にすすぐ。 すすいだあとは、乾いた柔らかい布で水分をよく拭き取る。 風通しの良い場所で乾かす。 注意点• 重曹、漂白剤、中性洗剤は使わない 木目に洗剤が吸い込まれるため。 お湯につけるのは10分が限度 ゆがみを防ぐため。 完全に乾くには一日以上かかる。 一日置くか、二個を交互に使う。 食洗機は使えない。 シミがついた場合• 油分によるシミの場合は、10分ほどお湯につけ、油分を浮かせてから洗う。 黒ずみがついた場合• それでも取れない場合、目の細かいサンドペーパーで気になる部分を削り落とす こすりすぎると木地が薄くなるので注意。 これは木の成分とお米の澱粉が反応したもので、人体に害がなく、黒ずんでいても問題なく使えます。 カビがついた場合 たっぷりカビが付いてしまった場合は諦める カビが木の繊維まで根を張っているため。 軽い場合は、水で洗い流してから煮沸消毒をする。 漆・ウレタン• お湯または水で洗い、乾いた柔らかい布で水分をよく拭き取る。 風通しの良い場所で乾かす。 注意点• スポンジは使えるが、磨き粉やたわしで磨かない 塗りが剥げるため。 食洗機は使えない。 曲げわっぱを上手に使うコツ 曲げわっぱは、水分や油分を嫌うデリケートなお弁当箱です。 日頃から以下の事に気を付け、大切な弁当箱を長持ちさせましょう。 シミをつけない• 詰める直前に、内側を水で軽く濡らし、乾いた布で丁寧に水分を拭き取る 水の膜でシミを付きにくくする。 キッチンペーパーで油や調味料を吸い取ってから詰める。 トマトケチャップやカレー粉などは色がつきやすいので、カップやシートを使って詰める。 カビさせない• 綺麗にして完全に乾燥させる。 長持ちさせるために• 電子レンジは使わない。 食洗機は使わない。 外出先では、ティッシュなどで軽く汚れを拭き取っておく。 水に浸けっぱなしにしない。 曲げわっぱの選び方 種類の選び方 白木• ナチュラルな白木が好き。 通気性・保湿性・殺菌効果重視。 「木」本来の色や香りを楽しみたい。 お手入れの手間がかかっても使いたい人向け。 漆塗り• 通気性・殺菌効果は欲しいけど、お手入れが楽な方がいい。 手軽に使いたい人向け。 ウレタン塗装• ナチュラルな白木が好き。 通気性・殺菌性はあまり気にしない。 木目の風合いを楽しみたい。 面倒なお手入れをせずに手軽に使いたい人向け。 サイズの選び方 わっぱには大中小さまざまな大きさがあり、サイズの目安は以下のようになります。 おかずがかさばる時はご飯を浅く詰め、普通の時はふんわり詰めるといいですよ。 小判型• 容量が多いので男性向き。 大きめサイズをスリムに持ち運びたい時に。 ご飯とおかずを分けたい人にもおすすめ。 漆やウレタン塗装の臭いの取り方 シミを防止するために、漆やウレタンでコーティングされた曲げわっぱは、使い始めに塗料の臭いがすることがあります。 漆やウレタンは、食品衛生法をクリアしたものなので身体に害はありませんが、しばらく臭いが続くこともあります。 臭いを消してお弁当を美味しく食べるために、臭いを取る方法を紹介します。 家庭用の中性洗剤で洗う。 風通りのよい室内でフタを開けて陰干しをする。 米のとぎ汁に少量の酢をまぜたものに1時間ほどつける。 うすめた食用酢を布巾にしみこませて拭く。 米びつの中に数時間入れておく。 以上のことを繰り返すと、徐々に臭いが消えていきます。 最後に 曲げわっぱを選ぶポイントは.

