アイボリー ホワイト。 【白色系の種類・違い(見本画像あり)】 オフホワイトとは?、アイボリーとは?

アイボリーとはどんな色?ベージュとの違い・合う色 [カラーコーディネート] All About

アイボリー ホワイト

私が通っていた高校では白ソックスが校則だったのですが、真っ白ではなくオフホワイトのソックスを履くのが「かっこいい」と流行っていました。 なぜなのか、今ではわかりません(笑) ところで、ホワイトとオフホワイト、商品名がついたソックスを並べて比較すると、「たしかに色が違う」とわかるのですが、ではどんな色がオフホワイトなのかと訊かれると、うまく説明できません。 さらに、「アイボリーとオフホワイトの違いは?」なんて言われると、もうお手上げです。 日本人にはホワイトよりもオフホワイトの方が似合うため、ドレスもオフホワイトが人気だそうです。 あと、私のイメージでは、ロハスな生活やナチュラル志向の方は生成りのワンピースを着ているような気がします。 あくまで私のイメージです。 「アイボリー」は、ivory、象牙のことです。 象牙の黄色がかった・やや灰色の白色がアイボリーです。 クリーム色やベージュを薄くしたような色ですね。 オフホワイトよりは黄色や灰色の色味が強いです。 クラシカルなドレスでは、経年の風合いを出すために(実際に古いこともある)ホワイトではなく、アイボリーカラーにすることもあります。 「パールホワイト」と「スノーホワイト」の色の違いと名前の意味は? 「パールホワイト」とは、 真珠のようにつやを帯びた白色のことです。 ウェディングドレスの生地がパールホワイトかな。 メイクでパールというと、ラメよりも細かい粒子で、キラキラというよりもつやっと見せてくれる化粧品・カラーです。 「スノーホワイト」は、 雪のような白さのことです。 JISの色彩規格ではスノーホワイトは「白」ですが、色を文章表現ではなく数値で表したときにはホワイトよりも少し青みがかっています。 また、パールホワイトやスノーホワイトというとジャンガリアンハムスターですよね。 ハムスターでは、ノーマルの白い毛色がパールホワイト、ブルーサファイアの白いのがスノーホワイトです。 見分け方、背中に黒(グレー)の線が入っていればパールホワイト、線がないのはスノーホワイトです。 【ハムスター パールホワイト】.

次の

アイボリーとはどんな色?ベージュとの違い・合う色 [カラーコーディネート] All About

アイボリー ホワイト

象牙の彫刻 アイボリー(ivory)は、の一つ。 (アイボリーは(象の)のことで、象牙の色がこう呼ばれる。 淡く黄色がかったやや灰味の白色。 をさらに薄くしたような色である。 アイボリーホワイト(ivory white)ともいう。 元来は、アイボリーは象の門歯そのものの灰色味を帯びた色、アイボリーホワイトはそれを加工するためにした黄色味の白色であったが、現在ではほぼ区別なく用いられると考えてよい。 なお、は、象牙を焼いて作られた黒色顔料、もしくはその色である。 西洋では象牙は古来から重要な工芸材料あるいは建築材料であり、アイボリーの色名は古く1385年頃から見られる。 加工のしやすさや仕上がりの美しさなどから、日本においても高級材料として珍重されてきた。 現在では象牙の乱獲が規制されているため、象牙そのものが材料として用いられることはほとんどないが、アイボリーの色合いは暖かく落ち着いた高級感を演出する色として、様々な場面で用いられている。 日本では、近代になって 象牙色(ぞうげいろ)という語も使われるようになった。 これは伝統的な日本語の色名というよりは、英文学に登場する色の名前の訳語として生まれた名前である。 日本古来の伝統色のなかでもに近い色調で、純白よりもいっそう日本人の生活域によく馴染む。 象牙色という表現は、翻訳文学に登場する際はやなどの色の形容のほかに北部ヨーロッパの(特に人種)の肌の形容に使われる例もある。 近似色 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の

