鬼 滅 の 刃 かい がく。 鬼滅の刃考察|獪岳(かいがく)は善逸の兄弟子!!じいちゃんを食べて上弦の陸となった!?

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)が登場、善逸の兄弟子的な存在!

鬼 滅 の 刃 かい がく

鬼滅の刃の我妻善逸の兄弟子:獪岳(かいがく)について 名前は獪岳。 善逸の兄弟子です。 獪岳は善逸と同じ師匠と修行をし、「」を学んでいました。 雷の呼吸は壱(いち)ノ型から陸(ろく)ノ型まであります。 でずが、善逸が使えるのは雷の呼吸・壱ノ型だけ、そして獪岳は壱ノ型以外しか使えません。 我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)は不満を持っていた 修行に勤しむ努力家だった獪岳は、出来が悪いのにも関わらず、師匠に同じように扱われている善逸のことが嫌いでした。 そして善逸に対し、「先生の時間の無駄」だといって雷の呼吸の習得を諦めさせようとします。 なぜ師匠は出来が悪い善逸を可愛がるのか。 そんな想いを胸に秘め、とにかく獪岳は善逸と師匠との関係が面白くなかったのでしょう。 実際には師匠は善逸を贔屓はしておらず、自分にはできない壱ノ型を使える善逸に対する妬みから獪岳が思い込んだのだと思います。 獪岳の思いに反し、善逸は努力家である獪岳を尊敬していました。 獪岳だけが善逸と師匠のことで悩み苦しみ、自分を必要以上に追い込んでいきます。 もしも、獪岳・善逸・師匠で心の底から本音をぶつけて話し合っていれば、3人の未来は変わっていたかもしれません。 善逸と鬼になった獪岳(かいがく)が再会をするも引けない戦いへ 一方的な感情を抱いていた獪岳と善逸。 2人は再会をしますが、それはかつてのような兄弟子・弟弟子との関係では言い表せないものでした。 それは兄弟子・ 獪岳が倒すべき敵である鬼になっていたのです。 それも鬼舞辻無惨の直属の配下である 十二鬼月の1人、上弦の陸となっていました。 >> 善逸の兄弟子である獪岳はどうして鬼へと変わり果てたのか ここでとても気になるのは、 獪岳は鬼へと変わってしまったのかということです。 今までも、常に強さを求め努力していた獪岳は、 生きてさえいればいつかは勝てると考えていました。 ですが獪岳はある日、鬼と遭遇して死にそうになり、その鬼に命乞いをする形で自身が鬼になり、なんとか生き続けようとしたのです。 強さを求め続けたことによりしてしまったこの選択。 しかし、鬼にならなければ獪岳は死んでいました。 獪岳はこの時すでに鬼殺隊の隊員でしたが、まだ悔いのない生き方ができていなかったために、死ぬことができなかったのでしょう。 獪岳が鬼になってしまったことで、鬼殺隊の裏切り者となり、師匠は弟子の罪を償うため切腹し、その人生を終えました。 善逸と獪岳(かいがく)の戦いの結末 2人が師匠のもとで修行を積み重ねていた当時から、何かと善逸を妬み、さまざまな文句を言っていた獪岳。 お互い雷の呼吸を使いながら一歩も譲れない戦いが始まります。 善逸にとって、自分を見込んで色々教えてくれた師匠を失う原因となった相手。 尊敬していた兄弟子ではありますが、師匠のためにも、獪岳を倒す以外に方法はありません。 善逸との戦いの際、獪岳は長く生きている鬼の中で特に日が浅く、まだ血鬼術を使いこなせていませんでした。 実際獪岳の血鬼術完成しちゃったら本当あかんよな — さすに SSRAPSHOT そんなまだ鬼として未熟である 獪岳を善逸は自身が編み出した「雷の呼吸 漆(しち)ノ型・火雷神」によって倒すのです。 この漆ノ型を見て、死ぬ間際でも師匠が贔屓して教えたのだと勘違いする獪岳。 最後の最後までこのような思い込みをしており、どこでこうなってしまったのか、別の未来はなかったのかと考えるととても悲しいです。 この弟子同士のの戦いは、思いの強さで勝った善逸が勝利を収めたのでした。

次の

鬼滅の刃で我妻善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)が因縁の相手となったのはなぜ?|鬼滅の刃.info

