あの 地平線 ラピュタ。 君をのせて(伴隨著你) Macro Stereo & Elmon|映画「天空の城ラピュタ(天空之城)」主題歌

【ジブリ】ラピュタのモデル地に行ってみたら絶景だった

あの 地平線 ラピュタ

ウェールズ地方はこんなところ ウェールズ地方はイギリスの首都ロンドンから西に約200km、ウェールズの大きな都市 カーディフまでは電車で2時間程の場所にあります。 この地方は、国土の大部分が山地で、海に囲まれています。 のどかで癒されますね。 牛を飼っていたシータの家らしき風景が広がり、主人公たちが走っている姿が目に浮かびます。 シータの家に伝わる言葉も、このようなところからインスピレーションされたのでしょうか? ラピュタを彷彿とさせるお城 ラピュタに出てきたお城はポウィス・カッスル&ガーデンをモデルにしているそうです。 緑、石造り、色合い…目の前にロボット兵が出てきても おかしくないラピュタの世界が目の前に広がります。 この庭園は、イタリアン・ガーデン・テラスのスタイルでウェールズで最も美しいとされています。 しかも、なんと東京ドーム2個以上の広さがあります!ガーデニングの本場としても有名なイギリスですので、花を愛でるイギリス人たちの文化も見ることが出来ますね。 雨が多い地域ですので、晴れの日を狙って行きましょう。 世界遺産にも登録されているブレナヴォン 素敵な庭園を見学した後は、南東部に位置するブレナヴォンへ向かいましょう。 この街は鉄産業で繁栄し、世界遺産にも登録されています。 ラピュタでも、鉱山の中に入り、石の声を聴くことが出来るポムじいさんと出会いましたね。 この場所に行けば、石の声を聴けるかもしれません。 この街は炭鉱閉山後の衰退と高齢化が進んでいるそうなので観光で街を活気づけ、かつての賑わいを取り戻してほしいです。 飛行石を落としてしまった塔も存在しています。 さらに、お城の中を見学することも出来、ロボット兵が目覚めた場所もあるそうです。 しかも、チャールズ皇太子が戴冠式を行った場所として知られる由緒正しいお城です。 毎週末、お城の前でマーケットが開かれているのでお買い物スポットとしてもおすすめです。 シータとパズーが生まれ育った街 パズーとシータは生まれ育った南ウェールズも忘れずに見ましょう。 自然豊かな場所で、パズーが襲われたシーンにあるような風景、地平線も見ることが出来ます。 「あの地平線~」という主題歌を思い出さずにはいられません。 パズーとシータがラピュタを滅ぼし、街に帰っていくシーンは、ウェールズで宮崎監督が見た景色なのかもしれません。 のんびりと景色を眺めて、ラピュタの世界に思いをはせる…憧れますね。 イギリスと言えばロンドンが有名ですが、少し足を延ばせば違った景色を見ることが出来ます。 世界中に広がるラピュタの世界 ウェールズ地方に広がるラピュタの世界はいかがでしたか?スタジオジブリは「ここがモデル」です、とは断言しておらず、宮崎駿監督がロケ地巡りを行った場所として公表しています。 ラピュタという作品にインスピレーションは与えていると思いますが、あくまでも作者の主観でまとめたものです。 ジブリに出てくる風景は世界中にありますので、ここかな?あそこかな?と考えるのも楽しみたいですね。