次の

口コミ!本当に使える子供用お弁当箱【決定版】選び方&人気15選

子供 お弁当箱 選び方

メリット• 軽くて丈夫• 汚れがつきにくく落ちやすい• 熱伝導率の良さ• 子供向けのデザインも豊富 昔ながらのアルミのお弁当箱ですが、今でもおしゃれなデザインも販売されています。 キャラクターアイテムも揃っているので、子供向けのデザインも豊富です。 幼稚園にお弁当を持って行く場合は保温庫に入れて温めておくところもありますよね。 その際は熱伝導のいいアルミ製のお弁当箱を指定されることが多いです。 アルミのお弁当箱は使い勝手もいいので、人気があります。 丈夫なので長く使えることや、油汚れに強くミートソースなどの色移り、油汚れが残ってしまう、などのストレスもありません。 アルマイトという加工で、めったなことではサビない点もアルミのお弁当箱のポイントです。 デメリット• 電子レンジを使えないことが多い• 食洗器が使えない• 汁気の多いもの、梅干しなど中身に気を付ける必要がある アルミ製のお弁当箱は基本電子レンジで温めることができないですが、フタを取れば電子レンジでの温めが可能なものもあります。 また食洗器に対応していないため手洗いをしなければいけません。 アルミ製のお弁当箱に梅干しを入れると、腐食してしまう可能性もあるため、注意が必要です。 プラスチック製のお弁当箱 メリット• デザインの種類が豊富• 比較的安く手に入る• 電子レンジや食洗器が使えることが多い 子供のお弁当箱と言えばプラスチック製をイメージするパパママは多いでしょうか。 プラスチック製のお弁当箱は、豊富なデザインが特徴です。 子供が好きなキャラクターのものを選ぶことができるでしょう。 1段や2段、丸や四角などお弁当箱のタイプも、プラスチック製は豊富です。 子供用のプラスチック製のお弁当箱なら、1000~2000円ほどで手に入るものがほとんどで、100均でも購入することができます。 電子レンジや食洗器に対応していると、パパママも便利ですよ。 デメリット• 壊れやすく劣化が早い• 色やにおいが移る プラスチック製のお弁当箱は衝撃に弱く、フタは特に落とすと壊れやすいです。 かわいいイラストも長年使うとプリントが剥げてしまうこともあります。 比較的安価で購入できるので、子供の成長に合わせて買い変えたい人はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。 プラスチック製のお弁当箱は、色移りや匂い移りしやすい点がデメリットです。 木製のお弁当箱 メリット• 中身の美味しさを保てる• 温かみがある 木は湿気を程よく吸うので、お弁当の水分量を調整し料理をおいしく保つ役割を果たします。 ご飯がべたつくことがないので、初めて使った人はびっくりするかもしれません。 木の温かみがあり、お弁当の中身をおいしく見せてくれるので、SNSでもよく見かけますよね。 デメリット• 値段が高い• 密閉性が低い• 食洗器や電子レンジが使えない• カビが生えないようにお手入れが必要 木製のお弁当箱は平均2500円~3000円弱とプラスチック製のお弁当箱に比べると高いです。 その分、お弁当をおいしく保ってくれると考えれば気にならないでしょうか。 木製のお弁当箱はパッキンがついていないので、汁気の多いおかずは不向きです。 電子レンジや食洗器を使いたい場合も向いていません。 洗ったらしっかりと乾燥させ、カビ対策も必要です。 ステンレス製のお弁当箱 メリット• 丈夫で長持ちする• 汚れや匂いがつきにくい ステンレス製のお弁当箱はアルミ製より丈夫なので、買ってから10年以上使っている人もいるほどです。 子供の食べる量が増えたら、デザート用、おかず用、と買い足していく方法もありますよ。 光沢があり高級感があるのも特徴です。 またステンレスは合金で、その特性上表面に被膜を作っているためとてもサビにくいのが最大のメリットです。 食洗器対応であれば、お手入れも簡単です! デメリット• 重量がある• シンプルなデザインが多い• 電子レンジが使えない• 値段が高い アルミよりも多少重いため、子供にとっては扱いにくいこともあるでしょう。 もしステンレスのお弁当箱を選ぶのであれば、子供の力で持ち運びや開閉が難なくできるかどうかを試してからにするのがおすすめです。 シンプルなデザインが多いので、キャラクターものが好きな年齢の子供には向いていないでしょう。 ステンレス製のお弁当箱は丈夫な分、価格も安くもありません。 子供用のお弁当箱の選び方 遠足や運動会など行事があれば、必要になってくるのが子供用のお弁当です。 幼稚園では、毎日お弁当が必要なところも多いですよね。 どんな中身を詰めてあげようか、どんなお弁当箱を用意してあげようか、と悩むパパママは多いでしょうか。 子供のお弁当箱選びの参考になる情報をご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 容量(年齢や食べる量) 子供のお弁当箱を選ぶ時に、最初に当たる壁が大きさでしょうか。 子供が「これ!」