電子 レンジ プリン。 【簡単んまいっっ】Twitterで話題の「レンジdeプリン」作ってみた! 思い立ったらすぐ食べられるお手軽さとおいしさ、最高やで!!

電子レンジ「プリン」の作り方(簡単アレンジレシピ5選)

電子 レンジ プリン

あっという間にプリンが出来ちゃう、電子レンジとタッパーでスピードクッキング もうそろそろ子どもが帰ってくるのにおやつが何にもない!という時、ありますよね。 しかし、何か作ろうにも、特に夏場の昼間のキッチンは死ぬほど暑くて火を使いたくありません。 それでもすぐに作らなければ子どもが帰ってきてしまいます。 そんな時におすすめなのが、電子レンジで簡単にできちゃうお手軽プリンです。 プリンというと、事前にお湯を沸かして、湯気のもくもくと上がった蒸し器で蒸し上げるため、時間がかかるイメージですが、電子レンジを使えばあっという間にできあがります。 しかも、コツを押さえれば「す」が入ってしまう心配もありません。 用意するものも、必須のものは材料とプリンを入れる耐熱容器、そして、電子レンジ対応のタッパー(プラスチック容器)のみです。 あとは泡だて器や卵液を濾すための茶こしでもあれば十分です。 もちろん、これらは無くても作れます。 さらに、この電子レンジプリンの良いところは、いろいろなアレンジが効くところです。 ちょっとした工夫で、様々な味のバリエーションを楽しめます。 基本は、混ぜて、チンして、冷やせばできあがりです。 みなさんも、ご家庭で簡単にできる時短プリンを手軽に作ってみませんか? 意外に簡単!とろけるカラメルソースも電子レンジで作ろう プリンに欠かせないカラメルソースも、電子レンジを使えば簡単に作ることができます。 プリンを作る前に、まずカラメルソースを作ってみましょう。 後で電子レンジから取り出す際に、かなり熱くなるので持ち手がついていると便利です。 電子レンジの出力や容器を置く位置、容器の薄さなどによっては温度が上がりやすくあっという間に焦げ臭くなってしまうので、庫内の様子を伺いながら加熱時間を調整してください。 足りなければ10秒くらいずつ、さらに加熱します。 粗熱が取れていれば、耐熱のタッパーなどに入れても大丈夫です。 いろいろと応用の効くカラメルソースの完成です。 プリン以外にもアイスクリームにかけたりしてもいいですね。 基本のカスタードプリンのレシピ カラメルソースが入った王道のカスタードプリンのレシピのご紹介です。 成功の秘訣は、熱を通し過ぎないことです。 少し早いかなと感じるぐらいで加熱するのをやめてください。 あとは予熱で火を通すことがコツです。 ここで、茶こしなどで漉しながら注ぐと、より滑らかなプリンに仕上がります。 湯量の目安は、耐熱容器の下半分がどっぷり浸かるくらいたっぷりです。 プリン液の表面がふわっと膨らんできたら3分経っていなくてもレンジ加熱を止めてください。 逆に、全体がまだ液体のままでしたら10秒くらいずつ加熱時間を増やします。 そのくらいまで熱が通ったら、電子レンジからタッパーを取り出し、タッパーのフタをするかラップをして余熱で10分くらい放置して完成です。 温かくても冷蔵庫で冷やしてもおいしい、絶品プリンが火を使わずに作れます。 目安は500Wで40秒程です。 全体的に大人向けの味わいですが、チョコレートをビターではなくミルクにし、リキュールを抜いて砂糖を増やせば、子どもも喜ぶチョコレートプリンになります。 分量外の生クリームをホイップして添えたりしてもいいでしょう。 抹茶の香りをプラスして、和風仕立てにしてみましょう。 すぐに取り出し、抹茶と砂糖をダマがなくなるまでよく溶かしてください。 ちなみに、抹茶は砂糖を入れないとうまく溶けません。 豆乳は調製豆乳を使って下さい。 黒蜜をかけたりしてもおいしい和風のプリンです。 電子レンジで使いたいおすすめタッパー ちなみに「タッパー」とは、正式には「タッパーウェアブランズ・ジャパン株式会社」が販売しているプラスチック製の保存容器及び調理容器を指していて、耐熱性のプラスチック容器すべてが「タッパー」というわけではありません。 しかし「タッパー」という名称が日本では定着し、100均で買えるプラスチックの容器も、旭化成のジップロックコンテナーのようなコストパフォーマンスと耐久性を両立させた保存容器も、総じて「タッパー」と呼ばれてしまっているのが現実です。 最後に、プリンを作るのにおすすめな、電子レンジ対応のおすすめタッパーをご紹介いたします。 高さが10㎝近くありながら、「シール」と呼ばれるフタにはエアキャップが付いていて、フタをしたままでも電子レンジにかけられます。 デザインや色も昔とはだいぶ違っていてオシャレですね。 このサイズの商品は、正方形でコンパクトなため、電子レンジの庫内が狭い場合でも1人分からプリンが作れます。 プラスチックが透明なのも、仕上がりを確認しながら作る電子レンジプリンには向いています。 電子レンジとタッパーさえあれば、誰でもおいしいプリンが作れる! いかがでしたか? 大きめ、かつ深さのあるタッパーがあれば、電子レンジでもプリンを上手に作ることができます。 このテクニックは茶わん蒸しを作りたい時にも活用できますね。 コンロが空いていない時や、暑くて火を使いたくない時、また、時短で作りたい時など電子レンジを使わない手はありません。 ご家庭にある機種によって、熱の通り方にクセがありますので、所要時間や適正な出力を知るために是非、何度か挑戦してみてください。

