お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます。 「お忙しいところ」の使い方をマスター!気にすべき注意点とは?

「お忙しいかと思いますが」の例文と使い方を知ろう!正確な意味は?

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

お忙しいところ恐縮ですがの意味とは? お忙しいところ恐縮ですがの意味とは「忙しい時に申し訳ないのですが」 お忙しいところ恐縮ですがの意味とは「忙しい時に申し訳ないのですが」という意味です。 お忙しいところ恐縮ですがという言葉は、相手に何かのお願いをする時に使うケースがほとんどであると言われています。 お忙しいところ恐縮ですがは、ビジネスシーンなどで使われることが多いと言われています。 仕事をする際には周囲の人と協力しながら仕事を進めなければいけないケースが多いことから、相手に書類の確認を依頼したり、他の人が担当している業務の対応を依頼することがあります。 そういった時に「お忙しいところ恐縮ですが」という前置きをすることで円滑に物事を依頼することができると言われています。 逆に「お忙しいところ恐縮ですが」という前置きをせずに、「この書類を今週中に読んでおいてください」とだけ伝えてしまうと、相手に良くない印象を与える恐れがあると言われています。 相手に良くない印象を与えてしまうと、その後の仕事がやりづらくなることから、相手を気遣って丁寧に依頼をするときに役立つ言葉です。 お忙しいところ恐縮ですがの「恐縮」の意味とは「恐れを感じること」 お忙しいところ恐縮ですがという言葉に含まれる「恐縮」の意味は、恐れを感じることです。 恐縮という言葉には恐れを感じるという意味があることから、相手に対して申し訳ない気持ちやありがたいと感じる気持ちを表現する時に使われます。 そのため恐縮という表現は、相手に謝罪する時や感謝の気持ちを伝える時に使われます。 こういった意味合いのある恐縮という言葉の前に「お忙しいところ」という言葉を付けることで、「お忙しいところ申し訳ないのですが」といった表現になります。 お忙しいところという表現を使うことを考えると、後ろに続く恐縮という言葉が感謝の気持ちを伝える意味になることはほとんどないと言われています。 ちなみに、お忙しいところ恐縮ですがという表現は、相手が忙しくなくても使われるケースが多く見受けられます。 相手が暇であっても、お忙しいところ恐縮ですがという言い方をすることで、相手に対する気遣いや丁寧に接する気持ちを表現するために使われると言われています。 お忙しいところ恐縮ですがという表現はビジネスシーンで使われることが多く、その中ではメールでのやりとりの方が適しているケースも多々あります。 メールでのやりとりは文字として記録に残るので、後から確認できるというメリットもあります。 そのためメールで返信をお願いしたいケースがあります。 そういう時に「お忙しいところ恐縮ですがメールでご返信いただけますでしょうか」と伝えることでメールでのやりとりを希望しているということを伝えられます。 ちなみに相手からの返答がない時にはご返答という言葉を使って返信の催促をすることができます。 以下の記事では、ご返答の意味や使い方について紹介しているのでぜひ合わせてご覧ください。 早く返信が欲しい際に送る催促メールの書き方などについてもお伝えしています。 お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたしますという表現は、お願いをする前に使われることもありますが、お願いをした後に使われることもあります。 お願いをした後に、お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたしますと伝えておくことで、相手に気持ち良くお願い事を聞いてもらえるケースは多いと言われています。 逆にお願いをする時には丁寧に話していたのに、お願いを聞き入れてもらった後の態度がぶっきらぼうになると良くない印象を与えてしまう恐れがあります。 そういったことが無いように、お願いを聞き入れてもらった後の相手に対する気遣いを示す際の表現として「お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたします」という使い方がされることが多いと言われています。 ご多忙中という表現は、自分よりも上の立場にいる人が忙しくしている様子を表す際に使われるフレーズです。 お忙しいところ恐縮ですがといった表現よりも「ご多忙中と存じますが」と伝えた方が、よりかしこまった丁寧な表現になることから、自分よりも上の立場にある人やメールなどでも使われることが多いと言われています。 存じますがという表現は固い言い方に思われますがメールでのやりとりの場合には好まれる傾向があります。 メールでは表情や声色などで相手に対する敬意や気遣いを示すことができないため、存じますがといった固い敬語表現が使われるケースが多いと言われています。 ちなみに存じますがには、思いますがという意味があります。 「ご多用中」という表現は、「ご多忙中」とほぼ同じ意味で使われます。 そのため、自分よりも上の立場にいる人が忙しくしている様子を表す際に使われます。 「ご多用中大変恐縮なのですが」という表現には、「大変」という言葉が使われていることから、相手に対して恐れ入る様子を顕著に表したフレーズであると言われています。 そのため、「ご多用中大変恐縮なのですが」という表現には「お忙しくされているところに本当に申し訳ないのですが」といった意味合いになります。 「ご多用中大変恐縮なのですが」という表現を使う状況を例に挙げると、自分よりも上の立場の人が忙しくしている時に、自分のミスのせいで仕事を増やしてしまった場合などです。 こういった際には心から申し訳ないという気持ちを表すために「ご多用中大変恐縮なのですが」という表現が使われることが多いと言われています。 「bother」という英語表現には「煩わせる」、「悩ませる」といった意味合いがあります。 そのため「Sorry to bother you」という英語表現をすることによって、「あなたの手を煩わせてしまうことを申し訳なく思います」といった気遣いを示すことができる英語表現であると言われています。 このように相手のことを気遣う様子を表す言葉に「配慮」という表現があります。 お忙しいところ恐縮ですがという表現と同様に、配慮という言葉もビジネスシーンで使われるケースが多いことから、正しい意味や使い方を理解しておくと役立ちます。 以下の記事には配慮という言葉の意味や使い方などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 「interruption」という英語表現には「中断」、「妨害」といった意味合いがあります。 「Excuse me for」というフレーズは「~について申し訳ない」といった意味合いになることから、「the interruption」の前に「Excuse me for」と付けることで、「邪魔をしてしまって申し訳ないのですが」といった意味合いになります。 日本語のニュアンスを英語表現として伝える場合には、意味合いを損なわないように注意する必要があると言われています。 丁寧に伝えようという気持ちはあるのに、言い方を間違えてしまうことで相手を不快にさせてしまわないように注意が必要です。 お忙しいところ恐縮ですがをうまく使いこなしましょう お忙しいところ恐縮ですがという表現は、相手に対してお願いをする時に重宝するフレーズであると言われています。 ビジネスシーンにおいては相手への気遣いや敬意を表すことはとても大切です。 そのためお忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたしますなどを最後に伝えると、良い形で会話を終われることがあります。 お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いいたしますなどのフレーズの他にも、ご多忙中と存じますがといった表現なども取り入れるとワンパターンな言い回しにならないと言われているので使い分けていきましょう。 周囲の人と円滑な人間関係を築いて仕事をスムーズに進めるためにも、お忙しいところ恐縮ですがや類語のご多忙中と存じますがなどをうまく使いこなしましょう。

