胃腸 炎 下痢 治ら ない。 胃痛の原因不明を解決!治らないのはヤバい病気の初期症状かも?

胃腸炎について

胃腸 炎 下痢 治ら ない

こんにちは、さらくりです。 下痢と嘔吐が続いていて症状が酷く なかなか治らない時は急性胃腸炎に なっているかもしれないので注意して ください。 急性胃腸炎の症状とはどのような 症状なのか 原因となっている物は何なのか 突然吐き気がして嘔吐したり 下痢が治らない急性胃腸炎とは どのような病気なのか 原因や症状をチェックして自覚して おくことが大事です。 急性胃腸炎とはどんな病気なのか 下痢や吐き気がして嘔吐してしまう ことは体調が悪い時にはある症状 ですが それが突然起こってしまって激しい 痛みが伴って治らずに酷くなって しまうのは急性胃腸炎になってしまって いるかもしれません スポンサーリンク 急性胃腸炎とはどのような病気なのか というと名前の通り急に胃や腸が炎症を 起こしてしまう病気で 下痢が酷くなってしまうのは腸炎で 嘔吐が続いてしまうのは胃炎が 起きてしまっているからで その 両方が身体に起こってしまうのが 急性胃腸炎で一過性の病気です。 原因となっているのは4つの事 急性胃腸炎は胃や腸が炎症を起こして しまっているからなのですが ではどうして炎症を起こしてしまうのか 原因となっている物は何なのか それは4つの事が原因となって症状を 引き起こしてしまっている事が多いです。 えっ4つも原因があるの? って感じになってしまいますが その原因というのは ・ 感染症型 ・ 毒素型 ・ ストレス ・ 暴飲暴食 この4つです。 感染症型とは まずは感染症型ですが何が感染して しまうのかというとウイルスです。 ・ ノロウイルス ・ ロタウイルス ・ アデノウイルス これらのウイルスに感染してしまって 急性胃腸炎を引き起こしてしまいます。 このウイルス感染の特徴としては 秋から冬に感染してしまうことが多いです。 ・ サルモネラ菌 ・ 病原性大腸菌 ・ 黄色ブドウ球菌 などでこれらの菌が食べ物などから 体内に侵入してきてしまって症状が 出てしまいます。 スポンサーリンク 夏場の食べ物による食中毒などが 多いですね。 ストレスによって 次はストレスですが強いストレスを 受けてしまったり、ずっとストレスを 溜め込んでいたりしてしまうと 自律神経が乱れて正常に機能しなく なってしまいそれが原因となって 胃や腸の働きが乱れてしまって 急性胃腸炎になってしまいます。 ストレスによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍 などにもなってしまいますからね。 胃酸はだけじゃなく腸にも影響を 及ぼしてしまいますからね。 胃の負担が大きくなりすぎて 刺激を受けすぎてしまうのが 急性腸炎の原因になってしまいます。 下痢や嘔吐といった下からも 上からも同時に症状が出てきて しまい痛みを伴うので 急性胃腸炎はとても辛い病気の 一つです。 一過性とはいえその症状が続いて いる間は大変です。 なので症状をチェックして急性胃腸炎 にかかってしまっているかもしれない と早く気づくことが大事になってくるので 参考にしてみてください。 急性胃腸炎になった時の対処法に ついてはコチラの記事に書いてあります。

