日本 電 産 永守 会長。 選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】

それでも永守氏の日電産に強気な投資家たち 下方修正は誤算、押し目買いに勝算

日本 電 産 永守 会長

日本電産(6594)が業績下方修正に追い込まれた。 2019年3月期通期の連結営業利益(国際会計基準)は従来の増益予想(1950億円)から一転、前期比13%減の1450億円にとどまる見通しだ。 敏腕経営者として知られる永守重信会長でも米中貿易摩擦の影響は読み切れなかった。 ただ、18日の株式市場で 日電産株は寄り付き直後こそ急落したものの、その後は下げ渋る展開に。 株式市場関係者からは永守氏の積極的な経営に変化はないとの指摘のほか、業績のV字回復が見込まれるなか、日電産株は絶好の買い場との強気な声も上がった。 イラスト:たださやか 8:54 日電産が朝のPTSで10%安で約定 前日に業績予想を下方修正した日電産が朝のPTSで10. 44%安の1万1100円で約定した。 東証の寄り前気配は1万1000円を下回っている。 9:12 「日電産は1万1000円割れなら絶好の買い場ですが・・・」 「米中の通商問題の影響もあって、ある程度受注が落ち込むとはみていました。 そのため今回の業績下方修正は現時点で当たり前という受け止めです。 1万1000円割れなら絶好の買い場とはみています。 きょうは売り優勢となるとみられますが、売り一巡後に反転するかどうか。 日電産の株が持ち直していけば全体への波及効果は高いとみています」(国内投信) 10:07 「日電産のように突然、下方修正を出すリスクにやや警戒」 「23日の決算発表を前に、いきなり下方修正してきましたね。 来週はまだ国内企業の決算発表が少ないのですが、日電産のように突然、下方修正を出すリスクにやや警戒でしょう。 そうなると主力株よりはマザーズなどの中小型株の循環物色の方がトレードに向いてそう」(国内証券) 10:12 「日電産、うちはもう対面で買い越しですよ」 「うちのお客さん、日電産を買ってますよ。 ベテランの営業マンが好きな銘柄ですしね。 前日までに『悪い内容だったら押し目いれましょう』って待ち構えていたんだじゃないかな。 この時間のフローは対面営業だと既に買い越しです。 ポイントは安川電(6506)。 悪かった後に戻してる。 このイメージで臨んでいますね。 相場全体についても営業マンには『強気でいけ』と指示を出してます!日立(6501)も値もちがいいですしね」(中堅地場証券幹部) 10:39 「日電産は基本、優良銘柄」 「日電産は基本、優良銘柄だからね」(外資系) 1万2000円台を回復して下げ渋り。 一時は1万1405円まで下げて昨年来安値を更新して7%超の下げとなったが、朝安後は東証一部の売買代金ランキングのトップで商いを伴い底堅い展開となっている 10:56 「日電産、HFは寄り付きから買ってたよ。 買いのGOサイン待ち」 「寄り付きから下げたけど、ヘッジファンド勢は買い向かってたよ。 すごいね。 その結果としてこの戻りだからね。 日経平均も強いけど、日電産は採用銘柄ではないのに・・・。 そもそも今さら米中貿易問題をテーマに売るんですか?という感じ。 むしろ既に昨年末の下落でいったんは織り込んだ。 ムニューシンの話なども考えると、この問題の落としどころがそろそろ見えてくるその先の展開を見据えて買ってるんだと思う。 要するに『買いのGOサイン』待ち。 強気です」(外資系証券トレーダー) 13:29 「店内の個人は安川電や日電産は売り越しています」 「きょうは安川電の上げが目立っていますね。 ショートカバーによる買いが入っているのでしょう。 店内の動向をみると、安川電は午後6対4で売り越しです。 個人投資家は利益確定売りに動いているとみられます。 前日に業績見通しを引き下げた日電産は午前は買い越しでしたが、午後に売り越しに転じています。 マザーズ銘柄指数は午後も堅調ですが、一部の銘柄が大幅安になるなど、そろそろ新興株も天井が近いようにも見受けられます」(ネット証券) 15:00 下落幅を縮小 日電産の株価は13時45分、前日比45円安まで下値を切り上げた。 大引けにかけては戻りは鈍くなったが、後場の売買高は前場の2分の1以下と売りの勢いは細った。 前日比1%安の1万2255円で終えた。 ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門 への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。 特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。 米経済・市場の変化を見極めるツールです。 またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

