ケータイ 小説 サイト 野 いちご。 ケータイ小説サイト野いちごとは

女性に人気の小説を読むなら ベリーズカフェ

ケータイ 小説 サイト 野 いちご

概要 [編集 ] メインのユーザ層は女子中高生を中心とする10代女子であり、投稿される小説のほとんどは恋愛ジャンルで、大半は中高生の設定をした作品で占める。 すべての小説を無料で読むことができ、投稿された小説は毎月書籍として出版され、現在、、の3レーベルに加え、単行本も定期的に刊行している。 また書籍として出版された小説も、野いちごでは全ページ無料で読むことができる(書き下ろし小説などは限定公開、非公開などの場合がある)。 年齢制限もなく小学生でも利用できるようなサイトを目指していて、未成年にふさわしくない性描写・過激描写・暴力表現はNGとなっている。 2007年のオープン時はガラケー(フィーチャーフォン)向けウェブサイトであったが、現在はPCやスマートフォンでのウェブブラウザ対応のほか、 アプリの提供もされている。 2007年5月 ケータイ小説サイト「野いちご」オープン• 2007年8月「野いちご」発の第1弾書籍「Rain」を発刊• 2007年9月 書籍「」映画化• 2009年4月 「ケータイ小説文庫(ピンクレーベル)」シリーズ創刊• 2011年11月 「ケータイ小説文庫・ブルーレーベル」創刊• 2013年3月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」リリース• 2013年5月 「ケータイ小説文庫・パープルレーベル」創刊• 2013年8月 「ケータイ小説文庫・ブラックレーベル」創刊• 2014年3月 ユーザ参加型リアルイベント「野いちご春のファン祭り」開催• 2014年3月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」リリース• 2015年4月 ショートストーリー「エアラブ」投稿サービス「野いちご学園」オープン• 2015年12月 「スターツ出版文庫」創刊• 2017年3月 「野いちご文庫」創刊• 2017年10月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」150万ダウンロード突破• 2018年9月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」サービス終了 小説レーベル [編集 ] ケータイ小説文庫 [編集 ] ケータイ小説文庫(ケータイしょうせつぶんこ)は、2009年4月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 本文はになっている。 作品にもよるが、挿絵があるものは極少数である。 「」を参照 野いちご文庫 [編集 ] 野いちご文庫(のいちごぶんこ)は、2017年3月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 「恋するキミのそばに。 」がコンセプトとなっている。 表紙イラストの他にも、登場人物紹介や挿絵があり、レーベルであるが10代の少女が主人公という点も含めて的である。 コミック誌 [編集 ] noicomi [編集 ] noicomi(ノイコミ)、は2019年6月14日に創刊された電子コミック誌。 野いちご文庫、ケータイ小説文庫からのコミカライズ誌で、コンセプトは「きゅん、したい。 コミカライズされる際に書籍版からタイトルが変更される作品が多いため、原作を公式サイトでそのまま検索しても見つからないこともある。 脚注 [編集 ].

次の

女性に人気の小説を読むなら ベリーズカフェ

ケータイ 小説 サイト 野 いちご

概要 [編集 ] メインのユーザ層は女子中高生を中心とする10代女子であり、投稿される小説のほとんどは恋愛ジャンルで、大半は中高生の設定をした作品で占める。 すべての小説を無料で読むことができ、投稿された小説は毎月書籍として出版され、現在、、の3レーベルに加え、単行本も定期的に刊行している。 また書籍として出版された小説も、野いちごでは全ページ無料で読むことができる(書き下ろし小説などは限定公開、非公開などの場合がある)。 年齢制限もなく小学生でも利用できるようなサイトを目指していて、未成年にふさわしくない性描写・過激描写・暴力表現はNGとなっている。 2007年のオープン時はガラケー(フィーチャーフォン)向けウェブサイトであったが、現在はPCやスマートフォンでのウェブブラウザ対応のほか、 アプリの提供もされている。 2007年5月 ケータイ小説サイト「野いちご」オープン• 2007年8月「野いちご」発の第1弾書籍「Rain」を発刊• 2007年9月 書籍「」映画化• 2009年4月 「ケータイ小説文庫(ピンクレーベル)」シリーズ創刊• 2011年11月 「ケータイ小説文庫・ブルーレーベル」創刊• 2013年3月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」リリース• 2013年5月 「ケータイ小説文庫・パープルレーベル」創刊• 2013年8月 「ケータイ小説文庫・ブラックレーベル」創刊• 2014年3月 ユーザ参加型リアルイベント「野いちご春のファン祭り」開催• 2014年3月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」リリース• 2015年4月 ショートストーリー「エアラブ」投稿サービス「野いちご学園」オープン• 2015年12月 「スターツ出版文庫」創刊• 2017年3月 「野いちご文庫」創刊• 2017年10月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」150万ダウンロード突破• 2018年9月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」サービス終了 小説レーベル [編集 ] ケータイ小説文庫 [編集 ] ケータイ小説文庫(ケータイしょうせつぶんこ)は、2009年4月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 本文はになっている。 作品にもよるが、挿絵があるものは極少数である。 「」を参照 野いちご文庫 [編集 ] 野いちご文庫(のいちごぶんこ)は、2017年3月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 「恋するキミのそばに。 」がコンセプトとなっている。 表紙イラストの他にも、登場人物紹介や挿絵があり、レーベルであるが10代の少女が主人公という点も含めて的である。 コミック誌 [編集 ] noicomi [編集 ] noicomi(ノイコミ)、は2019年6月14日に創刊された電子コミック誌。 野いちご文庫、ケータイ小説文庫からのコミカライズ誌で、コンセプトは「きゅん、したい。 コミカライズされる際に書籍版からタイトルが変更される作品が多いため、原作を公式サイトでそのまま検索しても見つからないこともある。 脚注 [編集 ].