次の

胃腸炎で下痢が治らない…原因と対処法

胃腸 炎 下痢 治ら ない

スポンサードリンク ウイルス性胃腸炎で下痢が止まらない5日間 <前回の記事> 消化器科の病院にいって、レントゲンを撮って、点滴をして、薬を処方された1日目。 先生の話っぷりにはすぐにでも治るんじゃないか?といった雰囲気を感じた気になってたが、実際は全然治らない。。。 2日目になって。 アクエリアスとウイダーインゼリーを飲んだりして、多少断食したって死なないだろうって覚悟でずっとゴロゴロしてる。 止まらなかった下痢は止まったというか、便意を催すタイミングがグッと減った。 こりゃ快方に向かってるか?と思ったが、今思えば食べてないから出るもんが無くなっただけだった。 とはいえ、激しい腹痛ともはや茶色のかけらもない白濁の液体が出てきて体はグッタリ。 胃腸炎の原因はウイルス 何ウイルスか不明 嘔吐無し 今度は徐々にお腹にガスがたまってくる感じ。 でも、オナラが出るわけでもなく腸の中をグルグルしてる。 どんどんどんどんお腹が張ってくる感じがして体が痛い。 常にどこかに力が入っているような緊張状態。 そして筋肉痛。 背中も腰もお尻もモモの裏もなんだかずっと鈍く痛い。 ガスでお腹が張る感じはものすごい勢いに。 これって下痢より悪質。 下痢だとトイレで出せれば、一旦は痛みは落ち着く。 でも、ガスが溜まってお腹から出ない状態になると、もうどうしようもない。 一所懸命お腹をさする。 少し腸の中のガスが動いたような動いていないような感じ。 でも、すぐにお腹が痛い。 そしてそのお腹の張りは腰にも痛みとして広がる。 こいつは最悪だ。 3日目。 お腹の張りが我慢できず、先日の消化器科の病院へ行く。 下痢はおさまった気がするけど、お腹の張りが治らない。 と相談。 それならばと整腸剤を中心に処方される。 整腸剤を処方されたことで、すぐにお腹スッキリになるかと思うとそうでもない。 な~んとなく、腸が活発になったかな?程度。 ナマケモノのように、止まってはいないけどちゃんと動いているとも思えない複雑な状況。 とにかく寝返りを繰り返しつつもゴロゴロして、復調を待つ。。。 マジか。 もう3日終わろうとしている。 そろそろ、ご飯も食べてみるか。 そしたら、元気も出てきて体も活性化するかもしれない。 もう良くなってるだろう。 おかゆ食べる。 食べたのは茶碗半杯程度。 その30分後・・・ 忘れかけてた、あの下痢タイム。 全然治ってな~~~~~い!!!!! もうどうしたらいいんでしょうね。 治る気がしなかったですよ。 放っておいても治らない。 食べてもすべて出て行ってしまう。 スポンサードリンク 意気消沈。 ウイルスによる胃腸炎 下痢止め処方されず 整腸剤で乗り切ることに 4日目。 もうトラウマ。 あんなに下痢に襲われるくらいなら、お腹が減ってでも食べない方がいい。 そんな気持ちになってしまった。 食べなければ腹痛も下痢も襲ってこないのでそれが一番安心。 ウイルス性胃腸炎の終わりはいつ来るのだろうか? 5日目。 もう金曜日。 「私は本当に治るのでしょうか」 そんな想いをぶつけたくて、もう一度だけ。 きっと最後の消化器科の病院に行く。 先生は笑ってる。 「人類は大昔より進化をしてきました。 その途中では、食中毒もありウイルスにおかされながら生きてきました。 死ぬわけじゃないんです。 大丈夫です。 」 言ってる意味は正直わからないが、 「何を大げさな。 もうすぐ治るよ」と言っているらしい。 藁にすがる想いでもう一度点滴を受ける。 1日目の月曜に受けた点滴と同じ。 まぁ、確かにあの日に比べたら今は全然元気だなぁ。。。 そんな違いを感じながら 再度、おかゆを食べてみた。 今度は大丈夫。 お腹はギュルギュル鳴らないし、便意も催さない。 6日目。 ついに!!!!!! 固形の便が出ました!! 健康的な感じ。 久しぶり!!ってものすごく待ち遠しかった。 会いたかったぁ イエス!!って恥ずかしげもなく言えるくらい。 笑 まとめ ウイルス性胃腸炎は3回目くらいでしょうか? 毎回、症状が違います。 原因となるウイルスが違うせいなのか、その時の体調のせいなのか、深刻さの問題なのか? わかりませんが、人の話を聞いても自分の症状と同じ保証はありません。 でも!! ウイルス性胃腸炎であれば、1日2日では治りません。 いち早く病院にいって薬を処方してもらうのがいいです。 下痢止めを出されたら、「え、下痢止め・・・ですか?」と聞いてください。 (お腹にウイルスが停滞することを助長していませんか? 治らない胃腸炎はない!!(・・・ハズ) だから、頑張って乗り越えてください!! そんな、エールのような強い想いを発信して終わりとさせて頂きます。 【関連記事】 > > > > > 下痢って出し切れば治ると思っていたのですが、そうではないようですね。 なにせ胃腸が炎症しているので、その炎症が治らない限り下痢が続くってことですもんね。 早期回復をお祈りしています。 大人は、なかなか感染することのない手足口病になってしまいました。 ストレスや疲労がたまるとどうやら何かにヤられてしまいます。。。 > 最後までお読み頂きありがとうございました! amunさん こんばんは。 お返事遅くなりまして申し訳ありません。 その後、おからだの調子はいかがですか? まだまだ辛い時間を過ごされているかもしれませんね。 私は、医者でも専門家でも何でもありません。 人それぞれの症状によってお医者さんの処方があると思いますのであくまで参考程度でお願いします。 でも、伝えられることはありますのでお答えしますね。 こちらの記事に当時の明細を記載しているので見て頂ければと思います。 > ですが、点滴の部分だけ抜き出してかきます。 結局、あの頃は口から食べてもなんだかすぐに下痢として出て行ってしまって、体が弱まる感じがしていたのでしょうね。 そこで口からの摂取ではなく上記成分の点滴を先生は選んだのだと考えております。 ちなみに、私の場合「下痢はとにかく出し続けなさい」というアドバイスでした。 「体が出したいと思っているから出すのです。 ただし、脱水症状にはならないようにスポーツドリンクなどは飲むように」と。 「出し切った後に、回復に向かいますよ。 でも、自分としてはもう出し切ったはずなのに、全然回復の予感がしませんでしたね。 これは自分なりの解釈ですが、私の場合、薬で対抗するという意味ではなく自然治癒といいますか自力で治すタイプだったと理解しています。 処方された薬で下痢を治すとかの即効性は無いと思っていました。 「悪いウイルスをいち早く出し切り、弱った体を治癒する」と考えていました。 私が勝手に、1日とか2日で回復すると思っていましたが、私の場合は約1週間はかかることになりました。。。 最後、脱線して自分の想いを書いてしまいましたが、お答えになりましたでしょうか? amunさん!頑張って耐え抜いてください! 土日にもなりますが、夜間や土日の救急も視野に入れながらお医者さんに診てもらいながら早くよくなってくださいね!!.

