フード デリバリー サービス。 新たなオンラインフードデリバリーサービスにおける安全運転教育等に関する質問主意書

出前サイト(フードデリバリーサービス) 5社徹底比較。最低注文金額と対応地域に注意が必要!

フード デリバリー サービス

市場規模 外食・中食市場情報サービス「CREST」を展開するエヌピーディー・ジャパンの調査によると、2018年の日本のレストラン業態(小売店、自販機、社員食堂、学生食堂を除く、宅配ピザを含む)における出前市場は4,084億円となっています。 市場規模は年々増加しており、2015年の3,564億円から3年間で14%以上成長している計算です。 一方、日本の外食産業におけるデリバリーの比率は2017年時点で3%となっており、韓国(10%)や中国(8%)、イギリス(8%)など世界各国と比べると、いまだ少ないのが現状です(エヌピーディー・ジャパン株式会社)。 逆にいえば、今後まだまだ市場は拡大する可能性を秘めているといえるでしょう。 世界的にもフードデリバリーサービス市場の成長が見込まれており、モルガンスタンレー社は「2022年までに、世界のフードデリバリー率は11%まで拡大する」とも予測しています。 利用者実態 リサーチ会社マクロミルが1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に住む人を対象に行った調査(2018年)によると、1年以内にフードデリバリーサービスを利用した人は59%にも上っています。 オーダー方法は「電話」と「インターネット(PC、スマートフォンなど)」のいずれも60%以上という結果に(複数回答可)。 利用シーンとしては「料理が面倒な時」(34%)、「忙しく、食事の準備ができない時」(27%)などの回答が多くなっていました。 また、MMD研究所が2019年に行った別の調査によると、インターネットのフードデリバリーサービス利用率が年代別でもっとも高かったのは、男女ともに30代で4割弱とのこと。 また、未婚の人よりも既婚の人のほうが利用率が高い(未婚23. 8%、既婚42. 5%)ことがわかっています。 仕事もプライベートも忙しい30代の男女が、スマートフォンなどのデジタルデバイスを駆使して家事を時短する……そんなイメージが浮かんできますよね。 国内主要サービスの動向 日本のフードデリバリーサービス市場におけるひとつの転機になったのは、2016年9月のUber Eats参入だといわれています。 Uber Eatsは、評価制度をはじめとした配車サービスUberのノウハウを活用し、ユーザー・飲食店・配達員をリアルタイムでマッチングするシェアリングエコノミーのサービス。 登録店舗数は全国1万店以上で、利用者の半数以上が20~30代の若年層という調査結果もあります。 また、同年には、夢の街創造委員会による出前館も「シェアリングデリバリー」(自社配達を行っていない飲食店がデリバリー機能をシェアできるサービス)を開始。 朝日新聞の販売店ASAなどと提携して確保して配達拠点・配達員を確保し、2019年4月末時点でアクティブユーザー数は288万人以上、加盟店舗数は1万9,122店舗となっています。 同社はさらに、NTTドコモのフードデリバリーサービス「dデリバリー」の運用や、LINEが展開する「LINEデリマ」のシステム開発や店舗開拓なども手掛けており、国内フードデリバリーサービス市場において中心的な役割を担っているといえるでしょう。 先述したMMD研究所の調査によると、直営店のものを除くインターネットのフードデリバリーサービスでもっとも利用されていたのは出前館(21. 1%)、次いでUber Eats(12. 0%)となっています。 市場拡大の2つの要因~フードデリバリープラットフォームを可能にする技術とニーズを高める社会的背景 smart phone on table food delivery content. フードデリバリーサービス市場が国内で拡大している主な要因として考えられているのは、次の2つです。 テクノロジーを駆使したフードデリバリープラットフォーム Uber Eatsや出前館など、テクノロジーを活用したフードデリバリープラットフォームの登場により、ユーザーがサービスを利用しやすくなり、飲食店もデリバリーへの参入が容易になっています。 Uber Eatsを例に、注文受付から支払いまでの流れと、ユーザー・飲食店のメリットを見てみましょう。 ・ユーザーからスマートフォンアプリなどを通じて飲食店への注文を受け付け アプリの画面には、ユーザーの自宅や職場に配達が可能な飲食店とメニューが一覧で表示されており、ユーザーはタップするだけで注文が可能。 自分で飲食店を探したり電話したりする手間が省けます。 飲食店側も注文を電話で受け付ける手間を削減できます。 ・プラットフォームから提携配達員(配達パートナー)へ配達指示を送信 配達指示は、各配達パートナーの実績や評価、現在の位置情報(GPSデータ)などをもとに、AIを利用して行われます。 飲食店は配達管理の業務を効率化できるだけでなく、配達員を雇用したり、配達用車両を確保したりするコストも削減することが可能です。 ・配達情報はプラットフォームを通じてリアルタイムで確認 正確性の高い配達時間を把握できるため、ユーザーはストレスなく受け取りできます。 ・支払い(集金)はアプリを通じたキャッシュレス決済 配達時における金銭の受け渡しが不要になり、ユーザー・飲食店双方の手間を削減できます。 実際に、筆者もこれらのサービスをよく利用していますが、デリバリーに対するハードルが一気に下がったと感じました。 現在ではスマートフォンなどのデジタルデバイスが広く普及し、インターネット環境の整備も進んでいるため、ユーザーのすそ野は広がっているといえるでしょう。 飲食店側については、調理以外の注文受付・配達・集金というプロセスをプラットフォーム側で行ってくれるため、低コストでデリバリーサービスに参入できるようになっています。 個人経営の小規模な飲食店もUber Eatsや出前館に登録されているのは、この理由からなんですね。 共働き世帯の増加など社会的背景 労働政策研究・研修機構によると、国内の共働き世帯数と専業主婦世帯数は1995年~2000年頃に逆転し、2018年には共働き世帯数が専業主婦世帯数の約2倍になりました。 こうした状況で、料理をはじめとする家事の時短ニーズが高まっていることも、フードデリバリーサービス市場拡大の背景にあるとされています。 さらに今後は、高齢化の進展により、交通網の整備が遅れている地方部を中心に外出困難な高齢者が増加する可能性が指摘されており、高齢者におけるフードデリバリーサービスの需要が高まるのではないかという意見もあります。 より短期的な視野では、2019年10月以降の消費税増税と軽減税率の導入に関連して、フードデリバリーサービスが軽減税率の適用対象となっていることも市場に影響を与えそうですよね。 おわりに フードデリバリーサービスは飲食業界だけでなく、IT、物流など、さまざまな業界が関連しているのが特徴です。 市場が一層拡大すれば、今後、ほかの業界が参入する可能性もあります。 ユーザーとして便利に利用できるようになるだけでなく、ビジネス面でも多くの人が無関係ではなくなってくるかもしれません。 引き続き、市場の動向を見守りたいところです。

