パスワードを変更してください サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました。 【Google Chrome】拡張機能「Password Checkup」でパスワード漏えいに備える:Google Chrome完全ガイド

パスワード漏洩をチェック「Have I Been Pwned?」の使い方

パスワードを変更してください サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました

サイトまたはアプリでのデータ侵害によりパスワード情報が漏洩しました。 com のパスワードを今すぐ変更することをおすすめします。 とても穏やかじゃない事が書かれています。 とても不安にさせるないようで、昨今テレビでも話題になるフィッシング詐欺か?と疑いも持ちます。 しかし、これは Google Chrome のセキュリティ機能の強化で実装された機能の一つです。 もっとも注目される機能は2月に公開された拡張機能「Password Checkup」の機能を、標準機能として取り込むことだろう。 過去第三者に漏洩したログイン情報をWebサイトへ入力した際に、警告を表示するようになる。 つまりこの警告が出たという事は、あなたが使っている ID とパスワードはどこかの企業やウェブサイトから情報漏えいし、簡単にアカウントを乗っ取られる可能性があります。 アカウントにクレジットカード情報も登録していれば更に被害は広がります。 そうならない為にすぐさまパスワードを変更するように Chrome が警告を表示しています。 その警告が出たウェブサイトから情報漏えいしたわけではありません。 既に他の場所からインターネットに情報漏えいしています。 なので、そのウェブサイトに問い合わせても何も解決しません。 仕組み Google はインターネット上に流出した ID とパスワードの組み合わせを入手し、あなたが使っている ID とパスワードが漏洩していないか照合します。 もし流出した ID とパスワードの組み合わせに合致すれば、パスワードを変更するように警告を表示しています。 Chrome では、定期的にパスワードをオンライン上の公開リストと照合し、確認しています。 その際、パスワードとユーザー名は google を含め誰も読み取ることができないよう暗号化されます。 (Chrome 上より引用) 対処方法 警告が表示されたら、パスワードを確認ボタンを押しましょう。 パスワードチェックアップの画面が表示されます。 念の為、URL アドレスを確認しておきましょう。 google. 「g00gle. com」とかになっていたらフィッシングです。 パスワードを確認ボタンを押します。 本人確認のために Google アカウントのパスワードを求められます。 漏洩したパスワードを使っている場合赤で、注意が必要な場合は黄色で警告されます。 それぞれクリック、またはタップすると詳細を確認できます。 特に赤の警告のウェブサイトはすぐにパスワードを変更しましょう。 各ウェブサイトへアクセスしてログインし、パスワード変更画面から変更します。 黄色の警告は簡単なパスワードを使っていたり、同じパスワードを使いまわしていたりする場合に表示されます。 パスワードをいくつも覚えていられないので使い回したくなりますが、やはり異なるパスワードを使うほうが望ましいです。 Chrome がパスワードを生成し、Google アカウントに記憶してくれる機能もあります。 または LastPass というようなパスワード管理ツールの導入を検討してみてください。 スポンサーリンク.

次の

Google Chrome 78がリリース。新しいホバーカードやデータ侵害を受けたサービスのパスワードに警告を出す「Password Checkup」が組み込まれ、iOS版はダークモードに対応。

