スター ウォーズ 9 考察。 【ネタバレ】エピソード9のラストでなぜレイ・〇〇と言ったのか?スカイウォーカー家の家系図を見ながら考察!

【考察】『スター・ウォーズ/エピソード9』特報を徹底分析!

スター ウォーズ 9 考察

タグ クリス・バック 東宝東和 TBS カンテレ フジテレビ 堺雅人 織田裕二 テレビ東京 スタジオジブリ 宮崎駿 スティーブン・ソダーバーグ 新海誠 テレビ朝日 鈴木おさむ 東映 日本テレビ 仲間由紀恵 大石静 戸田恵梨香 ムロツヨシ 堤幸彦 加瀬亮 ジェフ・ファウラー 賀来賢人 伊藤健太郎 ABEMA 田中みな実 クリス・サンダース キャシー・ヤン サム・メンデス ジェニファー・リー ダン・スキャンロン ティム・ミラー デヴィッド・エアー トム・フーパー ポン・ジュノ 佐藤東弥 中田秀夫 平川雄一朗 福田雄一 DCエクステンデッド・ユニバース NHK 20世紀スタジオ 20世紀フォックス ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ ドリームワークス・アニメーション パラマウント・ピクチャーズ・コーポレーション ピクサー ユニバーサル・ピクチャーズ ワーナー・ブラザース ワーナー・ブラザース・ジャパン 東宝 SF アクション ファンタジー ミステリー ミュージカル 戦争 ハリソン・フォード 目次• 最高指導者となったカイロ・レンが率いるファースト・オーダーの攻撃から脱出することに成功したレイたち。 帝国軍のスター・デストロイヤーの大軍に立ち向かうレジスタンス。 レイは真っ二つになったライトセーバーを修理する。 森の月エンドアで修行するレイ。 カイロ・レンとの戦いに向かうレイと抱き合うレイア。 森の月エンドアの近く、海の月ケフ・ビルに落下していた第2デス・スターの残骸でレイとカイロ・レンの戦いが始まる。 ダークサイドに堕ちるレイだが、バランスを取り戻しライトサイド(ジェダイ)でもダークサイド(シス)でもない新たな戦士となる。 同じく、カイロ・レンも新たな戦士として目覚め、レイと共にダース・シディアスに打ち勝つ。 レイはルークのXウイングに乗り、エクセゴルへ向かいました。 すると、レジスタンスにいるR2-D2がルークのXウイングの信号をキャッチ。 フィンには、それにはレイが乗っていて、エクセゴルへ向かっていると分かりました。 レイを追いかけてレジスタンス軍が出撃します。 各地に散らばっているであろう味方の存在と応援に駆けつけてくれることを信じて。 シスの惑星エクセゴル エクセゴルにたどり着いたレイは、ついにパルパティーンの元へ。 パルパティーンはレイに、両親を殺された怒りと憎しみで自分を殺せと挑発します。 レイが怒りと憎しみのままにパルパティーンを殺せば、パルパティーンのシスとしての全てがレイに移り、レイは女帝パルパティーンとなってしまいます。 それがパルパティーンの望みでした。 「スカイウォーカー・サーガ」は終わりましたが、「スターウォーズ」シリーズの映画は3本の新作が予定されています。 なんだかんだ言ってもやっぱり楽しみですよね。 その瞬間を絶対に映画館で目撃してください。

次の

レイのライトセーバー(黄色)は誰の?スターウォーズ9 のラストシーンを考察!