次の

【簡単んまいっっ】Twitterで話題の「レンジdeプリン」作ってみた! 思い立ったらすぐ食べられるお手軽さとおいしさ、最高やで!!

電子 レンジ プリン

少し焦がすことでカラメルソースの苦みが生まれます。 水を入れて砂糖が蒸発しはじめたら、さっと容器に移しましょう。 加熱しすぎると水分が蒸発して固くなってしまいます。 次に、卵を2つよく溶きます。 そこに、牛乳と砂糖を適量入れます(自分の好みの甘さになるように調節しましょう!)。 よく混ぜ合わせたら容器へ移します。 ここで要注意です!容器には空きに余裕があるように入れてください。 写真のようになみなみ注いでしまうと、レンジでチンした際に液が沸騰・膨張してあふれてしまうのです。 実際スタッフは上の写真のままチンをしてしまい、約半分ほどあふれ出しました……。 実際入れる際は下の写真の辺りまでにしましょう。 私は3人前と書いてあるのにワンカップで作ろうとしてしまったのです……。 容器に移したら、ラップをして500wのレンジで3分40秒チンします。 湯気で真上からは撮れませんでしたが、プルンとした感じで茶碗蒸しのようです。 粗熱を取ったら、冷蔵庫に入れて冷やせば完成です! 完成! 下にうっすらとカラメルソースが敷いてあるのが見えるでしょうか? カラメルソースを作る際は、 実際に容器に砂糖を入れて量を確認した方がよいかと思います。 そしてカラメルソースに使う砂糖の量は、自分の感覚よりちょっと多めの方がちょうどいいかと感じました。 食感は、市販のプリンよりプルンッと弾力がありました。 いかがだったでしょうか? 実際に作ってみて、とっても簡単にできてしまいました。 調理時間の目安は約10分と書きましたが、慣れればもっと早く作れます。 材料が非常にシンプルなので、今すぐにでもトライできるのではないでしょうか? また、バニラビーンズを入れたり、抹茶を入れたりと、ちょい足ししても面白いかと思います。 元オークラアカデミアパークホテル総支配人兼総料理長。 元グァムホテルオークラ「フランボヤン」料理長、元ホテルオークラ東京レストラン「カメリア」副料理長。 天皇皇后両陛下や皇太子殿下宿泊の際は料理責任者を務める。 ムッシュ高木は、素材の声に耳を傾け、「食事の喜び」をテーマに料理を創る。 使う食材はフレンチでも、薬膳料理のようにお箸でも食べられる。 翌朝の目覚めがとても健やかな「毎日食べたくなる、からだにやさしい食事」だ。 庶民的感覚も持ち合わせ、飾らないユニークなキャラクターでも人気を博している。

