コマンド プロンプト フォルダ コピー。 コマンドプロンプトでファイルをコピーする 3つの方法

特定の拡張子だけディレクトリを維持したままコピー

コマンド プロンプト フォルダ コピー

【便利なコマンドプロンプト】 Windowsを使っている人が世界中で80%とも90%とも言われていますが、デジカメで撮った写真や仕事で使っているファイル、どんどんためって言ってしまって、バックアップを取ること忘れてしまったりすると、万が一パソコンが壊れたとき、データがなくなってしまったりして困ったことはありませんか? そこでコピーをとっておくわけですが・・・、ファイルやフォルダのコピーをするときどのようにやっていますか? 1.ファイルやフォルダをドラッグしてコピー 2.ファイルやフォルダを右クリックしてコピー、貼り付け この方法で間違いないのですが、この方法ですと、重複するファイル名や、フォルダ名があると、いちいち「統合しますか?」や、「ファイルを置き換えますか?」といったメッセージが出てきて、コピーがとまります。 ずっと画面に張り付いていなくてはいけないのでとても効率的だとはいえません。 高速、確実にファイルのバックアップが出来る方法 実は、そんな、高速確実にファイルやフォルダのバックアップを行いたいと思う人に、ぴったりのコピーコマンドがあります。 高速確実バックアップ -コマンドプロンプト- コマンドプロンプト【robocopy】 【Robocopy】は、Windows Vista~Windows10で用意されている、 コマンドプロンプトで動作します。 昔のパソコン風画面で、マウス操作ではなく、キーボードで入力して使うものです。 昔の使い方と同じなので、高速確実にコピーをすることができます。 Roboといってもロボットではありませんw。 「robust」=「堅牢」という意味だそうです。 コマンドプロンプト起動からコピーまで 1.コマンドプロンプトの起動 コマンドプロンプトを起動します。 Windowsvista~Windows7まで 1.スタート 2.すべてのプログラム 3.アクセサリ 4.コマンドプロンプト と順番にクリックします。 Windows8~8. 1まで 1.アプリ一覧からコマンドプロンプトをクリックします。 コマンドプロンプトが起動しました。 robocopyの使い方 コマンドはキーボードを入力して行います。 入力する順番は決まってます。 コマンド コピー元のファイルの場所 コピー先のファイルの場所です。 正確に書きますと、 【>robocopy コピー元ファイルのパス コピー先ファイルのパス オプション】 という風になります。 パスというのはファイルの場所を一番頭から、自分のファイルの場所までを順番に書いたものです。 もしくは、パスの前後を、ダブルクォーテーションでくくって、もいいです。 日本語やフォルダー、ファイルネームにスペースなどがある場合くくったほうがいいと思います。 フォルダーのパスがわからないひとは フォルダーを開き、ファイルの場所の上の場所の何も書いてないところをクリックすると、フォルダー、ファイルのパスが表示されます。 「robocopy」で注意すること コピー「元」とコピー「先」の入力を間違えると、フォルダやファイルが消えてしまう可能性があります。 コマンド実行前に、よく確認してください。 最近の投稿• 最近のコメント• に より• に shu より• に no より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー•

次の

ファイルとディレクトリ構造のコピー(XCOPY)

コマンド プロンプト フォルダ コピー

だがxcopyと比較すると、robocopyコマンドは、コピー先だけにあるファイルやフォルダ(EXTRA File)を削除できる他、サイズや更新日付を限定してのコピー、再試行回数制限、ログの記録、ジョブ定義、ファイルやフォルダの(コピーではなく)移動ができるなど、機能が豊富である。 このようにrobocopyは多くの機能を備えている。 本TIPSではrobocopyの基本的な使い方として、2つのフォルダを同期させる機能と、ログや設定を保存する機能について解説しておく。 それ以外の機能については次のTIPS記事を参照していただきたい。 robocopyコマンドの書式 2つのフォルダ間でファイルをコピーする コピー元フォルダの内容を、指定したフォルダへコピーする。 何もオプションを付けないと、コピー元フォルダにある「ファイルのみ」がコピーされる。 フォルダは対象外。 コピー元もコピー先もフォルダであり(ファイル名やワイルドカードは指定不可)、指定されたフォルダ間で、その中にあるファイルがコピーされる。 コピー先として指定されているフォルダが存在しない場合は、フォルダが新規作成され、その中へコピーされる。 ただしデフォルトではサブフォルダはコピーされず、さらに次の種類のファイルだけが上書きでコピーされる。 robocopyでコピーされるファイルの種類 デフォルトでは、このような条件に一致するファイルがコピーされる。 オプションを指定すれば、新しいファイルだけをコピーさせたり、同じファイルでも強制上書き再コピーさせたりできる。 どのような種類のファイルをコピーするかは、ファイルの「 クラス」に基づいて決まる。 クラスとは例えば、日付が新しいか古いか、サイズが異なるか、属性が異なるか、などの状態のことを指す。 どのクラスに該当するファイルをコピーするかはオプションで指定できる。 詳細なオプションについては以下のTIPSを参照していただきたい。

