脳トレ 問題。 【高齢者向けなぞなぞ 25問】ヒント付き。なぞなぞクイズ問題で脳トレ!

脳トレ 高齢者にも優しいイラスト問題集 プリント無料

脳トレ 問題

知り合いのさんにデザインしてもらいました。 素敵なデザインありがとうございます。 修正しました。 すいません。 高速なサーバに移転しました。 [aaa]さまご連絡ありがとうございました。 ひらがなも入るようになります。 なるべく余白の0が出ないようにしました。 すいません。 ぜひ遊んで見てください。

次の

【小学生向け論理クイズ】超簡単!?頭の体操に良い問題!全15問

脳トレ 問題

トレーニングメニュー 一筆書き問題を使って脳トレ!各問題のイラストを一筆で書けますか?印刷して考えると解りやすくなります。 ・・ 4つの図形の中で、1つだけ他の3つと違う図形があります。 ・ 日本の『硬貨』のイラストを使ったトレーニング。 何も使わず暗算で計算してみましょう。 ・・ くれぷり。 隣の数字毎に足し算し、1桁の数字だけを足し続け、最後の1桁の数字を答えなさい。 数字の脳トレ。 10個(0から9)の数字のうち、1つだけ足らない数字があります。 ・・ 暗算で答えて下さい。 各1桁の数字を足した合計は? 掛算を暗算で答えて下さい。 問題は逆さまになっています。 「ひらがな」で数式を用意しました。 暗算で考えてみましょう。 「カタカナ」で数式を用意しました。 暗算で考えてみましょう。 バラバラに別けられた4文字の漢字を移動して、元の漢字4文字を完成させましょう。 重なった2つの漢字を答えなさい。 認知症予防にドリルとして毎日ご利用下さい。 1つの漢字をいくつかに分けています。 なんという漢字か答えなさい。 有名人を当てる問題。 歴史的有名人、国内外有名人、芸能人などの名前を当てる脳トレ問題です。 ・・ 出題の文章が裏返しになっています。 その文章を読んで答えを考えよう! カタカナの中に2つの名前があります。 2つの名前を答えなさい。 その「ひらがな」を答えなさい。 簡単クロスワード問題が50問あります。 独りでしりとり。 「単語」から「単語」まで、しりとりでつないでみてください。 ・ ・ AとBのイラストの違いを探して答えなさい。 持続力・推理力・ひらめき力・分析力・注意力を謎解きのイラスト問題で鍛えよう。 ・ ・ 同じイラストを探したり、1つしかないイラストを探したりします。 ・・ 時計が回転していたり、鏡に映ったように見える時計のイラストは何時何分を差していますか? パズルのように分割された1枚の写真は何でしょうか。 3枚の写真が重なっています。 各3枚の写真を想像できますか?暇つぶしではなく、是非毎日の認知症予防にご利用下さい。 複数の写真やイラスト、数字、漢字を記憶して、思い出す記憶力のトレーニング。

次の

【脳トレ】ひらめき問題!解ければ目もシャキッ!?

脳トレ 問題

ぜひ積極的にご活用ください! 語想起力を鍛える!無料脳トレプリント課題5選 脳トレと作業療法の無料プリントの中から語想起力を鍛える課題を厳選してお届け致します。 どれも無料ですので、ぜひ積極的にご活用ください! 「しりとりを完成させよ」 この問題は( )の中にひらがなの単語を入れ、しりとりとして上手く連結させる問題です。 回答が難しい場合には、単語の最初の文字を示すと良いでしょう。 他にも単語を連想させるヒントを出しても大丈夫です。 例えば「みかん」が答えであれば、オレンジの果物は何でしょう?といった感じです。 一文字消そう この問題はひらがなの文字列から一文字消して、単語を作る問題です。 例えば「ねたぎ」であれば「ぎ」の一文字を消せば、「ねぎ」という単語になります。 出てきた単語を解答欄に書いてもらいましょう。 「ひらがな」バージョンと「カタカナ」バージョンがあるので、適宜使い分けましょう。 並び替え問題 並び替え問題はひらがなorカタカナの文字列を並び替えて単語を作る問題です。 例えば「てとぽ」という文字列からは「ぽてと」の単語が出来ます。 並び替え問題では1つの単語が出来る問題と、2つの単語が出来る問題があります。 2つの単語が出来る問題の方が難易度は高めですので、まずは1つの単語が出来る問題から行うことをおすすめします。 出てきた単語を回答欄に書くようにしましょう。 ひらがなの問題とカタカナの問題があるので適宜使い分けることをおすすめします。 出てきた単語を回答欄に書くようにしましょう。 ひらがなの問題とカタカナの問題があるので適宜使い分けることをおすすめします。 まとめ いかがだったでしょうか?今回は語想起力を鍛えるのに役立つ5つの脳トレプリントを紹介させて頂きました。 脳トレはコツコツ毎日やることが大切です。 そこで朝の体操が終わったらやる!というように習慣づけることをおすすめします。 また声に出すことで脳が活性化されるので、回答を書いたら、声に出すようレクチャーすることをおすすめします。 最後までお読み頂きありがとうございました。 対象者様の暮らしが少しでもよくなることを願います。

次の