アイボリーとはどんな色?ベージュとの違い・合う色 [カラーコーディネート] All About

アイボリー ホワイト

アイボリー(ivory)は象牙という意味で、象牙のような黄みを帯びた白のこと アイボリー(ivory)は象牙の意。 象牙のような黄みを帯びた白のことで、「アイボリーホワイト」とも言います。 象牙は、材質が美しく加工も容易なので、古来工芸品の素材として珍重され、特に、日本では印鑑の高級素材として高値で売買されてきました。 しかし、アフリカ象は絶滅の危機に瀕しており、ワシントン条約によって、象牙製品なども含め国際取引は原則禁止となっています。 年々、希少価値が高まる象牙そのものを見る機会は少なくなっていますが、アイボリーという色名は、 真っ白ではない白を表す言葉として、日常的に使われています。 アイボリーとベージュ・オフホワイト・クリーム色との違い 真っ白ではない白を表す色名は、アイボリーの他にもあります。 たとえば、ベージュ(beige)は、染色してない毛織物のことで、ごく薄い黄色ないし茶色を表します。 オフホワイト(off-white)は、わずかに色みが感じられる白のこと。 クリーム色(cream)は、お菓子などを作るのに用いるクリームのような、ごくうすい黄色のことで、クリームイエローと呼ばれることもあります。 アイボリーと混同されやすいベージュ、オフホワイト、クリーム色。 それぞれ異なるニュアンスがあります 上図は、JIS慣用色名のアイボリー(ivory)のほか、DICカラーガイドから、アイボリーに関連する色、アイボリーと混同されやすいベージュ、オフホワイト、クリーム色をまとめたものです。 詳細は下記のとおり。 1段目はアイボリーに関連する色名で、左から順に• JIS慣用色名 アイボリー(ivory)黄みのうすい灰色• DIC-N789(日本の伝統色)象牙色(ぞうげいろ)明るい灰黄• DIC-F160(フランスの伝統色)IVOIRE(イヴォアール)くすんだ黄 アイボリーは無彩色(黄みを帯びた灰色)、伝統色の象牙色やイヴォアールは有彩色(黄色)に分類されます。 伝統色の古色を帯びた趣きは、黄みの濃さと結びついているようです。 2段目はアイボリーと混同される色名で、左から順に• JIS慣用色名 ベージュ(beige)明るい灰みの赤みを帯びた黄• オフホワイトの例 オイスターホワイト(oyster white)うすい灰色• JIS慣用色名 クリームイエロー(cream yellow)ごくうすい黄 オフホワイトは無彩色(色みのない灰色)、ベージュやクリームイエローは有彩色(黄色)に分類されます。 ベージュはくすんでいて、クリームイエローは澄んでいます。 ファッションなどの製品につけられる色名は、このとおりではありませんが、色名にはそれぞれニュアンスの違いあります。 アイボリーと合う色・合わない色 真っ白は、ぱっと目を引く強さ、美しさがあります。 どんな色とも合わせやすいですが、白が主張しすぎて、白が主役のコーデになってしまうこともあります。 一方、黄みや灰みを帯びたアイボリーは、真っ白よりも穏やかなイメージがあります。 主張しすぎないので、組み合わせた色を引き立て、コーデ全体でまろやかな印象を醸し出します。 柄の色はややくすみのある赤や青なので、地色のアイボリーがしっくりします。 伝統的なペイズリー柄はどこか懐かしい雰囲気の色が似合います。 柄の色はややくすみのある赤や青なので、地色は真っ白よりもアイボリーのほうがしっくりします。 ペイズリー柄のエキゾチックな雰囲気に、トップススの鮮やかすぎないティールブルーがマッチしています。 白と同じように、アイボリーも合う色は多いのですが、真っ白とは異なる穏やかな調和を生み出します。 アイボリー、ベージュ、オフホワイト、クリーム色……白っぽい色にさまざまな色名が用いられているのは、それぞれ異なる印象を叶えてくれるからです。 イエローベース・ブルーベースとは? このようにアイボリーは、合わせる色を選ばない万能色ですが、黄みを帯びたイエローベースの色同士を組み合わせると、しっくり馴染みます。 ブルーベースの人がイエローベースの色をお召しになると、顔色が悪く見えることがあります。 「イエローベースとは?」「ブルーベースとは?」とお思いになった方はぜひ、下記の記事をご覧ください。 【関連記事】•

次の