次の

copyとxcopyコマンドの違い

コマンド プロンプト フォルダ コピー

「copy」コマンドでは実現できなかった、もう少し高度なコピーをしたい方• 「xcopy」コマンドでどんなことができるのか知りたい方• 「xcopy」コマンドで行えるはずの、目的の操作を探したい方 目次• その他の関連しそうな記事 「xcopy」コマンドの使い方 基本的には「copy」コマンドと同様の使い方ですが、オプションを付けることによって より高度なコピーを行うことができます。 大きな特徴としては、 フォルダごとコピーできるということです。 これによって、 バックアップ用のコマンドとしてよく使用されます。 以下は基本的な「xcopy」コマンドの使い方です。 xcopy [オプション] [コピー元ファイル・フォルダ] [コピー先ファイル・フォルダ] 「xcopy」コマンドの[オプション]には非常に様々なものが用意されています。 この記事でも使う頻度が高そうなオプションについては紹介していきますが、全ては扱いません。 全ての使用できるオプションとその機能を確認したい方は、「」を参照して下さい。 「copy」コマンドの高度化したコマンドとして、もう一つ「replace」コマンドがありますが、「xcopy」コマンドの方がより様々なオプションを使用でき、使い勝手もいいため、こちらが一般的によく使用されているようです。 これは、 コピー先に同じ名前のファイルがあったときにコピー元のファイルと更新日時を比較して、新しければコピーするというオプションです。 つまり、前回コピーしたファイルが変更されたときだけをコピーするというものです。 これによってバックアップ時にすべてのファイルを毎回コピーしないでよくなるため、コピー時間が大幅に短縮されます。 以下の画像は、「file. 一度目は通常通りコピーされていますが、二度目はコピーされていません。 これは、「backup」フォルダには一度目にコピーしたファイルが既にあり、そのファイルも更新されていなかったので二度目のコピーではコピーする意味がないと判断されたためです。 txt」だけがコピーされます。 サブフォルダごとコピーする コピー対象としているフォルダの中にさらにフォルダがある(これを「サブフォルダ」と呼ぶ)とします。 通常、「xcopy」コマンドではサブフォルダまではコピーされません。 —————————— と聞かれるので、「D」と入力するとフォルダ・サブフォルダ内のファイルも含めてコピーされます。 例として、「folder」フォルダの中に「file1. txt」、「file2. txt」、「file3. txt」があったとします。 これらのファイルは「folder」フォルダへ入っています。 txt この状況下で、 xcopy folder copyfolder とすれば、もちろんフォルダ内の全てのファイルがコピーされます。 ここで、「file3. txt」をコピーしたくない場合を考えましょう。 まず、コピーしたくないファイルを記述した除外リストファイルを作成します。 txt」ファイルに以下のように書き込みました。 このファイルを「folder」フォルダが存在するフォルダに一緒に入れておきます。 txt)を指定します。 以下のような感じです。 以下、実行結果です。 「file3. txt」ファイルがコピーされていないことが分かります。 この除外リストファイルにコピーしたくないファイルのリストを書いておけば、そのファイルのコピーを飛ばしてくれます。 指定するファイルは複数でも構いません。 オプションを付けない通常のコピーでも、コピー対象のファイル名は表示されます(下図)。 コマンド実行直後からコピーしているファイル名と、最後にいくつのファイルをコピーしたかという表示がでます。 これがデフォルトの状態です。 ファイル名がフルパス付きで表示されるため、若干見づらくなる場合もあります。 このように、コピーしたファイルの数だけが最後に表示されます。 指定したコピー先をフォルダとしてコピーする(自動で) 例えば、「folder」フォルダを「copyfolder」フォルダとしてオプション無しでコピーしようとした場合、「copyfolder」フォルダが存在しないときには、「copyfolder」がファイルなのかフォルダなのかを選択する必要があります(下図)。 この場合、「copyfolder」はフォルダなので「D」を手動で入力すればよいのですが、少し面倒です。 特にバッチファイルを使って完全に自動化処理をさせたい場合などは人間の操作が全く不要なプログラムを作りたいです。 勝手にディレクトリ(D)としてコピーを行ってくれるのです。 確認メッセージは表示されずに、「D」を入力する手間が省けました。 txt」ファイル、「file2. txt」ファイル、「file3. txt」ファイルがそれぞれ入っている場合を考えます。 以下のようなフォルダ構成です。 ファイル毎に上書きするかどうかを尋ねられるので、上書きするときは「Y」、しないときは「N」を入力してコピーを進めます。 また、「A」を入力すると、それ以降のファイルが全て上書きされます。 以下は、その実行例です。 「Y」や「N」、および「A」は自分の手で入力しています。 このように一つ一つ確認しながらコピーを行う必要がなく、確認メッセージ表示させずに、全てを上書きしたい場合もあります。 つまり、すべて「Y」、もしくは「A」を選択した結果と同様です。 このようにすれば、毎回確認メッセージが表示されますので、「Y」および「N」を入力してコピーを進めることができます。 例えば、以下のようなフォルダ構成があったとします。 例えば、コピー元フォルダとして「folder」フォルダがあり、中には「file1. txt」ファイル、「file2. txt」ファイル、「file3. txt」ファイルがあったとします。 そして、コピー先フォルダは既に「copyfolder」フォルダが存在し、中には「file1. txt」のみがある場合を考えます。 以下のような状況です。 txt」ファイルのみがコピー対象となります。 以下に実行結果を示します。 このように、コピー元とコピー先のフォルダに存在する共通のファイル「file1. txt」だけがコピーされました。 以下の画像は実行例です。 何かのキーを押すとコピーが始まります。 大規模なコピーを行う前の最終確認に利用できます。 , ,.

次の