次の

水下痢が続く原因は?急性胃腸炎など病気の可能性も!飲み物は何が良い?

胃腸 炎 下痢 治ら ない

スポンサーリンク 胃腸炎が起こると、色々な症状が出てきて腹痛、下痢、嘔吐、吐き気という症状に見舞われることがあります。 そして原因もさまざまあり 「アルコール、ストレス、ウイルス、細菌」と言うのが胃腸炎の原因のなるほとんどの割合を占めているものです。 たいていの方は、1週間から2週間もあれば症状が落ち着き、完治ということになります。 しかしながら胃腸炎の中で、 「下痢」だけは継続して続くということがあります。 下痢が続くことがあり、心に不安が出たり、特にお子様が症状を長引かせたときは、他の病気が原因なのでは?という事も頭によぎったりとすることがあるかもしれません。 今回は下痢が長引く理由について説明をしていきたいと思います。 スポンサーリンク 「細菌性胃腸炎」と「ウイルス性胃腸炎」これは名前の通りに、細菌、ウイルスが原因です。 これらは胃腸に入ることで増殖して、胃腸炎の症状をお越します。 ですので、この原因である、細菌、ウイルスが完全に体から居なくなれば症状が完治と言うことになります。 しかしながら、これらの症状が完治するまで2週間もあれば治るの比べ、体から排出されるまでは1ヶ月もの期間がかかるということがあります! そのため、体は完全に排出するために下痢を続けると言うことがあり、症状が長引くということがあります。 また胃腸の粘膜が完全に治るまで消化がうまくいかないという理由もあり炎症、修復が完全に収まるまで症状が続くということがあります。 また他にも、 ストレスやアルコールの場合には、原因が菌やウイルスではないので、排出が原因ではないと言うことがはっきり言えます。 この場合には、「慢性化」が理由といえます。 例えば、ストレスであれば、会社や家庭で常にストレスを抱えていれば、いつまでも胃腸が炎症を続くと言うことがあります。 またアルコールも同じであり、原因のアルコールを日常的に摂取することで炎症が収まらないと言うことがあります。 そのため、慢性化を防ぐために原因のアルコールやストレスを取り除くことを優先にしてください。 これらはポリープやガンといった原因になることが多いので炎症を一刻も早く治す必要があります。 スポンサーリンク.

次の