次の

軽減税率でも注目。Uber Eats、出前館など国内フードデリバリーサービスの市場動向を解説

フード デリバリー サービス

はじめに ここ数年で利用者数が増加傾向にあるフードデリバリーサービス。 「フードデリバリーサービス」という言葉を初めて聞いたという方もまだまだ多いのではないでしょうか? そこで今回は「フードデリバリーとはなにか?」という意味の説明に加えてgoogleの検索ボリュームデータを元に主要7社をランキング形式で紹介していこうと思います。 フードデリバリーサービスとは フードデリバリーサービスの意味がわからないという方向けに簡単に言葉の意味を説明します。 「フードデリバリーサービス」の言葉を分解してみると「フード」「デリバリー」「サービス」の3つに分解することができます。 フード…「食べ物」、「食品」 デリバリー…「配達」 はい!これでわかりましたね。 フードデリバリーサービスとは「食品宅配サービス」を意味する言葉になります。 昔で言うところの「出前」をイメージするとわかりやすいのではないでしょうか? 似たような言葉で「ケータリングサービス」という言葉がありますが、こちらはパーティー会場に出張してお料理を提供したりパーティーのセッティングをするサービスを指すことが多いです。 フードデリバリーサービスの市場規模 市場規模としては年々増加しておりるエヌピーディー・ジャパン社の2018年の外食・中食の出前市場動向分析レポートによると前年比5. 3年前の2015年は3,564億円でしたので、3年で約500億円の成長していることがわかります。 フードデリバリーサービス人気ランキング それでは7位から順に見ていきましょう。 【7位】LINEデリマ google検索ボリューム:4,400 【6位】ごちクル google検索ボリューム:8,100 【5位】ファインダイン google検索ボリューム:14,800 【4位】dデリバリー google検索ボリューム:60,500 【3位】楽天デリバリー google検索ボリューム:74,000 【2位】Uber Eats (ウーバーイーツ) google検索ボリューム:165,000 【1位】出前館 google検索ボリューム:823,000 フードデリバリーアプリ アプリ提供なし LINEデリマ ごちクル アプリ提供あり ファインダイン dデリバリー 楽天デリバリー Uber Eats (ウーバーイーツ) 出前館 フードデリバリーを使うメリット・デメリット メリット ・自分で作れないような料理を食べることができる ・時間を節約できる ・料理及び買出し、片付けの負担を軽減できる デメリット ・経済的に自炊したほうが安い まとめ いかがでしたでしょうか? 各フードデリバリーサービス毎に提供されるサービスやエリア、利便性などが違いましたね。 ご自身のライフスタイルにあったサービスを使ってみてはいかがでしたでしょうか?.