と選んだものを使わせてあげたいけれど、大きすぎたり足りなかったりしないか、気になりますよね。 お弁当箱の容量を選ぶ時は、子供の年齢や食べる量を基準に決めましょう。 子供の年齢でお弁当箱の容量を決める場合は、以下の表を参考にしてみてください。 1歳~2歳 300~320ml 3歳~6歳 420~450ml 小学生(低学年) 480~580ml 小学生(中学年) 570~700ml 小学生(高学年) 700~840ml お弁当箱の容量は、摂取カロリーとイコールになっています。 厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)策定検討会」の報告書に記載されている年齢ごとの1日あたりの平均必要摂取カロリーを3(1日3食)で割ると、子供の年齢に必要な1食分のカロリーが計算できます。 幼稚園・保育園に通う3~6歳の子供であれば280~450kcal程度、小学校低学年であれば450~500kcal、中学年で500~600kcal、高学年で600~850kcalです。 もちろん個人差があるので、子供の食べられる量を見越して、小食さんであれば小さめのお弁当箱を、たくさん食べる子供なら大き目のお弁当箱を選んであげるようにしましょう。 お弁当の時間は決められていることが多いものです。 お弁当を食べることにまだ慣れていない入園したての年少さんであれば、あえて小さめのお弁当箱を選び、まずは「時間内に全部食べ切れた!」という自信をつけてあげてもいいですね。 詰め方(2段、仕切り付き、小分けのランチケース) どんな詰め方をしたいかによって、お弁当箱を選ぶこともできます。 2段タイプ、仕切り付き、小分けのランチケースの3タイプについて紹介します。 2段タイプ 大きく2つに分かれているため、おかずとご飯の味移りを心配する必要がないのがメリットです。 膝の上に乗せて食べるのが少し難しいのですが、ピクニックマットや机の上など、お弁当箱を広げるスペースがある場合は特に問題にはなりません。 ただ、小さな子であれば子供自身がお弁当の全体量を把握しにくく、おかずばかりを先に食べてしまったりすることもあるでしょう。 仕切り付き 1段で、仕切りがついているタイプです。 お弁当箱一面をキャンバスに見立ててお弁当を作れるので、キャラ弁や可愛らしいお弁当をよく作る場合は1段タイプで取り外せる仕切り付きの方が使い勝手がいいでしょう。 また、仕切りを移動させることによっておかずとご飯の量を変えることができるので、食べる量に合わせて調整することができるのも便利です。 小分けのランチケース 数個セットで売っていることの多い、入れ子式になっているランチケースです。 ごはん、おかず、デザートを別々のケースに入れることになるため、おかずの汁気がデザートについたりすることがありません。 また、お弁当箱として使わない時は保存用ケースとしても活用できます。 フタのタイプ(シール式、ロック式、かぶせるタイプ) お弁当箱のフタのタイプはさまざまです。 主にシール式、ロック式、かぶせるタイプの三つに分かれます。 この点にも気を配ってお弁当箱を選びましょう。 シール式・ロック式 樹脂製のフタをぴっちり被せるのがシール式で、プラスチックや金具のパーツによってロックをするのがロック式です。 どちらも密閉ができるため汁気があってもこぼれにくいのがメリットですが、年少さんなど小さな子供には扱いが難しいこともあります。 こちらのタイプを購入する場合は、子供に扱えるかどうかを実際に触らせて確認しましょう。 かぶせるタイプ 上からフタをかぶせて、ゴムバンドなどで留めるタイプです。 小さな子供でも自分で開け閉めがしやすいところが最大のメリットと言えます。 反面、汁気があるものがこぼれやすいというデメリットがあります。 心配な場合はフタにパッキンのついているタイプを選びましょう。 保温効果の高さ(ランチジャー) 幼稚園・保育園に保温庫がない場合や、冬場の行事等でお弁当を持たせる時も温かいものを食べさせてあげたい…そんな時は保温効果の高いランチジャーを用意してもよいでしょう。 多少お値段は張りますが、温かいままのカレーや麺類、丼ものをお弁当にすることができます。 中身をこまごま用意する必要もなく、時短にもなりますよ。 容量 本体280ml、中容器200ml 電子レンジ 中容器のみフタを取れば可 食洗器 記載なし ダイソーやセリアなど100均でもお弁当箱が手に入る! ダイソーやセリアなどの100均にも、たくさんのお弁当箱が並んでいます。 ほとんどがプラスチック製ですが、シールタイプの保存容器や小判型、おにぎりケースなど、形もデザインも豊富です。 使い捨てのお弁当箱も充実していますから、園の行事等で必要になった時はぜひ100均のお弁当グッズ売り場をのぞいてみてください。 まとめ お弁当箱には色々なタイプがあり、素材も多岐にわたります。 子供がどの程度食べられるのか、そして幼稚園・保育園での使用頻度や、保温庫のありなしを考えてお弁当箱をチョイスするようにしましょう。 使うのは子供ですから、子供の意見もしっかり取り入れてお気に入りのお弁当箱を見つけてくださいね。