次の

日本電産・永守会長「尋常でない変化」 :日本経済新聞

日本 電 産 永守 会長

永守氏は京都市の本社でのインタビューで、大きな成功をもたらし た経営の要諦について「人の意識を変える」ことだと話した。 「どんな だめな人でもうまく使えば戦力になる」との信念の下、鍛え抜いて育て た部下たちが今や同社の高い成長と収益力を支えているという。 気概と執念 永守氏に関しては猛烈な仕事ぶりや独特の経営哲学が自身の著書な どを通じて知られている。 大声や早飯競争による採用、新入社員にトイ レを素手で掃除させていた話などは特に有名だ。 永守氏はインタビュー で、人材採用や教育方法の考え方は今でも「基本的には変わっていな い」とし、学歴よりもやる気や情熱を重視していると話した。 今年1月の報道関係者との懇談会では、創業からしばらくは「ロク な人間が来なくてカスみたいなのばかりを採用した」とし、「それをな んとか教えて、教えて、教えてみんな偉くなってきた」と述べていた。 最近でこそ一流大卒のエリートも採用できるようになったが、実際 に経営を任せると「全然できていない」ことがあると分かった。 その一 方、「3流大学の2浪2留年、それを足で蹴りまくって育ててきた」部 下たちが今や子会社で高い利益率をたたき出している事実を指摘し、 「経営は頭でなくて気概と執念」との思いを新たにしているという。 「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」を合言葉に猛烈なハード ワークを部下にも求める永守氏を古臭い根性主義者ととらえるのは間違 いだとアドバンスド・リサーチのアナリスト、スコット・フォスター氏 は指摘。 「永守氏は自分がしていることを理解している。 やる気を引き 出してさまざまな問題を解決していく人材再生の達人」と定義づけた。 M&Aで全勝 日本電産の急成長は積極的に手掛けてきた企業の合併・買収(M& A)抜きには語れない。 主なものだけでを手掛けたが、永守氏は それらが「100%成功」だったと振り返る。 2000年以降は海外企業へのM&Aを加速。 スマホの普及で主力製品 だったパソコン用ハードディスク装置の需要が下火になるとみるや、自 動車用や産業用大型モーターを持つ企業を相次ぎ買収して傘下に納め、 市場の変化に合わせて事業ポートフォリオを再構築した。 永守氏は失敗の確率が特に高いと言われる海外企業のM&Aにおい ても特別な秘訣があるわけでなく、「社員の意識を変えただけだ」と述 べ、一度もリストラをしなかったという。 大量解雇による合理化で企業を再建する手法から「チェーンソー」 の異名を取ったアル・ダンラップ氏や、成績下位10%の従業員を毎年解 雇し入れ替えた米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジャック・ウェ ルチ氏ら過去の欧米の著名経営者とはアプローチを異にしている。 「儲からない」には理由 M&Aで永守流の意識改革は多くの場合、買収した企業の従業員を 集めて問題点を指摘することから始まる。 意識改革の具体例として、03 年に赤字に苦しんでいた老舗モーターメーカー、三協精機製作所(現)を買収後に調達部門の担当者を集め、こんなやり取 りを交わしたという。 「この部品を一体いくらで買っていますか」との質問に「100円で す」との返事があると、「それは高いと思うか安いと思うか」と続け る。 「非常に安く買っていると思う」との回答に、永守氏はその場で自 社の同じ部門に電話して、日本電産は80円で調達し、まだ引き下げの必 要があると話させる。 会話はスピーカーで室内に流れ、2割高以上で買 っていたと知った三協の担当者はうなだれるばかりだったという。 こうした会社の場合、トイレットペーパーから社用車のガソリンま であらゆるものを高く調達していることが多いという。 三協での収益改 善は一気に進み、わずか1年で黒字に転換した。 永守氏は企業が「儲からないのは理由がある」と話す。 「怠けてい る人が多い会社、工場が汚い会社、社員がよく休む会社」ほどうまく経 営すればすぐに大きな利益を出せる可能性を秘めていると話した。 一橋大大学院国際企業戦略研究科の楠木建教授は、平凡な部下を鍛 えて優秀な人材に育て上げる手法は「理にかなった戦略」と評価する。 「一流の人材から始めたら多額の報酬を支払う必要があり、コストがか かる」とし、永守氏は企業買収でも安く買って価値を高めるという意味 で同様のことをしており、その戦略は「一貫している」と話した。 日経ビジネス誌が昨年実施した「社長が選ぶベスト社長」では、永 守氏がソフトバンクの孫正義社長やトヨタ自動車の豊田章男社長を抑え て1位に選ばれている。 選考理由としては買収先の雇用を守る、できる まで一つの仕事をやり通す執念などが挙げられていた。 ストイックな生活 永守氏は70歳となった今も昔と変わらず1年365日、1日16時間働 く仕事スタイルを続ける。 酒は飲まず、たばこも吸わず、ギャンブルも 夜遊びにも縁がない。 野菜と魚中心のヘルシーな食生活を心がけ、毎日 朝と晩に計1時間ほど自宅のトレーニングジムで体を鍛えて体調管理に 万全を期しているという。 日本電産の連結売上高を30年までに今の10倍の10兆円に伸ばす目標 を掲げており、85歳になるそのときまで最高経営責任者(CEO)を続 けると。 「社員は放っておいたらどんどん怠ける」と する一方で、「社長が怠けたら社員はもっと怠ける」とも考えており、 従業員だけ働かせて自分だけ遊ぶようなことは許されないと話した。 自著では昔のエピソードとして、社員研修で「日曜出勤の楽しみ」 と題して講義したほか、花瓶を床で叩き割ったり、ものを蹴飛ばして部 下を激しく叱責することもよくあったとしている。 一方、社員の夏と冬 の賞与袋に自筆の手紙を同封したり、マイナス思考から抜け出せない部 下を日曜日ごとに自宅へ呼び、午前10時から午後10時まで説得に努めた など部下の心に働きかける努力も紹介されている。 最近ではリーマンショック後の09年に一般社員を対象とした賃金カ ットを実施したが、業績が回復した約1年後には減額した全額を利子を つけて支払った。 自動車調査会社、カノラマの宮尾健アナリストは、世間の凡百のワ ンマン社長と永守氏が違うのは「他人に厳しいが自分にはもっと厳し い」ところであり、強い求心力の源になっている指摘。 どんなに激務で も納得して働いている限り、従業員は自分の会社を「ブラック企業とは 感じない」とし、永守氏は「従業員に忠誠心を抱かせるところが圧倒的 に優れている」と述べた。 シャープ元社長の挫折と再挑戦 永守氏が社外取締役を務めるソフトバンクの孫社長は米グーグルか ら招いたニケシュ・アローラ氏に165億円以上のを支払った ことで話題を集めたが、永守流の人材登用は幹部社員の引き抜きでも一 味違う。 永守氏が昨年、日本電産に招き入れたのは経営不振に陥っている家 電メーカー、シャープの社長を務めた片山幹雄氏だった。 肩書きは副会 長兼最高技術責任者で、永守氏を含め4人いる代表取締役もする。 シャープ衰退の元凶とメディアが片山氏を糾弾する中、代表取締役 にも就任の理由について永守氏は4月の決算会見で、入社以来の働きぶ りで「日本電産の成長発展に貢献できる力は十分に持ち合わせている」 と判断したという。 「人間には挫折経験は絶対必要。 失敗があるから成 功する」との考えのもと、世論に関わらず片山氏の奮起に期待する。