スター ウォーズ 9 考察

スノーク 本作で登場が期待されていた悪役キャラクターといえばスノークでしょう。 残念ながら蘇るということはありませんでしたが、パルパティーンが身を隠していた惑星のシーンでは、ラボラトリーのような場所でスノークの体がタンクの水に漬かっているのが見えましたね。 それも一体ではなく複数のスノークの体があったことからも、スノークはあくまでも操り人形だったことが分かります。 結局、スノークを裏で操作していたのはパルパティーンだったということは明らかにされましたが、それ以上の詳細には触れませんでしたね。 しかしスノークはただのクローンであったことは想像に難しくないはずです。 42年 レイたちが砂漠の惑星パサーナに到着すると、偶然にもそこでは地元のエイリアン、アーキーアーキーたちが盛大な祭りを実施していました。 その様子を見てC3POが、この祭りは42年ごとに行われるものだと説明します下りがありましたね。 実は42年というのは、2019年からさかのぼると、1977年を指します。 そうつまり記念すべき初めてのスターウォーズ作品、エピソード4新たなる希望が公開された年についてのトリビアだったのです。 嫌な予感がする スターウォーズシリーズでこれまで何度も使われてきたセリフといえば、嫌な予感がする。 特にハンソロが口癖のように使ったセリフですが、本作では亡くなったハンソロの代わりに彼の悪友でもあるランド・カルリジアンが惑星パサーナでこのセリフをいう一コマがありましたね。 というのもランド・カルリジアンは大勢のファーストオーダーのストームトルーパーがレイたちを追いかけてやってくるところを目撃したからです。 フォースヒーリング スターウォーズシリーズにおいて本作で初めて登場したスキルといえば、レイやカイロレンが使うヒーリングパワーです。 実はあれと同じヒーリングパワーをほかのキャラクターも使っていたのをご存じでしょうか。 そのキャラクターとは現在ディズニー+で配信中のドラマシリーズ、マンダロリアンに登場するベビーヨーダです。 ベビーヨーダはマンダロリアンと共に行動をし、帝国軍の元兵士たちが命を狙っているキャラクターで、可愛らしいみかけとは裏腹に強力なフォースを使うキャラになっています。 奇しくもそんなキャラが使う技と、レイやカイロレンが使う技が同じだったのです。 というのも傷を治す力のことをジェダイの間ではフォースヒーリングといい、もともとあれはジェダイに伝わる技だったのです。 とはいえこれまでフォースヒーリングが使われたのは小説やゲームの中だけで、映画では使われたことがなかっただけにあれについては賛否両論の意見が飛び交っていますね。 D-O 本作から新たに登場した小型ドロイドといえばD-O。 シスの下部が使っていた戦闘機に乗っていたD-Oはひどい扱いを受けてきたのか、レイが話しかけるとすぐに逃げようとするなど、恐怖心を抱いていましたが、徐々に人間にも慣れていきましたね。 D-Oは本作ではどちらかというとお笑い要因のようなキャラで、セリフもいくつかありました。 D-Oの声に聞き覚えのある人もいたはずです。 実はあの声はJJエイブラムス監督本人の声だったのです。 バトル・ドロイド 惑星キジミでバブフリックがC3POのプログラミングをハッキングするシーンでは、同じ部屋に、エピソード1、2で登場したロボット、B1バトル・ドロイドとエピソード2で登場したB2スーパー・バトル・ドロイドがいるのに気付いたでしょうか。 なぜあの場所にB1バトル・ドロイドがいたのかは謎ですが、ファンにとっては懐かしいひとコマになったはずです。 グーニーズ 衛星エンドアにたどりついたレイは、シスの短剣を取り出し、デススターの残骸に向けるシーンがありましたね。 デススターの形と短剣の一部がぴったり重なるようになっており、ウェイファインダーの場所がどこにあるかを示していましたが、あのシーンは実は映画グーニーズで登場人物たちが宝のありかを突き止めるために使った手段と同じだったのです。 C3PO 物語の中で記憶を消されてしまうドロイドといえばC3PO。 シスの短剣の暗号を翻訳するためにハッキングされた彼は昔の記憶を失い、再起動されます。 ちなみにC3POは自分のことをヒューマンサイボーグと自己紹介していますね。 