テセウスの船 1話 ネタバレ。 テセウスの船 動画1話を無料フル視聴【見逃し配信】ネタバレあり感想も|メイのドラマライフ

【テセウスの船】9話あらすじとネタバレ/世間の感想【黒幕】

テセウスの船 1話 ネタバレ

『テセウスの船』1話ネタバレSPのあらすじ 生まれる前に父・が殺人犯として逮捕された主人公・は、母・と姉兄と共に、加害者家族として世間からの厳しい視線を浴び、暗闇の中を生きてきた。 人目を気にして笑うことも許されなかった人生。 しかし、心の過去を受け入れ、いつも励まし支えてくれる最愛の妻・から、自分の父親を信じてみてと言われ、心は父に向き合う決意をする。 そんな時、父が逮捕された事件の現場となった村を訪れた心は、突然、事件直前の平成元年にタイムスリップしてしまう。 そして、心はそこで生まれて初めて父・文吾と31年前の母・和子に出会うのだった。 過去で出会った家族は優しさと笑顔が溢れる愛すべき者たちだった。 父・文吾はなぜ殺人犯になったのか? 本当に事件の犯人なのか? 心は過去の世界で、父・文吾の起こす事件の謎を解明し、事件を阻止して過去を変えようと立ち向かう。 出典: 『テセウスの船』1話ネタバレSPの感想 私のHERO 佐野文吾さん。 音臼村駐在所勤務の家族大好き警察官。 特技は射撃と腹芸。 好きな食べ物イカ人参🦑🥕。 何故か警官姿の文吾までが悪人ヅラ。 今思えば、1話の文吾は、父が犯人だと言われて育った心目線で見た文吾だったのかもしれない。 どんな善人でも、この人は悪人だという先入観があれば、ちょっとしたことで怪しく感じてしまう。 でも、吹雪の中、三島千夏ちゃんを無理やり連れて行こうとする文吾は、どうしても解せず、原作で確かめてしまいました。 そしたら原作にはちゃんとその理由が書かれていました。 なんでドラマでは伏せてしまったんたろう〜。 先が気になってどんどん読んでしまう漫画でした。 これは続きが気になる…! やっぱりドラマにはドラマのよさ、漫画には漫画のよさがありますね! まだ2巻までしか読めてないけどめちゃ面白いー! タイムスリップもののミステリー、1話目から引き込まれる展開。 ドラマも再放送してるから、漫画読み終わったらそちらも一気見する。 心がタイムスリップしたときには、みきおと真犯人は接触していたようです。 しかも、真犯人の方から、みきおに計画を話している!!! 私はずっと、みきおが計画を立てて、それに真犯人が乗っかったんだと思ってましたが…。 最初から真犯人主導の犯行だったのでしょうか? 他にも最終回まで見ても、解決されずに終わってしまった疑問がいくつかあったので、その辺を追っていけたらなぁと思います。 由紀がいなかったらこのドラマは成立しないというくらい大切なひと…。 事件関連を調べた詳細なスクラップブックは、全編を通じて活躍します。 由紀は亡くなってしまったけど、由紀の遺志は残り続けますよね。 それを考えたら、心が家族のためだとすぐに泣いちゃうのもわかるなぁ。 涼真くんがたくさん苦悩して 全力すぎるほど役に入り込んできたの知ってるから 心さんの流す涙が 涼真くんが本当に心から泣いてるように見えてしまうんだ……。 — おるか〜• またの〜。

次の

テセウスの船/ドラマのキャストと[2話]あらすじネタバレ!鈴の行方は?

