プリン 作り方 簡単。 プリンの人気レシピ・作り方:プリンがおうちで簡単に作れちゃう!

フライパンで作る美味しい簡単プリン 作り方・レシピ

プリン 作り方 簡単

子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 プリンの歴史について プリンの語源にあたる「プディング」は、イギリスの船乗り達が、航海中に食料を無駄にしないよう考案した、肉や野菜の切れ端を卵液で蒸して固めた茶碗蒸しのような料理がルーツ。 徐々に地上でも作られるようになったプディングは、パンやフルーツ、ナッツなど様々な具材が入れられるように。 その後、具材を入れない卵液だけのものが作られ、18世紀にはフランスで現在のカスタードプリンが誕生したのです。 日本には、江戸時代後期から明治時代初期に伝わり、1872年には初めて文献でも紹介。 その後、レストランなどで提供されるようになり、1964年頃には一般家庭にも普及しました。 現在、日本のプリン人気は不動のものとなり、今では味やかたさなど思考を凝らした様々な種類のプリンが作られています。 プリンのコツについて 実はポイントを押さえれば簡単に作れるプリン。 ここでは、大まかな作り方と成功のコツをご紹介します。 まずはカラメルソース。 水と砂糖を小鍋で好みの苦さまでしっかり煮詰めたら、数秒鍋底を水につけて温度を下げてから熱湯を加えます。 再び弱火にかけ、焦らずゆっくり混ぜてください。 適度な濃度になったら型に流し、卵液と混ざるのを防ぐためによく冷やしておきます。 続いて、卵と砂糖をしっかり混ぜたらレンジで温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ、茶こしでこしてから先程の型に流し入れます。 蒸し器は、布巾を敷いてその上に型を並べ、蓋にスプーンをかませることで、温度の上がり過ぎや、蒸気が強く当たることを防ぎます。 余熱でも火が通るので蒸しすぎないように注意しましょう。 あとは、冷やして竹串で周りを1周してから皿に当て、強く振り下ろすとキレイに抜けますよ。 材料は牛乳、卵、砂糖だけ。 蒸し器も使わずに簡単に作れるプリンです。 材料をボウルに入れたらよく混ぜてこします。 砂糖を完全に溶かすためにも2~3度こすのがポイント。 丁寧に耐熱容器に流し込みます。 容器いっぱいの量を入れると、加熱時に膨張して溢れるので、分量にも注意しましょう。 あとは容器が半分くらい浸かる程度のお湯を鍋で沸かし、そっと入れたら弱火で10分。 冷やしたら完成です。

次の

簡単!鍋で作る蒸しプリンのレシピ/作り方:白ごはん.com

プリン 作り方 簡単

少し焦がすことでカラメルソースの苦みが生まれます。 水を入れて砂糖が蒸発しはじめたら、さっと容器に移しましょう。 加熱しすぎると水分が蒸発して固くなってしまいます。 次に、卵を2つよく溶きます。 そこに、牛乳と砂糖を適量入れます(自分の好みの甘さになるように調節しましょう!)。 よく混ぜ合わせたら容器へ移します。 ここで要注意です!容器には空きに余裕があるように入れてください。 写真のようになみなみ注いでしまうと、レンジでチンした際に液が沸騰・膨張してあふれてしまうのです。 実際スタッフは上の写真のままチンをしてしまい、約半分ほどあふれ出しました……。 実際入れる際は下の写真の辺りまでにしましょう。 私は3人前と書いてあるのにワンカップで作ろうとしてしまったのです……。 容器に移したら、ラップをして500wのレンジで3分40秒チンします。 湯気で真上からは撮れませんでしたが、プルンとした感じで茶碗蒸しのようです。 粗熱を取ったら、冷蔵庫に入れて冷やせば完成です! 完成! 下にうっすらとカラメルソースが敷いてあるのが見えるでしょうか? カラメルソースを作る際は、 実際に容器に砂糖を入れて量を確認した方がよいかと思います。 そしてカラメルソースに使う砂糖の量は、自分の感覚よりちょっと多めの方がちょうどいいかと感じました。 食感は、市販のプリンよりプルンッと弾力がありました。 いかがだったでしょうか? 実際に作ってみて、とっても簡単にできてしまいました。 調理時間の目安は約10分と書きましたが、慣れればもっと早く作れます。 材料が非常にシンプルなので、今すぐにでもトライできるのではないでしょうか? また、バニラビーンズを入れたり、抹茶を入れたりと、ちょい足ししても面白いかと思います。 元オークラアカデミアパークホテル総支配人兼総料理長。 元グァムホテルオークラ「フランボヤン」料理長、元ホテルオークラ東京レストラン「カメリア」副料理長。 天皇皇后両陛下や皇太子殿下宿泊の際は料理責任者を務める。 ムッシュ高木は、素材の声に耳を傾け、「食事の喜び」をテーマに料理を創る。 使う食材はフレンチでも、薬膳料理のようにお箸でも食べられる。 翌朝の目覚めがとても健やかな「毎日食べたくなる、からだにやさしい食事」だ。 庶民的感覚も持ち合わせ、飾らないユニークなキャラクターでも人気を博している。

次の

【簡単・材料4つだけ】とろとろなめらかプリンの作り方

プリン 作り方 簡単

子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 プリンの歴史について プリンの語源にあたる「プディング」は、イギリスの船乗り達が、航海中に食料を無駄にしないよう考案した、肉や野菜の切れ端を卵液で蒸して固めた茶碗蒸しのような料理がルーツ。 徐々に地上でも作られるようになったプディングは、パンやフルーツ、ナッツなど様々な具材が入れられるように。 その後、具材を入れない卵液だけのものが作られ、18世紀にはフランスで現在のカスタードプリンが誕生したのです。 日本には、江戸時代後期から明治時代初期に伝わり、1872年には初めて文献でも紹介。 その後、レストランなどで提供されるようになり、1964年頃には一般家庭にも普及しました。 現在、日本のプリン人気は不動のものとなり、今では味やかたさなど思考を凝らした様々な種類のプリンが作られています。 プリンのコツについて 実はポイントを押さえれば簡単に作れるプリン。 ここでは、大まかな作り方と成功のコツをご紹介します。 まずはカラメルソース。 水と砂糖を小鍋で好みの苦さまでしっかり煮詰めたら、数秒鍋底を水につけて温度を下げてから熱湯を加えます。 再び弱火にかけ、焦らずゆっくり混ぜてください。 適度な濃度になったら型に流し、卵液と混ざるのを防ぐためによく冷やしておきます。 続いて、卵と砂糖をしっかり混ぜたらレンジで温めた牛乳を少しずつ加えて混ぜ、茶こしでこしてから先程の型に流し入れます。 蒸し器は、布巾を敷いてその上に型を並べ、蓋にスプーンをかませることで、温度の上がり過ぎや、蒸気が強く当たることを防ぎます。 余熱でも火が通るので蒸しすぎないように注意しましょう。 あとは、冷やして竹串で周りを1周してから皿に当て、強く振り下ろすとキレイに抜けますよ。 材料は牛乳、卵、砂糖だけ。 蒸し器も使わずに簡単に作れるプリンです。 材料をボウルに入れたらよく混ぜてこします。 砂糖を完全に溶かすためにも2~3度こすのがポイント。 丁寧に耐熱容器に流し込みます。 容器いっぱいの量を入れると、加熱時に膨張して溢れるので、分量にも注意しましょう。 あとは容器が半分くらい浸かる程度のお湯を鍋で沸かし、そっと入れたら弱火で10分。 冷やしたら完成です。

次の