米子 医療 生協。 独立行政法人国立病院機構 米子医療センター

米子医療生活協同組合の職員によるトイレ紙デマ 刑事責任問う可能性少なく

米子 医療 生協

米子医療生活協同組合が謝罪 米子医療生活協同組合の職員がトイレットペーパー品薄のデマを投稿したとTBSが報じました。 「トイレットペーパーが品薄になる」などと、誤った情報を、職員がSNSに投稿したとして、鳥取県の米子医療生活協同組合がホームページ上で謝罪しました。 米子医療生活協同組合は3日、勤務する職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったことを確認し、公式サイトで謝罪しました。 文書は、理事長名義で「当組合職員の極めて不適切な行為により、多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」としています。 組合によりますと、職員は、「伝え聞いた情報を確認せずにあげてしまい、大変迷惑をかけた」と反省しているということです。 組合は、職員への詳しい聞き取りを行い、処分を検討するとしています。 引用元:twitter. いったいこの富田優史さんとはどのような人物なのか詳しく見ていきたいと思います。 スポンサーリンク 富田優史(職員)のプロフィール 引用元:富田優史WIKI 米子医療生活協同組合で勤務している富田優史さんのWIKIプロフィールは下記になります。 名前:富田優史(とみた・ゆうじ) 生年月日:1986年生まれ 年齢:34歳(満年齢) 出身地:鳥取県 住所:鳥取県米子市下郷(Facebookより) 学歴:(高校)鳥取県立米子高校卒業(偏差値42)2005年に卒業(Facebookより) (専門学校)YMCA米子医療福祉専門学校介護福祉士科を2009年に卒業(Facebookより) 職業:フリー介護士 勤務先:米子医療生活協同組合(住所:米子市博労町3-80-1) SNSに関してもFacebookやツイッターやインスタやブログなどあらゆるものをやっていました。 詳細はよろしければこちらでもご確認ください。 趣味はカメラでよく女性をモデルにして撮影しています。 こちらがフェイスブックに投稿されていた顔写真です。 引用元:富田優史フェイスブック イケメンであるのでインスタには彼女と思われる女性の写真がたくさんアップされていました。 また、報道機関が放送することによって、どれだけの影響が出るかを読み切れなかったメディア各社らも、米子医療生活協同組合の職員以上に猛省する必要がある。 未だに、スーパーマーケッツ等ではトイレットペーパー、ティッシュペーパーが品薄で入手困難な状況です。 今回のトイレットペーパーのデマは、実際に多くの人達を混乱に陥れた一因になる。 今回の方が明らかに悪質。 これを厳罰にしないとこれからもこういう輩が出てくる。 そしてさらに社会を乱す原因になった転売ヤーたちを罰する法整備をしてほしい。 売っている店を探し歩くことができない高齢者の方は、更に大変だったでしょう。 どんな理由があるにせよ、絶対に許せない行為です。 スポンサーリンク 米子医療生活協同組合のまとめ 「トイレットペーパーが品薄になる」というデマ・ガセの投稿者は米子医療生活協同組合の職員の富田優史(とみたゆうじ)さんのようです。 twitterとFacebookでトイペやティッシュペーパーが品薄になるとデマを投稿していたSNSが流出していました! ただこのデマはトイレットペーパーを転売して儲ける為に投稿したのではなく善意の気持ちで流したようですのでまだ過失は少ないのかもしれません。 この富田優史さんより前に投稿していた人物がいるとの事ですのでその人についても捜索して特定され次第追記していきたいと思います。

次の

米子医療生活協同組合の職員によるトイレ紙デマ 刑事責任問う可能性少なく

米子 医療 生協

米子医療生協の理事長がHPで不祥事を謝罪 トイレットペーパーのデマ流した犯人 米子医療生協の職員だったらしいね。 — LUNA 5g9bNXsU30Ypcra 今回の件について、朝日新聞などは以下のように報じています。 「新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる」という旨の虚偽情報を職員がSNSで発信したとして、鳥取県米子市の「米子医療生活協同組合」が謝罪した。 職員には厳正な対応をするという。 主にSNS上でこうしたデマが広がり品薄、品切れ状態が続いている。 謝罪は組合のホームページに3日から掲載。 梶野大理事長名で「職員の不祥事のご報告とお詫(わ)び」と題して「『新型コロナウイルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」とした。 米子医療生協の公式ホームページを実際に見てみると、3月3日付けで以下のような謝罪文が掲載されています。 ネット掲示板などでは、TwitterとFacebookの投稿内容などからデマを拡散した人物の実名がすでに特定されており、これを米子医療生協側が問題視したものと思われます。 ネットでの拡散力は著しく、SNSなどで話題になったことをきっかけに、メディアや企業が動き出すという今回のような事例は珍しくありません。 米子医療生協ってどんな組合? 米子医療生協は、鳥取県米子市の生活協同組合です。 米子医療生協の公式ホームページによれば、医療生協について以下のように説明されています。 「安心してかかれる病院がほしい」「自分も健康でいたい」そんな地域の願いをかなえるために出資金を持ち寄って医療機関、介護施設を運営する、住民が主人公の生協法人です。 ちなみに、米子医療生協では1口(1,000円以上)の出資で組合員になることができるようです。 ネットの反応 今回の報道を受けて、世論はどのように反応しているのでしょうか? ネットの掲示板などに書き込まれたユーザーの声の一部を紹介します。 悪質なデマと、外出自粛により物流が遅れたり備蓄の買い溜めが起きていた北海道の欠品がたまたま合致してしまい、恐ろしい勢いで広まってしまったな。 普段から生協以外の他の店や商品を貶すような投稿をしていて、今回もその一つだったようだが、偽計業務妨害に他ならない。 こう言ったデマを流して世間を混乱させたのだから、何らかの罪で見せしめに逮捕して欲しい。 でないとこの先もデマを流す輩が絶えないと思う。 野放しにして社会が大混乱に陥る以上は特措法に風説の流布の規制を設けて取り締まらないとダメだな 偽計業務妨害と同等の罰則は必要だよ.

次の

トイレットペーパーデマで米子医療生協が謝罪…みんなの反応は

米子 医療 生協

又、利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って、特定のサービスに偏することないよう、公正中立に行ないます。 運営に当たっては、市町村等、関係各所との連携を図ります。 サービスの特色等 米子医療生協は、組合員・地域住民の命を、皆で大切にし支えあう、医療における民主主義と住民参加を保障することを目標にしています。 この目標を指針にしながら居宅介護支援事業所では、利用者様が要介護状態になった場合に於いても、可能な限り自立した在宅生活が継続できるよう、その有する能力や、心身の状態、おかれている環境に応じ、利用者様の選択に基づいた保健医療福祉サービスを、総合的に提供できるよう配慮します。 又、利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者様の立場に立って、特定のサービスに偏することがないよう公正中立に行ないます。 運営に当たっては市町村、関係機関との連携を図っていきます。 サービス対応地域 米子市 境港市 南部町 伯耆町 大山町 日吉津村 事業所の営業時間 平日 : 8時30分~17時00分 土曜 : 8時30分~12時30分 定休日 :日曜日、祝日、夏 8月14日15日 冬 12月30日31日~1月3日 留意事項 : 日曜、祝日など緊急な場合は、居宅のあんしんダイヤルへ連絡ができます。 通常の実施区域を越えて行う指定居宅支援に要した交通費については、その実費を徴収する。 米子医療生協居宅支援事業所運営規定・第9条 尚、実際には戴いた実績はない。 4 利用者: 要支援度平均が高い順 1.

次の