次の

2018年には11兆円市場に——中国でなぜフードデリバリー革命は起きたのか

フード デリバリー サービス

先端テクノロジーによる新たなサービスが次々登場し、世の中はめまぐるしく変化している。 食の産業も例外ではない。 食材の発注や予約管理を電子データ化するクラウド型サービス、QRコード決済によるキャッシュレス化など、外食産業をとりまくITサービスは進化し続けている。 今、どんなITサービスがどんな発展をみせているのだろうか。 飲食店を経営する上で知っておきたいイマドキIT事情として第1回は、「デリバリーサービス」を紹介する。 Uber Eatsの上陸で従来の「出前」のイメージは大きく変わった。 これまで人手が割けずデリバリーが行えなかった飲食店にも、配達代行による新規参入の可能性がみえている。 外食産業におけるデリバリーサービス、これまでの歩み 外食産業におけるデリバリーの歴史は長い。 「出前」や「仕出し」は、江戸時代まで遡ると言われている。 そばや寿司などあらゆるものが「店屋物(てんやもの)」と呼ばれ、配達されてきた。 1980年代になると、ピザなどのデリバリー専門業態も登場した。 注文方法はながらく電話が主流だったが、2000年代に入るとインターネットでの注文が可能となり、近年ではネット注文の比率が高まりつつある。 江戸時代 ・出前文化が花咲く 1985年 ・ドミノピザ1号店オープン チラシを見て電話で注文するというスタイルが長く続いた。 2000年 ・「出前館」が日本初の宅配ポータルサイトを開始 インターネットから注文できるようになる。 2002年 ・「楽天デリバリー」が運用を開始 2016年 ・アメリカ発の「Uber Eats」が日本に上陸 デリバリーサービスができない飲食店の配達代行を行うことで、飲食店から支持される。 自前で配達を行えない個店でもデリバリーサービスが可能となった。 また、「出前館」に代表されるポータルサイトの成長は消費者の利便性を高め、利用シーンを増やしている。 デリバリーサービスに参入する企業の増加で、中小規模の飲食店でも新たにデリバリーをはじめるハードルが下がってきた。 それぞれの特徴を見てみよう。 Uber Eats 会員数 非公開 店舗数 7,000店舗 手数料 非公開 特徴、 ほかとの違い 飲食店の配達を代行するサービスのさきがけ。 「配達パートナー」に登録した個人が、配達を代行する。 注文と配達代行はセットになっており、自前で配達ができない個店の利用が多い。 大手チェーンではマクドナルド、吉野家、スターバックスなどの一部店舗が利用。 東京を中心に関東4県、名古屋、京阪神、福岡の都市部でサービスを提供している。 出前館 会員数 284万人[直近1年間に1回以上注文した会員] 店舗数 1万8,760店舗 手数料 初期費用:平均35,000円 月額費用:3,000円/店 オーダー手数料:注文金額(税抜)の5% 特徴、 ほかとの違い 日本最大の出前専門サイト。 自前で配達できる宅配ピザや弁当などの大手チェーンの利用が多い。 配達代行は、新聞販売店や宅配寿司チェーンと提携し、関東・関西・中京・福岡エリアで展開している。 Dデリバリー 会員数 非公開 店舗数 1万4,000店舗以上 手数料 出前館への出店に含まれる 特徴、 ほかとの違い ドコモユーザー向けのサービス。 ドコモ回線を契約していればユーザー登録情報が利用でき、通話料金等とまとめて支払できる。 注文~配達は提携先である出前館のシステムを利用している。 LINEデリマ 会員数 2,000万人以上[LINEデリマ公式アカウントの友だち数] 店舗数 1万4,000店舗以上 手数料 出前館への出店に含まれる 特徴、 ほかとの違い LINEユーザーのみが利用できるサービス。 登録ユーザーの約7割が女性で、特に20代が最も多いのが特徴。 注文~配達は提携先である出前館のシステムを利用している。 楽天デリバリー 会員数 非公開 店舗数 1万2,000店舗以上 手数料 非公開 特徴、 ほかとの違い 楽天ポイントが利用できる『楽天経済圏』のサービス。 自前で配達できる宅配ピザや弁当などの大手チェーンの利用が多い。 配達代行サービスは、東京都内23区のみ対応。 ぐるなびデリバリー 会員数 約1,700万人[ぐるなび会員] 店舗数 非公開 手数料 非公開 特徴、 ほかとの違い 会議や研修向けの大量弁当配達に強い。 自前で配達できる、宅配ピザや弁当などの大手チェーンの利用が多く、配達代行は一部店舗の配達専用弁当のみ。 市場調査会社のエヌピーディー・ジャパンによると、2018年の外食産業のデリバリー市場規模は4,000億円を突破し、前年比5. 9%増の4,084億円だった。 2015年以降、前年比105%程度で市場規模が成長しており、今後も緩やかに伸長すると予測される。 外食産業の市場規模が前年比102%程度で推移する中、デリバリー市場は105%程度で成長を続けており、社会的にも注目が高まっている。 10月にはじまる軽減税率の対象となる点も、理由のひとつだろう。 近い将来には、従来の〝出前〟のイメージを覆す業態が生まれそうだ。 実際、シェアキッチンとデリバリー代行を活用した、実店舗を持たない業態も既に存在する。 自店に配達手段がない飲食店でも配達代行を行うITサービスを使うことで、デリバリーを希望する客へアプローチできる時代の到来といえる。

次の