次の

上司に「早急なご対応」をお願いするコツ・メールでの例文

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

1-2.感謝を伝える際 「お忙しいところ」は相手に対して、 感謝を伝える際にも用いられる表現です。 依頼をした内容に対応してもらった際や頂いた際などに用いられる事が多い為、ビジネスシーンでは頻繁に用いられています。 「本日はお忙しいところ、ご足労頂きましてありがとうございます」や「お忙しいところ、ご対応頂きありがとうございます」などの形で口頭、メール問わず用いられるのが一般的です。 2.「お忙しいところ」を使った例文 「お忙しいところ」を使った依頼や感謝を伝える際のバリエーションはいくつかあります。 例文をもとに表現の幅を広げていき、状況や文脈に合わせて使い分けていきましょう。 「 恐縮」や「が」、「申し訳ございませんが」などを入れると丁寧な表現。 ポイント2.細かな要求は避ける 「お忙しいところ」という前置きをして依頼をする場合、 細かな要求をするのは好ましくありません。 相手が忙しい状況である事を理解していながら、事細かな作業や仕事を依頼するのは相手に不快感を与えてしまいかねません。 「メールをご一読ください」や「返信をお願いします」など簡単な依頼にとどめるようにしましょう。 ポイント3.相手の状況を考えて使う 「お忙しいところ」はクッション言葉であり、相手への配慮を暗に示す言葉でもあります。 その為、 実際に相手がどれだけ忙しいかに関係無く使う事ができます。 ただし、暇そうにしている相手に対して頻繁に「お忙しいところ恐縮ですが」などと使っていると嫌みに聞こえてしまう可能性もあるので注意しましょう。• ポイント4. 繰り返し使うのは避ける 「お忙しいところ〜」を同じ相手に何度も使うのは避けましょう。 繰り返し「お忙しいところ」を使ってしますと、 相手から「忙しいのはわかっているなら1回で済ましてくれよ…」と思われてしまいます。 「お忙しいところ」を使う際は、初めの挨拶に使うくらいがちょうど良いでしょう。 ポイント5.自分が忙しい場合は「立て込んでいる」を使う 「お忙しいところ」は、 自分が忙しい時に使うことはできません。 自分が忙しい状態であることを相手に伝える場合は「只今立て込んでおりまして…」というような表現を使うようにしましょう。 4.「お忙しいところ」の類義表現 「お忙しいところ」の類義表現としてビジネスシーンで使われるのは「ご多用」「ご多忙」の2つです。 「慌ただしい」や「せわしい」なども類義語にはありますが、 「ご多用」 「ご多忙」を使う方がビジネスの場にはふさわしいと言えます。 「ご多忙」とは 「ご多忙」は、 目上の人がとても忙しくしている状態を表す言葉です。 相手が見るからに忙しそうにしている時は、「お忙しいところ」よりも「ご多忙」を使った方が状況に合った使い方だと言えるでしょう。

次の

上司に「早急なご対応」をお願いするコツ・メールでの例文

お忙しい ところ 恐縮 です が よろしく お願い いたし ます

「ご査収の程よろしくお願いいたします」は、末尾が謙譲語になっているため取引先や上司などの目上の人に対しても使える敬語表現です。 ただし、 企業によっては「いたします」が丁寧さに欠けるとされている場合もあるので、「よろしくお願い申し上げます」とする方がいい場合も。 使う相手によって使い分けるといいでしょう。 実際の使い方としては、ビジネスメールでよく確認して受け取ってほしい書類を添付ファイルで送る際に末尾で定型句として頻繁に用いられます。 具体的には見積もり書や請求書、検収書などです。 また、送金した時に確認のメールを送る時にも使われます。 実際の使い方を例文で見ていきましょう。 「ご査収の程よろしくお願いいたします」を使った例文• ご送付いただきましたお見積もり書を確認し、拝受いたしました。 (見積もり書受信への返信)• 請求書をご送付いただきありがとうございました。 早急に入金手続きを進めさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 (請求書受信への返信)• 履歴書をご送付いただきありがとうございました。 早速確認して、受領いたしました。 (履歴書受信への返信)• 内容につき拝見しましたが、少し気になる点がございました。 下記の点をご確認ください。 (返信で質問をする)• 会議資料をご送付いただきありがとうございました。 確かに受け取りました。 内容を確認後、何かございましたら追ってご連絡させていただきます。 (会議資料受信への返信).

次の