次の

日本電産(株)【6594】:株式/株価

日本 電 産 永守 会長

日本電産の永守重信代表取締役社長は、間違えなく日本の名経営者の1人ですが、インタビュー記事で「永守3大経営手法」というユニークな経営手法を語っています。 井戸掘り経営、家計簿経営、千切り経営の3つです。 井戸掘り経営というのは、ビジネスを井戸掘りに例えたもの。 井戸を掘れば水は出てくるが、次々と新しい井戸を掘ってくみ上げ続けないと、新しい水は手に入らない。 経営も同じで、改革・改善のためのアイデアを常に出し続ける。 現状に満足することなく、貪欲に新しいことに挑戦を繰り返すという姿勢が大事だということです。 2つ目の家計簿経営とは、収入に見合った生活をすること。 主婦がやっている家計のやりくりと同じです。 景気が悪くなって実入りが減ったらそれに見合った生活をする。 そして子供の教育やマイホームのような将来への投資はしっかり対応する。 会社経営も経費を収入の範囲内に収め、投資にも目を配ることが大切だということです。 そして3つ目の千切り経営とは、何か問題が起きたら、それを小さく切り刻んで対処すること。 難しい問題も、細かい要素に分けて考えれば、問題解決がしやすくなる。 これは私自身も仕事やプライベートでいつも意識して実践していることです。 どれも、極めて当たり前の、誰でも言われれば納得できる経営の基本です。 日本電産という会社の凄いところは、このわかりやすい会社経営の基本を社長以下社員全員が徹底して毎日続けていることではないかと思いました。 買収した会社をいとも簡単に業績回復させていく「永守マジック」は決してマジックではなく、ほとんどの会社で当たり前に出来ていないことを、徹底してやりきっただけのことかもしれません。 稲盛和夫氏にしても永守重信氏にしても、名経営者と言われる人たちに共通しているのはどんなに会社が成長し自分の立場が変わっても「驕り」を決して持たないところです。 立場が変わっても、油断することなく、常に目線を変えずに仕事を続けられるというのは、出来そうで出来ないことです。 永守氏の3大経営手法は、大企業でなくても当てはまるやり方です。 新しいビジネスに積極的にチャレンジし、経費を収入の範囲でしっかり管理し、問題が起きたら細かく分析して、解決していく。 名経営者とは、当たり前のことを当たり前に続けられる能力を持った人のことかもしれません。 資産を守り増やすためのヒントから、具体的な投資のアイディア、そしてグルメな情報まで、メールアドレスを登録するだけで無料でお届けします。 編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2016年4月20日の記事を転載させていただきました。 オリジナル原稿を読みたい方はをご覧ください。

次の