鬼 滅 の 刃 かい がく

その事を快く思っていなかった獪岳は、善逸に対する憎しみを募らせる。 目次 日輪刀 善逸の刀とは真逆に、( くちなしいろ)の刀身に黒い雷状の紋様が走っている。 鍔の形状は同じく木瓜形であり、制作した刀鍛冶の名は明かされていない。 呼吸と技 雷(かみなり)の呼吸 ・弐ノ型…稲魂(いなだま) 正面の敵に対して、一息で真向、袈裟、左袈裟、横一文字、左一文字の五連撃を叩き込む高速技。 ・参ノ型…聚蚊成雷(しゅうぶんせいらい) 敵の周囲を円を描くように走り回りながら、息つく間もなく乱撃を繰り返す波状攻撃。 ・肆ノ型…遠雷(えんらい) (へきれきいっせん)と同様に正面の敵に向けて突進しながらの片手横一文字であるが、霹靂一閃が納刀状態から前傾姿勢で抜き始めるのに対して、遠雷はより遠い間合いから抜刀状態で突進を開始する為、威力自体は壱ノ型に比べて劣るものの、攻撃が空振りした際に次の技に移ったり、敵の反撃を察知して途中から回避動作に転ずるのが容易な技である。 ・伍ノ型…熱界雷(ねつかいらい) 敵の身体を空中へと放り上げる程の勢いで放つ逆袈裟斬り。 ・陸ノ型…電轟雷轟(でんごうらいごう) 弐ノ型と参ノ型を複合したかの様な技であり、跳躍しながらの攻撃も含めて五~六回の乱撃を連続して繰り出す高速技。 血鬼術・技 切創拡大(せっそうかくだい) 他の鬼のように血液を直接的に武器化する類いの血鬼術は用いないが、日輪刀を用いた攻撃で敵に傷を負わせると、その傷が罅割れのように拡がり徐々に重傷化させる事ができる。 性格・体質 ・強さに対する飽くなき探求心と、死に対する恐怖心とが同居しており、その事が「敗けて死ぬぐらいであれば、敵に命乞いをしてでも生き延びる」という生存戦略を採らせるに至る。

次の

【鬼滅の刃】獪岳(かいがく)が登場、善逸の兄弟子的な存在!

鬼 滅 の 刃 かい がく

では、いったいどんな風に話題なのか見ていきましょう。 ただのクズって言ってる人もいれば、 理由のあるクズだって言ってる人もいますね。 ですがある日黒死牟と遭遇してしまい、2人は戦うこととなります。 蟲柱・胡蝶しのぶも言っていましたが 上弦の鬼は柱3人分の強さ。 黒死牟とは 鬼の中でも最強の強さを持っている人物です。 そして 上弦の壱という最強の称号を無惨から与えられている…。 そんな鬼に一隊士である獪岳はもちろん勝てませんでした。 黒死牟への命乞い 勝てなかったかいがく(獪岳)は、なんと 黒死牟に命乞いをします。 生きることへの執着心がとても強く、鬼に対して土下座までする…。 それが獪岳でした。 黒死牟に土下座をした結果、 鬼になることを要求されました。 恐怖に負けたかいがく(獪岳) 上弦の壱、そして何より勝てない相手。 いつでも自分を殺せる相手。 そんな黒死牟に鬼になることを要求された獪岳は、 威圧感と恐怖に負けてしまいます。 そして 黒死牟の差し出した鬼の血を飲んでしまうのでした。 こうして 上弦の陸・獪岳が出来上がるのです。 【鬼滅の刃】かいがく(獪岳)が鬼になった理由についての感想 当事者ではない故に善逸や慈悟郎さんでは渡せなかった引導を獪岳に突き付けたところはホント良い😆 — うにゅう() skyclad2011 炎柱の煉獄さんや 水柱の冨岡さんは 何度鬼に誘われても一度も頷かなかった。 なのに 柱よりも弱い隊士が鬼を受け入れてしまう…。 何があってもしてはいけない事ですよね…。 生きたいがために鬼を受け入れる。 そして かつての仲間と殺し合う。 それが、望んでなかったとはいえ 鬼を受け入れてしまった獪岳の未来でした。 理由あってのクズと言っている方は多かったですが…。 鬼殺隊士なら鬼になんてならないでほしかった。 「生きたいから」が理由なんて、許せないなと思います。 しょうがないっていうのもわかるんですが…。 だったら 鬼殺隊士にならなかったらいいのにと思う。 煉獄さんを想うと、私自身は 獪岳を許すことなんてできないですね…。

次の