テセウスの船 1話 ネタバレ

1月7日 三島医院の次女・千夏(5歳)がパラコート(除草剤)中毒で死亡。 自宅の倉庫に保管されていた除草剤を誤って飲んだものと見られる。 心は、千夏の死を回避するため、三島医院から除草剤を盗んで雪の上に中身を捨てました。 「もうこれで大丈夫」と安心しますが、 その直後に佐野文吾(鈴木亮平)が千夏の手を引っ張っている姿を目撃! そして除草剤はもうないはずなのに、 千夏が除草剤中毒で死亡。 自宅である三島医院の前に倒れている千夏を発見したのは、佐野! 佐野が千夏を殺したに違いないと憤る心ですが、果たして佐野が犯人なのでしょうか? そして千夏は、自宅に除草剤がないのに、どこの除草剤を飲んだのでしょうか? 『テセウスの船』千夏を殺した犯人は誰? 佐野が除草剤のボトルを回収した理由は? 千夏を殺した犯人についてTwitterの声を見てみましょう。 — ハッシン hasshin07 テセウスの船 千夏ちゃんを連れて歩いていた佐野はなに?殺したの? パソコンにメモみたいのとってるのは誰? 何故佐野は心が捨てた除草剤の入れ物を拾った? これ来週も絶対見なきゃ— さかなちゃん pom2utam ちなつちゃんのパラコート中毒が解決してないのに、心の心変わりは?そこの疑問残ったままじゃん? 1週間待たされるのつらいね。 ドラマの醍醐味だけど。 」について話題沸騰中。 これについてはで原作ネタバレしています。 そして佐野がなぜ除草剤のボトルを回収して隠し持っていたかについて、疑問を抱く人が多かったです。 原作の佐野は除草剤のボトルを拾ったことを金丸刑事(ユースケ・サンタマリア)に報告して、金丸は心を千夏殺しの犯人として執拗に取り調べます。 しかし心のカバンの中から2020年の心の身分証明書を発見した 佐野は、金丸に「除草剤のボトルではなく、除草剤に似た洗剤でした」とウソをついて心をかばいます。 さらに、心の身分証明書は全部雪崩に飲み込まれたとウソをつきます。 佐野が心をかばった理由は、心に事件や事故の予知能力があると確信したから。 その後佐野は、心が未来から来た人間であることを信じて、2人で正義のために事件や事故を未然に防ごうと提案するのです。 『テセウスの船』千夏を殺した真犯人を原作ネタバレ 千夏を殺した犯人を原作ネタバレします。 実は千夏が亡くなる前、三島医院には もう2人いました。 それは、鈴(白鳥玉季)の同級生の 加藤みきおと 三島明音(あんな)。 みきおは理知的な優等生で、明音は千夏の姉です。 みきおは、明音と自由研究をするために医院を訪れていました。 しかし明音は、鈴のことは意地悪をして誘いませんでした。 その理由は、明音の両親が鈴とは仲良くするなと言ったから。 明音の父親は、患者さんのところへ行く途中にスピード違反で鈴の父親である佐野文吾に切符を切られたことがあり、佐野を恨んでいたのです。 鈴を愛しているみきおは面白くない気分で帰り出し、倉庫にいる千夏を見かけました。 そのまま帰るつもりだったのが、千夏を見てるととても可愛らしく見えて、千夏の両親の顔も浮かびました。 みきおは気が付くと、千夏に自作のパラコートジュースをラムネだと言って飲ませていました。 みきおは、自作のパラコートジュースを水筒に持ち歩いていて、既に猫に飲ませて殺したことがありました。 音臼村では、自宅にパラコートがある家が多く 簡単に入手出来たのです。 後にみきおは、このパラコートジュースのことを初めて自分で作った 武器と言っています。 原作のみきおは、犯行の全てをカセットテープに録音しています(ドラマではワープロ)。 みきおがカセットテープに録音したおぞましい言葉はこちら 1月7日土曜日吹雪 三島千夏5歳 体重20㎏ ラムネだと騙し水で薄めたパラコート15mlを飲ませるがすぐに吐き出してしまった 一瞬ヒヤリとした その後痙攣が始まり嘔吐 12分後動かなくなった この前実験した猫よりも時間がかかった 1月10日 火曜日晴れ 検死結果は3日で出た 千夏の通夜でみんな泣いてた 子供が一人いなくなっただけなのにそんなに悲しいのだろうか 千夏は死ぬまでに時間がかかったからもっと量を増やした方がいいのかもしれない 次はもっと大きい人間で試してみる 1月12日 木曜日晴れ 今日刑事が来た 金丸と吉田の2人だ この辺りを聞き込みして回ってるらしい 千夏のことを聞かれた 適当にごまかしたらすぐに帰った 千夏を殺して5日になるが案外バレない 1月13日 金曜日曇り 千夏が死んだところに行った 花とか線香とかお菓子とか手紙とか置いてあったので みんな悲しいんだなと思った なんだかニヤけてきて必死でこらえた 手を合わせて千夏に行った 『もう戻ってこないでね』と 録音テープの内容から、みきおがハズミで千夏を殺したことや、微塵も罪悪感を感じていないことがわかります。 三島姉妹の両親が鈴と仲良くするなと娘たちに言ったことが原因で、鈴を愛するみきおの反感を買ってしまったのですね~。 しかし除草剤ジュースを持ち歩く小学生とは、怖すぎですね……。