パスワードを変更してください サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました

パスワード漏えいを検出できるChromeの拡張機能「Password Checkup」 もし自分のアカウント名/パスワードの漏えいが明らかになった場合は、言うまでもなくパスワード変更などの対処を速やかに実施する必要があります。 しかし、そもそも 漏えいに気付くまでは、対処のしようがありません(予防措置は別として)。 そしてユーザーが漏えいの事実を素早く把握するのは簡単ではありません。 例えば上記のようなセキュリティ系ニュースをタイムリーにチェックできるとは限りません。 またネットサービス運営元が漏えいについて電子メールやSNSで告知することはよくありますが、これも広告やプロモーションに紛れてしまって気付けない可能性はあるでしょう。 本稿で紹介するGoogle Chrome(以下、Chromeと略)の拡張機能「 Password Checkup」は、パスワード漏えいを素早くチェックするのに役立ちそうなツールです。 本稿ではWindows OS/macOS版Chromeを対象として、その使い方や注意点について説明します。 Password Checkupとは? 「Password Checkup」はGoogleが開発・提供している拡張機能の一つで、ユーザーがChrome上でネットサービスにログイン/サインインするのに利用したアカウント名/パスワードの漏えいを検知・警告してくれます。 Googleは、漏えいなどによって危険だと分かっているアカウント名/パスワードの組み合わせを 40億個以上、把握しているとのことです。 Password Checkupはそうした危険なアカウント名/パスワードのリストと、ユーザーがログイン/サインイン時に入力したアカウント名/パスワードとを照合し、危険かどうか判定しています。 [英語](Google Security Blog) こうした仕組みにより、Password CheckupはGoogleとは関係のない(Googleアカウント以外の)ネットサービスのアカウント名/パスワードでも、漏えいがないかチェックできます。 こうしたパスワードチェック機能で気になるのは、ユーザーが入力したアカウント名/パスワードがPassword Checkupの提供元であるGoogleに「漏えい」してしまうのでは、という点でしょう。 Googleによれば、そんなことがないようにプライバシー保護の技術を用いてPassword Checkupを設計したとのことです(強力なハッシュ化と暗号化を施してからGoogleのサーバに送信する、といった実装をしているそうです)。 Password Checkupをインストールする Password Checkupを利用するには、以下のChromeウェブストアの配布ページをChromeで開き、[ Chromeに追加]ボタンをクリックします(一般的な拡張機能のインストール手順と変わりません)。 対象のアカウント名/パスワードを使っている全サイト/サービスでパスワードを変更• (必要なら)登録していたクレジットカードの発行会社への利用停止依頼• (必要なら)その他、情報漏えい(データ侵害)の影響を受ける組織や人への連絡 Password Checkupではできないこと Password Checkupはあくまでも危険性の検出とユーザーへの通知を目的とした拡張機能です。 上記の通り、Password Checkupがパスワード変更などその後の対処まではしないことを覚えておきましょう。 また原理的にChrome以外のブラウザあるいはアプリからのログインについては、チェックができません。 一回もChromeでログインしたことがないアカウント名/パスワードについても同様です。 さらに、Googleが保持しているアカウント名/パスワードの漏えいリストに載っていないものについては、たとえ漏えいしていても検出できないでしょう。 他のツールと同様に、Password Checkupが全ての漏えいを検出してくれるわけではありません。 頼り過ぎ・過信は禁物です。 それでも、漏えい後の対処をなるべく早く始めるのに役立ちそうなツールといえるでしょう。

次の

クロスケーブルでパソコン同士をつないでフォルダ・ファイル共有する方法【Windows10】【データ移行】大容量でもサクサク

パスワードを変更してください サイトまたはアプリでのデータ侵害により、パスワード情報が漏洩しました

Android スマートフォンまたはタブレットで Chrome アプリ を開きます。 アドレスバーの右側にあるその他アイコン をタップします。 [ 設定] [ パスワード] をタップします。 パスワードを表示、削除、またはエクスポートします。 表示: [ passwords. google. com での保存パスワードの表示と管理] をタップします。 削除: 削除するパスワードをタップして、上部にある削除 をタップします。 エクスポート: その他アイコン [ パスワードをエクスポート] をタップします。 保存したパスワードをすべて削除するには、手順で [パスワード] を選択します。 パスワードの保存を開始または停止する 第三者のウェブサイトやアプリのデータ漏洩で流出したパスワードとユーザー名の組み合わせを使用している場合、Chrome でアラートが表示されることがあります。 流出したパスワードとユーザー名の組み合わせは、ウェブ上で公開されているため安全ではありません。 流出したパスワードは早急に変更することをおすすめします。 Chrome の手順に沿って、そのパスワードを使用したサイトでパスワードを変更し、パスワードが保存されている他のサイトでそのパスワードが使用されていないか確認できます。 Chrome では、パスワードとユーザー名が Google で読み取られないように保護されます。 重要: この通知が表示されるようにするには、Chrome にログインして同期する必要があります。 通知の表示を開始または停止するには:• Android デバイスで Chrome アプリ を開きます。 右上のその他アイコン [ 設定] をタップします。 [ 同期と Google サービス] をタップします。 [データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する] をオンまたはオフにします。 重要: この機能は、[セーフ ブラウジング] をオンにした場合にのみ使用できます。 パスワードの問題を修正する Chrome でパスワードが保存されない場合や、パスワードの保存を確認するメッセージが表示されない場合は、方法をご確認ください。 Chrome のパスワード保存と同期の仕組み.

次の