彼はもちろんレジスタンスの戦闘機を操縦するシーンで登場します。 ちなみにウェッジ・アンティリーズは唯一メインキャラクター以外で、旧三部作の全てに登場した脇役です。 ポーグ 最後のジェダイで登場した癒し系の鳥といえばポーグ。 そのボーグが本作でも再登場しています。 そのシーンとはレイがルークスカイウォーカーのフォースゴーストに遭遇する惑星オクトーでの場面です。 画面に映るのは一瞬だけでしたが、可愛さは健在ですね。 知ってるさ。 スターウォーズ史上最もロマンチックなセリフといえば、レイアの愛の告白に対してハンソロが言った「知ってるさ」というセリフではないでしょうか。 実はあれと同じセリフを本作でハンソロがいうシーンがあります。 ハンソロの登場シーンといえばカイロレンがレイに敗れ、心を入れ変えようとする下りです。 カイロレンは「お父さん、愛してる」と口にしようとしますが、それを言う前にハンソロは「知ってるさ」と答えます。 そう、ハンソロはレイアではなく、今度は自分の息子にあの名セリフを言ったのでした。 歴代のジェダイ カイロレンが奈落の底に落とされ、ひとりになったレイにはもう立ち上げる力が残っていませんでした。 そんなとき彼女に力を与えたのは、歴代のジェダイマスターたちの声です。 あのときレイに声をかけたのはオビワンケノービ、クワイ=ガン・ジン、ルーク・スカイウォーカー、メイス・ウィンドゥ、ヨーダ、アソーカ・タノ、ケイナン・ジャラス、エズラ・ブリッジャー、そしてアナキン・スカイウォーカーです。 カメオ出演 ジェダイマスターたちの声以外でも本作では多くの有名人がカメオ出演しています。 歌手のエド・シーランはストームトルーパー役で登場していました。 バブフリックの声を担当したのは、映画トレインスポッティングでお馴染みのシャーリー・ヘンダーソン。 レイの母親役を演じたのは、ドラマシリーズ、キリング・イヴでお馴染みのジョディ・カマー。 また、スターウォーズの音楽を担当している作曲家ジョン・ウィリアムズはドロイドショップのシーンで登場。 ブロードウェイ・ミュージカルのハミルトンの製作者として知られるリン=マニュエル・ミランダはレジスタンスの兵士として姿を現します。 イウォーク レジスタンス軍がスターデストロイヤーの母艦を追撃した直後、衛星エンドアでは墜落するスターデストロイヤーを眺めるイウォークの姿がありました。 イウォークもまたスターウォーズシリーズでは癒し系の動物として多くのファンの心を掴んだキャラクターですね。 LGBTのキスシーン レイがパルパティーンを倒し、レジスタンス軍が戦争に勝利した後、レンジスタン軍のメンバーたちはジャングルにある基地で喜びを分かち合います。 そのとき一瞬だけ女性兵士同士がキスするシーンがあるのに気付いたでしょうか。 実はあのシーンはディズニー映画において史上初となる同性同士のキスシーンになっており、多様化する現代社会にアジャストしたシーンだったのです。 ちなみにアベンジャーズエンドゲームではジョー・ルッソ監督本人がカメオ出演した際に同性愛者を演じていましたが、晴れてスターウォーズの世界においてキスシーンが実現したのでした。 チューバッカのメダル 同じセレブレーションのシーンではチューバッカがマズカナタからメダルを受け取るシーンがありましたね。 つまり今回チューバッカが晴れてメダルを受け取ったのは、ファンの批判に対する製作側のアンサーだったのです。 42年の月日を経てチューバッカはようやく相棒のハンソロが受け取ったと同じメダルを手にしたのでした。 惑星タトゥイーン 惑星タトゥイーンについたレイは、ルークとレイアのライトセーバーを埋めるために適切な場所を探そうとします。 そのときレイは鉄くずをソリのように使って坂を滑っていくシーンがありましたね。 あれはエピソード7フォースの覚醒で惑星ジャクーでレイがやったことと全くでした。 そしてもちろん最後のツインサンセットは、かつてルークスカイウォーカーがその場所で見たツインサンセットのシーンを彷彿させるものがありました。 以上、スターウォーズエピソード9スカイウォーカーの夜明けのトリビアの数々でした。 >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >> >>.