次の

テセウスの船10話(最終回)ネタバレあらすじ感想!ひどいの一言!予想外のラストに唖然。せいやの俳優活動は応援するw

テセウスの船 1話 ネタバレ

由紀の死 31年間、殺人犯の息子としてひっそりと生きてきた心。 今は妻の由紀と幸せな生活を送り、生まれてくる赤ちゃんを待ちわびていた。 由紀は音臼村の事件について調べてみたと心に言い、当時、他にも事件が集中していたことから不審に思う由紀。 もしかして文吾は罪をなすりつけられたのではないかと考え、信じたいと言う。 だが心は、今が幸せだと言い、自分には父親は居ないと思っていると言う。 その時突然お腹の痛みを訴えた由紀。 病院に運ばれ、赤ちゃんは生まれたものの、由紀は妊娠中毒症で危ない状態だと言われる。 由紀の元に駆けつけた心だったが、真実から逃げないでと言い息を引き取ってしまう。 由紀の父親からは、心のせいで心労が祟って死んだと言い赤ちゃんは引き取ると言われてしまう。 タイムスリップ 由紀の写真を見ながら、改めて子供を守って行こうと誓う心。 心は和子に、文吾の冤罪の可能性を話し、文吾に会いに行ってくると言う。 文吾に会う前に、事件のあった音臼村を訪れた心。 慰霊碑の前に花を供えていると、突然霧が深くなる。 その場に倒れていた心が気が付くと、なぜかそこには廃校になったはずの音臼小学校の校舎があった。 驚いた心は、神社に向かう。 すると女の子が雪の中で倒れているのを見つける。 近くの病院に運ぶが、院内のカレンダーを見ると1989年1月7日になっていた。 由紀が調べたノートを確認すると、その日鈴が神社の階段から転落していたことが分かり、自分が助けた女の子が姉だったと知る。 するとそこに、警察官の恰好をした男が現れる。 文吾だった。 鈴を心配してやってきた文吾は、心が鈴を助けたのだと医師から聞き、お礼を言いながら手を差し出してくる。 心は手を伸ばすことができず、名前も名乗らずにその場を去ろうとする。 だが、そこに小さな女の子を見かける。 ノートには、千夏という女の子が除草剤を誤って飲んでしまい死んだと書かれていたことから、倉庫の中から除草剤を持ち出す心。 思わず「ドロボウ!」と叫ぶ千夏だったが、そのまま持ち去って雪に撒いて捨てる。 心が逃げ去る姿を、新聞配達員の長谷川が見ていた。 だがその直後、文吾が千夏の手を引いて歩いているのを見かける。 追って行こうとするが見失ってしまうのだった。 千夏の死 すると今度は、女性に危ないからこっちに来るようにと声をかけられる。 母親の和子だった。 男の子を連れていて、慎吾と呼んだことから兄だと分かる。 先程の病院に連れていかれ、心が鈴を助けてくれたと知ってお礼を言う和子。 頬にアザができていたが、発見が早かったため痕は残らないと言う。 姉には頬にアザが残っていたため、過去は変えられると考える心。 その直後、文吾の叫ぶ声が聞こえる。 慌てて外に出ると、倉庫で千夏が倒れていた。 千夏は何かの中毒症らしく、意識が戻らないまま死んでしまう。 真相を突き止め、過去を変えようと決めた心は、駐在所の文吾の元を訪れる。 そこに長谷川が来て、心に気づく。 心が千夏と一緒にいたのを見たと言い「千夏に何をした」と掴みかかる長谷川だったが、文吾が止めて家に帰っていく。 心の名前や住まいを聞く文吾だったが、雪の中、千夏を連れて行くところを見たと聞き返す心。 そこに和子が現れ、鈴の恩人に事情聴取みたいなことするなと怒って、心を住居の方に連れていきご飯を振る舞う。 父親を探しに来たと言う心に、しばらくうちに泊まるように言う和子。 和子たちが千夏の葬儀に出かけている隙に、駐在所の机を探る。 机の中の箱を開けると、空のパラコートの容器を見つける。 やはり父親が千夏を殺したのかと、絶望する心だった。 雪崩を予言する心 再びノートを見て、過去を変える決意をする心。 慎吾と一緒にお風呂に入っている間に、心の鞄を探る文吾。 財布の中からは見たこともないお札が出てきて、免許証の有効期限が平成32年となっていることに驚く文吾。 木村メッキ工場の木村が、雪崩に巻き込まれると知った心は、行かないようにと頼む。 言うことを聞かず車で出かけて行くのを追いかけていると、文吾がパトカーで通りかかる。 乗せてくれと頼みこみ乗り込むと、娘のさつきも乗り込んで木村を追う。 車の中から大声で止まるように叫ぶ心。 仕方なく止まった木村だったが、その直後雪崩が襲う。 