次の

子供の弁当箱のサイズ一覧!園児から小学生の容量目安はコレっ!

子供 お弁当箱 選び方

子どものお弁当箱を選ぼう 子どもとのお出かけや、幼稚園や保育園に入園するタイミングで子どものお弁当箱を用意したいと考えているママもいるようです。 お弁当箱にはさまざまな種類があるため、どのような選び方をするとよいのか悩むママもいるのではないでしょうか。 今回は、子どものお弁当箱の種類や年齢別に選ぶときのポイントを、体験談を交えてご紹介します。 子どものお弁当箱の種類 子どものお弁当箱にはどのような種類があるかご紹介します。 素材 お弁当箱の素材には、プラスチック製や木製のほか、アルミ製やステンレス製などがあるようです。 お弁当を温めて食べることを想定している場合には、電子レンジで加熱ができるプラスチック製や、保温庫に入れられるアルミ製のお弁当箱を選ぶとよいかもしれません。 保育園や幼稚園によっては、素材について指定されることもあるようなので、使用するシーンを考えて選んでみてはいかがでしょうか。 大きさ 子どものお弁当箱の容量は、280ml前後のものから450ml前後のものまで、さまざまなサイズがあるようです。 2段になったお弁当箱など、形もいろいろあるようなので、実際に手にとり、子どもが食べきれる量にあわせたサイズを選べるとよいかもしれません。 開閉方法 お弁当箱の開閉方法は、シール蓋タイプやロックタイプ、かぶせタイプなどがあるようです。 かぶせタイプは、上から蓋をかぶせるシンプルな形状のようで、子どもが自分でお弁当箱を開けやすいようです。 汁漏れしづらいものがよい場合には、ふたの両側に止め具のついたロックタイプがよさそうです。 子どもが自分で開けやすいかや、詰めるものを考えてどのようなタイプにするか決めてみてはいかがでしょうか。 【年齢別】お弁当箱を選ぶときのポイント.

次の