次の

レイのライトセーバー(黄色)は誰の?スターウォーズ9 のラストシーンを考察!

スター ウォーズ 9 考察

特に今作の見どころ・注目ポイントとなっていたのがこの2つでした。 パルパティーンはなぜ復活するのか?• 謎に包まれていた レイの正体は何なのか? まずこの注目ポイントを押さえたいという方は「」「」がオススメです! さらにレイとレンの関係を掘り下げたい方は「」でよろしければご覧くださいね。 スポンサーリンク 【スターウォーズエピソード9】最速で見たファンの感想・レビューをチェック! 多数のファンが心待ちにしていた「スターウォーズエピソード9」。 ファンはどんな感想を持ったのでしょうか? まずはこちら。 レイがカッコ良すぎてビビる。 今までお疲れ様でした。 そして、ありがとうございました。 — Flapper Cowgirl FlapperCowgirl STAR WARSを好きな人しかいなくて、誰一人エンドロールで席を立つ人もいなくて、全員が集中して素晴らしい時間でした。 ジョンウイリアムズの曲が作品を盛り上げてくれる。 それでも、2019年の時代の最先端作品。 是非、大画面で首を右に左に向きながらお楽しみにください! — ナナ nerine39539819 「スターウォーズエピソード9」を最速で見たファンは興奮気味に高評価の感想を語っているのが印象的です。 がしかし、公開から2日経った現在(記事作成当時)少し冷静な感想や 評価の低い口コミが出てきているのです。 スポンサーリンク 【スターウォーズエピソード9】実は評価が低い口コミや批評も… 最速で見たファンからは非常に評価の高かった「スターウォーズエピソード9」ですが、なかなかに 評価の低い口コミもちらほら見受けられるように。 低評価の口コミもチェックしてみましょう。 スターウォーズEP9見てきた ネタバレしない程度に評価すると、前作のせいで突っ込みどころ満載 そうでなくてもラスボスの言動が支離滅裂過ぎて、もう呆れた 五分前に言ってた事と、五分後にやってる事、真逆やんけ スクリプト・ドクター居ないのか? とりあえず、EP7,8,9はなかった 6で大団円が正史 — テスラ deadlytyrant 「ラスボスの言動が支離滅裂」「五分前に言ってた事と、五分後にやってる事、真逆やんけ」という感想については、私も実は同じことを感じていました。 物語の流れが気になる方は「」もチェックしてみてくださいね。 TLではネタバレ出来ないから何も書かなかったけど、この評価に一切の反論がない。 ハッキリ言うとEP9は史上稀に見るクソ映画だった。 「劇場で号泣しました!」とか言ってるお花畑な人の感性 圧倒的ステマ感 を疑わずにはいられないレベル。 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」怒りに満ち溢れている。 J・J・エイブラハムスに少しでも期待した俺が悪かった。 そもそも彼の一体何処に期待する要素があったのか。 残念ながらEP7さえも嫌いになってしまった。 詳しい感想は期間を置いてから呟きます。 以上、エンド・オブ・サーガ。 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」鑑賞 ネタバレないように感想 ・ぼくは駄作だと思う ・何よりも展開が雑、EP4-6,1-3で広げた机の上をザーッて手で片付けたような展開 ・積み上げたものの回収が雑だからカタルシスもへったくれもない ・「SW」というガワが重すぎた (続く) — 原田 央 kusamurasann 「EP4-6,1-3で広げた机の上をザーッて手で片付けたような展開」で、「 積み上げたものの回収が雑だからカタルシスもへったくれもない」と、シリーズ9作目・完結編ならではの難しさを指摘する評価もありますね。 スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け 感想。 良くも悪くもサプライズがなくて、つまらない映画。 見る前は糞すぎて暗黒面堕ちるかなと思ったけど駄目過ぎて怒りも湧いてこない。 2時間半ポップコーン食べて欠伸してたら終わってた。 これがスター・ウォーズの公式完結と思うと悲しみしかない。 「スターウォーズ」に限らず、どんな映画でも賛否両論出るのが当たり前ですが、非常に熱烈なファンが多く、思い入れがある分、評価も二分されやすいのではないでしょうか。 スポンサーリンク 【スターウォーズ9】評判が二分され、評価の難しい映画 今から観て来ます。 小学3年生でスターウォーズで洋画デビューした私としては今作を観られるのは感慨深いです。 世の中の評価は関係無く、わくわくです。 — Tsuyokun Tsuyokun2 ここまで「スターウォーズエピソード9」に高評価の感想と評価の低い口コミをご紹介してきました。 評価が高い方は絶賛、評価が低い方は酷評と、それぞれの方向に大きく分かれています ね。 そんな傾向もあり、 この作品への評価自体が難しいという感想も見受けられました。 スターウォーズ最終章見てきました 正直に言うと、見てる最中はめちゃくちゃ面白いけど見終わって冷静に考えると色々引っかかるところが出てきてしまい、どう評価するのか困ってしまう作品でした 僕はまだ正当な評価を下せません。 今はただ宇多丸や高橋ヨシキや町山智浩のレビューを聞きたいです — kazuoo0601 kazuoo0601 今回のスターウォーズほど映画の感想が難しいことはないと思う 作品全体で見れば駄作だと思うけど 作品が終わってみると駄作としての評価をするのはあまりに惜しい かと言って良作とは言い切れないし でも、観る価値はあると心の底から言える 本当によくわからない感じだ — キャップ MnyEbeo まず 歴史的大作の完結。 『アベンジャーズ エンドゲーム』や『スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け』の評価って。 — ロビタ1701 robita1701 スカイウォーカーの夜明け、「スターウォーズはこうあるべき」という層は厳しく、一方で比較的その辺りに強い拘りがない 少し語弊があるが悪い意味ではない 層は普通に楽しかったけど…という感想が多い印象。 この辺考えると将来的には多くの層受け入れられてる可能性が高いんじゃないかな。 — ITO stsk3 上の投稿の感想のとおり、これだけのシリーズものとなると、 過去作の比較や思い入れ・好みといった主観的な要素が増えるので、評価が難しいのでしょうね。 評価が極端に二分されたのが「スターウォーズエピソード9」の特徴かもしれませんが、ここまで評価や感想が盛り上がっているあたり、やはり「スターウォーズ」が超話題作だった証ですね。 スポンサーリンク まとめ 一部で評判が低いという噂もある「スターウォーズエピソード9」の評価や感想、口コミをご紹介しました。 「スターウォーズエピソード9」を前夜祭などで最速で見た方からの評価は高く、非常に評判が良かったのですが、公開から数日経つと、酷評が目立つように。 ただ、 スターウォーズシリーズは40年以上の歴史を持ち、関連作品数も桁違いで、ファンの思い入れも強いので、普通の映画とはレベルが違い、評価しにくいという指摘もありました。 だからこそ、高評価と低評価に大きく二分しているのでしょうね。 これだけの話題作は今後生まれるのかと思わせるような壮大なシリーズでしたね。

次の