心のおかげで木村は無事だったが、さつきも文吾も心の予言に驚くのだった。 夜、文吾の家に金丸がやってくる。 警察に連れて行かれた心は、千夏を殺した疑いで取り調べを受ける。 このまま拘留されていると、6日後に起きる失踪事件を防げないと考える心。 すると帰ってもいいと言う金丸は、指紋のついたパラコートの容器が見つかれば終わりだからと言われる。 釈放された心は、急いで容器を捨てた場所を探すが見つからない。 その様子を見張る金丸。 そこに鈴が現れ、話を聞くと明音が行方不明だと言う。 明音が失踪するのは6日後のはずだと考えるが、とにかく周辺を探す心たち。 すると山の中で銃声が聞こえる。 足跡と血の跡を見つけた心は、それを辿っていく。 すると崖の下に倒れている明音を見つけるのだった。 上から名前を呼ぶと、気が付く明音。 そばには文吾がいて、迷子になっていたところを助けてくれたのだと言う明音。 血はどうしたのかと言うと、クマが出たのだと説明する文吾。 明音を村まで送って欲しいと言う文吾。 明音を崖の上まで引き上げた後、文吾にも手を差し出す心。 だが自分は大丈夫だからと言い、子供を守るのが大人の使命だと言う。 明音を負ぶって村まで行く途中、井沢に会い明音を任せる。 そして文吾を助けるために崖に急ぐ心だった。 文吾を信じる心 崖に戻ると、文吾は倒れていた。 声をかけると反応はあるものの、かなり寒さで弱っていた。 手を伸ばす心に、足もやられていて踏ん張れず、一人では引き上げられないと諦める文吾。 だが心は「あなたに生きていて欲しいんだ!」と叫び、心を動かされる文吾。 心の手を握り、踏ん張りながら崖をのぼる文吾。 心も必死の思いで引っ張り、なんとか引き上げることができたのだった。 自分の父親は殺人犯なんかじゃないと、信じる気になる心だった。 一緒に温泉に入りながら、免許証を見たことを話す文吾。 信じて貰えないかもしれないが、2020年の未来から来たのだと言う心。 雪崩やパラコートなど、そうじゃなければ説明がつかないと言い信じる文吾。 心が捨てたパラコトの容器は文吾が回収していたのだと言う。 「テセウスの船」1話 みんなの感想と評判 『』1話。 さんの特殊メイクはいま直ぐ止めた方が良い。 これじゃコントだよ。 竹内涼真くんも良かったし、やっぱり鈴木亮平さん!文吾役にぴったりだし、演技力でドラマが引き締まってた。 原作知らなきゃもっと楽しめたんだろうか?原作はすごくゾクゾクどきどきしたんだけど…。 やっぱ日曜9時ではないかなぁ。 原作通りの犯人なんだろうか?それご気になるのでとりあえず来週も見ます。 — nome-tasu NomeTasu なたがいることに」😢 亮平さんの文吾さんもすっばらしかった😢 涼真君の目の演技と涙が好きです。 今期のドラマも展開楽しみなのが多いなぁ。 テセウスの船• 恋はつづくよどこまでも• シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 絶対零度~未然犯罪潜入捜査~• 知らなくていいコト• 病室で念仏を唱えないでください• 10の秘密• 麒麟がくる• スカーレット• 相棒18• ケイジとケンジ• アライブ がん専門医のカルテ• アリバイ崩し承ります• 科捜研の女19• 病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~• パパがも一度恋をした• ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~• 女子高生の無駄づかい• あなたの番です3• ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~• この男は人生最大の過ちです• 心の傷を癒すということ• コタキ兄弟と四苦八苦• やめるときも、すこやかなるときも• 伝説のお母さん• グラン• メゾン東京• ホームルーム• 僕はどこから• 駐在刑事 Season2• 来世ではちゃんとします• 絶メシロード• カエル男• ハイポジ• 今夜はコの字で• LINEの答え合わせ• 鈍色の箱の中で• シャーロック• SEDAI WARS(セダイウォーズ)• おしん• 相棒17• 田園ボーイズ• 面白南極料理人• 捜査会議はリビングで!おかわり• 大江戸スチームパンク• 大岡越前•

次の