次の

天空の城ラピュタ

あの 地平線 ラピュタ

画像引用元 1986年の劇場公開から30年以上経った今、なおも高い人気を誇る名作映画『天空の城ラピュタ』。 スタジオジブリ初の長編アニメ映画で、宮崎駿監督の代表作のひとつです。 18世紀のイギリス人作家・スウィフトが著した『ガリバー旅行記』に登場する、空飛ぶ島・ラピュタをベースに、少年少女のロマンあふれる冒険活劇が描かれています。 かつて栄華を誇った、高度な文明が残る空飛ぶ島、ヒロインが失われた王家の末裔... 聞くだけでワクワクしてきませんか? 冒険心をくすぐり高揚感で心を満たしてくれる、冒険活劇の金字塔と言っても過言ではありません。 興行収入は約11. 6億円。 「文化庁優秀映画」「日本映画復興特別賞」など、大小13の賞を受賞しました。 金曜ロードショーでは過去17回にわたって放送され、いずれも視聴率は2桁台を記録。 2011年以降は金曜ロードショーを見ながらTwitterでクライマックスの名台詞『バルス!』と一斉にツイートする「バルス祭」が恒例行事のように展開されています。 主人公がヒロインを守るため困難に立ち向かう王道ストーリーにもかかわらず、人気も勢いも衰えを知らない不朽の名作。 そんな『ラピュタ』の魅力を紹介しましょう。 空飛ぶ島「ラピュタ」を目指す少年少女の手に汗握る冒険譚! 画像引用元 物語は、少女シータが政府の特務機関に捕らえられ、飛行船に乗っている場面から始まります。 彼女が持つ青く輝く石のペンダントを狙って、海賊・ドーラ一家が飛行船を襲撃。 混乱の中、逃げようとしたシータは飛行船から落下してしまいます。 一方、鉱山で見習い機械工として働く主人公・パズーは、空からシータがゆっくり降ってくるのを見つけ、助け出すのです。 この石が、かつて巨大帝国として栄えた「ラピュタ」で作られた「飛行石」と知ったパズーは、父が探していたラピュタの存在を確信、天空の城へ向かうことを決意します。 しかし、なおも特務機関がふたりを狙い、ついには捕らえられてしまいます。 指揮官・ムスカ大佐はパズーの命を盾に、ラピュタ王の末裔・シータに協力を求めました。 そこでシータは、パズーの解放を望み自分がとらわれの身になることを選びます。 果たしてパズーは、シータを助け、ラピュタへ行くことができるのでしょうか? ラピュタに秘められた力を狙うムスカと、パズー達の手に汗握る戦いが始まります。 次から次へとスリリングな展開がノンストップで繰り広げられ、最後の最後まで目が離せませんよ。 一度見たらトリコ!親しみが持てるキャラクター達 画像引用元 『天空の城ラピュタ』が、30年以上も前の作品にもかかわらず愛され続けている理由は、登場人物にあります。 些細な会話のやりとりからもキャラクターたちの人柄・家庭環境・人生を垣間見ることができ、敵役でさえも魅力的なのです。 主人公・パズー(cv. 田中真弓)の初登場シーン、「おじさん、肉団子2つ入れて」「珍しく残業かい?」のやり取りひとつで、13歳のパズーが夜遅くまで働く仕事熱心な子だと、周りから認識されているのがわかります。 そんなひたむきなパズーが、シータを守るために日常を捨て、困難に立ち向かう姿勢がかっこよくて、応援せずにはいられません。 ヒロインのシータ(cv. 横沢啓子)も、正統派ヒロインで可愛いですが、男女問わず憧れる魅力を持っています。 クライマックス、ムスカに拳銃を突きつけられて追い詰められたときですら、堂々と「あなたはここから出ることもできずに私と死ぬの」と言い放つ彼女の強さには脱帽です。 普通ならビビってもおかしくないのに、決して敵に屈しないシータの度胸。 尊敬せずにはいられません。 画像引用元 海賊のドーラ(cv. 特に、シータを助けに行くパズーに発した「40秒で支度しな」は名言と名高いですよね。 他にも「二度とここへは戻れなくなるよ?覚悟のうえか?」と彼を試し、一瞬で彼の覚悟を見きわめた判断力には、かっこよすぎて痺れます。 そして、悪役のムスカ(cv. 寺田農)。 「人がゴミのようだ」でお馴染みの残忍な一面を持ちながら、飛行石の光で「目がぁ、目がぁ~!」とうろたえるお茶目さが、滑稽にも見える役どころです。 ほぼ全てのセリフがネット上でネタにされており、寺田農の深みのある声も相まって、愛すべき敵キャラとなっています。 キャラクターの生まれ・性格・価値観を台詞の中にうまく溶け込ませ、キャラクターそれぞれの魅力を引き出すことで、『天空の城ラピュタ』が面白さをさらに引き上げているのでしょう。 抜けのないストーリーと幻想的な世界観がすごい 画像引用元 完成されたストーリーだけでなく、細密に描かれた風景からも作品の凄さを感じ取ることができます。 映画の冒頭では、飛行石を狙うドーラ一家の襲来、シータのそばのムスカの怪しさ、そしてシータのペンダントに注目させ、物語の重要な要素を4分間に簡潔にまとめあげています。 ストーリーにも中だるみが一切なく、ドーラ一家や、ラピュタの科学力を狙った軍隊とのアクションシーンは、ハラハラドキドキの連続です。 パズーとシータのドラマチックな出会いと、ふたりの心温まるシーンでは、純粋な気持ちを呼び起こしてくれることでしょう。 つい笑みがこぼれてしまうコメディシーンも織り込まれていて、最初から最後まで飽きることなく楽しめます。 画像引用元 パズーが住むスラッグ渓谷のクラシカルな街並みや、緑の木々が生い茂るラピュタ内の庭園など、繊細で温かみを感じさせる風景は、とにかく美しいです。 夢のような美しい世界ので登場する、ラピュタのロボット兵や羽ばたき飛行機など、多彩なメカには、誰しもがロマンをくすぐられるでしょう。 言葉にできないほどの美しさと、ミステリアスな雰囲気を放つ空に浮かぶ島・ラピュタ。 詳しい説明がされなくても、ただそこにあるだけで歴史を感じ、城の奥に隠された文明レベルの高さに圧倒されます。 海外のアニメファンの反応も、圧倒的な書き込み量で描かれた世界観とエキサイティングなストーリー、そして久石譲が奏でる優しく神秘的な音楽も大好評。 映像・音楽・キャラクター・ストーリー、どれをとっても最高レベルの完成度で、何度も見たくなる面白さが詰まった、日本が誇る名作映画です。 作詞は宮崎駿監督が、作曲を久石譲が担当しています。 映画のクライマックスでムスカの手からラピュタを守るために、パズーとシータが唱えた滅びの呪文「バルス」で崩壊するラピュタ。 巨大な飛行石を根に持った大樹だけが残り、大気圏を超え、人の手の届かない場所へとラピュタは旅立ちまます。 ラピュタの旅立ちと、パズーとシータの冒険の終わりに相応しい、切なくも温かいメロディーと、透明感のあるボーカルが胸に沁みるでしょう。 「さぁ出かけよう ひときれのパン ナイフ ランプかばんにつめこんで」からの盛り上がりには、シータを助けに行くために支度し、ドーラと一緒に行くパズーの姿が目に浮かびませんか? 聴いただけで映画のシーンが思い起こせるほど、ストーリーと歌詞がリンクしていて、思わず胸を打たれます。 サビの「父さんがくれた 熱い想い 母さんがくれた あの眼差し」のフレーズも、伸びやかな高音が聴いていて心地いいです。 父の夢を受け継いだパズーと、母から名前と呪文を受け継いだシータと重なり、自分が親の愛情を受けて生かされていることに気づかされます。 物語が終わっても地球が回り続けるように、パズーとシータの人生がこれからも続いていくことを感じさせる、しみじみとした情緒あふれる主題歌です。