次の

【ヒルナンデス】超なめらかやばいプリンの作り方(動画・画像付)、電子レンジで簡単だれウマさんのおうちレシピ(5月22日)

電子 レンジ プリン

使用するレンジや耐熱容器によって時間は多少前後するので、様子を見ながら加熱をしていってくださいね。 【材料】(3人分) 砂糖 大さじ2 水 大さじ1 お湯 大さじ1 【作り方】• 砂糖と水を混ぜ合わせ、ラップをせずに電子レンジ(500W)で3分加熱する。 砂糖水がカラメル色になってきたら取り出し、お湯を加えて混ぜる。 たったこれだけでカラメルソースが完成します。 カラメルにお湯を加える際に、「バチッ!! 」と音がしてカラメルがはねることがあります。 かなり高温になっているので、十分に注意をしてください。 レンジdeなめらかプリンの作り方 続いて、レンジで簡単に作れちゃうなめらかプリンのレシピに移っていきましょう! こちらもカラメルソースと同様に、3分の加熱で作れてしまうので、カラメルソース作りと合わせても約10分ですべての工程を終えられることになります。 これなら忙しいママでも気軽に手作りできるのではないでしょうか? 卵、牛乳、砂糖と家にあるものだけで作れるのもポイントが高いです! 【材料】(3人分) 砂糖 大さじ1 牛乳 200ml 卵 L1個またはM2個 バニラエッセンス(あれば)少々 【作り方】 1.材料をすべて混ぜ合わせ、ザルでこす。 このザルでこす作業が非常に重要です。 ザルでこすことによってなめらかプリンを生み出すことができるのです。 2.上で作ったカラメルをココット皿に入れ、上からプリン液を流し入れる。 3.ラップを上からふんわりとかけてレンジ(500W)で3分加熱する。 プリンに火を入れる際に、天板に水を敷かないので、ラップを必ずしてください。 ラップをすることによって、手早く簡単に蒸しあがったような仕上がりになります。 4.ココット皿を傾けて、液が横から流れ出てこなかったら完成。 5.もし、まだ固まっていないようなら、30秒ずつ加熱して様子を見る。 プリンが完成したら粗熱を取って、冷蔵庫に移してくださいね! ココット皿からひっくり返すとカラメルソースが流れ出てきておいしそうなプリンが食べられます。 甘さ控えめのプリンなので、小さなお子さまに分けてあげることもできます。 すぐに作れるのでおやつとして用意しておくのもよし、食後のデザートにするのもよしと、食べたいときに簡単にレンジだけで作れるのが嬉しいポイントとなっています。 子どもにも人気のチョコプリンのポイントはマシュマロです。 マシュマロを使用することによって簡単にチョコプリンを固めることができますよ。 【材料】(3人分) 板チョコ 1枚 牛乳 200ml マシュマロ 100g 【作り方】 1.牛乳とマシュマロをボウルに合わせレンジ(500W)で1分加熱する。 マシュマロやチョコがうまく溶けなかったら様子を見ながら30秒ずつ加熱してください。 材料をレンジで溶かすだけでOKです。 2.マシュマロが溶けたら小さく割ったチョコを入れて再度500Wで30秒ほど加熱する。 このようなとろみのあるムースっぽいプリン液になります。 人数分に取り分け、あとは冷蔵庫で冷やせば出来上がるのでとても簡単です。 3.材料がすべて溶けたらココット皿に入れて冷やし固める。 チョコプリンが固まったら、お好みで上にフルーツを飾ったりホイップを絞って乗せると、見た目もいっそう華やかになりオシャレに仕上がりますよ! 今回、私はココット皿のふちに薄くスライスしたバナナを乗せました。 なめらかプリンもチョコプリンも調理時間は約10分程度で仕上がります。

次の