次の

ケータイ小説サイト野いちごとは

ケータイ 小説 サイト 野 いちご

概要 [編集 ] メインのユーザ層は女子中高生を中心とする10代女子であり、投稿される小説のほとんどは恋愛ジャンルで、大半は中高生の設定をした作品で占める。 すべての小説を無料で読むことができ、投稿された小説は毎月書籍として出版され、現在、、の3レーベルに加え、単行本も定期的に刊行している。 また書籍として出版された小説も、野いちごでは全ページ無料で読むことができる(書き下ろし小説などは限定公開、非公開などの場合がある)。 年齢制限もなく小学生でも利用できるようなサイトを目指していて、未成年にふさわしくない性描写・過激描写・暴力表現はNGとなっている。 2007年のオープン時はガラケー(フィーチャーフォン)向けウェブサイトであったが、現在はPCやスマートフォンでのウェブブラウザ対応のほか、 アプリの提供もされている。 2007年5月 ケータイ小説サイト「野いちご」オープン• 2007年8月「野いちご」発の第1弾書籍「Rain」を発刊• 2007年9月 書籍「」映画化• 2009年4月 「ケータイ小説文庫(ピンクレーベル)」シリーズ創刊• 2011年11月 「ケータイ小説文庫・ブルーレーベル」創刊• 2013年3月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」リリース• 2013年5月 「ケータイ小説文庫・パープルレーベル」創刊• 2013年8月 「ケータイ小説文庫・ブラックレーベル」創刊• 2014年3月 ユーザ参加型リアルイベント「野いちご春のファン祭り」開催• 2014年3月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」リリース• 2015年4月 ショートストーリー「エアラブ」投稿サービス「野いちご学園」オープン• 2015年12月 「スターツ出版文庫」創刊• 2017年3月 「野いちご文庫」創刊• 2017年10月 スマートフォンアプリ「野いちご読書」150万ダウンロード突破• 2018年9月 Android版投稿専用アプリ「だれでも作家」サービス終了 小説レーベル [編集 ] ケータイ小説文庫 [編集 ] ケータイ小説文庫(ケータイしょうせつぶんこ)は、2009年4月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 本文はになっている。 作品にもよるが、挿絵があるものは極少数である。 「」を参照 野いちご文庫 [編集 ] 野いちご文庫(のいちごぶんこ)は、2017年3月25日に創刊された文庫本レーベル。 「ケータイ小説サイト野いちご」掲載作品が中心だが、その他の媒体からの作品も一部出版している。 「恋するキミのそばに。 」がコンセプトとなっている。 表紙イラストの他にも、登場人物紹介や挿絵があり、レーベルであるが10代の少女が主人公という点も含めて的である。 コミック誌 [編集 ] noicomi [編集 ] noicomi(ノイコミ)、は2019年6月14日に創刊された電子コミック誌。 野いちご文庫、ケータイ小説文庫からのコミカライズ誌で、コンセプトは「きゅん、したい。 コミカライズされる際に書籍版からタイトルが変更される作品が多いため、原作を公式サイトでそのまま検索しても見つからないこともある。 脚注 [編集 ].

次の