次の

三十路の男が初めて「ラピュタ」を視聴した結果、深い絶望を味わうことになった

あの 地平線 ラピュタ

ウェールズ地方はこんなところ ウェールズ地方はイギリスの首都ロンドンから西に約200km、ウェールズの大きな都市 カーディフまでは電車で2時間程の場所にあります。 この地方は、国土の大部分が山地で、海に囲まれています。 のどかで癒されますね。 牛を飼っていたシータの家らしき風景が広がり、主人公たちが走っている姿が目に浮かびます。 シータの家に伝わる言葉も、このようなところからインスピレーションされたのでしょうか? ラピュタを彷彿とさせるお城 ラピュタに出てきたお城はポウィス・カッスル&ガーデンをモデルにしているそうです。 緑、石造り、色合い…目の前にロボット兵が出てきても おかしくないラピュタの世界が目の前に広がります。 この庭園は、イタリアン・ガーデン・テラスのスタイルでウェールズで最も美しいとされています。 しかも、なんと東京ドーム2個以上の広さがあります!ガーデニングの本場としても有名なイギリスですので、花を愛でるイギリス人たちの文化も見ることが出来ますね。 雨が多い地域ですので、晴れの日を狙って行きましょう。 世界遺産にも登録されているブレナヴォン 素敵な庭園を見学した後は、南東部に位置するブレナヴォンへ向かいましょう。 この街は鉄産業で繁栄し、世界遺産にも登録されています。 ラピュタでも、鉱山の中に入り、石の声を聴くことが出来るポムじいさんと出会いましたね。 この場所に行けば、石の声を聴けるかもしれません。 この街は炭鉱閉山後の衰退と高齢化が進んでいるそうなので観光で街を活気づけ、かつての賑わいを取り戻してほしいです。 飛行石を落としてしまった塔も存在しています。 さらに、お城の中を見学することも出来、ロボット兵が目覚めた場所もあるそうです。 しかも、チャールズ皇太子が戴冠式を行った場所として知られる由緒正しいお城です。 毎週末、お城の前でマーケットが開かれているのでお買い物スポットとしてもおすすめです。 シータとパズーが生まれ育った街 パズーとシータは生まれ育った南ウェールズも忘れずに見ましょう。 自然豊かな場所で、パズーが襲われたシーンにあるような風景、地平線も見ることが出来ます。 「あの地平線~」という主題歌を思い出さずにはいられません。 パズーとシータがラピュタを滅ぼし、街に帰っていくシーンは、ウェールズで宮崎監督が見た景色なのかもしれません。 のんびりと景色を眺めて、ラピュタの世界に思いをはせる…憧れますね。 イギリスと言えばロンドンが有名ですが、少し足を延ばせば違った景色を見ることが出来ます。 世界中に広がるラピュタの世界 ウェールズ地方に広がるラピュタの世界はいかがでしたか?スタジオジブリは「ここがモデル」です、とは断言しておらず、宮崎駿監督がロケ地巡りを行った場所として公表しています。 ラピュタという作品にインスピレーションは与えていると思いますが、あくまでも作者の主観でまとめたものです。 ジブリに出てくる風景は世界中にありますので、ここかな?あそこかな?と考えるのも楽しみたいですね。

次の